こんにちわ。

前回記事にて、1年を13ヶ月にするのと、

12ヶ月にするのとでは決定的な違いが生じることを書きました。

 

(前回記事はこちらです)

見破ったわよ!グレゴリオ!12ヶ月カレンダーの真相。

 

 

 

 

 

 

そして12カ月カレンダーが1カ月を分断していると気づいた時、

同時に閃いたことがありました。

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

「音で表現すれば、

意識がどう分断されるのかわかりやすいはず」と。

(▰˘◡˘▰)

 

 

 

 

 

ビジョンで見るとこうなっている12カ月カレンダーを、

「聴いたら」どうなるか?!

(@ ̄Д ̄@;)

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

左右で分断されている1ヶ月は、

形も大きさも、結びつくラインの角度も異なります。

 

 

 

 

 

 

ですから周波数的にも異なり、

「音で表現するなら、全く違うメロディーになるはずだ」

 

・・・と私は考えました。

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

映像を見ていただく前にシンプルに説明します。

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

1年を13カ月と1日としている13の月の暦は、

13カ月全てが28日の同じ形状を保っており、

このような形です。

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

そのため、1カ月をずらりと並べた時はこうなります。

ちと見えにくいけどね。

(⌒-⌒; )

 

 

 

中心を軸に左右対称になっています。

image

 

 

 

 

 

 

 

例えると一つの音楽がそこで奏でられていて、

メロディーが流れている感じです。

 

 

 

 

 

その月が終わると音楽も終わり、

次の月になったらまた違う音楽が流れる・・・。

 

 

 

 

 

このように、

ひと月に1曲が時空を満たしているイメージです。

(*゚ー゚*)

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

・・・が!!

( ̄Д ̄;;

 

 

 

 

 

 

12カ月の場合はどうなるでしょう?

 

1カ月の中に2つの曲が存在することになるわけです。

(  ゚ ▽ ゚ ;)

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

横一列に並べると・・・。

 

image

なんだか列車みたいだな・・・

(; ̄ェ ̄)

 

 

 

 

 

 

・・・で、

どんな体感になるのか実験してみようと思いました。

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

完全にジャンルの違うコントラストが入り乱れた時、

私たちはどうなるのか?

 

 

 

 

ちなみ結びつくペアがいない孤立した16は、

音なしで推移することにいたします。

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

向かって・・・

image

 

 

 

 

左側はショパン

image

 

 

 

 

 

 

右側はプレディーマーキュリー:クイーン

image

 

 

 

 

 

 

どちらも有名な名曲です。

わかりやすくするため、

映像にはカレンダー数字をつけました!

( ̄∇ ̄+)

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

双方をフルコーラス仕上げにすると

9分以上になってしまうため、

ここではシンプルにまとめています。

 

 

 

 

 

2分44秒の

「グレゴリオ暦:12カ月狂奏曲」をご堪能ください。

(@ ̄Д ̄@;)

ボリュームは中程で。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・いかがだったでしょうか?

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

名曲でこんな実験してごめんなさい。

でも、聴くことで、

何が起こっているのか体感できましたよね。

( ̄Д ̄;;

 

 

 

 

なんというか、

どちらも素晴らしい曲なのに、

振り回されるというか、

ついて行くのが必死というか、

考える間がないというか・・・?

 

 

 

 

 

追いかけて追いかけて息切れして・・・

なんだか把握できず、

焦っているうちに終わってしまう。

(  ゚ ▽ ゚ ;)

 

 

 

 

あなたはいかがでしたか?

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

《以下あくまでも私の検証です》

 

 

 

 

目まぐるしく変わる曲についてゆこうと必死になるあまり、

曲に浸る暇がなく、

「自分自身がどう感じているのか?」

・・・に意識を注ぐ暇もありませんでした。

(@ ̄Д ̄@;)

 

 

 

 

 

もしショパンだけだったら、

繊細な強さを感じ、

自分の内にある同じものに気づいたかもしれません。

 

 

 

もしプレディーマーキュリーだけだったら、

勇気や大きなパワーを感じ、

自分の内にある同じものに気づいたかもしれません。

 

 

 

 

素晴らしい演奏は鏡となって

聴き手の内面を映し出してくれるからです。

( ̄▽+ ̄*)

 

 

 

 

でもこのように2曲がシャッフルされたら、

私はどちらも深く感じることができず、

入り乱れる進行に翻弄されてしまう。

 

 

 

 

 

私はこれが12カ月の特殊性だと感じました。

( ̄Д ̄;;

 

 

 

 

そして1カ月の間に

歴然とした”ヒビ”があるということは・・・

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

時間に見えない亀裂が入っていることだと推察されます。

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

 

亀裂があることと、追い立てられることは、

そこに生きる者が自分の心や思考を俯瞰(ふかん)しようとしても、

難しくしているようにも思えました。

 

 

 

 

 

今の生活にどんなに嫌気がさしていても、

目先のことに翻弄され立ち止まって考えたり、

一旦リセットするという選択行動が難しいのは

 

12ヶ月の特質ではないかと感じます。

(原因の全てではないと思いますが)

 

 

 

 

 

 

 

 

1年が13ヶ月で全ての月が28日の場合は、

1ヶ月を満たしているのは毎月たった1つの曲。

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

曲が始まり・・・発展し・・・変容し・・・終焉するのを、

聴き手はじっくり感じられます。

 

 

 

 

 

 

{DBC7A936-5BA3-4146-9CB6-85F513FDE85A}

 

 

 

 

 

 

12ヶ月カレンダーから離れることは現実的でないかもしれない。

 

けれど、亀裂の生じていない13ヶ月:13の月の暦を

「心のカレンダー」として併用することは可能だと思います。

 

 

 

 

 

皆様はいかがお考えですか?

私の考えをうのみにせず、

ご自身で考えてみてくださいね。

(*゚ー゚*)

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

 

 

 

*追記*

 

 

前回投稿の後、

13の月の暦の手帳・カレンダーについてお問い合わせを多数頂きました。

予想していなかったことで少し驚きました。

(  ゚ ▽ ゚ ;)

 

 

 

中身チラ見したい方に

リンクを貼っておきます。

どちらもAmazonより版元直接の方がお得です。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

私は各会社から対価をもらって紹介しているわけではありません。

この1・5年誤解されていたようなので。

念のため。

( ̄ー ̄;

 

 

 

 

こよみ屋さん:手帳・壁掛けカレンダー

http://www.koyomiya.com/13moon/index.html

 

 

壁掛けカレンダー:マヤリョーシカ

http://www.yukaze-publishing.com/maya_art/maya-cal2018.html

 

 

 

 

13の月の暦には見慣れないマークや表があります。

わからなくても13ヶ月のリズムとしては使えますので、

その方法を後日提案するつもりです。


追加: 次の記事に提案しています。

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

マークやキーワードまで突っ込んで知りたい方は、

こちらにビデオがございます。

ご参考までに。

(*゚ー゚*)

 

 

その1

https://youtu.be/QhA-9CnXqXM

 

その2

https://youtu.be/3rymr9gSiZU

 

その3

https://youtu.be/l7lNZzGmxLc

 

その4

https://youtu.be/tUKRa6TJNfo

 

 

その5

https://youtu.be/ATeklDqXrGA

 

その6:ラスト

https://youtu.be/3z1QQYkqoto