ドッグ トレーニング③ : 「後ろに下がって」 | J3 のワンコ・ニャンコになにができるかな

J3 のワンコ・ニャンコになにができるかな

ドッグトレーニングやペットマッサージなど、
ワンちゃん・ネコちゃんとのHappy Lifeを応援する
J3 Pet Training & MassageのRyojiによる日々雑感など

こんにちは



GW明けにトレーナーなのにトレーニングのことが書いていないと焦り、トレーニング関連(半分遊び系ですが。。)の内容を記事にしているJ3です。


面白いことにトレーナー仲間のGW中のブログが、次のような書き出しで始まっていました。
『ドッグトレーナーのブログなのにトレーニングの方法を書いた記事が無い!』

と、思われている方がいるのではないかと思います。



その記事先ほど読ませていただいたのですが、内容は全く別の物なのですが思わず、「あー、同じような文章を書いていた!!」と笑ってしまいました。

こんな偶然があるんですね!

その方のブログはこちら
↓ ↓

てつわんドッグブログ

てつわんさんのブログは勉強になるし面白いですし、役立ちますよ!
ぜひご覧になってください。

====================

さてドッグ トレーニング Tips第3回目はワンちゃんに後ろに下がってもらうことにしてみました。

はい。ズバリこちらです。

『(後ろに)下がって/後ろ』


正面停座など、自分の真正面に座らせたりする練習をしていたころ、ちょっとずれた位置にオスワリしたワンちゃんにコマンド(指示)で位置を修正したりに使えます。


もっと日常的な場面として、
例えばキッチンに入ってきたワンちゃんに
キッチンから出て行ってもらいたい場合や
トイレについてきてしまって出て行って欲しい(??)など
実用的なものなんです。


もちろんJ3的に外せない遊びの面でも使えますよ。

投げたオモチャを取らせて遊びたいけど始めのスタート位置を変えたい、など。

そしてこれを発展させれば、ドッグ ダンスでも活用できます。
(残念ながらJ3はドッグダンスの経験はありません)


リードなどでワンちゃんの位置を変えるのではなく、
こちらの指示で変えさせたら、カッコよくないですか?


とりあえず例のごとくSTEP毎に説明しますね。

●用意するもの●
 オヤツ
 クリッカー(あった方がbetter)


STEP1 : ワンちゃんの前に立ち後ずさりさせる

 まず、ワンちゃんの正面に立ってみてください。
 
 そして、そのままゆっくりとワンちゃんの方へ歩を進めます。

 するとどうなるでしょう?
 
 はい。
 このままだとぶつかりますので、
 ワンちゃんは嫌がって自然に後ろに下がります。

 一歩でも後ろに下がったときにクリッカーを鳴らしてオヤツをあげてください。
 ここでは少しでも足が後ろに下がったらご褒美で構いません。

 まずは後ろに下がることがオヤツに繋がることを覚えてもらいましょう。

 これを繰り返してください。


STEP2 : 後ずさりを数歩させる&ハンドシグナルを付ける

 STEP1がある程度できてきたら、後ずさりの長さを長くしましょう。

 今度は数歩後ろに下がったらクリッカーを鳴らしてオヤツにしてください。

 STEP1が出来ていれば、難しいことではないと思います。

 ワンちゃんが後ろに下がったらご褒美がもらえると確信するまでやってみてください。

 この時、ハンドシグナルを付けると楽になります。


 ハンドシグナルとは、手の動作による指示の事です。

 ワンちゃんは人間の言葉が分かりませんので、言葉を付ける前に手の動作、つまりボディランゲージで覚えてもらう、ということになります。


 このトレーニングでは、例えば手の甲をワンちゃんに向けた状態から上に払うというようなハンドシグナル(例えばシッシッと払うようなイメージ)が良いかもしれません。

 特に競技会やらにでないのであれば何ら決まりはないので、お好きなやり方で構いませんよ。

 ハンドシグナルをして、前に進んでください。
 そしてワンちゃんが後ろに下がったらクリッカー&ご褒美です。


 これが定着するとワンちゃんは、以下のように学習します。
 
 「下がって」のハンドシグナル
               ↓
 後ろに下がればオヤツがもらえる!!
 


STEP3 : 「下がって」などの言葉を付ける


 STEP2の動作の前に言葉を言ってみてください。
 お好きな言葉で構いません。

 ただ、ここではあなたはその場で動かないようにしてください。

 ①「指示の言葉」
    ↓
 ②「ハンドシグナル」
    ↓
 ③「ワンちゃんが下がる」
    ↓
 ④「クリッカー&ご褒美」  

 上記のような流れになります。

 これが9割以上の確率でできるようになれば最終段階です!

 ※言葉とハンドシグナルの間を開けすぎないようにしてくださいね。
  時間的な間が空きすぎると、言葉とシグナルがワンちゃんの中でリンクされませんので。。




STEP4 : 言葉のみで試す(ハンドシグナルを止めてみる)


 さぁ、最後のSTEPです。
 今までの成果が試されるときです。
 準備は良いですか?

 「下がって」などの言葉のみを言ってみてください。

 ここでワンちゃんが後ろに下がったらブラボー!!!
 JACKPOTをあげてもいいタイミングですね!

(JACKPOTについては前回のブログ記事を参照ください。)

 もし上手くいかなければ、STEP3に戻ってみてください。

 これで完成です!

 どんどんワンちゃんに自慢の後ずさりをしてもらいましょう!!


====================

◆最後に◆

 いかがでしたか?
 
 今まで同様、そんなに難しくはないですよね?

 これまでや他のトレーニング同様、
 今回の肝もいきなりハードルをあげない、ということです。

 人間でも何かをするときは少しずつレベルをあげていきますよね。

 それと同じです。

 焦らず、ワンちゃんと楽しみながら、笑いながらTryしてみてください。



長文お読み下さりありがとうございました。

Enjoy your Training & Hope All of Hou Have a Fantastic Weekend!!

J3さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス