「命を咲かす」健康事業と、「心を咲かす」教育事業を展開 株式会社アイウィルビー

「命を咲かす」健康事業と、「心を咲かす」教育事業を展開 株式会社アイウィルビー

アイウィルビーでは、新しい時代の健康と教育についてのあり方を提案します。

アイウィルビーでは、「透明な在り方」を実現するために「命を咲かす」健康部門と、「心を咲かす」教育部門を展開しています。


「命を咲かす」健康部門においては、命に透明感をもたらし存在感をもたらすためにはどうしたらよいのか、何によってそれを実現していくのかを追求して来ました。その結果、最も有用性の高いサプリメントを共同開発し提供しています。 「心を咲かす」教育部門では、感性が全ての本質と説く感性論哲学を学び実践することにその答えを見出しました。



感性論哲学の創始者芳村思風先生との出逢いは、私の人生に最も多くの学びと気づきを与えてくれました。(株)アイウィルビーの社名の中にも、その哲学は色濃く反映されています。

感性論哲学では、人間の本質は感性であり、人間におけるその感性の実態は「愛と意志」であると教えます。

アイウィルビーの「アイ」は「愛」を表し、「ウィル」は「意志」、「ビー」は「在る」。つまり、私たちは愛と意志の中に生きる存在であるという意味を込めて命名しました。


人間の本質が感性であり、その実態が愛と意志ならば、現象として起こる問題は、愛の実力を高めるために生じたり、意志を明確にするために起こるのだと解釈できるからです。そのことさえ分かれば、問題に対する不安や恐れは和らぎます。






「透明な在り方」とは


「透明な在り方」とは、「透明感のある在り方」と「存在感のある在り方」を併せ持つ在り方のことを言います。 すなわち、佐藤初女先生は、限りなく透明感を持ちながら凛とした存在感をもっていらっしゃる。その在り方こそ「透明な在り方」を体現されているお姿


透明な在り方フォーラム


2010年11月 森のイスキアの佐藤初女先生の在り方にヒントを得て名付 けられ、新しい時代を生きる人間の在り方として「透明な 在り方」を模索する勉強会として発足した。これまで映画 「生まれる」上映を始め池川明先生講演会や佐藤初女先生 のお料理講習会などを開催してきた。今春、佐藤初女先生 の新刊「限りなく透明に凜として生きる」出版記念講演会 を共催するなど、ささやかだけれど、ぬくもりのある活動 を続けています。











イーパウダーコラーゲン







 







 



 



 

■日程
2021年9月23日(祝・木)16:00-18:30(講演)、18:30-20:00(懇親会 ※リアル参加のみ)
9月の第七回は、株式会社ことほぎの代表取締役である白駒 妃登美 (しらこま ひとみ)さんにご登壇いただきます。
行徳先生との対談で貴重なお話をお聞かせいただけると確信しております。
株式会社ことほぎ 代表取締役白駒 妃登美 (しらこま ひとみ)
1964年、埼玉県生まれ。福岡市在住。
幼い頃より歴史や伝記の本を読み、登場人物を友だちのように感じながら育った。福沢諭吉に憧れ、慶應義塾大学に進学。卒業後、日本航空の国際線CAとして7年半勤務。1992年には、宮澤喜一首相訪欧特別便に乗務。その後、企業の接遇研修講師、結婚コンサルタントとして活躍。
大病をきっかけに、命と向き合い、歴史上の偉人の生き方を改めて丁寧に紐解くなかで、かつての日本人が生きていた「今を受け入れ、この瞬間に最善を尽くし、天命に運ばれていく」という天命追求型の生き方にシフトする。生き方を変えたことで、病状が奇跡的に快復。2012年、株式会社ことほぎを設立し、日本の歴史は「志」のリレーであり、報恩感謝の歴史であることを伝える講演活動を本格的に開始する。講演では「こんな歴史の先生に出会いたかった」「日本人に生まれてよかった」と涙する参加者が続出。全国各地での講演・メディア出演依頼は、年間200回におよぶ。主な講演先は、経営者勉強会、企業、教育機関、官公庁など多岐にわたる。子育てと仕事に奮闘する二児の母でもある。天皇陛下御即位三十年奉祝委員会・奉祝委員、公益財団法人モラロジー研究所・特任教授を歴任。


【著書】
“人生に悩んだら「日本史」に聞こう”~幸せの種は歴史の中にある~(祥伝社)
“感動する! 日本史”~日本人は逆境をどう生きたか~(KADOKAWA)
“こころに残る現代史”~日本人の知らない日本がある~(KADOKAWA)
“愛されたい!なら日本史に聞こう”~先人に学ぶ「賢者の選択」~(祥伝社)
“子どもの心に光を灯す 日本の偉人の物語”~歴史を学ぶと希望が生まれる~(致知出版社)
“歴史が教えてくれる日本人の生き方” ~日本の歴史は「志」のリレー~(育鵬社)
“幸せの神様に愛される生き方”~夢を超えた素敵な現実を生きる方法~(育鵬社)
“誰も知らない偉人伝”(KADOKAWA)
“古事記が教えてくれる天命追求型の生き方” ~夢がなくても輝ける~(HS出版)

 

 

 

 

 

「これまで歩んできた道のりは、失敗したり、挫折したり、さまざまな体験経験出逢いをたっぷり味わってきた日々でした。一番の誇りは「出逢い」

両親、家族、パートナー、師、友人、ライバル、マスターこんなにも素晴らしい方々と出逢えたことを、神に感謝したいと思います。その出逢いによって気づかされてきた「しあわせ」への道。
2016年からスタートさせて、早18期を迎えることが出来ました。
自分が当初想像した以上に、しあわせの輪が広がっていることに、宇宙の計らいを感じずにはいられません。
これからもご縁をいただいた方の安心基地安全基地となって、しあわせへと歩み始めるその背中をそっと押す存在で在りたいと心から願っています。

『しあわせ講座第18期』

第1講座 10/12(火)
第2講座 10/28(木)
第3講座 11/17(水)
第4講座 11/30(火)
第5講座 12/7(火)
第6講座 12/21(火)
第7講座 1/12(水)
第8講座 1/25(火)

時間帯 18:30〜21:30
費用:各回7000円(当日現金でのお支払いになります)

ZOOM参加は事前振込

対面参加・ ZOOM参加OK

終了後、懇親会あり(1.000円・自由参加)

会場:「Patrick咲CAS」
〒145-0062 東京都大田区北千束2丁目32-5-101
ひのきの里北千束

btn1111 1 - 兼ちゃん先生のしあわせ講座第18期、アドバンス講座第13期、その先へ講座第3期日程のご案内

 


『兼ちゃん先生のアドバンス講座第13期日程』

第1講座 10/27(水)
第2講座 11/10(水)
第3講座 11/24(水)
第4講座 12/1(水)
第5講座 1215(水)
第6講座 1/13(木)
第7講座 1/26(水)
第8講座 2/9(水)

第6講座だけ、木曜日になっていますので、お気をつけください。

時間帯 18:30〜21:30
費用:各回9000円(当日現金でのお支払いになります)

ZOOM参加は事前振込

対面参加・ ZOOM参加OK

終了後、懇親会あり(1.000円・自由参加)

会場:「Patrick咲CAS」
〒145-0062 東京都大田区北千束2丁目32-5-101
ひのきの里北千束

[内容]
◎しあわせ講座の振返り
◎宇宙の摂理
◎私と自然
◎私とパートナー
◎私とライフワーク
◎私とお金
◎私と肉体
◎私の内なる森
◎存在意義と自己価値
◎楽優強軽と7つのり
◎本当の私の声(真実の道)

btn1111 1 - 兼ちゃん先生のしあわせ講座第18期、アドバンス講座第13期、その先へ講座第3期日程のご案内

 


『兼ちゃん先生のその先へ講座第3期日程』

第1講座 11/12(金)
第2講座 12/3(金)
第3講座 12/17(金)
第4講座 1/14(金)
第5講座 1/21(金)
第6講座 2/4(金)
第7講座 2/18(金)
第8講座 3/11(金)

時間帯 18:30〜21:30
費用:各回10000円(当日現金でのお支払いになります)

ZOOM参加は事前振込

対面参加・ ZOOM参加OK

終了後、懇親会あり(1.000円・自由参加)

会場:「Patrick咲CAS」
〒145-0062 東京都大田区北千束2丁目32-5-101
ひのきの里北千束

btn1111 1 - 兼ちゃん先生のしあわせ講座第18期、アドバンス講座第13期、その先へ講座第3期日程のご案内

忌部文化研究所から林先生のzoomセミナーのご案内です。
「黒潮に乗り、阿波(徳島)から安房(千葉)に渡った阿波忌部、そして関東へ」~館山市・南房総市編~
https://inbebunka02.peatix.com/

 

四国、阿波(徳島)を拓いたのは阿波忌部という一族で、古代に黒潮海流で房総半島南部に到達し、麻やカヂを植え関東一円を開拓していきました。阿波忌部が渡来した地は安房国(館山市・南房総市)と呼ばれました。本研究所を設立した原点こそは阿波忌部による関東開拓の歴史でした。

第1回 8月26日(木)21:00~22:15

『阿波から安房に渡った阿波忌部』(前編)

第2回 8月27日(金)21:00~22:15

『阿波から安房に渡った阿波忌部』(後編)

■会員受講費 2,000円(忌部文化研究所会員)

■一般受講費 5,000円(忌部文化研究所年間会員付き)

※一般社団法人「忌部文化研究所」の趣旨を理解いただき支援くださる方、年間5000円の入会会員費となります。自動的にメールや郵送にて各社情報&パンフレット等が送付されます。

*zoom講演当日にリアル参加が難しい方に、後日でも見ていただけるように期間限定アーカイブ、録画配信が決定いたしました。

■主催 一般社団法人 忌部文化研究所

★徳島や日本各地を拓き、ヤマト王権の成立に大きな影響を与えた「忌部」の研究。忌部が

拠点とした徳島剣山系に残る伝統農業や思想から見る持続可能な社会システムの研究。「日本の原点を見詰め未来を創る」とのスローガンのもと、さまざまな企画・提言・プロジェクト・

セミナー・出版等を行い徳島創生、ひいては日本創生をめざす一般社団法人です。

動画の方は林先生と

女神研究家 明石麻里さん

忌部文化研究所特任講師 松前兼一さん

の3名で「祈り」をテーマに対談した時の様子です。

 

 

 

 

松前さんからは、長年学ばれている感性論哲学の視点から

感性論哲学の創始者芳村思風先生が説く

これからの人類の在り方「縦社会から横型社会」

力の差がある場合、支配の構造が生まれるのが当たり前の時代に阿波忌部族は平和的な感性で力の支配をせず、教え分け与え共存共栄、相互扶助の精神があった。

それを2000年近く前から忌部は横型社会を営んでいて

これからの在り方を考える前に、忌部の地(徳島)に連れて行って、これからの時代を学ぶ前に思い出してもらう!

実際にお連れすると何か心に感じるもの、魂にスイッチが入るきっかけを持つ方が多く

その後のしあわせな出来事をたくさん聞くとのことで忌部族が持っている精神を現地におもむき頭で理解する前に体で感じてほしい、その活動(明石麻里さんと共に活動している女神ツアー)の紹介を頂きました。

 

林先生から

忌部族が持つ精神「ともうみの精神」

自然をいつくしむ精神

・自然に感謝し、自然と共に存在する

ともうみの精神

・従来であれば、武力を用いて他の土地を支配するのが当たり前の時代において

忌部族は武力を用いず、現地の人と力を合わせて切り開いていった。

そんな利他の精神の源流が忌部族が持ち合わせていた。

 

 

明石麻里さんから

忌部の神社に訪れる中、共通して感じるのは「やさしさ」

そこには忌部の方々が持っていた平和的な感性が存在し

何千年も前から和の文化を昔から大切にしてきた日本人の心の素晴らしさを解説頂きました。

忌部の地には、深い精神が宿っているという事で

自然に生かされている、さらに一体であり垣根がない

それを体感として持っていたのではないか。

自然を大切にし自然に生かされる阿波忌部の傾斜地農法から

武力で統治せず、平和的な感性で文化を築いて全国に広げてきた忌部の方々の原点には

「やさしさ」があり、それが今の時代も受け継がれてきた。

 

