こころの平和とスピリチュアルな日常
  • 08Sep
    • ガウディの家にほっこり

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。前回に続いてガウディの建築などについて書きたいと思います。[ガウディの家]このピンク色の壁のかわいらしい建物はガウディが20年間暮らした家です。グエル公園の中にあり、現在は博物館になっています。ガウディがデザインした椅子が展示してあります。引き出しの戸っ手細部にまでこだわりがあったんですね驚くほど質素な寝室彼がデザインした他の邸宅と比べると、とてもシンプル小さな庭があり、このベンチに座っているととっても爽やかな気分に気持ちいい家を取り囲むように緑のトンネルが庭からはこんなに素晴らしい展望がグエル公園の一部を見下ろすことができます。ステキな庭のある小さくてシンプルな家ガウディがこの静かな家に20年もの間暮らしていた理由がわかった気がしますグエル公園はバルセロナ市見下ろす高台にある巨大な公園ガウディ建築を楽しめる人気の場所です。最後にガウディ建築の傑作の一つカサ・バトリョを紹介します。カサ・バトリョ繊維業を営むバトリョ家の依頼でガウディが増改築を手掛けた邸宅中央の建物とても凝った独創的な造り壁のブルーが青空に映えます曲線のデザインがとても美しい建物の中央が吹き抜けになっていて、美しいブルーのタイルで装飾してあります。壁・ドア・窓枠・ガラス全てにこだわったデザインですねガウディの作品は古さを感じさせない、逆に今の時代でも新鮮さを感じます。彼は希代の建築家であり、デザイナーですが、その時代に彼の作品を受け入れた人々もとても柔軟な考えをされていて素敵だなと思いました。ご訪問ありがとうございます。透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP

  • 27Aug
    • 内部は森?サクラダファミリア

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。モンセラットに行くためバルセロナに何日か滞在したので、ガウディ建築を見学してきました。[サクラダファミリア]サクラダファミリアは誰もが知っている建築家アントニ・ガウディの未完の傑作この聖堂は1882年に建築家ビリャールが着工し、翌年ガウディに引き継がれたそうです。彼はこの建設に後半生のすべてを費やしたといわれています。没後100年に当たる2026年の完成を目指して今も工事中。何と工事期間は144年・・・気が遠くなりそうですね。こちらは生誕のファサード(門)ガウディ自ら指揮をとって1930年に完成した門イエスキリストの生誕と幼少期の出来事が表現されています。塔の上部のツリーのように見える木は「生命の木」糸杉は永遠の命鳩は神の元に集まる信者と精霊木下のペリカンは聖体の秘跡を表しています。生命の木から少し下に行くと(写真中央上部の三角のところ)聖母マリアの戴冠そのすぐ下が受胎告知扉の上、中央部は天使の合唱隊左下が東方三博士の礼拝その反対側が羊飼いの礼拝圧巻の彫刻たちそして入り口の扉にはこんなかわいい装飾が聖堂内部はがらりと印象が違いますガウディは、森をイメージした空間を造り、信者と神との一体化を体験できる場所を目指したそうです。天井には殉教のシンボルであるシュロの葉がモチーフとして使われています。四方から光が差し込んで本当に綺麗確かに森なんだけど、海のイメージも感じられ、とっても不思議な空間ため息のでるような美しさ外部の装飾は重厚、内部はモダン対象的な造りが意表を突かれます。エレベーターで誕生のファサードの塔(鐘楼)に上がってみると近くで「生命の木」を見ることができます。途中からは階段巻貝みたいで趣があります。バルセロナの町が一望できます。こちらは受難のファサード太陽が沈む西側にあり、イエスキリストの死がテーマサクラダファミリアはユニークで古典的な要素もありながら斬新繊細で大胆インパクトありありでした。ガウディはすごかった!皆様にも写真から雰囲気を味わっていただければ幸いですご訪問ありがとうございます。透視リーディング&ヒーリングサロン・Inner Light→HP

    • 黒いマリア像が発見された洞窟

      こんにちは、スピリチュアルヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。スペインの聖地・モンセラットの続きです。2日目の朝一番に修道院の黒いマリア像に会いに行った後、その像が発見された洞窟に行ってみました。[黒いマリア像が発見された洞窟]この日は霧が立ち込めていて、不安定な天気。その洞窟は修道院よりも下にあります。下から見上げた修道院途中までは登山道なので登山者数人と会いましたが、洞窟方面へ曲がるとだれもいない・・・遠くに十字架がこの道はビアクルシス(Viacrucis)・・・キリストが十字架を背負いながら処刑されるまでの道・・・を模しています。そしてこの道にはロザリオの秘跡を表す15のモニュメント ガウディ作 「キリストの復活」霧の中、聖なる山の中をたった一人で歩くのは、雰囲気がありすぎるというか・・・この道は黒いマリア像が発見された洞窟へと続いています。その小さな洞窟を囲むように教会が建てられています。サンタ・コバ教会(Capella Santa Cova)教会の外には柵があり、10時半からのオープン。まだ30分以上あります。小雨がちらついてきたので、近くの岩陰へせっかくパワフルな聖地に来たのだから、待ち時間にセルフヒーリングをしよう!このマリア様にゆかりのある力強い岩山でエネルギーをシフトできるなんて感謝あっという間に時が経ち、開門の時間に。これがサンタ・コバ教会右側の岩の中に洞窟があり、それに接続して教会が建てられています。モンセラット山の小さなステンドグラスがドアの上で輝いていて素敵です。黒いマリア像が発見された洞窟は祭壇になっていてレプリカが飾ってあります。発見時や運搬時のレリーフ帰り道は霧が晴れて日差しが差していました。そして教会を目指し歩いてくるたくさんの観光客とすれ違いました。神秘的な雰囲気から、すっかり明るい観光地に変化。何だか自分が別世界にタイムスリップしたような感じ。モンセラットは景色の美しい所なので晴天を望んでいましたが、霧の中の訪問は趣があって逆に良かったかなと思います。モンセラットの小さな町はこんな感じです。この赤茶色の壁の建物が今回宿泊したHotel Abat Cisneros修道院の前という最高のロケーション。決してラグジュアリーではありませんが、部屋にトイレ・シャワーが完備されており、山の宿坊と考えれば十分かなと思います。レストランの夕食はアラカルトメニューがあり、美味しくいただきました。Hotel Abat Cisneros のHPはこちらからどうぞ黒いマリア像は深い所に癒しを与えてくれる神秘的なそして素敵なマリア様でしたご訪問ありがとうございます。透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP

  • 25Aug
    • 聖なる山モンセラットと黒いマリア

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。トニーパーソンズのリトリートに参加する前に数か国を訪れたので、お勧めの場所を紹介したいと思います。[聖地モンセラット]モンセラットはバルセロナ郊外にある聖なる山中腹にある修道院にはそこで発見された黒いマリア像が祀られています。サンティアゴコンテスポーラと並ぶスペイン2大聖地だそうです。「ギザギザな山」という意味のモンセラットは言葉通りとってもユニークな形。ガウディがサクラダファミリアを建てるにあたってこの山でインスピレーションを得たと言われています。バルセロナからカタールニャ鉄道と登山鉄道又はケーブルカーで約2時間日帰りも可能ですが、教会の横にホテルがある事を知り、1泊してゆっくり滞在しました。これが修道院サンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂です。内部はとても美しい造り中央キリスト像の上部の光っているところにマリア像が安置されています。ズームすると・・・教会右手に別の入り口があり、マリア様を近くで見ることができます。黒いマリア像の拝観時間7時ー10時半、12時ー18時15分季節により19:30-20時(ミサなどにより変更するようです)週末や昼の時間帯は大行列ができるそうです。私は初日の終わりごろと翌日朝一番に行きました。朝一番は空いていたのでゆっくりとマリア様に会うことができました。謁見用の入り口を入ると教会内部横側の通路へと続きます。そしてこの奥左手の階段を数段上がると煌びやかな壁画と装飾を施したに聖堂に聖母子像がとても穏やかなお顔のマリア様今まで見たマリア像やマリア教会は高い所からの神々しい光を感じましたが、この黒いマリア様はしっかりとした大地のエネルギーを持ち、生命力に満ち溢れていました。とても対照的ガラスケースに収められていますが、右手の玉には触れることができます。「玉」は宇宙子であるイエスが左手に持っている「松ぼっくり」は永遠の命をあらわしています。この玉に触れて祈りをささげると願い事が叶うと言われています。言い伝えによると880年に羊飼いの子供たちが、不思議な美しい光が雲間から山中に降り注いだのを見たそうです。その光が降り注いだあたりには洞窟があり、そこでこの黒いマリア像が発見されました。知らせを受けた司教がその像を別の場所に運ばせようとしましたが、重すぎたのでこの地に安置しました。それがモンセラット礼拝堂の起源だそうです。ナポレオン軍の侵略で大聖堂の宝物は奪われましたが、このマリア像は修道士や住民の手によって洞窟に隠されて難をのがれたのだとか。その後、教皇によって正式にカタルーニャの守護聖母と認められました。マリア像から教会を見下ろすとこんな風そのまま進んで右手の方へ行くとマリア像の裏手に小さな聖堂がマリア像の後ろから祈りをささげることができます。後ろ姿も神々しいですねとても力強く、そして愛に溢れた修道院でした。★修道院のHPはこちら→Abbey of Monserrat次回は黒のマリア像が発見された洞窟について書こうと思います。ご訪問ありがとうございます。透視リーディング&ヒーリングサロン・Inner Light→HP

  • 08Aug
    • トニーパーソンズのリトリート・その2

      こんにちは、スピリチュアルヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。トニーのリトリートの続きです。参加者は私以外全てヨーロッパの方々だったので、「このリトリートだけの為に遥々ドイツまで来たの?」と何人もに聞かれたのです。寄り道して観光を楽しんだことを話すと、良かったねと返事が返ってきました。トニーの集まりに参加する方はインテリ系が多いと聞いていました。実際、ロンドンのミーティングに以前参加した時も周りの方はそんな感じだったのですが、今回の参加者はかなりカジュアルな感じで、とても楽しく過ごしました。コンマリさんの断捨離がドイツでも流行っているらしく、日本ではどうかとドイツ紳士に聞かれたので、数年前に流行ってたと答えると、「先輩~」と崇められました。彼の奥さんは買い物依存傾向があり、最近大量に洋服を処分したそうです。彼はというと「ぼくはまだやってないけど、そのうち妻を断捨離するよ」・・・そしたら他の参加者が「そのうち自分もゴミ箱に捨てないとね」・・・トニーのいう「自分は存在しない」「自分という考えを捨てる」という意味なのです・・・全員爆笑こんな風に和やかな感じで過ぎていきました。そして、ある常連の男性の言葉がとても印象に残っています。「数年前までずっと熱心に探求(悟りを求め)していたんだ。でも、トニーに会って、もう探し求める必要がないって事がわかり、心の底からホッとしたんだ。本当の安らぎを感じたよ。」・・・この言葉を聞いた時に鳥肌が立ち、彼から何とも形容し難い、まばゆいエネルギーを感じました。それがきっと、“悟り”が彼を見つけた瞬間なのでしょう。私個人に起こったことはというと・・・最初の3日間はとても穏やかに過ぎてゆき、美しい自然との一体感や人々との繋がりを深いところで感じていました。思考もゆったりと流れていました。しかし、最終日の夜にちょっとしたトラブルがあり、あっという間に様々な考えが頭をよぎりました。いわゆるマインドチャッテイングが活発になったのです。思考(ここでは余分な考えという意味で使っています)は私の頭のすぐ横に待機していたようです。思考が私たちの苦しみになっているので、今まではそれを鎮めようと意識していましたが、何だかそれがどうでもいい感じがして思考に親しみすら感じました。「お帰り」と心のなかで笑いながらそれに呼びかけていました。思考が活発になっても大丈夫ありのままでいい という感覚が深まったように思いますトニーと個人的に話す機会があり、彼に聞かれました。「きみも長い間探求を続けてきたの?」・・・長年にわたって(悟りを)探求している人がトニーの周りに多く集まって来るようです。私の答えは「わたしは探求してきたというより、自分の仕事を通してワンネスというものを感じてきました。このリトリートに参加したのはこの場の雰囲気を楽しみたい、今ここにいたいからです。」探求してないというと嘘になるかもしれませんが、それが目的というよりは、リトリートの雰囲気、皆で創り出すエネルギーが好きだからそれを感じていたいから本当は遠くのリトリートに行かなくても日々の生活の中仕事や人間関係の中で私たちは他者と一緒にハーモニーを奏でているのでしょうね今はそう感じています。ご訪問ありがとうございます。あなたがいつも内側の輝く光と共にありますように・・・透視リーディング&ヒーリングサロンInner Light ⇒HP

  • 22Jul
    • トニーパーソンズのリトリート・その1

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤントの谷岡です。6月にドイツで行われたトニーパーソンズのレジデンシャル(リトリート)に参加したのでその体験を綴りたいと思います。もっと早く書きたかったのですが、帰国後体調不良で療養していたので遅くなってしまいました。トニーパーソンズはOpen Secretという本を執筆しているいわゆる非二元・ノンデュアリティのティーチャーです。非二元とは悟りの考え方の一つで、分離はない、全てが一つという意味です。多くのティーチャーとは違いトニーは全ては空っぽ、何もない、私たちもいない・・・という逆からの解釈を前に出して教えています。だから、個人的な悩みに関する質問にはいつも「あなたは存在しないのだから、病気や人間関係も存在しない」ときっぱりと答えます。質問の答えはいつも同じなんだけど、言葉の奥に、言葉をはずしたところに何かがあって、何かが生まれるような、何かを思い出すような感じを受けるのです。数年前にロンドンのMeetingに参加し、今回が初めてのリトリートです。会場はドイツ北部の田舎町Cadenbergeにあるフェニックスという素敵な施設。ここは今回初めて利用されたそうです。周りにはオーガニックの畑が広がっていて、オーナー曰く、海の中にある小さな島のようなところです。9月のドイツ南部での開催に出席予定でしたが、申し込み時にこの施設のHPを見てとても気に入り、急遽旅程を6月に変更しました。  ~~ リトリートのスケジュールはこんな感じです ~~~〇1日目  午後4時以降にチェックイン       Dinner 6:30pm       Meeting 8pm-9pm〇2・3日目  Breakfast from 7:30am-10:00am         Meeting 10am-12:30pm    Lunch 12:30pm  Meeting 5pm-6pm       Lunch 12:30pm  解散 Dinner 6:30pm   Meeting 8pm-9pm〇4日目   Breakfast from 7:30am-10:00am       Meeting 10am-12:30pm食事はベジタリアンのブッフェ参加者は全部で50人ほどトニーの席の後ろには緑が広がっていて、とても癒されます。Meetingの流れは、トニーがしばらく話をし、沈黙があり、参加者が質問をしてという形です。<リトリートで全体的に感じた事>このリトリートにはさまざまな人たちが集まっていました。大きな気づきをした人、悟りを探求している人、重篤な心の病気を抱えた方、家族の悩みが頭から離れない様子の方、ちょっとした好奇心で参加した方・・・まるで一人一人が音符でになって全員が一つの曲を奏でている様でした。低くて重い音や高くて軽やかな音が、時には楽しく流れるように、時には重く重厚にそれぞれが大切な役割をもって混ざり合い美しいメロディを奏でていたように感じました。トニーの話はぶれず、いつもきっぱりと同じこと(私たちは存在しない)を話しているので、話を聞いて納得するというよりは、言葉の向こうに何かを感じ、日が経つごとに口元に笑みをたたえる人が増えていくのです。言葉や思考を超えたところに何かがあり、ただここに存在することに安らぎや喜びを感じるのでしょう個人的に感じたことなどは次のブログに書きたいと思います。ご訪問ありがとうございました。透視リーディング&ヒーリングサロンInner Light⇒HP

  • 21May
    • 神秘的すぎる絶景

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤント(透視能力)の谷岡です。[絶景・高千穂峡]大昔、阿蘇の火砕流が五ケ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷やされてできたのが高千穂峡です。渓谷に沿って遊歩道が整備されているので、その美しい景色をゆっくりと堪能することが出来ます。高千穂大橋の下からボート乗り場まで、約1キロの遊歩道を歩いてみることに。そこには自然が創り出した驚くべき景色が広がっています。息をのむような美しいブルーグリーン真名井の滝木々の緑と美しい川の水・・・まさに癒しの絶景ですご訪問ありがとうございます。透視リーディング&ヒーリングサロンInner LightHPはこちらからどうぞ

  • 20May
    • 神々の町・高千穂

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。昨年の秋に高千穂を訪れました。時間が経ちましたが、とても美しい所だったので思い出しながら書いてみます。国見ヶ丘神様たちがこの地に降臨されたのが納得できるような神々しい風景まずは天岩戸神社・東本宮からお参りすることにこの神社は天照大御神が天岩戸からお出ましになられた後、お住まいになられた場所を御まつりお祀りしている神社だそうです。とても静かな所杉の大木の根元から御神水が湧き出ています7本杉岩戸川にかかる橋を渡って西本宮へ立派な鳥居が建っています天岩戸神社西本宮は天照大御神がお隠れになられた天岩戸(洞窟)をご神体としてお祀りしています。西本宮の拝殿東本宮は自然の素朴さ、そして西本宮は凛とした空気、神気が漂っています西本宮の裏参道は天の安河原へと続く道坂を下りて川沿いへ苔むして神秘的ですねここが天安河原宮のある洞窟仰慕窟(ぎょうぼいわや)日本神話の重要な地天照大御神が弟・須佐之男命(すさのをのみこと)の行いに嫌気がさしてこの岩戸に閉じこもってしまわれました。太陽の神様がお隠れになり世の中が真っ暗に。困り果てた八百万の神々がここに集まり、知恵を出し合って天照大御神を外の世界へ出したという伝説の場所です。ここには八百萬神が祀られているそうです。洞窟から外を見ると岩戸川の水はとても澄んでいて、心が洗われるようですこちらは高千穂神社夜神楽が楽しめます高千穂にはこの他にも多くの神社があり、自然の美しさと相まって素晴らしい所です。私たち日本人のルーツと繋がれるような、心落ち着く町でした。ご訪問ありがとうございます透視リーディング&ヒーリングサロンInner LightHP

  • 22Mar
    • 心配と愛

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。家族や友人など他者を愛するとはどういうことなの?愛とは何だろう?先日セッション中に素敵な学びがあったのでシェアしたいと思います。ヒーリングに来られたお客様、Kさんのお話です。(このブログはKさんの許可を得て掲載しています)ヒーリングの前半はお客様に悩みや抱えている問題を話して頂き、透視でエネルギーの動きを視ています。Kさんが困っていることの一つが、他人の悩み事を聞いて感情移入しすぎてしまう事でした。その話をされている時、Kさんのお腹のあたりからエネルギーのコードがいくつも出ていてそれが複雑に絡みあっているのが視えました。周りの人たちの悩みを聞いて、同情や共感のエネルギーを相手に送り返しているようです。そのコードは複雑に絡み合っていて、お腹のあたりのエネルギーが重くなっています。1年ほど前からお腹の調子が悪く、自覚症状があるそうです。Kさんのハイアーセルフ(高次の自己)にその原因を聞いてみると、1つは、Kさんの中に恐れのエネルギーがあり、それが過剰に反応してしまっている。2つ目はKさんの持っている考え方 “人の心配をしてあげるのが愛だ。だからそうしないといけない”ヒーリングでこのねじれたコードを外し、腹部のエネルギーを整えました。そしてKさんのハイアーセルフに今後どうしたらいいのかを訪ねると、「人々が悩みを相談する理由の一つは、共感してほしいからだ。だから共感することに問題はない。だが、相手を心配するのではなく、相手がゴールドの光の繭に包まれているイメージを持ちなさい。」"ゴールドの光の繭に包まれているイメージ"というのは、“どんなことがあってもあなたは大丈夫ありのままのあなたでいいありのままのあなたが素晴らしい”というエネルギーを相手に送ることです。とっても素敵な行為ですね“ありのままのあなたで大丈夫”というメッセージを相手に送るというのは最高の愛の表現ではないでしょうかこの言葉を聞いて私の心にも温かいものが込み上げてきました。あなたがいつも愛、そして心の平穏と共にありますように・・・透視リーディング&ヒーリングサロン・Inner Light

