このキャラクターの共通点 | 『命の授業』『5つの誓い』腰塚勇人

『命の授業』『5つの誓い』腰塚勇人

 体育教師がスキーでの事故をきっかけに、人生も人生観も大きく変わりました。今を自分らしく幸せに生きるためのヒントを普段の生活の中から紹介していきます。


テーマ:

このキャラクターの共通点



愛知豊橋・学校いのちの日で伺った

二川(ふたがわ)中学校様では

講演前に校長先生が命について話をされ


「このキャラクターの共通点は何ですか?」と聞かれ

スクリーンに映し出されたのが

キティーちゃんと学校のマスコットキャラ

ふたがわん(ふたがわ中学校)


皆さんなんだと思います?




そうです キティーちゃんもふたがわんにも

口がないんです


そして校長先生はこう言われました

口がないからこそ、その顔の表情は

相手によってどうにも捉えることができます

これは「寄り添い」を意味していて


また、言葉がつかえないからこそ

「行動で見せ、相手に伝えよう」

「友達を思いやる気持ちを大事にしてほしい」

と校長先生


なるほどねぇ~

深いなぁ~

こういう展開に持ってくか~


講演後、校長先生が私にこう言われました

まさしく「一緒に」「5つの誓い」「ドリー-夢メーカー」は

私が子供たちだけでなく、先生方にも伝えたいことですと


キャラの話しからこんな展開のできる

校長先生、本当に素敵ですし

おそらく教科指導や学級担任の時も生徒たちを

引き付ける授業をされていたんだろうな~って


アウトプット前提だとインプットをしっかりしようと

アンテナを高くし、ネタを探します


ただそこには、相手の理解を優先させる工夫をするのか

自分が伝えることだけに意識を向け

「言ったから、教えたから」

「分からない、できない、努力の足りないお前たちが悪い」と

時代の変化に対応する意識すら持たず

子供に言うほど自分では努力をしない先生方も正直います


伝えることと、伝わることは違う

少しでも多くの人にどうすれば伝わるか・・・

まずは相手を知ることからですね


私もアンテナを高くし実践を続けます

今日も命を喜ばせます

感謝をこめて






『命の授業』 腰塚 勇人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります