鳥居と御嶽

テーマ:

おはよう

お手間でなければクリックをお願い致します


人気ブログランキング

レムリアンクリアニング

このエネルギーは、あなたの眠っている

才能や能力が現れてくるエネルギーです

あなたの人生において、喜び、豊かさを

作り出していく可能性を、もっと確実な

ものにしていきます。

「レムリアの吐息」と呟きながら押して

下さいませ

 

 

 

 

昨日からCHIEさんと宮古島に来ております

 

宮古島は今、梅雨の時期なのですけれど

 

快晴で真夏のような強い日差しにクラクラ

 

します笑う

 

車で走っていると至る所に小さな鳥居が

 

あります。

 

もともとは、祖霊をお祀りしていたので

 

しょうね。

 

そういう場所が鳥居がなくても、たくさん

 

あるのが宮古島です。

 

御嶽と鳥居は、時にちぐはぐさを感じ

 

ますが、鳥居の役目はこちらとあちらの

 

境目の印でもありますのでね。 

 

今は違和感なくそこにあるけれど、昔の

 

ままに自然のままに、鳥居のない御嶽が

 

たくさん残っているのが宮古島です。

 

今は神棚を普通に祀るようになりましたが

 

日本人が自分の家に神棚をお祀りする

 

ように強制されたのは、明治に入ってから

 

です。

 

それまで神仏習合だった事もあり、神棚

 

があったとしても、仏像を拝んでいたり

 

ご先祖信仰をしていましたが、明治の

 

日清、日露戦争から、今のような神棚を

 

政府に強制されて、神道でいう大神を

 

家で祀るようになりました。

 

戦争と天皇を崇拝させるには、日本全体を

 

天皇の祖先である、神道にしなければなら

 

なかったのでしょうね。

 

明治で廃仏毀釈になりましたが、それが

 

この宮古島にきたのは本土から60年後の

 

後の事だったそうです。

 

本来、キリスト教も、仏教もある多神教の

 

地が沖縄です。

 

多神教の名残が、宮古島神社に僅かですが

 

見る事が出来ます。

 

宗教と政治は祭政一致だったのでしょうね。

 

 

 

 

 

きれいに晴れた宮古島です

 

わたしの今日に、空に、風に

 

たくさんの感謝を致します

 

どうぞあなたの今日に、空に、風に

 

感謝をされて下さいませ。

 

空を 風をみることは、自分を感じること

 

になるのでしょうね。

 

いつもありがとう笑う

 

 

 

 

~~~遠野ツアー忘備録~~~

 

ツアーの最初は、常堅寺の隣にある

 

かっぱ渕にいきました。

 

行く途中、白いすみれが咲いていたり

 

シロツメ草があって、思わず四葉を

 

見つけたくて、寄り道したくなるのですが

 

みことさんに「まさよさん時間がないから」

 

と促され、急いでかっぱ渕に行きました。

 

時間配分とか何にも考えていないので汗

 

放っておいたら、その場にしゃがみ込み

 

きっと四葉のクローバー探しをしていた

 

事でしょう汗

 

みことさんがいて、レンジャーがいて

 

有り難かったです笑う

 

いつもはお水が少なくて、きれいな水の

 

かっぱ渕です。 ゆらゆら~とゆっくり

 

流れるのですでが、この日は水が多く、

 

そして上流で工事をしていたそうで、

 

お水が少し濁っていました。

 

そしていつもは、呼ばないと出てこない

 

渦巻き妖怪さんたちですが、この日は

 

サービスが良いことに、たくさん現れて

 

いました笑う

 

笑いの天才、愛されキャラのけいこさん

    

 

癒しキャラの、イレーネさん

    

 

プロデューサーでもあり頭脳のみことさん

    

 

語りが上手すぎる美声のターコイズさん

    

 

是非お読みになって下さいませ笑う

 

 

 

光文社のサイト

本日ファイル10が掲載されております。
 

 

わたしの以前のブログです。

 

わたしのHPです。

 

~~ 拙著の紹介をさせて下さい ~~

呪縛が解けると、不思議なくらい願い叶いだします。

愛子の諏訪神社さんのご神鏡が入り、初めての

誌上参拝が出来るようになっております。

あなただけのご神鏡となります。

愛子の諏訪神社さんのご協力のもと

書籍のご神鏡と、愛子の諏訪神社の神様と

見えない道筋、御神筋にて繋がっております。

ご神鏡の写真は、2度取材して100枚近い

写真の中から、わたしが選びました。

※ご神鏡に何か映りこんでいるという方が

おりますが、境内の木々と鈴緒です。

扶桑社さんから、妖精の手帳が発売に

なりました。

妖精を感じながら、妖精と共に一年を歩んで

いく手帳です。

帯は裏返してカスタマイズ出来ます。

この世の誰もが、自由にそして簡単に

エネルギーを扱えますように。

体の不調が、痛みが少しでもラクになります

ように、エネルギーの事を本にしました。

魂のお話し、亡くなった方のお話しを書いては

おりますが、禍々しいものではありませんので

読んで下さったら嬉しいです。

魂の仕組みの全てを書いた大切な本です。

魂の安堵を書いております。みなさんが

心から安心して下さったらうれしいです。

稚拙で恥ずかしいのですが、当時は知っている

事を全て書きつくしたと思った本でした。

執筆のお話しを頂いてから、2年かかって

書き上げた本でした。

読んで下さったら嬉しいです。

 

 

 

ランキングに参加しておりますので

一日一回上か下の写真を押して下さると

嬉しいです

人気ブログランキング

いつも応援して下さって、ありがとうございます

あなたがいつも、常に幸せであるように

感謝で祈ります。