ジュエルコンシェルジュとして、テレビ通販などで色々な宝石をご案内していますが

当然、美しい美術品にはとても興味があります。

 

徳島県鳴門市にある『大塚国際美術館』

あの有名な大塚製薬グループが開設、運営の

世界初で唯一の「陶板名画美術館」

 

古代壁画から西洋名画まで

1000点余りが5フロアに渡って展示されています

 

フロアマップ

 

地下2階(B2ルネサンス~バロック 

 

 

<嵐 ジョルジョーネ>

 

ジョルジョーネ嵐

 

西洋絵画史上で類を見ないほど議論されてきた作品

特有のミステリアスな雰囲気も伝わってきます

好きな名画のひとつですが、思ったより小さかった…

 

 

<最後の晩餐 レオナルド・ダ・ヴンチ>

 

最後の晩餐 修復前1最後の晩餐 修復後1

 

ここでは

「修復前」 と 「修復後」 が向かい合わせで展示されていてとてもユニーク

修復前のものはもう見られないので、貴重な実物大の資料になりそう

 

 

最後の晩餐 修復前2 

修復前の最後の晩餐

 

修復前とは言っても、各時代に手が入れられて本来の姿では無かった模様

 

最後の晩餐 修復後2

修復後の最後の晩餐

 

 

今回の修復ではオリジナルに近い色合いが再現、キリストの口元にも注目!

 

 

 

 

現地で、実際の絵を見学するには予約が必要

一度に部屋に入る人数も25人までの上、作品を見られるのは15分とか

大塚国際美術館では、開館から閉館までずっと鑑賞ができます

 

 

<モナリザ レオナルド・ダ・ヴンチ>

 

モナリザ

 

直接触る事が出来る名画、一緒に写真も撮れます

 

 

日本でも人気の 『フェルメール ヤン

10月から2作品加わり、8作品を一堂に見ることができます

 

特別企画? フェルメールギャラリーは魅力的な空間

 

フェルメールギャラリー

 

 

<ワイングラスを持つ娘>

 

フェルメール ワイングラスを持つ娘

 

 

 

<ヴァージナルの前に立つ女>

 

フェルメール ヴァージナルの前に立つ女

 

 

 

<真珠の耳飾りの少女>

 

真珠の耳飾りの少女

 

人気の一枚と2ショットもできます

 

 

フェルメール読本

 

 

10/31まで、一日300冊限定配布、もちろん朝一でGet

 

 

地下1階の近代絵画にはお馴染みの名画が続々と

 

<ヒマワリ ゴッホ>

 

ゴッホ ヒマワリ1

ゴッホ ヒマワリ2

 

アルル時代に描いた7つのヒマワリが一堂に見ることができます

 

 

ゴヤの 『着衣のマハ』 と 『裸のマハ』  

ルノアールの 『都会のダンス』 と 『田舎のダンス』 など

日本の展示会では隣り合う事が難しい展示もここでは可能に

 

 

<ルノワール>

 

都会のダンス ルノワール

 

モデルはどちらもユトリロの母 

ボストン美術館とオルセー美術館所蔵なので不思議な構図

 

 

 

 

マネ・ルノワール

マネ と ルノワールも同じ空間に・・・

 

 

<メランコリー・叫び・思春期 ~ ムンク>

 

 

ムンク

 

ムンクも叫んでいます!

 

 

あまりにも作品数が多く、また内容も充実していたので休憩無しで回っても

近代~現代はゆっくり見られず残念。

 

複製と侮るなかれ、完成度の高さとスケール

「感動!素晴らしい!!」 の一言に尽きます。

行って良かった、そしてまた行きたくなる不思議な美術館です。

 

 

 

J-Classy新浦安サロン