(87) 無明の大夜をあはれみて  法身の光輪きはもなく ー闇を包み込む光ー | 新・坊主日記

新・坊主日記

2007年2月22日からブラジルの、サンパウロ別院でお仕事をする事になりました。
日本とは場所も言葉も文化も違うところですが、人間が喜怒哀楽の中で生きているのは同じです。
沢山の人たちに出会って共に学び合いたい!
坊主日記、2014年からはマリリア編に突入!

おはようございます!

今日も一緒にお参りいたしましょう。

 

 

阿弥陀経の他朝のお参りのテキストやリンクページを作りました。ここからテキストをダウンロードして印刷したり、You Tubeを見て練習したりできます。ご活用ください。 

SUTRA AMIDA

 

https://www.brasilsanpo.com/p/blog-page_1.html

 

 

↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓

https://goo.gl/iVwh85

登録してベルマークをクリックしてくれると毎日のYouTubeをアップしたらお知らせが届きます。

 

 

 

(87)

無明の大夜をあはれみて

 法身の光輪きはもなく

 無碍光仏としめしてぞ

 安養界に影現する

 

无明の大夜をあはれみて

オホキナルヤミノヨ

ボムナウノ ワウヲ ムミヤウトイフナリ

法身の光輪きわもなく

ヒカリ

メグル

ホフシンハスベテコヽロモコトバモオヨバヌナリ コクニミチタマヘリ

无碍光仏としめしてぞ

安養界に影現する

アラハレタマフ

 

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

無明

むみょう

 【左訓】「煩悩の王を無明といふなり」(異本)(浄土 P.572)

 梵語アヴィドヤー(avidyā)の漢訳。真理に暗く、道理事象を明らかに理解できない精神状態をいう。最も根本的な煩悩。迷いの根源。また浄土真宗では、本願を疑い仏智を明らかに信じないことを無明という場合もある。

 

 

法然聖人は、

かの無明淵源の病は、中道腑臓の薬にあらずはすなはち治することあたはざるがごとし。いまこの五逆は重病の淵源なり。またこの念仏霊薬腑臓なり。この薬にあらずは、なんぞこの病を治せん。(選択集 P.1258)

 

法身

ほっしん

Ⅰ 三身の一。色も形もない真如そのものである仏身。→三身

Ⅱ 【左訓】「法身はすべてこころもことばも及ばぬなり。虚空に満ちたまへり」(異本)(浄土 P.572)

Ⅲ 補註1 (愚禿上 P.506)

 

 

影現

ようげん

 形をとって現れること。影は姿かたち。(浄土 P.572定善義 P.430定善義 P.441)

 すがたを現すこと。 (往生礼讃 P.701)

 

 

 

Mumyô-no taiya-wo awaremite

Ho’shin-no kôrin kiwa mo naku

Mugekô-Butsu to shimeshitezo

An-nyô-kai ni yôgen suru

 

Compadecendo-se da longa noite da ignorância

O Corpo de Dharma cuja aura luminosa é ilimitada

Tomando a forma do Buda da Luz Desimpedida

Manifestou-se no Mundo da Serena Sustentação.

 

Shinran Shônin (Jôdo Wasan – Hinos de Louvor a Amida (Mida Wasan) baseados na essência de diversos Sutras)

Rev. Wagner Haku-Shin / Shinshû Ôtani-Ha Apucarana Nambei Honganji

http://honganji.org.br

 

 

お西オフィシャル

 

(87) 

Tendo pena da longa noite do ignorante,' 

Ele apareceu na Terra do Sereno Sustento, 

Manifestando-se como o Buda da Luz Desimpedida, 

Com a ilimitada roda de Luz do Corpo-Dharma. 

 

 

1 Longa noite do ignoranite 無明の長夜

 Aqui ignorância ou treva espiritual de todos os seres é comparada a uma longa noite. Vide Jodo Wasan, vol.1, p.34, n.1. 

 

2 Ele: Aqui se refere ao corpo original do Buda Amida. De acordo com a interpretação de Shinran, Amida é originalmente o Buda eterno que tem existido desde há imensuráveis kalpas e continuará a existir para sempre. Amida como é descrito no Sutra Maior é uma manifestação do estado original de Buda. Vide hino (55). 

 

3 Terra do Sereno Sustento 安養界:A Terra Pura de Amida é assim chamada porque naquela terra as pessoas moram pacificamente e seus corpos são sustentados pelas virtudes de Amida. 

 

4 Corpo-Dharma 法身 : Vide Jodo Wasan, vol.1, p.26, n.2. 

 

感話

今日から諸経に描かれている南無阿弥陀仏の功徳を背景とした和讃になります。 今までは各お経が背景だったのですがその全体像を表現するという事でしょうか? きっと親鸞聖人自身が監督された各お経のエッセンスが描かれているのではないでしょうか?

 

それでは明日もまた一緒にお参りいたしましょう!

チャオチャオ!

 

 

ご感想、ご意見お待ちしております。

 

SMSもやってます、リンク大歓迎

Bloggerブログ

 https://izushui.blogspot.com.br/

Twitter

 https://twitter.com/ishui

Facebook 

https://www.facebook.com/shu.izuhara

 

Instagram 

https://www.instagram.com/izushu/?hl=ja

 

人気blogランキングに参加しています 

1クリックをよろしくお願いします 

↓     ↓     ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ にほんブログ村

  

こちらもよろしくね。

  
ブラジル(海外生活・情報)ランキング

\(^o^)/

 

フォローしてね!