【 body tuning  90分】

《施術前後の写真》

主訴: 左腕が上がらない、後ろに回せない

 
りこちゃん、今日は施術のあと
休ませてくれてありがとう
 
起きようと思ったけど
全然身体が動かなくて
 
休ませてもらってる間、
左の肩〜腕がズキズキして 
何度か眠ったり起きたりを繰り返し
 
『あ、もう大丈夫かも』と思ったとき
ズキズキする痛みがスーッと引いて
やっと起きられました(笑)
 
施術終わったから終わり
じゃなくて、そのあとも『余韻』みたいな
身体の反応が続いていることが
改めて感じました。
 
帰りにもたまに
『ずきーっ』て痛みが走ったりもしました。
 
 
でも、違ったのが下着を下ろす時!
 
背部?臀部側から
下ろそうとすると痛かったので
恐る恐る挑戦したんだけど
 
痛くなかったの🤣🤣
 
まだ一回だけなので、
はっきりわからないけど、
凄いと思った!!!
 
あの微妙なとこ…でも大事なこと!
ありがたかった\(^o^)/
 
 
さっき同じことしたら痛みが出たけど、
もう恐れずゆるゆる動かして行こう!と思った❗️
 
身体の不思議というか、繋がりがわかった❗️
ありがとうございます💖
 

2022年8月6日

(福岡県  看護師 女性)

 

 

ご感想ありがとうございました^^

今回は、腰から上しかできなかったので、
また来週、施術の続きをよろしくお願いしますm(__)m

筋肉が緊張しすぎていると、
早いスピードの動きに筋繊維の伸張がついていけず、
痛みが出ることがあります。

ゆっくり大丈夫な速度や角度を探して
動かしてみてくださいね~♪

今日お伝えしたストレッチも…
併せてよろしくお願いします^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて

今回は
珍しく(笑)施術前後と途中の写真を撮らせていただきました😀

せっかくなので、この記事を読んでおられる方へ
今回、 どう考えて どんなふうに施術したのか
簡単に解説してみたいと思います(笑)

image
➀ 施術前は、背中が反っていて、
脊柱の代償で腕を上げようとしているのがわかります。

② 真ん中の写真は
20分のクラニオバイオで全身を調整した後に
左側のみのパーツにアクセスした後。
(実際には、左側半分の頚部~腰の筋肉の緊張を緩めて、脊柱と肋骨の間の(肋椎)関節や鎖骨と胸骨の間の(胸鎖)関節の動きを出して、身体の前面~腕に着く筋肉を少し触った)

③ 右の写真は 真ん中の写真のあと
反対側…右側のパーツを左と同じ感じで軽く施術した後。


症状としては、「左腕が上がらない、後ろに回せない」
事前に症状を聞いたときは
肩関節周囲炎と考えましたが、

いちばん痛い部分が
最近の「筋肉注射をする付近」だったので、

↑画像はこちらのサイトからお借りしました

 

いわゆる五十肩(肩関節周囲炎)とは

微妙に違うかもしれない と施術し始めてから思いました。

 

 

いわゆる「五十肩」で痛む部位は、

もっと肩関節に近い部分で、

触れられて痛い場所は、 腱や肩甲骨の裏側だったりします。

 

もちろんその付近にも痛みはありましたが

そこが一番痛いわけではなくて…「腕」の部分。

 

もしかすると

最近のお仕事のときの姿勢や状況の影響かもしれないと思って、詳しく聞いてみました。

 

長時間の座って左手で受話器を取って電話応対。

(官公庁コールセンターでの問い合わせ応答業務、残業あり)


▶ 左腕が痛いのは、たぶん受話器を長時間保持してるから
(空中でモノを持ったままそのポジションをキープすると、そのとき使用する筋肉は動かさずに止めてないといけない(同時収縮) そうすると筋肉がポンプの役割を果たせず、筋肉の疲労が早く、血液も滞り、循環が悪くなって、痛みに繋がります)

▶ 腕を空中でキープするためには
胸の筋肉と身体と腕を繋いでる筋肉の両方で支える必要がある。

▶ 上体をブレずに支えるために、腰に負担がかかっている。
しかも長時間座りっぱなしなので、腰がガチガチに緊張して緩まない(笑)

てことで、腰から上を施術しました。
鎖骨周辺や前胸部から上腕まで。


写真をみていただくとわかると思いますが
左側だけ施術したものと、右側も施術したものとで
腕の上がり方が違います。

➀施術前の背中と肩の状態と 
②③の背中と肩の状態の違いも
よかったら、見分けてみてください。

➀は身体全体(特に背中)を使って、腕を上げようとしてくれています。

②→③と、緩む場所が増えるにつれて、
背中の反り(代償運動)が
少しずつ減っているのがわかるかと思います。


痛いから、痛いところが悪い…わけじゃなくて

持ち主に痛みがなるべく出ないよう、
持ち主のやりたいことができるよう

身体は、いろんなところが全体で相互に支え合いながら
動きを出してくれているのがわかると思います。

「痛みが出る」までに、
どれだけたくさんの筋肉が負担をわかちあいながら
助けてくれているか…

そういったことも
一度、ゆっくり考えてもらえたら、嬉しいです^^
そして
動きたいように動いてくれるご自身の身体をねぎらいながら、
身体のシステムに感謝してもらえたら更にうれしいです。

身体の細胞も 身体のシステムも 
持ち主のために 黙々とけなげに動いてくれる
愛おしい存在だと 思えてきませんか?
 

 Rico