  • 19Jan
    • オーラリーディング実例・後編

      こんにちは、スピリチュアルヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。前回のブログの続き、オーラローディング実例の後編をお伝えします。※前回の記事はこちらからどうぞ⇒オーラリーディング実例・前編<オーラリーディング実例・後編>(京都府在住24才女性 職業・服飾関係 現在転職を考え中) ※このブログはお客様の許可を得て掲載しております●オーラの第4層・・・他者に対する愛と自己愛  □ ピンクやブルーのパステルカラー・・・愛というものが少しわかってきたという色、これからもっと知りたいという色です。□ 重いオレンジ色・・・小さい頃の自分があまり好きでない。コンプレックスがあり、モヤモヤしている色です。小さい頃の自分をもっと大事に思ってあげる、癒していけば良いというメッセージです。□ 赤・・・上部には父親に対する怒りが視えます。下部はローズレッドで、相性のいい情熱的になれるパートナーが欲しいという色です。父親に対する怒りがそれを阻んでいるのでその部分を癒すと思い描くパートナーが現れやすいようです。●オーラの第5層・・・コミュニケーションに関する層 □ 黄緑で竹林のような色・・・新鮮なエネルギーでコミュニケーションができるので、あなたと話していると相手は癒されます。 □ ベージュ・・・優しい気持ちをお持ちですが、自分の想いを全て相手に伝えられずモヤモヤすることもあるようです。どうやって自分の意見や気持ちを伝えていいかわからないようです。 □ 紫色・・・高い霊性をお持ちです。スピリチュアル的なことを伝える能力があります。●オーラの第6層・・・物の考え方や直感の層 □薄いブルーグリーンでその中に竪琴が視えます・・・その中に女神や花も視え、すごく優しく、女神的な慈悲の心をお持ちです。竪琴は、あなたがその場にいるだけで癒しや平和のエネルギーが周りに伝わっていくという意味で視えています。 □レモン色で大きな蜂が視えます・・・大きな蜂の意味は、あなたが時々我慢の限界を感じられているようです。それ以外の時はレモン色のすっきりとしたエネルギーでゆったりとされています。(心の中で非難してしまう方がいらっしゃるそうです。お客様の許可を得てこの蜂のエネルギーを取り除きました。そして頭の中の、自動的に他者を分析してしまう部分をヒーリングしました) □桃色・・・楽しいというエネルギーです。楽しいことをすると波動が上がり、周りの人々も楽しくなるようです。物事を選択する時は楽しいと感じるかどうかに重点を置くと良いようです。●オーラの第7層・・・スピリチュアリティ・宗教などに関する層   色ではなくイメージです。満点の星空の下に金色の牙をもつ象が一頭います。・・・夜空の一つ一つの星は高次のスピリット、女神や天使でを意味しており、彼らがあなたを上から見守っています。金色の象は背中に絨毯のようなものがかかっていて、その絨毯の模様はあなたが造っていく作品を表しています。金色は心と物質的な豊かさを表しています。作品を多く造っていくと豊かさがそれに伴うという意味です。ただ現在、絨毯の模様が多すぎてエネルギーが少し絡まっているので、この部分をヒーリングします。これは今までの多忙さや仕事のストレスを表していて、この部分をスッキリとさせるとよりゆったりと、より良い作品を生み出せるからです。□  ピンク色で中に花がたくさんあります・・・ピンクはあなたの本質・優しさを表しています。花はローズ色で茎がまっすぐです。花はあなたの人生経験を表しています。いい経験だけでなく、良くない経験の中でも愛を感じていけば、あなたの本質がより輝いていけるという意味です。□  白色で巨大な鳩が層からはみ出して視えます・・・その鳩の意味は「型にはまらないで」というメッセージです。枠から外れると新しい可能性が見えてくるようです。そうするとこの白い部分に色がついて人生がもっと豊かになります。●自由質問1「人に気を遣いすぎるのと、人前で緊張しやすいのですが、何か理由はありますか?」今そのお話をされている時、あなたがグレーのフード付きのマントでご自分を隠しているのが視えました。そしてあなたのハートのエネルギーに少しひびが入っていて、ハートの一部分が灰色の化石のようなエネルギーになっています。過去に傷ついたことがまだ癒されていないようです。ハートの残りの部分は赤黒いエネルギーで視えていて、その時の怒りがそこにあります。(この部分のエネルギーを軽くさせていただきました)過去の自分を好きになれないようですので、その部分を癒していかれると対人関係がもっと楽になります。ご自分のことをもっと好きになれば、オーラの内側からまばゆい光が外に放射され、周りの人々も光で満たされていくビジョンが視えています。●自由質問2「海外留学することは私のキャリアにとって役立ちますか?」質問をされたときに熱気球が視え、その気球はたくさんのプレセントを乗せていました。これらのプレゼントは留学するとあなたにとってプラスになる事がたくさんあるということを示しています。「長期留学か短期留学のどちらがお勧めですか?」長期留学前に準備期間が必要なようです。おそらく語学習得などの時間です。気球が表しているのはいろんな国を訪れて、体験してみる。いわゆる視察旅行です。気球の下には美術館や庭園が視えていて、旅行中にそれらを訪れたり、短期間のレッスンを受けるなど、まず下見をして時間をかけてから本格的に留学されるのが良いようです。「場所はどのあたりがいいですか?」 今現在あなたのエネルギーにいちばん合うのはパリのようです。ほかにドイツやイタリアなどヨーロッパの国々が視えます。オーラリーディングの実例は以上です。オーラの視え方は人によってさまざま動物好きの方はいろんな動物が象徴として視えたり、クリエイティブな方は色ではなく様々な形で視えることもありますそしてオーラ全てが輝く美しい光である人はいません(完璧というものはない)逆にすべてが重いエネルギーの人も存在しないのですもしオーラをもっと輝かせたいならあなたの内側を癒していきましょういつでも、今この瞬間にあなたは変わることができるのです私たちの本質は美しくまばゆい光ですこの世に誕生した目的の一つはそれを思い出すことなのかも知れませんあなたがいつも心の平穏と共にありますように・・・透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP

  • 12Jan
    • オーラリーディング実例・前編

      こんにちは、スピリチュアルヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。私のサロン・インナーライトのホームページにオーラリーディングの新しい実例を掲載するので、その内容をブログでも紹介したいと思います。[オーラリーディング]オーラとは体の周りを取り囲む卵型のエネルギーフィールドで、あなたの今世、過去生のすべての情報がその中に入っており「人生の書」と言われています。オーラは7つの層に分かれており、インナーライトの透視リーディングでは1つの層につき3色、合計21色を読み取っていきます。オーラの色の意味は人によってさまざま。例えば赤色が視えたとしても、情熱の色であったり、怒りの色であったりします。オーラリーディングではお客様独自の色の意味を読み取り、その中のビジョン・象徴や過去生などと共にお伝えし、あなたの人生をより輝かすお手伝いをさせていただいております。視える内容や視え方はお客様によって違いますが、1つの例として参考にしてください記事が長くなるので前後編に分けて掲載いたします。<オーラリーディング 実例・前編>  (京都府在住24才女性 職業・服飾関係 現在転職を考え中)※このブログはお客様の許可を得て掲載しておりますオーラリーディングを始める前にお客様のエネルギーに気なる点があるのでそれを先にお伝えしました。あなたのオーラがテントのようなエネルギーに覆われています。そのテントは円錐形で下部にオレンジ色の線が2本入っています。映画に出てくるアメリカンインディアンが使用しているようなものです。そのテントの入り口が空いていて、内部に黄色い明るい光が視えます。そしてテントの外は暗い夜です。これはあなたの今のエネルギー状態を表しています。外をよく視ると、夜明け前を表していて、これはあなたの今の周りの環境です。現在、辛い状況にあるようですが、これから夜が明けて太陽の光が差す(改善されていく・才能が花開く)のを待っている状態です。内側のエネルギーはとても明るく輝いているので、夜が明けた時(チャンスが訪れた時)にそれに対応して才能を発揮する準備が整っていることを示しています。外の暗さに関してあなたのハイアーセルフ(高次の自己)からのメッセージがあります・・・「今の状況がすごく大変だと思い込んでいるが、その状況の中にも光(喜びや愛、創造性など)があるので、その光を探してみなさい。そうするとその部分にもっと光が当たり、外側(あなたの環境)がもっと明るくなっていきます」テントの下部のオレンジ色の線にも意味があります。このオレンジ色の2本の線はあなたの姉と母親を表していて、彼女たちは生き生きとしたエネルギーであなたをサポートしてくれているという意味です。オーラリーディング(オーラの7つの層を3色ずつ、体に近い方から順にリーディングしています)※エネルギーの重い部分はお客様の許可を得てヒーリングさせて頂きました。オーラの第1層・・・肉体や健康に関する層□山吹色・・・楽しいというエネルギー 楽しいことをしたら波動が上がります。 そしてあなたが思っている以上にあなたには体力があります。□深緑・・・ドロッとした流れの悪いエネルギー 外側のこげ茶色の古木のようなエネルギーがそれと関係しているようです。過去生の画像が一枚視えます。その画像は女性で、木に向かって呪術を行っています。木を崇め、そこからいろんな情報をもらい、かわりにその女性は自分のエネルギーをささげていたようです。(その過去生が今に影響しているようなので、お客様の許可をもらい、このエネルギーを軽くさせていただいました)この影響としては疲れやすかったり、急に体が重くなったりすることがあるのかもしれません。□こげ茶・・・この中にこげ茶の古木が視えます。木のエネルギー、自然のエネルギーにとても敏感な方です。そして、エネルギー(体力)が少し枯渇しています。 自己犠牲的なお気持ちがあり、他者の考えに合わせすぎてお疲れのようです。オーラの第2層・・・感情・創造性に関する層  色ではなくネックレスに視えます・・・このネックレスは様々な宝石でできていて、かなり凝った造りのものです。これが示す意味は、あなたの中に人に対する恐れがあり、他者から自分を守るために自分を装飾しているように視えます。一つ一つの宝石はとても美しいのですが、それをたくさん身にまといすぎて(多くの人たちそれぞれに気を遣って対応を変えていて)ストレスになってしまっているようです。(この部分のエネルギーを軽くさせていただきました)この部分をヒーリングすると金色の少し動きの悪いエネルギーが現れました。この意味は、これから少しずつ、まだ器用にはいかないけれど、人との関係で自分を出してスムーズにやっていこうというエネルギーです。□薄い水色で中にカブトムシ(象徴)が視えます水色はあなたの優しい性質を表すとともに、自分の本当の気持ちがまだわからないというエネルギーです。 カブトムシはあなたの強い意志を表していて、すごく気を遣って他者に合わしているのに、ここという時は自分を曲げない頑固なところがあるようです。(お客様がこのカブトムシを取ってほしいとおっしゃいましたが、これを取るとご自分のことが分からなくなり、他者に流されてしまうようでしたのでカブトムシのエネルギーを軽くしました)カブトムシもお客様の大切なエネルギーの一部でした。ヒーリングするとシルバーに輝きました。頑固さというのも意思が強いという長所なので、必要な時は他者の意見に耳を傾けながら自分の意思も大切にすると良いというメッセージです。♦♦オレンジとクリーム色のダイヤ柄オレンジは華やかさやチャレンジのエネルギー、クリーム色は落ち着きのエネルギーです。バランスよく物事を行える、作品を作れるという意味です。その模様の中に美しい靴が視えます。将来シューズデザイナーになるのもあなたの選択肢のひとつであるということを示しています。オーラの第3層・・・物事を行動に移すことに関する層   色ではなくイメージが視えます・・・荒れた海に大きい立派な白いマストを付けた木造の船が視えます。 今あなたは荒海にいて、進路が見えていないようです。ですが、しっかりとしたマストがあるのでちゃんと目的地に到達できるようです。 □水色で上部に二匹のチンチラが視えます  水色は澄んだ空のような色です。 今は大変な状況にいますが、そのうち嵐が晴天に変化するようにその状況を通過していくようです。一匹のチンチラは元気で意欲的、もう一方はごろんと寝転んでいます。これはあなたの今の気持ちを表していて、転職したい、人生を変えたいと思っていると同時に動きたくないという気持ちもお持ちです。□紺色・・・細い層ですが重いエネルギーでできていて枠のようにあなたの周りを取り囲んでいます。 このエネルギーのせいで行動に制限がかかっています。 このエネルギーの意味は、あなた自身が自分の成功やいい職場への転職を否定しているようです。 (この部分をヒーリングしました) ご自身でもこのイメージを手放して、自分が成功することへの許可をもたれるといいようです。 ヒーリング後にこの部分が少し古びたゴールドのネックレスに視えました。 これはあなたの中の古い考え方、他者に影響を受けた考え方です。 エネルギーを再度動かすと、最後にパールのネックレスになりました。 このパールはあなたの希望の粒を表しています。続きは次のブログでご訪問ありがとうございます。透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP

  • 06Dec
    • サイコパスの母親に育てられたDさん

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。[サイコパスの母親]私のサロンに来てくださったお客様、Dさんの話をしたいと思います。(この記事はお客様の許可を得て掲載しています)Dさんはサイコパス(精神病質者)の母親に育てられ、心にとても深いキズをおっていらっしゃいました。(精神病質者の特徴は極端な冷酷さ・無慈悲・エゴイズム・感情の欠如などです)彼女は自分と同じような境遇の人たちがセッションを受けて楽になればいいということで、この記事を書くことを私に勧めてくださいました。Dさんの母親は賢い人なので他者に見つからないように虐待やひどい行為を行っていたそうです。可愛がっていたペットを殺したり父親や兄弟など大切な家族との関係を悪くするような状況を仕組んだり・・・普通では考えられないような事がたくさんあったそうです。子供というのは自分の家が普通の家庭だと思って育つので、自分の境遇がおかしいとは気づきにくいものです。そして支配的な親は、親がいつも正しいと子供に刷り込むのでよけいに気づきません。たとえ気づいたとしても養育してもらい、保護が必要な子供の立場からするとどうにもできないことが多くあります。親がうまく隠していたら周りの人々もそれに気づかず、子供がそこから抜け出すのはとても難しい。成人して社会に出てから自分の親は普通じゃなかった、愛情の示し方を間違えていた、支配的・利己的だった、など、改めて気づく・確信することが多いのです。そして今まで無意識の領域に溜まっていた怒りや悲しみが出てきます。Dさんの母親は罪悪感がない、人を苦しめるのに快楽を感じるということなので、その親の下で育った彼女の苦しみは筆舌に尽くしがたいものです。Dさんがはじめて私のサロンに来られた時はかなり不安定な状態でした。質問をしたいとのことでしたので、透視とヒーリングのセットをさせていただきました。ヒーリングの中で透視を使ってエネルギーを拝見し、それを動かして行きました。大きいトラウマを抱えてらっしゃるお客様ほどエネルギーを深く動かしますので、過去の記憶や大きな痛みが上がってきます。Dさんはしっかりとそれを受け止め、セッションが終わるころにはかなり落ち着かれたようでした。その後、ヒプノセラピーで幼少の頃の辛かった経験を再体験し、我慢していた感情をしっかりと感じてもらいました。3回目のセッションに来られた時、「今まで時々、死にたいという気持ちが上がってきたが、最近は感じなくなった」とおっしゃっていました。そして4回めのセッションが終わった後、とても晴れやかなお顔をされて帰っていかれました。その晴れやかな生き生きとしたエネルギーがとても新鮮で印象的でした私が考えるセッションのゴールはトラウマやネガティブな記憶・感情を全て手放すのではなく、それをもっている自分を許せる、そんな自分でもいいや・・・結構自分っていい感じ・・・いい面悪い面も含めて自分が好きと思えることです自分の中の醜い部分、弱い部分を許すことができると、他者のその部分も許す・受け入れることができると思います。そうなるととても楽に生きていけるんじゃないでしょうかそして、私たちは自分が思っている以上に強く、考えている以上にすばらしい存在であるということを思い出すお手伝いをしたいと思っています。Dさんの心の傷が全てセッションで癒されたかどうかはわかりません。恐らくこれから先も過去を思い出し辛くなる事があるでしょう。でも、その時にそれに立ち向かう強さ、自分は本当は強い存在だということを思い出していただけると思います。最後にDさんからいただいた感想を掲載させて頂きます。とても強力でした(説明不可能なところによく効きます)答えが欲しいところに答えがもらえた(その時はわからなくても何日かするとわかったり・・・)ので、とても助かりました。ありがとうございます。サイコパスにやられた傷はあまりにもダメージが大きく(ほんま)少々手こずりましたが、谷岡さんのおかげで本来の自信をとりもどすことができました。再々ありがとう!さあ、やるぞ~インナーライトでは、透視、エネルギーヒーリング、ヒプノセラピー、ブレスワークを通して皆様の様々な悩みや苦悩を癒すお手伝いをしております。興味のある方はホームページをご覧ください⇒インナーライトHPご訪問ありがとうございます

  • 28Oct
    • ティールームの名店・英国ヨーク

      こんにちは、スピリチュアルヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。[中世の古都ヨークとベティズティールーム]少し前になりますが、湖水地方へ行く前にヨークに立ちよりました。ヨークの主な観光地は歩いて回れるので観光に最適(ロンドンからヨークまでは高速鉄道で2時間)そしてここにはイングランド北部の有名ティールーム  ベティズBettysがあるのです。ベティズは1919年創業イングランド北部の家庭で愛されている“ヨークシャーティー”もこのお店が販売しているのです。本店のティールームは行列ができていたので買い物だけ済まして近くの支店でランチをいただきました。この日はとても暑かったので紅茶ではなくオリジナルレモネードに美味ベティズの商品はパッケージがとてもかわいいのですオリジナルブレンドティーのティーバッグは80袋入りでとてもお買い得お菓子のお味もかなりハイレベルクッキーはフォートナムよりも美味しい(個人的見解です)紅茶とクッキーを大量に買ったのでこの後の移動が大変ヨークには他にも見どころがたくさんあります<ヨークミンスター>イギリス最大のゴシック建築北イングランドを代表する大聖堂です大きすぎてカメラに収まらない内部には美しいステンドグラスがありますすごく手が込んでいるのだけれどごちゃごちゃせず、洗練されています<クリフォーズタワー>13世紀にヨーク城の見張り台として造られた塔です塔に登るとヨーク市内が見渡せますヨークミンスターを離れて見ることができるので、全体像がよくわかります左下の建物はヨークシャー博物館<フェアファックス・ハウス>ジョージ王朝時代の邸宅訪れる予定ではなかったのですがエレガントな外観とショップがステキなので思わず入ってしまいました内部は撮影禁止ボランティアの方々が各部屋を解説してくださいます特に素敵だったのが天井ですギリシャ神話の豊饒の女神、アバンダンティアのレリーフや果物、リボンなどの可愛いモチーフで装飾されていてとても素敵  HPで画像を見ることができます⇒こちらからどうぞショップには可愛い小物がたくさん売られていました<シャンブルズ>シャンブルズはヨークで一番有名な通りの名前です古くは肉屋通りハリーポッターのダイアゴン横丁のモデルになったそうですハリーポッターグッズ店が数多くあります古い建物がそのまま保存されていて味わいがあるな・・・イギリスは妖精と魔女の故郷といわれていますが、古都を訪れると魔法の匂いがしてくる気がしますそして必ずと言っていいほど夜にはゴーストツアーが行われていますおもしろいですね魔法の国、ガーデニングの国、羊毛の国そして産業革命の国長い歴史といろんな側面をもっているからこんなにも多くの人々を魅了するんでしょうね※BettysのHP→こちらからどうぞご訪問ありがとうございました透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP

  • 25Oct
    • ガイドブックに載っていないイギリスの素敵な街

      こんにちは、スピリチュアルヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。[イングランド北部の可愛い街・ヘブデンブリッジ]ヘブデンブリッジ Hebden Bridgeはイングランド西ヨークシャーにある小さな街ヘブデン川の水力を利用して羊毛の生産で栄えた所1970年から80年にかけて多くの芸術家がここに移り住んできて、ニューエイジ運動の村としても有名なんです。道標には可愛いシンボルが記されています 運河の街なので川 白バラはバラ戦争時のヨーク家のシンボル 羊毛業が盛ん 蜂は連帯の印街の中は緑が多くてとてもきれいここには可愛い雑貨店やギャラリーがたくさんあります木彫りの羊を買って帰りました手作りのおしゃれなアクセサリーやアロマ、石鹸の専門店などもありましたキャナルサイド水辺はなごみます水門この運河はマンチェスターに続いています産業革命時代はフル稼働していたんでしょうね高台の教会から見える景色この街並みは200年以上変わらないそうです古い建物は少し黒っぽいライムストーン(石灰石)でできています。コッツウォルズははちみつ色地域によって石の色が違い、趣があっていいですねヘブデンブリッジにはパブやレストランもあり、日帰り観光にお勧めです。古き良きイングランドを感じるのにピッタリの街(マンチェスターから電車で30分ほどです)ご訪問ありがとうございます透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP

  • 21Oct
    • ピークディストリクトの貴族の館

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。[豪華な貴族の館・チャッツワースハウス]チャッツワースハウスはデヴォンシャー公爵代々の邸宅で、イギリスを代表するマナーハウス。地元のイギリス人たちにも人気の観光地です。イングランド北部ダービシャーのピークディストリクトという国立公園の中にあります。この一帯はムーア(荒地)とデイル(谷)の景観が広がっていいる土地で、小説 “嵐が丘”の舞台としても有名です。この屋敷は13万坪もの庭園を有し、敷地内に農場・温室・迷路などがありますそしてここは映画「プライドと偏見」のロケ地です映画もよかったのですがBBCのドラマもかなりお勧めラストは違いますが、イギリス版“風と共にさりぬ”みたいな・・・館の中に入ってみると豪華!!・・・の一言天井のフレスコ画も素晴らしいこれが有名な彫刻ヴェイルド・ヴェスタイル・ヴァージン(ベールをまとい不断の聖火を守るヴァージン)ヴェールの部分も大理石でできており繊細で清らかな彫像木彫りの壁の装飾も美しい細工が施されて館というよりこれはもう宮殿です絵画や彫刻など数々の美術品を所蔵ここが個人のお屋敷だなんてほんとうに驚きとてもステキな絵がありました月の女神アルテミスでしょうか?図書室もゴージャスです最後が彫刻の間外に売店があり、映画で使用されたMr.ダーシーの彫像がありましたチャッツワースにはレストランがいくつかあり、Flying Chiders Restaurantではウエッジウッドのアフタヌーンティーがいただけます。私はバスの時間の関係でランチにしました。(予約はHPから)サーモンのお料理とレモネード紅茶はオリジナルブレンドデザートはイートンメス(※イートンメスはメレンゲ・イチゴ・生クリームの入ったデザートです)食器はすべてウエッジウッドその後、庭園を散策 広々として気持ちがいい お庭も手入れが行き届いています迷路の入り口バスの関係で4時間ほどの滞在でしたが1日ゆっくりしたかったです帰りはバスで近くの街ベイクウェルに寄りましたベイクウェルはとても小さな街ラトランドアームズホテルはジェーン・オースティンが“高慢と偏見”を書き上げた所All Saints Church13~14世紀に建てられた教会趣がありますこの街にはとても有名な食べ物がありますそれはベイクウェルプディングとっても甘いお菓子です有名なのがこのお店“The Old Original Bakewell pudding shop”テイクアウトしたのですが美味しいけれど甘かった甘党の私でも苦戦街はずれには川が流れていての~んびりしていますBath Gardens手入れの行き届いた小さな公園イギリスらしいですねイギリスの田舎は古い建物が保存されているので中世にタイムスリップしたような味わいがあります。古いものを大切に守り、伝統を重んじる文化は日本と同じ。多くの日本の人々がイギリスに惹かれる気持ちがわかります☆チャッツワースハウスのHP⇒こちらからどうぞ<アクセス>私はマンチェスターから訪れましたマンチェスター 電車⇒SheffieldSheffieldから218番バス⇒Chatsworth House(50分) ※本数は少ないですベイクウエルへは同じ218番バスで13分Bakewell からTPバス⇒Baxton駅Baxtonから電車⇒Manchesterバスは日曜が運休だったり、夏季限定のものもあるので前もって調べてから行かれることをお勧めします。ロンドンからは遠いですがSheffieldまで電車が出ています。ご訪問ありがとうございます透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP

  • 15Oct
    • 美しすぎる図書館・ジョンライランズ

      こんにちは、スピリチュアルヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。[イギリスで一番美しい図書館・ジョンライランズ]マンチェスターにはもう一つのすばらしい図書館があります。それはJohn Rylands Libraryこの図書館へはマンチェスターピカデリー駅やマンチェスタービクトリア駅から徒歩で行けます前回お伝えしたチェサムズ図書館からもすぐです 外観はこのようにとても古い向かって左奥の近代的な建物から入りますこの図書館は資本家ジョン・ライランズの死後、妻が夫をしのんで1888年に設立したそうですステキな話ですねその後マンチェスター大学の図書館と合併ここはリーディングルームゴシック様式荘厳な教会のよう窓がたくさんあり、光を取り入れて読書しやすいように設計されていますですから天候や時間帯により光の入り方が違い、楽しめますこれは別の日におなじカメラで撮った写真ホールの中心と左右にリーディングデスクが配置されています左右のスペースは奥まっていて落ち着いて読書するのにピッタリこの椅子に座っているとリラックスでき、居眠りしてしまいましたそれにしても本当に美しいジョンライランズの彫像があります上部の回廊には著名人の彫刻がウィリアム・シェークスピアホールの奥にはビクトリア女王の彫像がありますそしてその奥の階段吹き抜けがとても豪華ですばらしい良く見るとドラゴンのレリーフがファンタジーの世界ですね展示室では新約聖書のヨハネによる福音書の一部を見ることができますそしてもう一つの見どころはトイレです1900年ごろに作られたトイレで今でも使用可残念ながら写真撮影は禁止なのでお見せできませんが、まるで独房に入ったような感じがしました今ではインターネットで様々な事を検索できますが、当時は図書館が知識の源ここで多くの人々が知識を得て社会に貢献した・・・図書館ははまさしく知の聖地ですねきれいに保存されている教会のような図書館神聖な空気が漂っていましたご訪問ありがとうございます透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP

  • 11Oct
    • イギリス最古の図書館にあの人の手紙があるらしい

      こんにちは、透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライトの谷岡です。[チェサムズライブラリー]ここは1653年にハンフリー・チェサムによって設立されたイギリス最古の図書館です。中を見学するには一日数回あるツアーに参加します。ここが正面入り口石造りなのでこんなに長い間保存できたんですね上の階はチューダー様式の造りドアの上に不思議な生き物の彫刻が・・・まるでハリーポッターの世界ですドラゴンの挿絵の本を解説している本?ラムスキンのカバーが付いた美しい本が並んでいます蔵書は10万冊その半数が1851年以前のものだそうです奥のフロアには創設者ハンフリー・チェサムの肖像画が織物で財を築いたハンフリーは無教育の救済が貧困を救うという信念の元、この素晴らしい図書館を作ったそうです。貧しい人たちに単にお金を与えるのではなく、教育で自立を支援するという考えは素晴らしいですねこの机はカールマルクスとフリードリッヒエンゲルスが「共産党宣言」を構想、執筆に使用したものです歴史を変えた人たちがここで仕事をしていたのですねそして何よりも驚いたのはここにはJohn Dee博士の直筆の手紙と彼の所蔵していた本が保管されているのですJohn Dee 博士とはエリザベス1世に寵愛されていた霊能者で、占星術師、数学者、科学者でもあります。なぜ彼の資料がここに存在するかというとマンチェスターカレッジの学長をしていたからだそうこれはHPからお借りした写真ですが、予約をすると彼に関する資料を見せてもらえると学芸員さんが言っていましたいつか見てみたいJhon Dee博士の魔法道具は大英博物館に展示してあります過去のブログに写真を載せています⇒こちらからどうぞ当時の印刷機がありました右側のチェストに文字が入っています気の遠くなるような作業工程この時代本は高価で貴重なものでも労力をかけて手で作っている分、味がありいまの何倍も愛着のあるものだったんでしょうね 中世にタイムスリップしたような そんな図書館でしたご訪問ありがとうございます透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP

  • 02Oct
    • 今年一番の笑い サー・ポールとベッカム様

      こんにちは、スピリチュアルヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。[James Corden ザ・レイト・レイト・ショー]今年いちばん笑ってしまったのが下の2つの動画アメリカのテレビ番組・ザ・レイト・レイト・ショーです。司会はJames Cordenポールマッカートニーが出演しているのは“カープールカラオケ”世界中のスターやセレブをゲストに迎えて車内でカラオケをするというコーナーです。この回はイギリス リヴァプールでのドライブ前回のブログに載せたペニーレインのポールのサインはこの中で書かれたものです。後半のJamesの仮装に大笑い 亡くなった母親が夢枕に現れ『It's going to be OK. Just let it be.』と彼に言ったそうです。「母は自分にポジティブな考え方を教えてくれたんだ」話しています。あの名曲 “Let it be”がそうして誕生したなんて驚きですステキな話ですね番組の最後には大きなサプライズがあってこころ温まる演出ですそして・・・もう笑うしかない・・・のがこちらの動画James Cordonとベッカム様が映画007のジェームスボンド役のオーディションを受けるという設定ベッカム様がステキなのはもちろんのこと、Jamesはとってもお茶目でチャーミング彼は今年公開された映画ピーターラビットのピーターの声も担当しています。他の番組のインタビューで超多忙な仕事をこなすコツを聞かれ「先の事を考えるより、今目の前にある仕事に集中することだ」と答えていました。そして、瞑想ではないけれど、一日一回はアイマスクをして気持ちを落ち着けるそうです。これは自分の内側にフォーカスされているということだと思います。今この瞬間に生きる自分の内側にフォーカスする・・・それはまるで悟りへの道特別なスピリチュアルワークをしなくても日常の生活の中でそれに気づいているのですね なんだかとても嬉しい ご訪問ありがとうございます透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト

  • 30Sep
    • リヴァプールのビートルズゆかりの地

      こんにちは、スピリチュアルヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。[ビートルズの聖地巡り]リヴァプール出身の知人がビートルズゆかりの地を案内してくれました。ビートルズは精神世界にも興味をもち、インドのアシュラムを訪れていたそうです。その時代に自分の内側,こころの部分にフォーカスしていたなんて驚きですね。実は私あまりビートルズに詳しくないのです。ベストアルバムに入っている曲しかわからないだから聖地巡りをしながら学びましたまず訪れたのは“Strawberry Fields Forever”の曲のモデルとなった孤児院・ストロベリーフィールド跡その近くにあるジョンレノンの家今はナショナルトラストが管理しているそう父は航海で留守、母親は別の男性と同棲しており、レノンはこの家で伯母と暮らしていましたこちらがポールマッカートニーの家ここもナショナルトラストの管理ですペニーレイン通り今年の6月にポールマッカートニーがあるTVの収録で立ち寄りここにサインをしたのでその後、それを保管するためにカバーがかけられたそうです。(そのTV番組に関しては次のブログでお伝えします)サインは写真右側中央ですジョンとポールが初めて出会ったSt.Peter's ChurchここにはEleanor Eigbyのお墓がありますポールが作曲した“Eleanor Eigby”は架空の人物でポール自身が名前を考えたと言われていますが、この墓地で遊んでいた時に墓石を見てその名前が記憶のどこかにしまわれていたのだといいう説があるそうです。彼らが有名になる前にライブを行っていたCavern Clubの前にはレノンのブロンズがAlbert Dockにある博物館Beatles Story残念ながら時間がなかったので入館はできませんでした川沿いを歩いていくとポート・オブ・リヴァプールビルがありますこのビルと隣のビルの間手前に4人のブロンズ像が彼らの音楽がこれほどまでに世界中の人々から指示されてきたのは美しいメロディは言うまでもなく、普段の日常の中の喜びや悲しみを素直に表現しているからなのではないかと感じました。スピリチュアルティーチャー・アジャシャンティが言っていた言葉「ありきたりの日常が特別なことなんだよ」を思い出しますご訪問ありがとうございました。透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト

  • 27Sep
    • レイキャッスル・ビアトリクスが滞在した屋敷

      こんにちは、ヒーラー・クレアボヤント(透視能力者)の谷岡です。[レイキャッスル]レイキャッスルはイギリス湖水地方のウインダミア湖のほとりにあります。城といっても正式には貴族の館ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターが小さい頃に避暑に出かけた場所。この館のオーナーが夏の間、ポター一家に貸し出していたそうです。夏の間、ウインダミア湖のアンブルサイドピアから船が出ています。バスでもアクセスできますが、バス停からかなり歩くので船がお勧め。この小さい木製の船に乗っていきますここがレイキャッスルの桟橋石造りで趣がありますね船を降りて美しい緑の中を少し歩くと到着正面ホール吹き抜けの天井が美しいこの屋敷は1840年に建築され、今はナショナルトラストが管理しています窓から見える景色が素敵ビアトリクスの小さい頃の写真下の写真は彼女の弟でしょうか彼女の作品が展示してありますこれはキノコに関する本とても小さい本なので拡大鏡がいります館の前にはウインダミア湖の素晴らしい景観が広がっていますここはウインダミアの街の対岸にあるのでとても静かで落ち着きますビアトリクスはこの自然の中でいろんな生き物を観察し、才能を育んでいったのでしょうね湖畔をしばらく歩くとSt.Margaret's Charchへと続くステキな小道がありますまるで緑のトンネルを通っているみたい木々に精霊が宿っていて今にも動き出しそう彼女はこんな素晴らしい自然の中でインスピレーションを得たのですねこれが教会今は使われていませんその先にレイキャッスルの正門がありますイギリスらしい可愛い門ですここは本当に心が落ち着くそして自然の素晴らしさを感じる事の出来る場所でしたご訪問ありがとうございますあなたのこころがいつも愛・平穏とともにありますように・・・透視リーディング&ヒーリングサロン・インナーライト⇒HP