㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

研究開発室長発信の小さなニュースを研究奮闘記として綴ります。

Amebaでブログを始めよう!

2014年6月4日


今年もITKはハイパージャパンに参加します。


少しづつ準備を進めてまいりましたが・・・ついに2ヶ月を切りました。


やらなくてはいけない事はたくさんありますが・・・問題はプレゼンです。


本日、酒井さんとの打ち合わせでスピーチ原稿の英訳文をいただきました。


今回は時間をかけて考えたので過去最高の内容と構成になっています。


ですが、やはり上手く話すことができなければ何の意味もありません。


録音した音声を「iPod」聴きながら今年もハイパージャパンに向けて頑張ります!!




もちろん、ハンドロイド9の開発も同時進行で頑張ります!!

2014年3月17日

英国イベント「ハイパージャパン」や海外対応でいつもお世話になっている酒井さん。



私の竹馬の友で、尊敬する人物のひとり。

先日、彼が代表を務めるサカイイングリッシュスクールがクローバーTVで紹介されました。

「街のがんばる企業」という番組で密着ドキュメンタリなのですが、
酒井研治の英語教育に対する熱い想いがたくさん詰まっていて、彼の素晴らしさがとても伝わります。

前編・後編に分かれておりますが、時間のある時に是非ご覧ください。






個人的にクローバーTVのキャラクタ(クローバー星人・ミッテーネ)が凄く気になるところですが・・・。

2014年3月6日


2014年(しかも3月)になりましたが、昨年のお話のつづき・・・。


ハイパージャパンが無事に終わり、
やれやれとしていた10月末に1通のメールが届きました。


英国雑誌「Icon」から「Icon Awards」のTechnology of the year に

ハンドロイドがノミネートされたので授賞式に出席出来るか回答がほしいとのこと・・・。


「Icon Awards」とは、建物・製品・インテリア・家具など「10」のカテゴリがあり、

「Icon」に掲載された作品の中から各カテゴリに5点ノミネートされる。

国際批評家の審査で各カテゴリから〇〇of the year が決まり、

その中で最も優秀なデザイナー(作品)が Icon of the year に輝く。


つまり「Icon Awards」の技術部門の5作品の中にハンドロイドが選ばれた訳です。

本当に信じられません。ハンドロイドの他には話題のgoogle glass がノミネートされています。


このように評価いただけた事はとても嬉しく二度と無い機会だと思い

授賞式に出席することにしました。


2013年12月5日(イギリス・ロンドン)


結果からお伝えすると、


Technology of the year には Cortex 3D-printed casts が選ばれました。




ニュージーランドのJake Evill さんがデザインした「ギプス」。

骨折した部分を3Dスキャンし、そのデータを元に3Dプリンタでメッシュ形状に出力。

しっかりホールドできるし通気性も良く軽いのが特徴です。




Technology of the year は受賞できませんでしたが、

会場では編集長をはじめ沢山の方々が歓迎してくださり、

ITKのHandroidが海外で評価されていることを実感し本当に嬉しいかぎりです。

「Icon Awards」に招かれた事が次のステップとモチベーションに確実に繋がりました。


このプロジェクトに関わったすべての人に感謝します。



Thank you LONDON !

2013年11月16日

4カ月ぶりのブログになってしまいましたが、
ブログのネタは4カ月前のハイパージャパン2013!!

今年で3回目、ありがたいことに毎年お誘いいただき恒例行事となりました。

ブースを出展するだけではなく、ステージでパフォーマンスを行うのがITK。
カッコ良く言えば・・・ですが、結構プレッシャーを感じております。

年明けから、何かと新しいことに取り組むことが多くなり、
まとまった時間が取れなままハイパージャパンを迎えてしまいました。

と言っても、新たな取組みや皆さんのお陰でハンドロイドも進化し、
ギリギリまでハンドロイド開発といった例年のトラブルは無かったのですが、

問題はプレゼンテーションの内容やスライド、
打ち合わせや練習に時間が取れなかったということです。

特に英語が話せない私はスピーチを丸暗記しなくてはいけないのですが、
昨年うまくいったせいか変な安心感で
「飛行機の中で覚えよう」とか、
「ロンドンに着いてからでも間に合うだろう」とか、
私の悪い怠け癖がでてしまいました。

案の定、ステージ直前になって焦る・・・とまぁ、こんな感じでしたが・・・、

酒井さんと柳原くんが大活躍してくれたお陰で、
今年も大盛況で三日間無事終えることができました。

㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

本当にありがとうございます。お疲れ様です。

㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

ハイパージャパンの規模が毎年大きくなり、来場者数も増えています。
それだけ日本の文化が海外で注目されていることを肌で感じられるし、
そこにITKの技術や製品をPRできる場が設けられていることを幸運に思います。

遅くなりましたが、
ステージの映像編集が出来ましたので
時間のある時にご覧ください。



今回は完結編(3部作)という思いでプレゼンを構成しました。
まだハンドロイドは完成に至っておりませんが、
2年半前に「2013年内に実用化を目指す」といった目標を掲げここまで来ました。
目標まで時間通りに来れませんでしたが、
少しでも早く実用化できるように今後とも頑張ります!

Cross Media 大野さん・鈴木さん・スタッフの皆さん、ありがとうございました!
ユタカ電子製作所 青野さん、ありがとうございました!
名古屋工業研究所 近藤さん、ありがとうございました!
ダイエンジニアリング 後藤さん、ありがとうございました!
天野企画 天野さん、ありがとうございました!
岩田鉄工所社長、従業員の皆さん、ありがとうございました!

そして、いつも応援してくれる家族に感謝です。ありがとうございました!

See You ! LONDON .

$㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

・・・といつもならここで終わるのですが、
なんだか今年は続きがありそうです・・・。

To be continued !!
2013年7月23日

7月26日から3日間、英国ロンドンで行われる「HYPER JAPAN 2013」に参加します。

今年で3回目ですが、準備期間がほとんど無くプレゼンはiPodで耳慣れしているだけで完璧ではありません・・・。
しかし、明日朝には出発・・・、現地での猛練習は必須・・・嗚呼。

さて、今回ロンドンで新型ハンドロイドを発表するため、新たにPVを制作しました!
一足先にコチラで公開いたします。



そして先日、
このハンドロイド開発を取材していたBSフジ「一滴の向こう側」の撮影が無事に完了しました。
番組ディレクター、スタッフの皆様、お疲れ様でした。放送楽しみにしています。
1月にオファを受け3月から4ヶ月半の密着取材。とても貴重な経験をさせていただきました。
また今回の撮影には多くの方々に協力いただき感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

BSフジ「一滴の向こう側」は毎週土曜日22時放送です。
放送後は番組オフィシャルサイトでも動画が視聴できますので是非ご覧ください。

プレゼン本番までもう間もなくですが、気合い入れて頑張ってきます!!

Please wish me a good luck !

2013年6月12日


ハンドロイド『8』の完成まであと少し・・・。

『7』からいくつか変更点があますが、大きな変更点は材質と製造方法。


今までできなかった事、やってみたかった事にいくつもチャレンジしていますが、

・・・かなり失敗しています。


やってみなくちゃわからない!!


けれども、今回はさらに多くの人に協力してもらっているので

繰り返しの再製作は申し訳ない気持ちでいっぱいです。


しかし、前に進んでいる事には違いない。


あと一歩・・・と思ってまた前に進もう!


㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

つ・・・ついに・・・遂に観ました!!

ド・・・ドラゴンボール最新作!『ドラゴンボールZ 神と神』

17年ぶりの劇場作品です。

ドラゴンボールの劇場版といえば原作のサイドストーリーですが、
今回は鳥山先生が脚本の段階から関わった、魔人ブウ編の4年後という設定の新たなストーリー。

期待しちゃいます。ファンなら誰でも期待しちゃいます。

私も33歳になりましたが、
「ドラゴンボール」「17年ぶり」「原作・ストーリー・キャラクターデザイン:鳥山明」と聞いただけで、
鳥肌が立ち、ワクワクします!

映画の内容は書けませんが、(是非、劇場のスクリーンでご覧ください。)
鳥山先生のオリジナルストーリーと最新の映像技術でドキドキ・ワクワクが止まりません。
特に終盤のバトルシーンは必見!!
個人的には森の中で戦うシーンが新鮮で、美しくてたまりませんでした。
さらに所々にギャグが散りばめられていて思わず「ニヤッ」とか「プッ」とかしちゃいます。

いやー、いやいや。久しぶりに何かを取り戻したような感覚!

期待以上の内容で、大満足です!!

今年のアカデミー賞『助演男優賞』はベジータに決まりですね!

