サッカーワールドカップを見ていて | 『命の授業』

『命の授業』

 体育教師がスキーでの事故をきっかけに、人生も人生観も大きく変わりました。今を自分らしく幸せに生きるためのヒントを普段の生活の中から紹介していきます。


テーマ:

サッカーワールドカップを見ていて


日本チームがコロンビアに勝利し、私も大興奮しました

グループリーグ突破の可能性も!!と

昨日のニュース番組は持ちきりでした


それはそれで嬉しいのですが

2月の平昌オリンピックもそうですが

私がこの時代に生まれて幸せだなぁ~嬉しいなぁ~

と感じるのは、その競技における

世界トップレベルの選手のプレーや演技を

見ることができること


そして、行ったことのない国の人たちや文化に

TVの画面からでありながらも触れることができ

色々な意味で世界を身近に感じワクワクします


と同時に、まだまだ知らないことがいっぱいで

世界って、地球って広いなぁ~ 行ってみたいなぁ~

その道を極めている選手に会ってみたいあぁ~

そんな気持ちにもさせてくれます


私は頑張っている選手の姿を見ると

どうしても、ゆずの「栄光の架橋」頭の中で流れます


いくつも日々を超えて~

たどり着いた今がある~


スポーツの持つ魅力やエネルギー

そしてそこに至るまでの選手やチームのストーリー

私の中でのキーワードは「夢」と「感動」と「本気」と「選択」


せっかく生きています

でも限られた人生であり、命の時間です

どう使うかは、生きるかは

決めているのは自分なんですよね


サッカーワールドカップを見ていて

頑張っている選手の姿にワクワクします

だからこそです

自分の人生にも、仕事にも

ワクワクしなければもったいないって


私にもまだまだたくさん夢があります

自分のためにも、子供たちのためにも

夢を追いかけ楽しく生きる大人でありたいと思っています


感動をありがとう

気づきをありがとう

自分の人生と向き合わせてくれてありがとう


自分の人生の主人公は自分

夢は叶う


サッカー日本代表チームの皆さんを

心から応援します


感謝をこめて




『命の授業』 腰塚 勇人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります