インナーチャイルドセラピー❤

インナーチャイルドセラピー❤

心の傷を癒して輝く自分になろう!

☆゚・*:.。゚*☆゚・*:.。今こそチャンスです!。.:*・゚☆*゚。.:*・゚☆
        この道20年、私を試してみてください。
  これまで、たくさんの人と心を癒す共同作業をしてきました。
人生を変えた仲間が大勢います。あなたもその一人になりませんか?
   面談 2:30 21,600円(税込み)  口頭 2:30 18,900円(税込み)
    連絡先 lucky4ublajp.com (@) 0466-54-7445


テーマ:

生き残った兵士たちを監禁… ミッドウェー海戦大惨敗を隠すために国がしたこと 

AERAより部分抜粋 全文はリンク先へ

 

『96歳 元海軍兵の「遺言」』の著者であり、戦争体験の語り部活動を続けている大阪市の瀧本邦慶さん(96)は、1941(昭和16)年11月、千島列島の海にうかぶ航空母艦「飛龍」の中で20歳の誕生日をむかえた。そのまま約2週間後のハワイ・真珠湾攻撃に向かい、翌42年6月のミッドウェー海戦にも身を投じた。敗戦の知らせを聞いたのは、「餓死の5分前」まで追いつめられた南太平洋の小さな島でだった……。

 

■17~23歳、青春時代=戦争  瀧本さんは、1921年11月23日、香川県の農村でうまれた。そして17歳の初夏、海軍を志す。20歳の徴兵検査まで待たなかったのは、「大きくなったら兵隊さんになる。お国のために死ぬ。それこそ男子最高の名誉である」と信じていたからだ。それが当時の常識でもあった。両親も、学校の先生も、地域の人も上から下までそう思っていた。「これはおかしい」と疑問を感じるきっかけなどなかった。心の奥底はいず知らず、みんながみんな同じことを考え、同じ方向をめざしていた。子どもの戦死を親が言祝(ことほ)ぐ時代だった。

 

■監禁、そして死地へ  大惨敗のミッドウェー海戦から帰ってきた瀧本さんを待っていたのは、病棟への監禁だった。

 

「なんでやと。罪人あつかいやないか。俺ら、そんな悪いことした覚えはないわ。そう思とりますやん。こんなばかな話はないと腹がたちました」  理由は新聞報道で知った。「我が方の損害」として空母1隻喪失、同1隻大破という大本営発表が書かれていた。 

 

「びっくりですわ。大本営はこんな大うそをついておるのかと。こっちはそこに行っとったわけやから。この目で見とったわけやから。虎の子の4隻をたった1日で失ったことを知っておるわけですから」

 

事実を漏らされないようにと監禁されたに違いなかった。  

 

それから送りこまれたトラック諸島では、戦友や部下が次々と餓死していった。 「やせてやせて、本当に骨と皮になって、ほんで死んでいくんですよ。人間の姿ではありません」

 

それまで上官から繰りかえし聞かされたのは「貴様ら、よく聞け。いったん戦地に行ったら階級の上下は関係なしに一緒に死ぬんやぞ」ということだった。  

 

嘘だった。  戦後73年となる今も瀧本さんが声に怒気と殺気を込めて語るのは、やはりトラック諸島でのできごとだ。  木の葉を海水で煮て食らうしかない日々。餓死していく下っぱ兵たちを尻目に、非常用の備蓄食糧に手を出して食べている上官たち。どうにも我慢ならなくて瀧本さんは分隊長に食糧の開放を願いでる。

 

 「一発でことわられました」

 

 

われわれ下っぱが草を食って命をつないでいるときに、士官どもは銀飯を食べとるんですよ。銀飯ですよ、銀飯。こっちは草くうとるんや」  

 

みずからにも餓死が迫りくる中、瀧本さんはこう考えるしかなかった。 

 

「こんなね、南のね、ちっぽけな島で骨と皮になってね、のたれ死んでね、

ヤシの木の肥やしになるだけなんて、こんな死にかたは納得できない」 

「ここで死ぬことがなんで国のためか。こんなばかな話があるか。

こんな死にかたがあるか。何が国のためじゃ。

 

なんぼ戦争じゃいうても、こんな死にかたに得心できるか。

敵と戦こうて死ぬならわかる。のたれ死にのどこが国のためか」 

 

(朝日新聞大阪社会部・下地毅)

 

*AERAより部分抜粋 全文はリンク先へ

 

 

 

----------------------------------------

お国の為に、敵と戦って勝つ事で己に誇りを持てる

例え死んでも、お国の為にと戦い死ぬのは己に誇りを持てる

 

人が誇りというものをどれだけ必要としているか?

誇りがどれだけ大事か分かって頂けますか?

 

乳幼児は自立不能 全てお世話にならなきゃいけない

それは本人のせいではない

全ての人が通る成長段階

この時に尊厳が傷ついてしまうと

 

こうして尊厳復興をもとめてなんだってしてしまうようになる。

正しい判断が出来なくなる。

 

肉体よりも大事な もの

自分自身を・・・

誇れること

愛する値があると感じられること

大事にしたいと思えること

 

たったの六年正しいだけで

しなくていい苦労をしなくて良くなる 過去を癒しましょうね!人生変わりますよ♪

 

-------------------------------------------

自立不能な人の介助・援助につくと

その介助者自身も自立不能という弱者になる

これは誰にでもわかる簡単な事実

その事実に気付かせないように

上の話しの様に

意図的or無自覚かは定かではないが

はぐらかされている。。。。

大勢の人が気付けないでいる。。。。

 

親なら神様と同じだ

このセリフを言うことで得している人って誰だろう?

こうした考え方をすると 違った側面が見えて来ますよ♫

 

国はしなければならない様々なサポート分を

どのポケットに入れているんだろう?

してない事でウワズミが出ていると思うのだけど?

社会には還元されていないと私は感じているのだけど

 

六年間、親が快適に過ごせるように社会に「親とは」を周知させること

実質的なサポートが得られるようにする事

もやもやもやもやもやもやもやもやもやもや

 

せめて知識の普及だけでも虹虹虹虹虹虹

独りでも良いので役立てて下さいね!晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ

 

 

 

 


テーマ:

介護施設で

 

職員から暴力的な声で名を呼ばれる

力づくで肢体を動かされる

 

老人も職員も大人だ

決して子供ではない

でも、双方の中に傷ついたままのインナーチャイルドが居て

その子供達同士が 

互いに「オレの」 「あたちの」尊厳を尊重しろ!と張り合い傷つけあっている

お互いに【過ちの思い】思い込みから動いている。

 

 

老人

1 嫌な事を強要しようとしている

言いなりになんてなるものか

かつての様に思い通りに動けなくったって、ぼけていたって、尊厳はあるんだ!

言うことなんて聞かないぞ!尊厳があるって事を知らしめてやる!

(食事・入浴・排泄←これらは決められた時間内にスムーズに終わらせないといけない)

 

職員

2 わざと私に嫌な思いをさせようとしている

意地の悪い老人め!そんな奴にはこうしてやる!!

 

毎日、こうしてどちらも疲れ果てている。

 

老人も子供も

介護者(親や職員)を困らせてやろうなんて気持ちは一ミクロもない

ただ、自分を思うように動かせないだけ

子供は、

野生の本能からの指令で様々な物に好奇心を焚きつけられ

生まれ落ちた環境を自己学習するようにデザインされている。

親は、本能という最高の教師に子供の事は任せて楽をすればいいのに

やれ、遅刻するだ、一度に洗いものを片付けてしまいたいだと追い立てる。

 

老人は、

肢体の劣化で自分の大きな体を自分の思い通りに動かせない

肩が上がらなくて服の袖に腕を思うように通せない

食事をボロボロとこぼしてしまう

飲み物をこぼしてしまう

入浴はひどく体力を消耗するので、出来れば入りたくない

着たり脱いだりするだけでも疲れる 

その上 

職員のタイミングでシャワーを浴びせられ

浴槽に押し込められ 

その都度が恐怖体験

 

当然嫌だと上手く発語できなくても 残された色んな機能を使ってアピールしている

職員はそれを私に歯向かおって言うの!生意気よ!