2013年3月16日

映画「プラチナデータ」。

東野圭吾の同名小説を『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大友啓史監督が、
二宮和也と豊川悦司の共演で映画化したSFサスペンス。


http://www.platinadata.jp/top.html

本日から公開ということで、仕事を早めに切り上げ映画館に急ぎました。

ストーリーは次々と展開されていきますが、
私は別の意味でドキドキしていました。

というのも、この映画に私も少し関わらせていただいたからです。

そろそろ・・・出るかな?・・・出てくるかな?
あれ?・・・出たかな?

実は、小道具の一部に協力させていただいたのですが、『NF』でした。

『NOT FOUND』

つまり、劇中には登場しませんでした。
残念ですが仕方ありません。

映画はエンディングを迎え、エンドクレジットが流れます。
本編の後にこんなに緊張したことはありません。

そろそろ・・・出るかな?・・・出てくるかな?
ぉお!・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


          【協力】

  ㈱岩田鉄工所 × ㈱アイ・ティー・ケー


思わず指をさしてしまいました!

モノづくりをしてる私達にとって映画は別世界です。
その別世界に少しでも関わることができ本当に嬉しいです!

東宝さん、ありがとうございました!

$㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記
映画『プラチナデータ』のパンフレットと台本。
パンフレットにはエンドクレジットで流れた内容と同じものが掲載されています。
2013年2月2日

先日YOUTUBEにアップされた話題のショートフィルム『Paperman』。

CGと手描きアニメーションを融合させる新技術で製作されたディズニー作品です。

全体のなめらかな動きは3Dアニメーターが制作し、
ディテールやフォルムを2Dアニメーターが仕上げるといったスタイルで、
3DCGのモデルの上に2Dアニメーターが輪郭線等を描き込んでいくと、
描き込まれた線が3Dモデルに合わせて動いていく新技術(ソフト開発)。

監督のジョン・カーズ氏が、
2Dアニメーターの巧みな描線をなんとか活かせないかと考え
このアイディアが生まれたそうです。

新技術はもちろん凄いのですが、やはりディズニー。
ストーリー・演出が素晴らしいです!
後半は音楽に合わせてファンタジーな世界につれて行ってくれます。

HDフルスクリーンで是非ご覧下さい。

2011年11月26日

展示会2日目、土曜日の朝。


昨年は、本当に時間がなく展示会以外なにもできなかったので、

今回は1回ぐらいアンティークマーケットに行こうと、

早起きしてポートベロマーケット(土曜日のみ開催)に行くことにしました。


しかし、ホテルからポートベロまでは電車1本なのですが、「本日工事中」・・・。

「どうする?」、酒井さんと相談です。

「展示会に間に合うように違う路線で往復すると現地には45分ぐらいしか居れんなぁ」

「どうする?」

「せっかくやで、やっぱ行こ!」


という事で、電車に乗りポートベロに向かいました。

タイミング良く乗継できポートベロ到着。


・・・しかし、冷たい雨が降ってきました。


通りに入るとアンティーク雑貨が表に並んでいます。

さらに奥に入るといくつものアンティークショップが並んでいます。

㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

「さて、適当にみていきますか、あまり時間ないけど」

すべての店を回ろうとすると1日あっても足りないからです。


私と酒井研治は時計(アンティーク)好き、酒井さんはロンドンの大学に通っていたので、

2001年の11月に私も2週間ちょっと遊びに来たことがあります。

その時は毎日(ちょっと言いすぎ)のように日が昇る前に朝市に出掛けては2人で時計を探していました。


という事で、2人とも黙って時計を探している訳です。

しかし、ここはポートベロ、当時行っていたような朝市とは違い高価なモノが多い。


少し歩くとガラスケースに時計が並んでいました。

とても素敵な時計ですが、やたら綺麗です。

二人で顔を合わせ・・・

「聞いてみる?」

「ん~高そうやでやめよ!」


期待せずにちょっと奥にはいります。


また時計屋さんがありました。

ガラスケースを覗いてみると、

当時私達が探していたような時計が並んでいます。


「おぉ~ここ良いじゃん!」

「汚いで安そうやね!」


冗談を言いながら時計を物色していると、酒井さんが叫びました。


「有竹さん!!」


「はぁ?」と顔おあげてガラスケースの奥を見ると・・・。


「有竹さんやー!!」


感動です。泣きそうです。有竹さんがいます。

アンティークウォッチ界の重鎮・有竹重治さんです!!


実はその11年前、私は「地球の歩き方」を読んでアンティキュアリアスのマーケット出かけました。

その時に、その中で店を構えていたのが有竹さんだったのです。

話をするうちにアンティークウォッチ界のカリスマだと知り、

朝市で買った時計を見せては「こんなのダメだよ!」といろいろ教えていただきました。


ポートベロマーケットに引っ越したとは全く知らず。

11年ぶりの奇跡の再会!!


㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

酒井さんとは5・6年前まで連絡を取っていたようで「ひさしぶり、元気してた?」といった感じ。

私が「有竹さん、僕のこと覚えてますか?」と尋ねると・・・。

「・・・覚えてない」

どうやら本当に覚えてないらしい・・・。


あんなに時計の事やら何やら話していたのに・・・。

再会とは別の意味で泣きそうです・・・。


まぁいいや!←良くないけど。私はどうしても有竹さんに伝えたい事があったのです。

内容はブログには書けませんが、尊敬と感謝の気持ちを伝えました。


そして、有竹さんが「僕の店で時計を買うとみんな幸せになる!」と言うので、

「じゃぁ、奇跡の再会記念に1本買って帰ります」と、

私と酒井さんは時計を格安で売っていただき、

月曜日の夜に食事に行く約束をして店を後にしました。


2人とも、もう用事は済んだといった感じで買ったばかりの時計を自慢しあいながら

電車に乗って展示会場に向かったのです。


月曜日、夜。

有竹さんと駅で待ち合わせをし、3人で食事しました。

相変わらず私は、

「僕のこと思い出しました?」と聞くと有竹さんは、

「なんとなく思い出したよ!」

「ホントですか?」

「ホント、ホント・・・」


まぁいいや!←良くないけど。11年前、私は有竹さんにひとつお願いしました。

「僕ロンドンにいる間、毎日日記を書いているんですけど、表紙に何か書いてもらえますか?」

すると有竹さんはしばらく考えて、

「ヨシ、わかった!」と言って書いてくれました。


チカラ強い字で、


をえるも失うも自分次第」


この言葉、ずっと忘れていません。本当に良い言葉です。私の座右の言葉になっています。

そして今回も懲りずにお願いしました。

「何か書いてもらえますか?」

有竹さんはしばらく考え、


名刺になめらかな字で、


「笑おう苦しいこそ」


・・・泣きそうになってしまいました。


35年、アンティークウォッチを扱ってきた有竹さんがくれる言葉だからこそ、私にはジーンときます。

本当にありがとうございます。頑張ります!!


㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記

帰国後、たしかここにしまったはずだと、部屋の引き出しを開けると当時のノートがありました。

汚い字で1日のルートと買ったモノと、日記が書いてありました。

恥ずかしくて読めるモンじゃないと思っていましたが、存外面白くまとまっていて当時の記憶が蘇りました。

最後の日記だけここに綴ります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2001年11月20日(TUE)


ロンドンをまわるのは、今日で最後みたいなもんだ。

まずはオックスフォードサーカスに行き、プロスターフィギュアなどを買い、

コベントガーデンでまたいろいろお土産を買っていった。

NEROでコーヒーを飲み、

今日もスローンスクウェアの有竹さんのお店に行く事にした。

今日は僕が有竹さんにコーヒーをごちそうする事になり、ピカソにコーヒーを買いに行った。

初めて行ったが、スムーズにTake-awayのコーヒーを買う事が出来て良かった。

有竹さんには今日もいろいろな話を聞かせてもらった。

ロレックスのコレクションの中の1つを£20000で売ってくれと言われて断ったとか、

前の奥さんの話とかミュージアムの話やら。

結局、今日も店を閉めるまでずっと話していた。

有竹さんに「僕のコレクションをこんなに見たのは君が初めてだよ!」と言われ、

半分ジョーダンだと思ったけど、

そういや、たくさん時計見せてもらっとるなぁと、あらためて嬉しく思った。

スローンスクウェアからウォータールーまでバスで1時間かかりケンヂと合流し、

ロンドン最後の夜はメキシカンのチキンで幕を閉じた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


‘メキシカンのチキン’って何だ!?


㈱ITK岩田真太郎の研究奮闘記


11年前のノートと、今回の名刺と時計(Tissot)

1940年代 手巻き ボーイズサイズ

ブラックダイアルにゴールドのサークルライン。

ペンシルハンドとスモールセコンド、プラドーム風防の完全オリジナル!

素晴らしいコンディション!メチャクチャ格好いいです!

有竹さんありがとうございました!!


やっぱり自分からアクション起こさないとムーブメントは起きませんね!

手巻き時計のように・・・なんちゃって。


本日、12月13日は有竹さんと酒井さんの誕生日!←こないだ知ってビックリです。

Many happy returns!