✿ 日々是好日 ~ 降っても晴れても ~ ✿

勤労学生時代から30年“喜怒哀楽”のサラリーマン人生を経て独立。数十店舗の外食企業が上場し全国700店超になるまでを経験。飲食業で育てられた男が、今度は “厳しくも愉しいホテル経営” に挑戦!「無常迅速、時人を待たず」を我が肝に銘じ。

NEW !
テーマ:

 

霧島温泉市場から車で約10分!

 

やって来たのは・・・車DASH!

 

「霧島神話の里公園」

 

 

しかし、ついに雨が・・・雨

 

予定では駐車場からこのポッポ列車で「神話館」まで移動して

 

 

そこから遊覧リフトで展望広場にて

 

霧島の山々や錦江湾に浮かぶ桜島の眺望を愉しむはずが・・・

 

雨で園内の乗り物全て停止!

 

ざんねん!!!

 

しかたなく小雨降る中、駐車場から カメラ 

 

 

 

正面に錦江湾と桜島

 

 

そしていよいよ本日最終目的地へ

 

といってもあっという間の5分!車DASH!

 

 

霧島神宮

 

 

大鳥居

 

 

天 孫 降 臨 

てんそんこうりん)

 

~ 神々は天上界からこの地に降り立った ~

 

はるか昔、神々がこの世を治めていたという神話の時代があった。神々が天上界の天の浮き橋から下の世界をのぞくと、霧にけむる海の中に、島のように見えるものがある。神々は一本の鉾を取り出し、その島にしるしをつけた。それが霧島山の名の由来だと言われている。

 

その時、神々が逆さに落とした鉾は、見事に山の山頂に突き刺さった。

今も高千穂の山頂に残る「天の逆鉾」は、そのときの鉾だと言われている。

 

あるとき、天照大神(アマテラスオオミカミ)の神勅を受けて、孫神ニニギノミコトが三種の神器を手に7人の神様と道案内の猿田彦尊(サルタヒコノミコト)とともに高天原(タカマガハラ)から地上に降り立った。天上界から神が地上に降り立ったといわれる「天孫降臨」の第一歩を記した高千穂峰から、日本の建国神話とその歴史が始まったと伝えられている。

 

 

 

 

階段を上り詰めて行くと

 

三の鳥居

 

 

その脇には国歌に詠まれている「さざれ石」がある。

 

 

 

緑深い杉の木立の参道の奥に

 

鮮かな朱塗りの社殿が特徴的な創建6世紀の古社の姿が見えて来る。

 

 

天孫降臨の神話の主人公 

 

『 瓊々杵尊 (ニニギノミコト) 』 が祀られている。

 

 

霧島連山の噴火による消失と再建を繰り返し、現在の社殿は島津家の第21代当主の島津吉貴(よしたか)が1715年に寄進し建立したもので国の重要文化財に指定されている。

 

近年パワースポットとなっている場所が周囲にいくつもあるのだとか。

 

行かないけどね・・・ ほっこり

 

お参りをして、お守りを買う!

 

 

 

 

さ、あとはゆっくり温泉温泉!おんせん温泉

 

もちろんお酒も 生ビール日本酒!!・・・照れ

 

 

 

 

これが一番でごわす ニヤリ

 

 

ということでつぎっ

 

初日最後はお宿篇!・・・月見

 

 

まー たかが1泊の温泉旅行で

ちんたら書いて 呆れるほどひっぱる 

亀吉でごわす・・・ウシシ

 

 

 

 

本日は以上です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

塩浸温泉龍馬公園から車で約20分!

 

霧島温泉郷の中心へ ・・・車DASH!

 

 

昔、高度成長期からバブル期に至る頃までは、会社の社員旅行や団体の慰安旅行など、国民全体の旅行意欲の高まりや先導するエージェントの存在も大きく、有名観光地や大型温泉地などは隆盛を極めた。

 

ここ霧島温泉も、大型の国際ホテルや観光ホテルが立ち並ぶ様子から当時の賑わいが窺える。(自分も38年ほど前、社員旅行で訪れていたことを思い出した)

 

 

 

 

しかし近年は旅行形態も団体旅行(行動)から個人旅行(行動)へシフトし、しかも個人の趣味や趣向を求め愉しむスタイルが主流となった。

 

単なる観光地を巡り土産品などのモノを買う消費から、体験型のコトの消費に変化したとは、最近良く聞くことである。従来型の観光地は苦戦を強いられているのだ。

 

現在、そういった観光地を支えているのはインバウンド観光の需要である

どこへ行っても韓国・台湾・中国といった近隣国からの観光客が目立つ。

 

 

そんな話をしながら到着したのは

 

「霧島温泉市場」 

 

 

 

観光案内所のほか、特産品を扱うお土産屋さんやお食事処が集まった

便利なスポットだ!

 

広場には足湯や蒸し場がある。

 

 

温泉地では温泉の蒸気で蒸す、蒸し物販売は定番!

 

温泉まんじゅうは珍しいヨモギとあんこ

 

野菜もいろいろ・・・

 

そして絶対の温泉卵たまご!

 

 

 

ちょうどお昼どき

 

軽~く腹ごしらえを、と入ったお店は

 

「Coffee house ・空のふもと」 さん!

 

鹿児島と言えば黒豚!

 

迷わず注文したこれ

 

 

大正解!

 

 

黒豚の生ハムサンド&Coffee

 

バルサミコ酢がナイスアクセント!

 

生ハムの美味しさをさらにに引き立てている!

 

うまい!

 

 

さらに驚きの絶品サラダ!

 

 

黒豚生ハムのサラダ&Coffee

 

黒豚の生ハムがまいうすぎる~~!!!

 

 

満足して店を出て、そこから徒歩で7分・・・走る人

 

 

丸尾滝(まるおのたき)」 へ!

 

 

この滝

 

周りの霧島温泉郷から流れ出てくるもので

 

なんとも珍しいお湯(温泉水)の滝なのだ。

 

 

 

気温の低い冬場には湯けむりが立ち上がり

 

ライトアップされた夜は、その美しさが見ものなんだとか・・・。霧

 

 

 

だんだんと雲行き くもり が怪しくなってきたので 

 

 

早々に滝を後に次なる場所へとつづく・・・車DASH!

 

 

 

 

本日は以上です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

台風一過となった昨日「敬老の日」。

夫婦互いの実家の両親の食べたいものリクエストに応えた結果

食事は昼夜ともに

 " 鰻 ″になり、さすがにちょっとドッカリきた亀吉です。( >Д<;)

 

さて、薩摩の旅の続き

今回からブログのレイアウト変更してみた。

ちょっと見づらいか・・・?

 

 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

 

 

嘉例川駅から車で約10分 車DASH!

 

「塩浸温泉龍馬公園」 に到着!

 

ここは幕末の志士坂本龍馬が、妻お龍と訪れた

日本最初の新婚旅行の始まりと言われる場所である。

 

 

 

慶応2年(1866)3月、京都の小松帯刀(たてわき)邸において薩長同盟が成立した数日後、何者かに襲われた寺田屋事件で手に傷を負いながらも九死に一生を得た坂本龍馬は、西郷隆盛らのすすめで、妻お龍とともにこの塩浸温泉へやって来た。

 

 

霧島の旅のなかで二人が18日間と最も長く逗留した地であり、龍馬が温泉に浸かり傷を癒しながら、生涯で妻お龍と最も楽しく過ごしたといわれている。龍馬の霧島での足取りや、姉乙女に宛てた手紙などがある公園内の資料館「この世の外」は、生憎この日月曜日の休館日で見ることはできなかったが、龍馬はその姉への手紙の中に

「志をひ多し(しおひたし)」と書いているそうである。

 

 

「龍馬とお龍の新婚湯治碑」

 

 

「縁結びの足湯」

 

 

「塩浸温泉・龍馬とお龍の湯」

 

 

この下の川沿いには、龍馬が入ったとされる湯船がある。

 

 

 

温泉公園の背後には二人の来訪時からの石段がそのまま残っている。

 

 

 

「岩抱き杉」

 

 

「龍の背坂」、龍馬とお龍が滞在時、温泉に浸かるために幾度も歩いて来た坂道。石段で結構な勾配だ。

 

 

 

 

 

ということで最後に、今年結婚32回目を迎える我ら夫婦もとりあえず記念に!

 

 

 

 

そして次の目的地へ!車DASH!

 

 

 

本日は以上です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

18号TARIM(タリム)

 

なんでそんなにも曲がって

 

こっち来るかなぁ!? 

 

 

 

 

非常に強い台風18号、列島直撃か!? 

 

17日9:00頃

 

熊本は水俣付近に接近する模様

 

最大限の事前対策、警戒が必要です。

 

どうか大きな被害がでませんように・・・お願い

 

 

みなさまも

 

くれぐれもお気を付けくださいまし。。。

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

日中はまだ残暑で真夏のような暑さでも

 

夜が長くなるにつれて

 

朝晩は次第に涼しくなり

 

草木には露が宿り

 

白く光るキラキラ

 

月見

 

そんな秋の趣が徐々に感じられる頃

 

ふらっと、夫婦二人旅・・・車DASH!

 

今回は薩摩路へ!

 

 

高速九州道でおよそ1時間半

 

最初に訪れたのは

 

霧島市隼人町にある

 

こちら

 

 

「 嘉 例 川 駅 (かれいがわえき)

 

JR九州、肥薩線の駅である。

 

1903(明治36)年開業

 

築114年、鹿児島県下最古のレトロな木造駅舎は

 

国の登録有形文化財。

 

 

忌野清志郎さんのシングル曲 「Oh!RADIO」の

 

プロモーションビデオの撮影場所となった駅だ。

 

そのほか様々なテレビ番組「鶴瓶の家族に乾杯」など

 

多くの有名人の方々も訪れている様子が展示写真等で見れる。

 

 

また

 

人間以外にも

 

いつの間にか居着いたという猫の「ニャン太郎」は

 

みんなに愛される存在。

 

いまでは「嘉例川観光大使」に任命されているそうな。。。

 

 

・・・しばらく猫お休み・・・・

 

 

舎内にはこの嘉例川駅で撮影された

 

これまたレトロなポスター!

 

 

モデルは、桃井かおりさんと竹下景子さん

 

 

「 旅 は お ん な の

 

エ  ー !! 」

 

って、よくわからんけど・・・(^_^;)

 

 

 

プラットホームに出てみると

 

なんとラッキーなことだろう!

 

 

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! 電車

 

 

 

ここは現在は無人駅ながら

 

特急「はやとの風」が停車する

 

人気の駅でもある。

 

 

 

 

 

乗務員のお姉さんが降りてきます!

 

 

そして

 

乗客でもないのに妻はちゃっかり記念撮影・・・!

 

 

列車内客室も見せて頂いた。

 

 

( ・∀・) イイネ!

 

いつかのんびりと

 

列車の旅も企画せんとね・・・。

 

 

 

そして「はやとの風」は

 

次の駅へと出発!電車 (^o^)/

 

 

グッドタイミングでありがとう (^.^/))) 

 

 

因みにこの嘉例川駅にて

 

土・日・祝日だけ販売される限定のお弁当

 

百年の旅物語・かれい川」は

 

JR九州駅弁グランプリ

 

3年連続1位に輝いたお弁当なんだとか。

 

食べてみたかったぁ・・・ もぐもぐ

 

という思いも乗せて

 

 

薩摩路の旅はつづく・・・車DASH!

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。