(88) 久遠実成阿弥陀仏 | 新・坊主日記

新・坊主日記

2007年2月22日からブラジルの、サンパウロ別院でお仕事をする事になりました。
日本とは場所も言葉も文化も違うところですが、人間が喜怒哀楽の中で生きているのは同じです。
沢山の人たちに出会って共に学び合いたい!
坊主日記、2014年からはマリリア編に突入!

おはようございます。

今日は微妙に体調が悪い1日でした。食事に気をつけていつもの散歩なども実行しましたが体が重かったです、少しだけYouTubeの作業もできたのでそれが個人的にはすごく良かったです。

体調が悪い日でも日々のローテーション作業が実行できる環境が整ってきたと思います。

 

 

さて、今日のお勤めは・・・

 

正信偈 Shoshingue p29

https://www.dropbox.com/s/yzwfdyup0v4wxn8/gongyo-shu.pdf?dl=0

 

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓

https://goo.gl/iVwh85

登録してベルマークをクリックしてくれると毎日のYouTubeをアップしたらお知らせが届きます。

 

 

(88)

久遠実成阿弥陀仏

 五濁の凡愚をあはれみて

 釈迦牟尼仏としめしてぞ

 迦耶城には応現する

 

 

久遠実成阿弥陀仏

ムカシヨリマコトニアミダトナリタマヘルナリ

五濁の凡愚をあわれみて

釈迦牟尼仏としめしてぞ

迦耶城には応現する

ジヤウボムダイワウ ノワタラセタマイシトコロヲ ガヤジヤウトイフナリ

 

 

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

迦耶城

がやじょう

 迦耶は梵名ガヤー(Gayā)の音写。釈尊在世の頃の中インドにあったマガダ国の都城。ブラフマ・ガヤー(Brahma-gayā)という。付近には尼連禅河(にれんぜんが)、ガヤ山、ブッダ・ガヤー(Buddha-gayā)、前正覚山(ぜんしょうがくざん)など仏蹟が多い。聖典で迦耶城といわれる場合は、釈尊成道の地ブッダ・ガヤーを指すことが多い。

 

応現

おうげん

 衆生に応じたすがたで現れること。(浄土 P.572)

 

Kuon jitsu jô Amida Butsu

Go joku no bongu wo awaremite

Shakamuni Butsu to shime shite zo

Gaya-jô ni wa ôgen suru

 

Tendo se iluminado num passado imensurável

O Buda Amida compadecendo-se dos seres ignorantes e cheios de máculas

Através da presença do Buda Shakyamuni 

Manifestou-se no Palácio de Gaya.

 

Shinran Shônin (Jôdo Wasan – Hinos de Louvor a Amida (Mida Wasan) baseados na essência de diversos Sutras.

Rev. Wagner Haku-Shin / Shinshû Ôtani-Ha Apucarana Nambei Honganji

http://honganji.org.br

お西オフィシャル

 

(88) 

Amida, o Buda que tem existido desde o eterno passado 

Tendo pena dos tolos comuns no mundo das cinco máculas, 

Apareceu no Castelo de Gayā' 

Manifestando-se como o Buda Šākyamuni. 

 

 

1 Castelo de Gayā 迦耶城 : Gayā é uma cidade próxima a Patna na província de Bihar. Está situada na estrada entre a árvore Bodhi e Benares. Está a noroeste da atual Gayā. Šākyamuni tornou-se num Buda próximo a essa cidade. Shinran acreditava que o Castelo de Gayā era a capital de Kapilavastu, a cidade natal do Buda. 

 

感話

今日の和讃は「久遠実成阿弥陀仏」という表現が「法華経」というお経をベースに書かれており、それが大きな議論を読んでいるようです。私も仏教人生の中で何度か先生がこのテーマでお話しされるのを聞いてきました。

 今回は取り止めもなく自分の学びの記憶の断片をお話しさせていただきました。

ネットでこの言葉で検索するとたくさんの論文が出てきて驚きました。

発見だったのは信楽先生の論文が大量に出てきた事です。以下にリンクを貼っておくので興味のある方はご覧ください。

無料で読めます。

https://play.google.com/store/books/author?id=信楽峻麿

 

 

それでは明日も一緒にお参りいたしましょう!チャオチャオ!

 

 

compadecer

[kõpade ́seɾ]

➡ 活用 31 他 

1 …に同情する,憐れむ:

compadecer a dor alheia 

他人の痛みに同情する. 

2 …の同情を誘う:

As lágrimas da criança compadeceram-na. 

子供の涙は彼女の同情を誘った. 

3 耐える:

compadecer os rigores do inverno 

冬の厳しさに耐える. 

4 …と相いれる,協調する:

compadecer teorias avançadas 

進歩的な理論に共鳴する

~-se 

1 [+de に]同情する,憐れむ. 

2 [+com と]相いれる,協調する

 

ご感想、ご意見お待ちしております。

 

SMSもやってます、リンク大歓迎

Bloggerブログ

 https://izushui.blogspot.com.br/

Twitter

 https://twitter.com/ishui

Facebook 

https://www.facebook.com/shu.izuhara

 

Instagram 

https://www.instagram.com/izushu/?hl=ja

 

人気blogランキングに参加しています 

1クリックをよろしくお願いします 

↓     ↓     ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ にほんブログ村

  

こちらもよろしくね。

  
ブラジル(海外生活・情報)ランキング

\(^o^)/

 

フォローしてね!