井上左官工業の現場ブログ

井上左官工業の現場ブログ

奈良県の左官屋さん。ジュラク塗り・漆喰仕上げ・掻き落としやカラーモルタル・土塀の修復・塗り替え工事や左官の未来など、日々の現場報告や最新の左官情報などをUPしていきます。

おはようございます!久々のキリ番No.2600のブログとなりました。このところ更新頻度が減っているので、No.2500はいつだったかと探してみると、ちょうど1年前でした・・・。始めたころとは違い、現場のことを写真とともに工法も含めて、バンバンUPして公開出来る世の中でもなくなってきているので、悩ましいところですが、出来る範囲で左官の未来につながる記事を続けて参ります。引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

 

さて、そんな記念の2600回目は、以前UPした赤膚山アトリエのその後を紹介します。アトリエとは名ばかりで、サンプル倉庫になっちゃっていますが、少しずつお役に立てる場所へと育てています。この先、DMなどで「左官アトリエ、左官相談所」としての案内なども行い、積極的に活用していこうと思っています。左官壁に関わることは、「ココに行けば何でも解決する」と言える、そんな場所にしていきたい。

 

 

左官の世界は広く、まだまだ経験の無い工法や、素材、仕上げなど、「正直言って、今はまだ出来ません」という左官仕事は無数にあります。いつまでも「出来ないまま」ではなく、いつでも出来るように勉強と練習はしておきたい。そんな練習をサンプルとして残していき、「どんな左官壁もここにはある」になっていきたい。そうしていかないと経験を積むチャンスはやってこない。「そんな仕事奈良には無いし」と俯いていては、実現の可能性はゼロのままだ。心新たにチャレンジしたい。

 

 

昔ながらの搔き落としや洗い出しでも、骨材の大きさや色、仕上げ方によって、その表現は無限に広がります。今までの現場で作り溜めたサンプルが沢山あります。その中から選んでもらうのではなく、それらをたたき台として、実現したい壁の具体的な手法をイメージしてもらえる場所になれば最高です。理想は理想、夢は夢、現実を直視しながら、少しずつでも取り組んでいく。現実の厳しい部分に目を向けると、左官の未来は決して明るいとはいえない。でも暗くもない。カッコつけて佇んでいるのではなく、背伸びして大声出して、両手を振っていないと誰も気付いてはくれない。

 

 

そういうの超苦手ですが・・・。左官の未来を諦めず頑張って切り拓くには、今はそれが大切ならば、やるしかない。信念持って、左官らしい世界の表現を突き詰めていこうと思います。次回から少しずつアトリエにあるサンプル見本の紹介をしていきます。あ!大切なことを忘れていました。この赤膚山アトリエの見学や左官に関するご相談は、弊社に依頼する・しないなどに関わらず、どなたでも大歓迎ですので、興味のある方も、無い方も!左官屋さんも!どうぞお気軽にお問合せ下さいませ~。

 

 

最後にブログを始めて12年目になります。読んで頂いている方に支えられて、何とかここまで続けて来れました。本当にありがとうございます!!左官の未来を諦めない!これからも頑張って参ります。

・・・井上左官工業では、土蔵・土塀の修復再生を積極的に推奨しています。
また聚楽壁や本漆喰など、伝統左官工法の継承にも取り組み、昔からある風景、
日本らしい住まいを大切にしていきます・・・
http://www.isakan.jp/

おはようございます。ようやく本日で自宅軟禁から解放されます。まったく出てない訳でもありませんが・・・。そろそろ考え方もコロナと共存へと向かいそうですね。

さて、今朝は、手持ちの書籍の話題をUPします。

「和洋漆喰物語 - 土蔵と洋館の修復現場から - 」ひょんなことから、こんな書籍の存在を知り、今でも手に入るのだろうか?と調べたところ、簡単に見つかり、すぐに購入する事が出来ました。

 

 

