white flower

 

どうもどうも。

 

ひさしぶりに皮膚チェックの話でも。

 

使ったり使わなかったりする皮膚チェック。

 

いざ使うとなると、やはり "中立になる"、"自我を入れない"、という状態を作ることの難しさに気付かされている今日この頃です。

 

あらためて、日々の物事に皮膚チェックを取り入れて精度を上げていきたいと考えているわたくし。

 

こうしたよ!という具体例をちょこちょこ記録していく予定ですのでよろしくです。(・∀・)

 

というわけで。

 

夏ごろのことですが、タイトルの通り化粧下地を皮膚チェックで選びました。

 

経緯からお話しますと、長らく愛用していた日焼け止め兼下地がありまして。

 

もういつから使っていたかも思い出せないくらいリピートしていたのですが、ある日ふとケミカルな香りが気になりまして。

 

一度気になったからなのか、体の変化なのかは分かりませんが、そろそろ他のを使ってみようかなぁという気分になりまして。

 

まずは皮膚チェックでその下地が今のわたくしに合っているか?を確認。結果はやはり "No"。

 

その次に、替えるならば、いわゆるブランド品...百貨店で購入するようなものがいいか?と確認すると、これまた結果は "No"。

 

じゃあちょうど買いたいものもあるしと、通販で済ませることに。よく楽天を利用しているので、その中から探すことにしました。

 

あるショップで買いたかったので、そのお店の商品一覧で「化粧下地 敏感肌」と検索。

 

「化粧下地」だけでは膨大な数でしたが「敏感肌」の言葉を入れたことで一気に結果が数ページに絞られました。まずは該当ページを見つけ、そこから商品を特定。

 

結果の商品は見たことも聞いたこともない化粧品の会社のもの。

 

皮膚チェックの結果とはいえ、顔に塗る化粧品を知らないところで買うのは少し勇気がいりましたが、購入。

 

で、使ってみての結果は「これにしてよかった!」です。ヽ(*´∀`)ノ

 

SPF 値は上がり、使用感も上々。わたくしは敏感肌で混合肌という、ちょっと厄介な肌質なのですが、しっとり肌になじんでべとつかず、乾燥も気にならず。

 

いいもの買った!と大満足です。(●´艸`)

 

問題は、今現在ショップでは売り切れ...。他のお店での値段はやけに高いし、リピートするときどうしようかと。

 

ま、そのときはそのときで、再度皮膚チェック、ですかね。┐(´-`)┌

 

AD

9月が終わる。

テーマ:

photo

 

 

気付いたら 9 月が終わろうとしております。

 

ひさしぶりに生け花のお稽古して、工務店さんの見学会行って、仕事して、ビール工場の見学して、仕事して、ワイナリーの見学して、仕事して、実家に帰省して、母の実家にも行って、キッチンやお風呂のショールーム行って、仕事して...という 1 ヶ月でした。

 

直近では夫が親知らず 4 本を一気に抜くという荒技に出まして、そのための 1 泊入院とか、術後の生活が大変かなと思ったら、本人はお酒を飲めなくてしょんぼりしている程度でほっとしているとか、まあ、そんな日常です。

 

家探しは進んでるんだか進んでないんだか、な状態です。ここだ!という物件がないのでね、どうしようもない。┐(´-`)┌

 

青汁生活もゆるめに継続中。

 

ではまた◎

AD

green

 

ここ半月ほどでしょうか、からだに違和感や痛みがありました。

 

これまでの経験にないものだったので少々心配になりまして、いくらか様子を見たのち、ひーこーさんにSkype セッションをお願いしました。

 

詳細は省きますが、結果は東洋医学でいうところの「肝(かん)」の疲弊が今回の症状の源とのこと。

 

大雑把にいうと「やる気、元気」「好奇心」を司る「肝」。住み替えを検討している最近のわたくし、楽しい計画ではあるけれど、あれこれ先のことも考えてお疲れモードになっていますね、とのことでした。

 

運動で改善していくのかな、と思ったのですが今回は食事で。具体的には、青汁と黒酢と塩。お年寄りか。

 

肝には青や緑の食べ物がいいそうで、例えばブルーベリーもその食材のひとつですが、今回は青汁ですねと。ただ、それらの食べ物と、黒酢にも体を冷やす、つまり今度は「腎」が冷えて弱る可能性があるので、それを塩で補ってください、とのことです。

 

そこから先はセルフ皮膚チェックでからだに合うものを選定。品物が届いたら、具体的な量をこれまた皮膚チェックで選んで取り入れていきたいと思います。d(・∀・*)

 

2 月に沖縄でセッションを受けた際も「肝」にストレス反応ありだったのですが、そのときの改善方法はストレッチとオメガ 3 脂肪酸と呼ばれる油を摂取することでした。

 

今は油ではないですね、とのこと。同じ肝の反応でも、原因が違えば体に出てくる症状や対処法がまったく異なるのが興味深いところです。

 

からだというのは本当に奥が深くて、一生懸命動いてくれる健気な存在だなとあらためて感心しました。

 

今のからだが求めている青汁と黒酢と塩で、養生したいと思います◎

 

AD