 

 

今こそ、野性を取り戻し翔び立つ時。

「国難襲来す。国家の大事といえども深憂するに足らず。深憂すべきは人心の正気の足らざるにあり」

これは、水戸藩の儒学者であった藤田東湖が吉田松陰に贈った言葉です。社会も日々の暮らしも、何もかもこれまでと同じではなくなった今こそ必要なのは野性だと、昨年米寿を迎えた行徳哲男先生は熱く語ります。

ゲーテは、「安住安楽は悪魔の褥」と言っています。わたしたちは、悪魔の褥に身を横たえていませんか?今こそ、野性を取り戻し、翔び立つ時です。

改めてこの野鴨の哲学を学びなおし、進化させていくべきではないか、との想いから「野鴨の哲学2.0」として、このプロジェクトは発足しました。

行徳哲男先生の講演と多彩なゲストによる対談

毎月1回、行徳哲男先生をお迎えして「野鴨の哲学2.0」についての講演、多彩な方々との対談を行います。まずは行徳先生の講演や対談を通じて学び考えること。また進行次第ではありますが、参加者同士でディスカッションし、それに対して講評をいただくことも想定しています。


8月の第六回は、株式会社宮田運輸代表取締役社長である宮田博文さんをお迎えして、野鴨の哲学に関する対談を行っていただきます。他ではまず体験することのできないこの貴重な機会を、ぜひお見逃しなく。

 

 

 

 

 

株式会社宮田運輸 代表取締役社長
宮田博文

1970年大阪府生まれ。高校卒業後、祖父が創業した宮田運輸に入社。運転士、専務などを経て2012年社長に就任。当時、売上高は25億円、経常利益は1000万円弱だったが、19年3月期は売上高40億円、経常利益1億5300万円に拡大。
社長就任当初、従業員に対する管理を強め、数字を上げようとしたことが引き金となり、死亡事故が発生。そこから方針を大転換。現在は、従業員をとことん信じる「心の経営」をモットーとしている。その経営手法は、国内のみならず、中国、韓国などアジアの経営者からも注目されており、毎年多くの企業が視察に訪れている。2007年、稲森和夫氏が主宰する経営塾「盛和塾」に入塾。2018年6月に行われた中国北京主催の盛和塾全国大会では、3200人もの経営者の前で講演した。
死亡事故をきっかけに同社がはじめた、トラックに子どもの絵をラッピングして、事故抑止につなげる仕組み「こどもミュージアムプロジェクト」は、現在150社以上の企業が参加。国内のみならず、中国、韓国など海外の官公庁、企業からも大きな注目を集めている。また、同社が行っている、すべての従業員、社外の人誰もが参加できる経営会議「みらい会議」には、全国各地から数多くの人が参加している。NHK「おはよう日本」、読売テレビ「ウェークアップ! ぷらす」などメディア出演多数。

著書「社長の仕事は社員を信じ切ること。それだけ。」(かんき出版)

 

 

 

 

 

第1章 モチベーションの源泉は「人の役に立てること」/「助け合う社風」はどのように生まれたのか?
第2章 1人ひとりを信じて任せる/従業員の主体を生みだす仕組み
第3章 リーダーに最も必要なのは「愛」/人をとことん信じ切る「心の経営」
第4章 目先の数字は絶対に追わない/目の前の困っている人を助け続ければ、会社と従業員は成長する
第5章 人は「管理」ではなく「幸せ」になってこそ成長する/従業員と社会を幸せにするプロジェクト

■宮田社長ご挨拶
私は、ものごころがついたときからトラックが大好きで、父の背中を見て『トラック運転士』になりたいと日々憧れを思い描いていました。18歳で入社させて頂き、寝る時間を惜しんで懸命に働きました。
今日までの23年間には本当に様々な人との出会いがありました。
お客様、お取引先様、会社の仲間たち・・それぞれの家族。そんな多くの人たちに支えられて現在があります。
そしてここにはこれまで私が知らない方々、お取引先様や会社の仲間も多くの支えで来られたことを感謝申し上げます。
私や弊社が一番大切にしているのは、『人』です。
『人』と幸せを分かち合いたいと考えています。
『これを知る者はこれを好む者に如かずこれを好む者はこれを楽しむ者に如かず』
幸せについていくら知っていても幸せを感じられなければ意味がありません。
幸せをいくら持っていても幸せを感じられなければ価値がありません。
幸せを求めてそれを得たとしても幸せを感じられなければ幸せになりません。
『幸せは、感じるもの』(孔子「論語」より)
そしてまた一方では、「運転士」を育てることも私の使命ではないかと考えております。今や日本のライフラインを支える物流の主役である運転士。今後の日本を支える運転士を、もっと魅力ある職業に変えていくことで、社会へ貢献し、多くの人々への報恩につながると確信しております。
同じ志を持ったメンバーと、お客様、そしてご縁ある方々と共に将来世代へ向け宮田運輸はまさに走り続けます。

■日程
2021年8月29日(日)16:00-18:30(講演)、18:30-20:00(懇親会 ※リアル参加のみ)
※懇親会の内容につきましては、状況をみながら判断したいと考えております。
追ってご連絡させていただきますので、ご了承の上参加申し込みお願いします。
※このプロジェクトは年間を通じて実施する予定です。

■参加人数
リアル参加     ・・・10名(先着順)
プレミアムZOOM参加・・・10名(先着順)(注1)
ZOOM参加     ・・・50名(先着順)

注1:会場(Patrick咲CASの)内の別フロアにてZOOM参加いただけます。
   講演後に行徳先生・対談者の方と直接会話いただけます(軽い挨拶程度の時間のみ)
   懇親会にはご出席いただけません。

■参加費用
リアル参加     ・・・20,000円(※懇親会費用込み、行徳先生との懇親、食事飲み物代)
プレミアムZOOM参加・・・10,000円(※行徳先生・対談者との直接会話)
ZOOM参加     ・・・7,000円

■参加資格
・野鴨の哲学2.0の主旨にご賛同いただける方
・リアル参加時は感染症対策(マスク着用・手指の消毒・検温)にご協力いただける方
・ZOOM参加時はカメラ・マイク共にONにできる方(参加者同士のディスカッションを予定しているため。仮想背景可)
・終了後の簡単なアンケートにご協力いただける方

■場所
Patrick咲CAS 〒145-0062
東京都大田区北千束2丁目32-5-101ひのきの里北千束
TEL:03-6324-7300 東急大井町線「北千束」駅徒歩1分

■注意事項
※講演者・対談者が新型コロナウイルス感染症に罹患または濃厚接触者となった場合、止むを得ず中止させていただく場合がございます。その際は速やかにご連絡させていただき、返金または他の回への振替等の対応を致します。
※オンライン参加の方は、ZOOMをご準備いただき、通信料金等は参加者各自でご負担ください。
※参加用ZOOMリンクは申し込みをいただいた方にのみお知らせいたします。事前申し込みをいただいていない方はご参加いただけません。当日、参加申し込み者リストにもとづき、ZOOM上での参加承認をいたします。

 

 

https://peatix.com/event/1958908

 

 

 

行徳哲男先生の講演と多彩なゲストによる対談

毎月1回、行徳哲男先生をお迎えして「野鴨の哲学2.0」についての講演、多彩な方々との対談を行います。まずは行徳先生の講演や対談を通じて学び考えること。また進行次第ではありますが、参加者同士でディスカッションし、それに対して講評をいただくことも想定しています。

第4回新井さん動画

 

 

 

第4回対談動画

 

 

 

7月の第五回も、株式会社eumo代表取締役である新井和宏さんをお迎えして、野鴨の哲学に関する対談を行っていただきます。鎌倉投信株式会社の共同創業者であり、共感資本社会の実現を目指す新井さんの貴重なお話をお聞かせいただけると確信しております。他ではまず体験することのできないこの貴重な機会を、ぜひお見逃しなく。

 

 

さんの貴重なお話をお聞かせいただけると確信しております。他ではまず体験することのできないこの貴重な機会を、ぜひお見逃しなく。


日本BE研究所所長
行徳哲男 (ぎょうとくてつお)
1933年福岡県に生まれる。某財閥系企業にて労働争議の渦中に身を置き、イデオロギーではなく感性でしか人は救えないという体験をした。1971年米国の行動科学とグループダイナミズムを東洋の禅と融合させ、「感性=紛れもない私」を取り戻すBE研修を創始した。以来50年にわたり、「BE」で山にこもり続け、受講生は16,000名余に及ぶ。著書は「いま、感性は力」「いまこそ、感性は力」(ともに芳村思風先生との共著、致知出版)、「感奮語録」(致知出版)など。

新井和宏

1968年生まれ。東京理科大学卒。
1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007~2008年、大病とリーマン・ショックをきっかけに、それまで信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。2008年11月、鎌倉投信株式会社を元同僚と創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い2101」の運用責任者として活躍した。鎌倉投信退職後の2018年9月、株式会社eumo(ユーモ)を設立。

著書『投資は「きれいごと」で成功する』(ダイヤモンド社)、『持続可能な資本主義』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』(イーストプレス)、『共感資本社会を生きる』(共著・ダイヤモンド社)

株式会社eumo: https://eumo.co.jp/

ファシリテーターを務める松前兼一氏のコメント
新井和宏氏は、NHK番組「プロフェッショナル」に取り上げられ大きな反響を呼んだ。 金融の話しであるのにも関わらず多くの視聴者が泣いたという伝説が残っているが、 あれから日本の潮目が確か変わった、そう感じるのは私だけではないだろう。 あれから多くの人々が社会貢献に目覚めたのではないか。 彼は今 「日本人のお金の概念、お金の常識を変えたい。それをこの10年で変えてみせる!」 と熱く語る。 行徳哲男先生そして芳村思風先生をして 「こんな人物の登場を待っていた!」と言わしめた新井和宏氏との対談は、未来に残す言の葉となって生き続けることであろう。そんな予感がする。

■日程
2021年7月25日(日)16:00-18:30(講演)、18:30-20:00(懇親会 ※リアル参加のみ)
※懇親会の内容につきましては、状況をみながら判断したいと考えております。
追ってご連絡させていただきますので、ご了承の上参加申し込みお願いします。
※このプロジェクトは年間を通じて実施する予定です。

■参加人数
リアル参加     ・・・10名(先着順)
プレミアムZOOM参加・・・10名(先着順)(注1)
ZOOM参加     ・・・50名(先着順)

注1:会場(Patrick咲CASの)内の別フロアにてZOOM参加いただけます。
   講演後に行徳先生・対談者の方と直接会話いただけます(軽い挨拶程度の時間のみ)
   懇親会にはご出席いただけません。

■参加費用
リアル参加     ・・・20,000円(※懇親会費用込み、行徳先生との懇親、食事飲み物代)
プレミアムZOOM参加・・・10,000円(※行徳先生・対談者との直接会話)
ZOOM参加     ・・・7,000円

■参加資格
・野鴨の哲学2.0の主旨にご賛同いただける方
・リアル参加時は感染症対策(マスク着用・手指の消毒・検温)にご協力いただける方
・ZOOM参加時はカメラ・マイク共にONにできる方(参加者同士のディスカッションを予定しているため。仮想背景可)
・終了後の簡単なアンケートにご協力いただける方

■場所
Patrick咲CAS 〒145-0062
東京都大田区北千束2丁目32-5-101ひのきの里北千束
TEL:03-6324-7300 東急大井町線「北千束」駅徒歩1分

■注意事項
※講演者・対談者が新型コロナウイルス感染症に罹患または濃厚接触者となった場合、止むを得ず中止させていただく場合がございます。その際は速やかにご連絡させていただき、返金または他の回への振替等の対応を致します。
※オンライン参加の方は、ZOOMをご準備いただき、通信料金等は参加者各自でご負担ください。
※参加用ZOOMリンクは申し込みをいただいた方にのみお知らせいたします。事前申し込みをいただいていない方はご参加いただけません。当日、参加申し込み者リストにもとづき、ZOOM上での参加承認をいたします。