本当に実務的で、とても分かりやすい構成になっています。この本は伝統技法研究会という協同組合から発行されています。今まで伝統技法を学ぶ講座を開催されており、その講座の内容と、それらを補足する資料とで構成されています。他の技術的な書籍では、配合や手順などが書かれているものはあれど、実際に携わった方の人柄であったり、肝心なことろが(あえて)書かれていなかったりするものがとても多いものです。対話形式の講座の議事録的な内容で、司会の方も知識のあるかたなので、「そうそう~そこ聞いて欲しい~」という所を質問されていたり、冗談も挟んで、本当に率直なやりとりが、とてもスッと入ってくるものでした。

 

 

伝統技法という会報も発行されているようで、とても勉強になりました。伝統技術の継承について、このところ色々と考える機会が増えています。考えなきゃいけないこと、やらなきゃいけないこと、あまりにも多すぎてGOALに向けた、行動の順序というか、達成への道筋イメージが湧かず、悩む日々でしたが、とても勇気づけられた書籍でした。と同時に東北研修への楽しみが倍増です。そんなお薦め書籍をご紹介する朝でした。

・・・井上左官工業では、土蔵・土塀の修復再生を積極的に推奨しています。

また聚楽壁や本漆喰など、伝統左官工法の継承にも取り組み、昔からある風景、日本らしい住まいを大切にしていきます・・・http://www.isakan.jp/
 

おはようございます。ご心配をお掛けしておりますが、家族全員元気にしております。今朝自分自身の検査をしたところ、陰性で抗体は持っているとの結果が出ました。いつから抗体を持っているのかは分かりませんが、知らぬ間に無症状で罹患していたという事ですね。それは即ち、私は今「罹らない=うつさない」という、最強の状態にあるという事だ。とはいえ、ルールはルール。しばし人との接触は避けておきます。

 

 

さて、今朝は土壁の色土見本帳の話題をUPします。左官壁として使う事の出来る「土」というのは日本全土にあり、採取される土地によって様々な色があります。希望の色を提示されたら「そんな色の土は無い」と言い切れないのが辛いところでもありますが、それもまた土のロマンというところでしょうか。

 

 

手に入る土で見本を作り、その中から選んで下さいという時代から、今は完成に向けてのイメージをお持ちの方が多く、「こんな色の壁にしたい」とイメージからスタートする打ち合わせも増えてきました。これから積極的に土壁推しをしていくなかで、やはり一覧のようなものをお見せしたいと考えるようになり、色土の見本帳を作りました。

 

 

数年前に仕入れたものと、今仕入れられるものには差があり、いつまでもこの色が手に入るという訳ではありませんが、打ち合わせにおけるたたき台であったり、目指すところの共有には役立つを思います。手持ちの色土バリエーションに、それらを配合して中間色などを作り、グラデーションになるように配置してあります。。


 

そもそも土壁仕事が少ないので、なかなか出番はありませんが、いつでも準備万端です。そんな色んなものが赤膚山アトリエに詰まってきました。またアトリエの現在などをUPしていきますね。

・・・井上左官工業では、土蔵・土塀の修復再生を積極的に推奨しています。

また聚楽壁や本漆喰など、伝統左官工法の継承にも取り組み、昔からある

風景、日本らしい住まいを大切にしていきます・・・http://www.isakan.jp/

おはようございます。いやはやコロナコロナの大騒ぎが我が家にやってきてしまいました。昨日家庭内で二人目の陽性が出てしまい、自宅待機の延長を宣告されちてしました(汗)。抗原検査キットで、切り上げ復帰したいとは思っていますが、3人目の体調不良もあり・・・。いやはや困ったものです。そんな訳で来週の上京と東北研修は一か月延期します(涙)。

あ、私は元気にしております。また陽性二人とも軽症ですのでご心配なく!!

