近江八幡は世界の中心2 | is6689のブログ

is6689のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

  誤解・誤認

 この国は神の国です。神は隠れる神です。神が隠れるから世間に誤解・誤認が生じます。

   八幡神の真実

 八幡神=応神天皇は誤解・誤認です。八幡神の由来は応神天皇とは無関係、八幡神は古事記・日本書紀・続日本書紀に出てないとのことです。その御名は八幡大神(やはたのおおかみ)が正式とのことです。ネットで「八幡神」を検索して知ることができます。ネットの時代は真実を知る時代です。

 やはたは「やあた」が元と考えます。「やあた」の発音に困難があって、「やはた」に転訛したと思われます。八咫(やた)は「やあたの約」と広辞苑にあることから考えてそうなります。真実は数理論理的に明らかにされます。数理論理的推理の結果、八幡神は「やあたの大神」、八咫大神となります。

 八咫=八尺です。八咫は八尺の訓です。八尺=24242424・・・・・・と「24」が永遠に繰り返されます。一年は24節気です。永遠=24242424・・・・・・です。永遠に朽ちない純金は24金です。聖書の神の契約の箱は24金で覆われています。聖書の神に仕える長老の数は24人です。「ヨハネの黙示録」4章4節参照。同じく聖書の神に仕える祭司の組は24組です。ダビデ王が決めました。旧約聖書「歴代誌Ⅰ」の24章参照。聖書の神の宮の建設工事が始まったのは第6の月の24日、その基礎が据えられたのは第9の月の24日、その日から神の祝福が始まりました。旧約聖書「ハガイ書」参照。12月24日はクリスマスの前夜、前日、神の日です。25日はイエス・キリストの生誕日です。

 聖書の神、天地創造の神は、数理論理的に日本の八咫大神と納得できましたでしょうか。

    三位一体

 聖書の神は三位一体の神です。父なる神、神の一人子キリスト、そしてキリストの御霊、聖霊です。日本の神の御名は古事記の冒頭の天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神の三位一体です。聖書の神とその論理構造が同じであることに気づいてください。

 キリストの御霊=聖霊です。高御「産巣日神」=キリストの御霊、神「産巣日神」=新しく生まれた神人の御霊です。キリストの御霊=神人の御霊=聖霊です。

 キリストは聖霊により処女マリヤから生まれました。神人は肉の母から生まれ、イエス・キリストによって新たに生まれる新人類です。キリストと神人に位格の相違があります。父なる神とその御子キリストにも当然、位格の相違があります。三の位格で一体の神です。ですから、「三位一体」の神といいます。不可分・不可同・不可逆の三位一体の神です。

   八幡宮の真実

 八咫大神・御名神功皇后・御名応神天皇で聖書の三位一体の神を示しています。八咫大神が隠れているために姫神が追加されたのか、または大和朝廷以前の女王卑弥呼が姫神として置かれているのか、二つの可能性が考えられます。

 八幡宮は、聖書の神、三位一体の神を祭る宮として創建されている、その真実は近江八幡の日牟礼八幡宮の由来から見える、日本はキリスト王国として建国されている、日本がキリスト王国として世界に現れたとき、近江八幡は世界の中心として輝く、キリストの栄光に身命をささげた神人ヴォーリスさんは「正しかった」と言われる。


     お願い

 聖書の神、万軍の主、イスラエルの神は現れました。神を正しく知る御世が来ました。イスラエルの救い、世界救済のときです。

 予言通りに神の手によって復活したダビデの子孫(イザヤ書11章参照)、救う者、万世一系の天皇が皇位に還れば日本人は皆、聖霊を得て神人となり、世界は神国日本によって救済されます。世界全面戦争阻止のため、世界救済のため皇位が天皇の正統に還るようご協力ください。明治以来の皇室は正当性が全く存在しない朝鮮人の家です。

 万世一系の天皇

シュメール人ダビデの子孫

 平安天皇ヨシュア

is6689さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