人間関係を改善して、幸せ体質になる!全肯定カウンセリング&ルームセラピー

人間関係を改善して、幸せ体質になる!全肯定カウンセリング&ルームセラピー

自分の抑圧していた感情に気づき、向き合い、解放していくと・・。
あなたは、悩みだと思っていたものが実は幸せになるための種だったということに気づきはじめます。
ピカピカな本来のあなたを見つめながらセッションをすすめさせていただきます。

Amebaでブログを始めよう!

こんにちは。

気持ちよいお天気が続いていますね。

お元気ですか?

 

 

 

 

 

今、何か不安、不満がありますか。

もちろん、誰しも何かしらの不安や不満をかかえて生きて

いるものですよね。

 

 

 

 

私もあります。

あれさえなければ、とか、あの事さえ解決したら、

すべてうまくいくのに、とかついつい思ってしまいます。

 

 

 

 

でも、些細なこと、深刻なことにかかわらず

あの事が解決しても、必ず、次の課題がやって

くるのですね。

 

 

 

私たちは、かじったリンゴのかじったところにフォーカスしがち

です。欠けたところが気になります。

 

 

 

そこを埋めようとするのですが、そこに意識を向けているかぎり

解決しても鋳型のように、欠けたところができてくるのですね。

 

 

 

そこで、

自戒も込めて、ご提案です。

何度もいろんなところで耳にされたことかもしれませんが・・・

 

 

 

ついつい忘れて、あれさえなければ、のループに入って

しまう時は・・・

 

 

 

今のままで十分だと思ってみる

 

 

 

なあんだ、ですか?

 

 

 

そんなこと、思えない、から悩んでいるんでしょ

という声が聞こえてきますが

本当にそうですよね。

 

 

 

でも、一度やってみませんか。

(そんなこと、とてもできない状況のかたは

スルー下さいね

 

 

 

 

「今のままで、十分だ」と思ってみたら

あれあれ、私、こんなものも持ってた、あんな人も近くにいた

って気づきます。

 

 

 

それが、リンゴのかじられていないところにフォーカスを

当てること。

なんだか、ありがたい。

 

 

 

そうしたら、不思議なことに、欠けたところも修復されていく

可能性がでてきたりします。

 

 

 

 

今、ここ、であなたがもらっている恵みは

何だろう?と一つひとつあげているうちに

不安感が消えていったりします。

 

 

 

 

私、こんな小さなティーセット持っています。

見るたびに誰かとのティータイムを想像してほっこり

します。

心斎橋のフライイングタイガーで250円(税抜き)

でした(笑)

これも私に与えられた恵みだったりします。

 

 

 

 

今日も読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

こんにちは!

そして、ご無沙汰いたしました。

 

 

1年半ぶりに、戻ってきました。

お変わりありませんでしたか。

 

 

一年半前に、主人の父を見送り

約一年前に実家の父を見送り、(以前のブログに再三登場した父です)

その後の母のケアとかで、すっかりご無沙汰をしておりました。

 

 

仕事の方はそれでも、ゆったりとした感じでさせていただいておりました。

母がリアリタイアしたおかげで、母の後を継ぐことになった仕事が一つ

増えてしまったのですが、それは、またおいおい、お話しさせていただきますね。

 

 

いよいよ、春ですね。

 

 

今日は、久々のご挨拶とさせていただきます。

 

 

 

 

お読みいただき、有難うございました。

 

 

 

 

 

秋らしくなりましたね!

お元気ですか?

 

 

 

ただただ暑かった時には、やる気にならなかったことも

やってみたくなります。

 

 

清々しい、この季節のうちに、思い切って

何をしましょうかね?

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、

 

 

 

先日のこと、立花大敬さんのDVDを久々に観たのですね。

 

 

 

 

ご存じの方も多いと思うのですが、大敬さんは、変わった経歴を

お持ちです。

 

 

45歳になって高校の物理の先生になるのですが、

 

 

それまでは、禅に傾倒して、定職に就かず

世捨て人のような暮らしをされていたそうです。

 

 

 

 

 

それから、ある時何かに突き動かされるように、

文章が湧いてくるようになり

 

 

 

 

無償で知り合いのかたに書いたものをお配りしていたところ

癒されるということで口コミでどんどん広がり

 

 

 

 

 

頼まれて本を何冊も書き、講演をされるようになりました。

 

 

 

 

大敬さんのお話しやご本

その魅力は何といっても、寛さ、緩さ、あたたかさ。

 

 

 

 

 

 

目の前のことに右往左往するのではなくて

俯瞰したり、悠久の歴史の視点から物事をご提案されるので

ほっとしてらくになります。

 

 

 

 

 

 

 

その中で心に残ったエピソードをちょっと書いてみますね。

少し長くなりますが・・・

 

 

 

 

大敬さんの禅の会のメンバーのAさんが

大人のリンゴ病というのになられました。

 

 

 

 

とても苦しかったそうですが

それを治すために、

せっかくの機会だから、実験してみようと

思われた。

さすが、禅の会のメンバー、探求心がすごいですね!

