みなさん、「朝起きた時になんだか喉がイガイガするわ」とか「いつも口の中が乾いているの」ということはありませんか?

 

 

コロナ禍からマスク生活が当たり前となってきていますが、

マスクを長らくしていると表情を使うことが少なくなり、大きな口でおしゃべりしたりする機会も少なくなるためお口の周りの筋肉が低下し、気付けば口呼吸をしているという方も多いことでしょう。

 

 

口呼吸で起こるデメリットとして、

 

・直接的にウィルスや細菌を吸い込むので風邪をひきやすくなる

・お口が乾燥することで歯周病や虫歯になりやすい

・口臭

・筋力低下のためほうれい線が出やすい(筋肉が下がる)

 

など、他にも様々な問題が生じます。

 

 

ですから、マスクの下でも鼻呼吸を心がけていただけると良いのですが、睡眠時の無意識下での口呼吸にも気をつけていただきたいのです。

 

 

こんな時、簡単に確実に予防できる方法として「マウステーピング」という方法があります。

マウステーピングの歴史は古く、1952年のアメリカの論文でも発表されているそうです。

 

 

今では多くの著名人も行なっている有名な方法ですから、ここ最近ではドラッグストアや100円ショップなどにおいても簡単にマウステーピング用のテープを購入することができます。

 

専用のテープが無くてもサージカルテープというテープを使えば簡単にできます。

 

 

 

 

 

マウステーピングをすることによってお口の乾燥を防ぎ、口腔内の環境が改善される。

そうすると虫歯になりにくくなったり、口内炎ができにくくなったり先ほどのデメリットであった事柄の改善につながります。

 

 

 

 

<ご自身が口呼吸をしているかどうかチェックしてみましょう!>

 

お口を何気なく閉じた時、舌はどの位置にありますか??

 

 

 

正しい位置は上の図の「口を閉じた時に舌が上顎についている状態」です。

もし舌が下がって上顎から離れている場合は口呼吸をしている疑いがあります。

寝る時だけでなく普段の生活でも意識してみてください。

 

 

ちなみに、上顎に舌が付くということは舌や顎のあたりの筋肉を使っているということです。

ここを鍛えることで気になる顎のたるみも改善されるかもしれません。

一石二鳥ですね!

 

 

ぜひ、一度ご自身でチェックし、必要であれば「マウステーピング」を試してみてくださいね。

 

 

参考文献:クインテッセンス出版株式会社 nico 2023,2月号

 

 

 

 

 

〒513-0012

三重県鈴鹿市石薬師町1708

伊東歯科医院

TEL059-373-1188

http://www.itodc-web.jp

 

皆さんは歯ブラシをどちらで購入されていますか?

多くの方は薬局やスーパーで普段の歯ブラシを選んでいることと思います。

しかし、最近はあまりに多くの歯ブラシがありすぎて、どんな歯ブラシが良いのか迷いませんか?

 

今回は歯ブラシのそれぞれの違いと選び方についてお話ししたいと思います。

 

 

 

歯科医師が歯ブラシを選ぶとき、患者さんのお口の状態に合わせて選んでいます。

では、どんなふうに選んでいるのでしょうか?

 

 

 

歯ブラシにはラウンド毛とテーパー毛の2種類があります。

 

テーパー毛:毛先が細く柔らかいので炎症がある方、歯茎が薄い方におすすめ。

ラウンド毛よりもプラーク除去率は低い。

 

ラウンド毛:毛先が丸く歯に当たる面が広いので、プラークを効率よく除去できる。

ただし、その分擦れが強いので歯茎が薄い人や炎症・腫れがある人にはおすすめしない。

写真:nico 2023.1.10発行 1月号より

 

 

 

歯科医院で歯磨きの仕方やご自身に合った歯ブラシを教えていただくのが一番ですが、もしご自身でトライしてみるということでしたら、上記のようなメリットデメリットを踏まえ、ご自分のお口の状態に合わせて選んでみてください。

 

また、選び方とともに重要なことは「磨き方」。

歯ブラシは鉛筆持ちをし、力を入れすぎることがないよう優しく磨きましょう。

 

そして、歯磨きは歯ブラシの縁の毛を歯や歯茎の境目に当てて磨きますので、毛先が広がっていたら上手く磨けません。

歯ブラシをチェックして、毛先が広がっているものは新しい歯ブラシに替えましょう。

 

 

 

他にも歯ブラシのヘッドの形にも様々な大きさがあります。

小さめのヘッドはコンパクトなので奥歯や磨きにくい場所を隅々まで磨くことができます。

大きめのヘッドはあまり細かいところまで磨けない場合があるのでそんな時は電動歯ブラシも検討していただけると良いかと思います。

 

 

ぜひご自分のお口に合った歯ブラシを選びましょう。

もしご自身に合った歯ブラシがわからない!!ということでしたら、かかりつけの歯科医師にご相談されることをおすすめいたします。

 

 

 

〒513-0012

三重県鈴鹿市石薬師町1708

伊東歯科医院

TEL059-373-1188

http://www.itodc-web.jp

 

 

 

 

 

通院されている患者さんの中には「歯医者ってなんであんなに時間がかかるの?」とか、「一気にやっちゃって早く終わらせてくれれば良いのに。」と思ってらっしゃる患者さんも少なくありません。

 

今回はそのなぜ?にお答えする形で書いていこうと思います。

 

 

まず、一気に治療を進める問題。

症例にもよりますが、一応保険の範囲内での一回の治療というのは決められていて、その範囲を超えての治療をご希望の場合は自費となります。

 

また、少しずつ進めなければいけない治療があることも確かで、これについては後述しますが、実際一気に治療を進めるのって結構辛いんです。

なぜかというと、噛める歯を残しておかないとご飯は食べられないし、いくつかの歯を同時に治療するとなるとその分1回の治療時間が長くなる。

そんなに長い時間、お口を開けているのって案外辛いものなんですよね。

 

このようなことからも、なかなか直ぐには終わらせることができない歯科治療。

ぜひご理解いただけるとありがたいと思います。

 

 

 

では、少しずつ進めなければいけない治療とは何なのか。

例えば被せ物。

治療しました。はい、被せます。ではなぜダメなのか、説明していきたいと思います。

 

 

まずは一連の流れから。

1、来院、診察、診断、治療計画を立てる(必要があれば応急処置)

2、虫歯や歯周病などの治療(炎症があるまま被せ物をすると悪化するのでまずはしっかり治療します。症状によってはこの時点で複数回来院していただく場合あり)

3、被せ物のための土台作り、または歯の形の調整

4、場合により仮歯の製作・装着(被せ物が出来上がるまで)、仮歯の噛み合わせの調整

5、被せ物の材料を選ぶ(患者さんのご希望も合わせて伺います)

6、型取り

7、シリコンやワックスを噛んで噛み合わせの記録をとる。

8、歯科技工所で模型を製作してもらう

9、模型を用いて歯科技工所で被せ物を製作

10、被せ物を試適、調整→問題がなければお口に装着

 

  以降、定期検診

 

という流れになります。

 

スムーズな被せ物の工程だけでもこれだけの工程があります。

被せ物をする前の治療をきちんとしておかないと、被せ物をした後に細菌が入ったり、虫歯が治っていなかったりして被せ物を再度外して治療する、ということにもなりかねません。

炎症が治るまでに数ヶ月かかる患者さんもいらっしゃいますので、治療にはそもそも時間がかかってしまうのです。

 

 

あとは噛み合わせ。

これもしっかりと丁寧に合わせておかないと1カ所でも合わない部分があると顎が痛くなったり、頭が痛くなったりすることがあります。ですから型取りや、噛み合わせの検査はとっても重要になってくるのです。

 

 

 

いかがでしたか?

何度も何度も通院しなければいけないのはとても面倒ですよね。

けれどもしっかりと丁寧に治療しておかないと後でもっと大変なことにもなりかねないのです。

食事をしないわけにはいかないので、普通のケガのように清潔にしておけば治りが早い、という環境を口腔内に作り出すこと自体もなかなか難しい。

炎症が治るのに時間がかかることも、治療に時間がかかってしまうことも大変心苦しく思っておりますが、どうぞご理解いただきたいと思っております。

 

 

大きな治療をしなくて良いように、まずはしっかりと正しい歯磨きをし、虫歯や歯周病予防に努めることが大切ですね!

 

 

 

 

〒513-0012

三重県鈴鹿市石薬師町1708

伊東歯科医院

TEL059-373-1188

http://www.itodc-web.jp

 

皆様、新年明けましておめでとうございます!!

 

今年も皆様に安心・信頼して頂ける歯科医院を目指して、スタッフ一同、日々精進してまいります。

皆様にとって、幸多き心豊かな一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

どうぞ宜しくお願い致します!!

 

 

新年は1月5日(金)より診療

とさせていただきます。

 

 

 

〒513-0012

三重県鈴鹿市石薬師町1708

伊東歯科医院

TEL059-373-1188

http://www.itodc-web.jp

 

 

#歯科医院#三重県鈴鹿市

 

28日をもちまして、本年の診療を終了させて頂きました。

 

今年も一年ありがとうございました。

 

暗く長いコロナ禍をやっと抜け出すことができたのも束の間、物価高や世界情勢等、気の抜けない日々が続いておりますが、

今後とも末長く皆様とのご縁を大切に育んでいきたいと心から願っております。

 

来年も皆様に安心・信頼して頂ける歯科医院を目指して、

スタッフ一同、日々精進してまいります!!

 

 

皆様の健康と幸せを、また来年は平穏で、幸多き一年となりますよう、心よりお祈りいたします。


よいお年をお迎えください。
 



年末年始の診療を行っている歯科医院です。
急患の方は下記医院まで電話連絡のうえ、ご来院ください。
12月31日(日曜日)
 野町歯科医院(野町中1-1-10 電話059-388-5280)
1月2日(火曜日)
 あかつか歯科クリニック(秋永町775-1 電話059-380-4618)
※診療時間は、9時30分から16時30分までです。
※午前と午後の診察の間は休憩時間ですので、診察を行っていません。
 

 


 

 

ご迷惑をお掛けいたしますが、


12月29日(金)~1月4日(木)を休診とし、

 

新年は1月5日(金)より診療

とさせていただきます。


宜しくお願い致します!!

 

〒513-0012

三重県鈴鹿市石薬師町1708

伊東歯科医院

TEL059-373-1188

http://www.itodc-web.jp/