Lotus Notes/Domino (R) をこよなく愛して。。。。

ようこそ、Notes/Domino ファン & ブロガーのみなさん !


【ご注意】 このブログはビジネスに活用いただくためのものですので、以下の点を守ってご利用願います。


1. 他社あるいは他人への誹謗中傷のコメントはご遠慮ください。

2. コメントはビジネスとして問題のない言葉、表現を使ってください。

3. Webで一般公開されていない、具体的な個人や法人を特定するコメントはご遠慮ください。

4. 個人情報の記載は行わないでください。


上記を守られないコメントは、こちらの判断で削除させていただきますのでご了承願います。


尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、メーカーとは全く関係はありません。

また、メーカーのビジネスに利害を及ぼすために記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの記載であり、内容が正確でない場合もあることをご理解の上、ご利用願います。


ご利用に際しては、左側のフレームに記載しております【注】をご一読の上、利用条件を守ってご利用ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Log.nsfの管理はDominoに任せちゃダメ!?

皆さんもご存知の通り、Log.nsfはDomino稼働中にCompactなどのメンテナンスが出来ません。

 

皆さんの環境では、通常のオンラインCompactの対象から外して、OS再起動時にCompactなどのオフラインでのシステムメンテナンスをスケジュールされているのではないでしょうか?

 

しかし、これも結構な時間を費やしてしまい、OS再起動までの時間が伸びてしまうことが考えられます。

 

そもそも、Log.nsfは完全追記で、通常Compactは殆ど意味が無いです。

 

意味があるのは、Log.nsfの保持期間を30日とかに設定している場合ですが、この場合、通常のオフラインメンテナンス(Compact/Fixup/Updall)を行うと、数分とか数十分掛かってしまうことがあります。

 

これでは、システムの停止時間が伸びてしまい、Cluster環境でない限り、ユーザへのサービス停止時間が伸びてしまうことになります。

 

Log.nsfの特性を考えた場合、OS再起動時にオフラインメンテナンスなどせずに、単純にLog.nsfをLog_old.nsfなどにRenameして立ち上げるのが得策です。

皆さんご存知のように、Dominoは起動時にLog.nsfが無いと自動的に作成するからです。

 

Log.nsfはNotes Clinetから参照可能と言う便利さはありますが、Console.logが残っていれば、殆ど不要ともいえますので、再起動間隔(普通、1ヶ月に1度くらいでしょうか?)のログが参照出来れば十分だと思います。

 

出来るだけ無駄な処理を無くしてユーザーサービスの時間を確保することの方が重要だと思います。

 

皆さんも、一度、こういった再起動などの処理を見直してみてください。

意外と昔から全く変更されておらず、それが当たり前と思っていることが多く、見直すと改善出来ることが多いと思います。

 

 

 

 

 

レプリカの文書保持期間を変える場合は要注意!

レプリカの設定で、一定期間に変更の無い文書を削除するという機能がありますが、システム管理要求(AdminP.nsf)や統計モニター(statrep.nsf)では、90日とか、7日で変更の無い文書が削除されるように設定されています。

 

以前、報告したかも知れませんが、AdminPは日本語Templateの不備で、一定期間に変更のない文書の削除が行われないようになっていました。

Statrepに関しては、私のDomino 9の環境では90日で削除されるように設定されていることが確認できていますが、実際の現場のDBを見ると、削除のチェックがされていないDBも発見されています。

 

この「一定期間に変更の無い文書の削除」のチェックが無いと、過去の文書が残り、DBが肥大化していきます。

 

そのような状態に気が付くと、皆さんは、チェックを付けて削除すれば良いと思われるかも知れません。

 

しかし、この操作は少し悲惨な結果を招くことがあるのです。

 

操作した直後、大量の文書削除が行われ、場合によっては、ServerのResponseが異常に悪化するのです。

 

AdminPやStatrepが肥大化していることを発見した場合は、安易に文書の保持期間を変更するのではなく、サーバの停止の機会が来るのを待って処理するのが安全です。

 

また、更に、定期再起動時にOffline Maintenanceを行い、削除スタブで肥大化したDBを圧縮することも忘れないでください。

 

 

古いxPages Applicationを最新のDesignerでRebuildするのは要注意!

Notes/Domino 9.0.1 FP3あたりで作成されたxPages ApplicationをNotes/Domino 9.0.1 FP7以降でRebuildすると、ErrorしてApplication自体が稼働しなくなるという現象が確認できています。

 

最初、New Era Fixが影響しているのかと思ったのですが、FP7以降でRebuildすると現象が出るようです。

どういうApplicationで出るのかは、分かっていません。

IBMからは、FP3でRebuildしてFP10のServerで動かして問題ないとの回答があったようです。

 

xPages Applicationを使われている場合、ご注意ください。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>