 

 

① まず、「笑いと心の治癒力(ノーマン・カズンズ)」を参考にして

  笑おうとしてコミカルなDVD的なものを見てみた。

  でも、今回は痛みでそこまで笑えず断念

 

 

 

② 自分がこうなっているのは、心が現れているのだから

  心をすっきりさせなくてはならないと、

  イメージ瞑想をしようとしたが、よけい苦しくなった。

 

 

 

 

 

③ 最後は、大敬さんにいつか聞いた言葉をなんどもつぶやいてみた。

  (大敬さんは、何か心配やざわつきがあると、この言葉をつぶやいて

   らくになっておられるそう。)

 

 

それが 「現成公案」 (げんじょうこうあん) 

道元さんの言葉です。

 

 

 

意味は、

 

目の前に起こっている現象は(現成)

 

宇宙と人類全体(公)にとって

 

最善最適(案)としてそこにあらわれているんだよ。

 

ということだそうです。

 

 

 

病気でかけていたマスクの下で何度も何度も呟いたそうです。

 

 

そうすると、不思議に少しらくになってきた。

 

 

そして、今まで酷使していた体さんに申し訳なく

なってきて体をさすったら

 

 

身体の細胞が応えてくれるように感じたそうです。

 

 

 

そして、ますますラクになって

どんどんよくなっていったそうです。

 

 

 

 

Aさんの後日談ですが、

前の2つが効かなかったのは

その時の気持ちが、苦痛から逃げたい、

抜け出したい、という気持ちでやっていたからかも、

と分析されていたそうです。

 

 

 

 

あるがままの自分や状況を否定しないで

認め、受け入れ、許し、このままでいいんだと思えると

ゆるんで、却ってそこから自由になれるのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、大敬さんのゆるんで、ほどけた、ご説法

何にも心配することはない

だって

何万回も生まれ変わっていくのだから

今世で1ミリだけでも進化したら

 

それどころか、

生き切っただけで十分なんです。

 

 

のお言葉に私はなんだかほっとしました。

 

 

 

 

DVDはもう手に入らないのですが

禅と「ゆったりほどけたお話し」にご興味をお持ちになりましたら

大敬さんの本は、本心庵(出版社)でお求めになれます

 

 

 

今日もお付き合いいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは。

お元気ですか?

 

 

お盆が近づいてきましたね。、夏もあと2,3週間、

(希望的観測?)

暑い毎日ですが、乗り切っていきましょうね。

 

 

 

 

 

(今年もスイカに救われています)

 

 

 

さて、1月のブログに父の入院のことを書かせて

いただきました。

 

 

物事は、スパイラル状に進化するとも、書かせて

いただきました。

 

 

そのとおり、父の起こしてくれることは、スパイラル

状に改善はされています。

 

 

ですが、そのスパイラルの期間が短い!

 

 

またですか?というほどいろんなことがあり、

(具体的なことはまた書かせていただきますね)

 

 

私、このおかげで

 

 

無抵抗ならびにお任せの術、にたどり着きました。

 

 

 

それは何かといえば、

 

 

 

 

母から電話がかかってくると(だいたいヘルプ!

の電話が母からかかってきます)

 

 

「あっ、そう。わかった」と冷静に受け止めます。

とはいっても、ドキドキはしますよ(笑)

 

 

 

とにかく、必要あってそうなっているという前提

にしてしまいました。

 

 

船井幸雄さんが、よく言っておられた

「起こることは、必要、必然、ベスト」

 

のスタンスです。

 

 

 

ゆえに無抵抗ということになります。

起こることを、抵抗なしで受け入れます。

なぜって、くりかえしになりますが、

必要あってそれが起こっているのだから。

 

 

 

 

なんの必要かは、わからなくていいのです。

あとでわかることになっている、と決めてしまいます。

 

 

 

そして、今、自分のできることをするのです。

 

 

 

ある時は不明者名簿に登録するために警察にいったり、

ある時は、救急車から電話がかかってきて

病院へ直行(入院にはなりませんでしたが)

そうこうしていると、熱をだして動けなくなって

家と実家を何度も往復したり(比較的近いので助かります)

 

 

 

もう、いちいち驚いていたら身が持たないほど、いろいろ

やってくれますので。

 

 

 

お任せと言っても、起こることに無抵抗、結果をお任せ

ということなので、今自分にできることを淡々とやっていく。

 

 

 