 

 

さて!東北研修キャンセルのメンタルダメージは大きいですが、来月リベンジするので気持ちを切り替えて、ブログの続きをUPします。土塀の色漆喰ですが、最後に表面の平壁を仕上げさせて頂きました。春から再開し、最後の仕上げは随分と暑い日になってしまいました。塗り継ぎが出来ないので、5人がかりで一気に仕上げを進めます。

 

 

まずは下端の角を決めて平面を攻めていきます。砂漆喰の水引も早く、砂漆喰、伏せ込み、上塗り塗り付け、目潰し押さえ、仕上げ押さえと流れるように進めました。右から左へと進めることになったのは、陽の当たり加減の関係で逆向きの流れになりました。手が逆になるので、若手はやりにくそうに塗ってましたね。そんな練習や経験なんてなかなか積む機会もありませんからね。

 

 

陽の当たり方、塗る厚みの僅かな差が色ムラに顕著に現れる濃色の色漆喰。自分の目指していた理想の仕上がりには及びませんでしたが、日が経つことで馴染むであろう所までは出来たかと思っています。仕事は100点を目指すもの。でも、今まで100点の仕事なんて出来たことはありません。仕上げが逆塗りになったのも想定外でした。自分の頭では「そんなに慌てずに左から右へ進めても間に合う」というイメージでした。

 

 

その時点で減点だ。比較的美しい仕事が出来たとしても、もっと少ない人数で、ちゃんと休憩をするべき時間に取りながら、ギスギスせず笑顔で気持ちよく、無駄な動き無く、出来たかどうか?それらも仕事の点数になる。こんな風にいい仕事するような事書いていても、反省や後悔、申し訳ないと思う事の方が多い。この土塀も、やり尽くしたとその時は思っていても、一年経ち振り返ると反省点も少なくない。でも正直に精一杯は頑張った。

 


少しでも長持ちして、この地域の風景を損ねることなく、風景を守る一助になって欲しいと願うところです。これからも勉強を重ねていきます。

井上左官工業では、左官技術を学びたい若者を募集しています。若者よ技術を
身に付け、誇りある豊かな人生をともに歩もう!短期間で活躍の出来る育成プ
ログラムを用意して待っています!!
http://www.isakan.jp/

おはようございます。随分と間が空いてしまいました。なかなか調子が戻らないところで、今週は想定外の雨に、若手が社用車で単独事故するし、昨日は私が濃厚接触者になるなど、踏んだり蹴ったりの週前半・・・。ま、車は軽い修理で済むし怪我も無かったし、来週からの上京・東北研修には支障がなさそうなので、「いつかは起こることが、軽くまとまって来てくれた」と捉えよう。結果良ければ全て良し!につなげていこうと思います。

 

 

さて、ずっと引っ張っている土塀の色漆喰も報告を進めます。下地直し、中塗り、調色と進め、ようやく仕上げ上塗りへと進めました。なかなか濃い目の色なので、水引き具合と押さえ込みの旬が肝になります。まずは内側の台輪部分から始めました。目につかない内側から感覚を慣らして、そして表面へと進めます。左官の基本ですね。「まずは目立たない所から」。

 

 

仕上げと同じ色に調合した砂漆喰を塗り付け、少し水が引いたところを伏せ込んで、追いかけて上塗りを塗り付けます。砂漆喰は水引の調整と、密着性を高めるために塗り付けるので、薄く厚みを揃えて塗らないとなりません。砂漆喰の塗り厚にムラがあると、水引きムラ引きが激しくなり、上塗りに骨材が浮かんで来てしまいます。奈良の方では、何故だかそれを「あんこが出る」と呼んでいます(笑)。

 

 

上塗りを塗り付け、水引を見ながら押さえ込んで仕上げていきます。押さえすぎると色ムラが激しくなるし、押さえが甘いと色がボケる。難しいところなのですが、滑りの良いプラ鏝なども使いながら、良い塩梅を目指して仕上していきました。乾いてみないと分からないし、乾くまでに雨に降られるといけないし、色漆喰は最後までホッと出来ない作業ですね。台輪を終えるといよいよ最後の壁面へと進めていきました。続きはまた後日UPしていきます。

 


さぁ!今週いっぱい自宅待機だ・・・。ま、誰もいない倉庫でひとり作品作りにでも精を出すとします。今日も一日ご安全に!

井上左官工業では、左官技術を学びたい若者を募集しています。若者よ技術を
身に付け、誇りある豊かな人生をともに歩もう!短期間で活躍の出来る育成プ
ログラムを用意して待っています!!
http://www.isakan.jp/