英語がビジネス環境でのグローバル共通語である今、欧米企業に「言語」の壁はない・・・にも拘らず、文化の違いとそれに基づく価値観やコミュニケーションで大きな壁にぶつかり、組織としてのパフォーマンスにも影響を及ぼした。

各企業は試行錯誤の末、様々な分野でのベストプラクテイスとそれを展開するツールを開発した。まずその経緯を見てみたい。


世界史的にみれば欧米の世界展開は三つのフェイスに分かれる。



第一段階は植民地の時代1517世紀、大航海時代、ヨーロッパ諸国による植民地的進出圧倒的な武力でアジア、南北アメリカ、アフリカ等を侵略、隷属させる。

17世紀中ごろまでにほぼ全ての地域にヨーロッパ人が到達して大航海時代は終焉を迎える。

Smarter Retailers Expect Manufacturer Expertise         賢明な小売はサプライヤーの専門性に期待し始めている。

第二段階は19世紀、ナポレオン戦争による国民国家の形成や、産業革命による資本主義の勃興が、近代の「グローバリゼーション」を引き起こした。


第三段階は、第二次大戦後、アメリカ合衆国を筆頭に西側諸国で多国籍企業が急成長し、現代の「グローバリゼーション」が始まった。

第一、第二段階は一方的な植民地化と搾取、自国文化の押しつけであり、異文化への配慮は皆無だった。

第三段階も当初は同様だったが、やがて状況は変わる。殊にソビエト連邦崩壊後は、政治・経済両面でアメリカの単独覇権を目指すなか、政治的にはベトナムの敗戦、中東問題、経済的には、多国籍企業に搾取と、それに伴う国内産業の衰退、プレカリアートの増大という事態等からグローバリゼーションの負の現象が露呈。

アメリカは異文化圏を敵に回すことの難しさを痛感。自国利害を最優先する行き方から、他国多文化との相互依存を重視する方向へ転換し始める。

そしてころから米国で異文化研究が盛んになる。

日経夕刊・・・50年後は日本の総人口3割減の8674万人、5人に2人が65歳以上

解ってはいるが改めて書かれるとドキッ!


ながく市場成長を前提としてきたビジネスモデルは崩壊。成長する海外市場に便乗するしか、成長維持の方法はない。

グローバル化は理屈じゃなくなった。


企業は、社員と組織のグローバル対応力を強化する取組、

英語公用化、TOEICを採用基準に組み入れ、社員向け英語教育の採用、

下火だった英語教育会社は活況に沸く。


一方で・・・・「英語だけじゃ通用しない」


じゃあ何をすればいいの?その答えがはっきりしない。


経済産業省の主導で設置された「国家グローバル人材育成委員会」の結論は・・・

「語学力」に加えて「Action=前に踏み出す力」「Thinking=考える力」「TeamWork=チームで働く力」が必要という。

それってなに?コンサルテイング会社は「リーダーシップ」「コンピテンシー育成」等々を上げる。

Again・・・・それってなに?


おそらく皆さんがもっとしゃくにさわるの・・・・
それを受けた英語教育会社の「リーダーシップトレーニング」、
英語の専門家だろうけど、部下も持ったことないだろ?ピープルマネジメントは素人だろ?お前らに言われたくないわ!


いったいどうすりゃいいの?どこに答えがあるの・・・?


じゃあそれをじっくり考えてみよう。


日経MJの興味深い記事からおもう


韓国
LG電子は81年日本参入したが販売不振により段階的に販売縮小、


08年一旦撤退した。

尻尾を巻いて逃げかえったと誰もが思ったが、そうではなく日本市場の優先順位を下げた・・とみるのが正しい。

以降海外で攻勢を続け日本メーカーを遥かに上回るグローバルでの成功を達成した(サムスン18.7%LG131%ソニー10.3%、パナ7.9%、シャープ6.7%

さてこれを背景に、グローバル企業としてScaleUpし、豊富な資金力を背景に閉鎖的日本市場に再び攻勢をかける。

Smarter Retailers Expect Manufacturer Expertise         賢明な小売はサプライヤーの専門性に期待し始めている。

興味深いのは日本の商習慣リベートへの対応

「合わせないと店頭で弾かれる」但し出し方を工夫、店頭での競争力の繋げる事を重視、ECR、カテゴリーマネジメントにおける販促ファンドのルールと一致する。全ての投資は販売店の利益補填でなく、消費者への価値創造に繋がるべし。

量販店の受け入れには別の側面も。縮小が避けられない日本市場を背景に、各社の海外進出が予測される。これら新興国で高いシェアを誇る韓国系との効果的連携を期待ある。


ついでにいえば消費者の韓国製に対するイメージも大きく変わった。ドラマも、音楽も、家電も AKBより少女時代の方が数段レベルが高いのは明らか、世界は総合的にはSONYやパナよりサムソン、LGを評価してる。この差の背景 ①政府の一貫した政策 ②国民のハングリーさ、真摯さSmarter Retailers Expect Manufacturer Expertise         賢明な小売はサプライヤーの専門性に期待し始めている。