私、これが今のところ、最善策だと思っています。

(少なくともこのやり方、私には合っています)

 

 

 

 

こんなに次から次へと、問題を起こしてくれた(それも

絶妙な深刻さで)からこそ、そうせざるをえなかった。

だけれども、それが一番楽な方法だったなんて・・・

 

 

 

脳梗塞になっていろいろ学ばせてくれる父に感謝です。

本当です。

(もっとたいへんな状況のご家族の方、お許しくださいね)

 

 

 

 

 

 

何度もヘルプコールで呼び出されるにもかかわらず

ちゃんと仕事は支障なくできるようになっていくのです。

一度も予約をキャンセルしないでやってこれました。

そして、楽しみにしていた約束も結果的に行けるよう

になってます。

これが不思議です。

 

 

そして、行動していると、もの事が意外にトントン拍子に

進んでいくので私が、無理をしている感覚がなく、

嫌な気持ちにならないのです。

 

 

 

 

1月のブログで、松薗りえこ先生の言葉

 

   「目の前に起こっていることは、奇跡に変わるチャンス」

 

   「すべてはハッピーエンドに向かっている」

 

   「お任せすれば勝手にうまくいく」

 

 

 

   を引用させていただきましたが、

   この言葉たちがあったからこそ、安心して

   無抵抗、お任せにたどり着けたのですね。

   

 

 

感情を抑えている感覚はないので、大丈夫だと思いますが

とは言え、いつなんどき、抵抗、悪あがきに逆戻りしないとも

かぎりません(笑)

 

 

 

今は、中間報告ということで、また、変化がありましたら正直に

ご報告いたしますね。

 

 

 

 

このやり方はそうせざるを得ない状況にならないと

やる気も起きないし、できない相談かもしれません。

 

 

 

でも、先が見えなくて、トンネルの中にいる方ように

感じている方には、このつたないストーリー、

ちょっとお伝えしたいと、勝手に思ってしまいました。

 

 

 

今日もお付き合いいただき、有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日が続きますね!

お元気ですか?

熱中症、お互いに気を付けましょうね。

水分補給を大切に・・・

 

 

 

 

 

さて、いけないと思えば思うほど・・・

やってしまうということありませんか?

それがだんだん罪悪感を伴ってくるんですね。

 

 

 

私もそうでした。

というか、今も時々やってしまいます。

 

 

 

が、これすると早く元に戻れますよ。

 

 

 

何年か前、笑顔ママ講座で発表したことの一つ

に、夕飯を食べた後、ぼーっとテレビを見てい

る自分に罪悪感を感じながらも、そこから動け

ない私、というのがありました。

(もちろん、ほかにもたくさんありますが)

 

 

 

この軽い罪悪感が、自分をそこから放してくれないんですね。

 

 

 

同じ動けないなら、せっかくだから、楽しんで

みるのはどうでしょう?

 

 

 

ぼーっとした時間は、私にとって大事なエネルギー補給。

必要な時間なんだーって肯定して罪悪感を

はずしたら、ある程度の時間がたったらすっと

腰を上げることができるようになるのは不思議です。

 

 

 

先日、実践講座で学んでおられる生徒さんが

今やらなくてはならないことがわかっている

のについついスマホを見てしまう。

きっと逃げているんだと思うんです、

それで、あっという間に時間がたってしまって・・

とおっしゃっていたので

 

 

 

このことをお伝えしてみたら、素直に実行され

て、スマホを見る時間が格段に減ってきたと

ご報告くださいました。

 

 

 

もう10年以上前のこと

教育テレビで、精神科医の斎藤環さんが

 

 

たとえ、今、心が辛くて動けなくても

(それは人かもしれない、

本かもしれないけれど、何かの影響で、)

自分の状況を心から肯定することができれば、

 

 

例えば、自分は家から出られない状況だ

けれども

それは、今自分にとって必要だから、

大事な時間なんだ・・・と(心から)肯定

できれば、その人は、やがてその場所に

おさまってはいられなくなる

 

 

 

とおっしゃっていました。

 

 

 

これは軽い罪悪感などではなく、

深い深い問題です。

 

 

 

簡単にそうできないからそうなってしまった

のですが、ティッシュの一枚ずづの厚みで

もいいから、少しづつ少しづつ、今の自分を

肯定していくのは、遠回りでも、大切な道

なのかなと思ったりしています。

(これは、周りの人の力も大切ですね)

 

 

 

すみません、話が飛躍してしまいました。

 

 

今日もありがとうございました。

 

 

追伸

 

周りの方のサポートということで、頭に浮かんで

くるのが東ちひろ先生のココロ貯金です。

大人になってもココロ貯金効きます、とおっしゃいます。

私のココロ貯金の記事も貼っておきますね。

よろしかったらお読みくださいね。