Lotus Notes/Domino (R) をこよなく愛して。。。。

ようこそ、Notes/Domino ファン & ブロガーのみなさん !


【ご注意】 このブログはビジネスに活用いただくためのものですので、以下の点を守ってご利用願います。


1. 他社あるいは他人への誹謗中傷のコメントはご遠慮ください。

2. コメントはビジネスとして問題のない言葉、表現を使ってください。

3. Webで一般公開されていない、具体的な個人や法人を特定するコメントはご遠慮ください。

4. 個人情報の記載は行わないでください。


上記を守られないコメントは、こちらの判断で削除させていただきますのでご了承願います。


尚、このサイトの掲載内容は私自身の見解であり、メーカーとは全く関係はありません。

また、メーカーのビジネスに利害を及ぼすために記載している訳ではありません。


ここに記載されている内容は、私自身の経験からの記載であり、内容が正確でない場合もあることをご理解の上、ご利用願います。


ご利用に際しては、左側のフレームに記載しております【注】をご一読の上、利用条件を守ってご利用ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

情報漏洩対策?

最近では関西電力で情報漏洩の報告(https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/1223_1j.html)が行われています。

 

コンピューターウイルス(Emotet) による感染からの情報漏洩ですが、このウィルスはMS社のOfficeを介して感染します。

 

勿論、MS社のOutlookだとその感染にもろにやられてしまう訳です。

 

MSのメーラのOutlookクライアントは、POP3/SMTPで構成されるため、全ての個人のアドレス帳はLocal PCに存在し、そのPCだけハック出来ればMSのMail APIを使えば、アドレス帳は読み放題という訳です。

 

こういう事件が起こると、本当にメールは何を採用すべきか考えますね。

 

コンピューターウイルス(Emotet)はこれ以外にも、WebへのRequestを捕捉したりしますので、Web Baseのメールであっても、情報を盗まれることはあります。

 

しかし、Web Baseのメールだとこれほどまでに被害は被らなかったかも知れません。

 

 

 

Notes/Domino V11の気になる機能 ?

Notes/Domino V11が発表されましたが、まあ、正直言って、Nomad以外は従来通りという感じです。

 

iNotesに関しては今後機能拡張は無く(もう、殆ど完成された感じですから)、今後、MailはVerse On Premiseを機能強化していく方向のようです。

しかし、Verse On PremiseのMailの機能はかなりPoorですので、いつになったら、iNotesに近づけるのかは疑問です。

 

それと、これまで、Performanceで色々問題があった、xPagesはようやく終焉に向かうようです。

私は、これが出た頃から、この機能は使うなと言い続けてきたのですが、IBMがPromotionして、世の中に広がってしまっています。

どういう形で終焉を迎えさせ、穏やかにご臨終頂くようにできるかが、今後のHCLの手腕だと思います。

 

で、唯一気になる機能は、NSFのAccess(NRPC)をLotus ScriptからHook出来るClass/Methodが拡張されることです。

これまで、NSFファイルへのアクセスログ取得は他社製品(Access Watcher)を使ってやってきましたが、今後不要になるかも知れません。

このログをCloudなどに保存が出来るそうなのですが、私から言わせると、IBMと協業して、Block Chainに保存すべきだと思います。

これで、完璧なアクセスログ管理が出来て、監査に耐えうるログデータ保存が出来るのではないでしょうか?

 

V11の出荷はUS時間の12/20なので、もう出荷されていると思いますが、試す機会があれば、真っ先にこの機能を試してみたいと思います。

 

 

Domino AdministratorのMonitoring Listが読み込めない障害

Domino AdministratorでServer TaskのTask Restart CommnadをUIのToolsから投げると、

 

Restart タスク <Task Name>

 

で投げられてしまうという日本語翻訳の問題があり、UIを英語に変えたのですが、今度は、Server MonitoringのServer Listが読み込まれないと言う障害に遭遇。

 

再現ステップは簡単で、

 

1) AdministratorでServer Monitoringを開く

2) Server Listに別DomainのServerやMonitoring Task Listを追加して、新しいProfileとして保存

3) NotesのPreferenceからUI言語を日本語から英語に変更

4) Notes ClientをRestart

5) Domino AdministratorからServer Monitoringを開くと、保存したMonitor Listが読み込まれない

 

HCLでも障害と認定して、開発部門に報告済みです。

 

元々、UI ToolでRestart Taskを投げる場合の障害なのですが、UIから実施せず、Server Commandを投げれば回避できますので、この障害のためにUIを英語に変更することは止めた方が良いです。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>