ワールド、無観客、バブル方式、アバター観戦 | さらさら~と徒然 Splendid Moments

さらさら~と徒然 Splendid Moments

写真撮影、フィギュアスケート、水泳や体操競技観戦大好き。羽生結弦君熱烈応援!

英語に自動翻訳して読んだので、微妙な勘違いがあるかもしれないけど、ワールドの実施環境についての記載が出てきたので、要約しておくね。

 

 

 

 

「ワールドを可能な限り安全に実施するための、いわゆるバブル・システムの開発に取り組んでる。これまでの観念とは違う形になっても、ワールドで共にできることはとても楽しいし、初めて新しい方法行うワールは挑戦的でエキサイティングだ。」2021のテクニカルマネージャー、ピーター・レビン。

 

1 バルブ方式(スケートアメリカで使われた方法)

案として、参加者はスウェーデンに来る前に検査を受け、現場でも再検査、会場地域に入ると、参加者はバブルの中に隔離され、ホテルと競争の場の間を移動するだけとなる。エリクソングローブは施設内にホテルを持っているので、バブルの外に出ることなく実施できる。

 

2 デジタルソリューション

すでに、ワールドは無観客を予定している。また、ファンがスタースケーターに近づけるよう、デジタルソリューションの提供に取り組んでいる。

これは、たぶんアバターで観戦するという意味かと思うけど。

 

と、超~サクッとだけど、記事の要約まで。

 

前記事下矢印

 

 

 

下矢印ぽちっ!ぽちっと! Click! Click!下矢印


人気ブログランキング