せっかくこんなに優しくしてやっているのに!!!

私からの優しさを仇にするの!

世話になっているんだから言う通りにしなさい!と言わんばかり

 

攻撃的な声で名を呼び、優しいセリフに怒気を込めて発語する

口元は笑いをつくり、目では殺意を込めて睨みを効かせている

私は、その声を聞くのが本当に嫌で耳栓をしていたい

私はその殺意に満ちた目を見るのが嫌で目を閉じていたい

 

老人はここで負けたら私の尊厳が傷ついてしまうとばかり

肉体をどんなに強く無理やりに動かされようと抵抗し続ける

 

結局、最終的には【守るべき時間】は大幅に食われてしまう。

双方ともに傷つき疲れ果てている。

 

傷つき閉ざした心を、また素直な開いた気持ちにさせるには時間がかかる

わざと職員が嫌がる事をする事にずっと大らかな気持ちで付き添い続け

しっかりと甘やかせてやらないと、しかも子供と一緒っでウソだと見破るので

可哀そうな人達、子供時代の養育のされ方に問題があっただけなのに・・・

人格や性格だと信じ込まれている。。。。

 

子育てと全く一緒でしょ?

私にはまったく同じに見える。

 

 

私はいつも、語り掛け方や接し方を知っているので

強要はせず

相手の心理を何度も発語して理解しているということを伝え

相手の意思に沿って出来ない事をサポートするようにしている

一見、時間はかかるように見えるが最終的には

お互いに疲労もしないし、対立して張り合っているよりも時間も早く済む

こうした優しさ、相手を理解できるが故

これ(尊厳に対する尊重)を体験して来ていない職員は私に

「そんなことをしていると時間がかかるでしょ!」と

厳しく接せなければならない正当性を攻撃的に伝えて来る

 

接し方:袖を抜くの大変なのよね、もう体硬くて思うように動かないからねぇ

良いですよ、時間かかってもゆっくり抜きましょう、焦らなくても大丈夫、私なら平気ですよ

すみませんねぇ、

良いんですよ、私だってもう腕上がらないですから!だから分かりますよっ(笑)

そんなとこしていたら時間がかかるでしょ!(怒)

そんな時はこうするのよ!むぎゅっと無理やり袖を引っぱり上げる

悲しそうな目で何も言わずに私を見つめて来る老人

胸が痛い、泣きたいくらい 老人と目で会話する

 

流石に勤務歴の長い管理者クラスにはそうした人はいない

体験と様々なレクチャーに参加して勉強を積んでいるだけの事はある

 

管理者から言われた一言が印象的だった

「笑い声が聞こえた」

私が排泄介助中の老人の部屋で大笑いをしていたから

その時私は「あっ!いっけない、仕事なのに、、、ついついいつもみたいに笑っちゃった!」

って反省して、仕事場なのに笑ったりしてすみません。って謝ったら

 

ここで笑い声を聞いたのは何年ぶりかしら

良いのよ、もっと笑って。って涙目で言われた

その意味は後日、知る事になったのだけど

 

 

時間厳守と尊厳 どっちが大事なんだろう

管理者は尊厳重視派なのでスケジュールはその都度、老人次第

でも、問題が起こった事なんて一度もない(笑)

 

 

12の思い込みが作られていない人

比較的その度合いが低い人は

意地(尊厳厳守!)の張り合いにならない

人間関係がスムーズに循環している

バツレッド人は悪意を持つ悪い存在だバツレッド12

なんて、自分を苦しめ傷つけるだけのそんな信念を抱かされていないから

無防備で無抵抗でか弱く未知の世界ゆえに不慣れで知らない事だらけ

親にも関わらず、そんな人間を攻撃して来る地球って!地球人って!なんて・・・・・

これは、自己防衛力のない幼少時に「被害者意識が癒されていない親」によって抱かされている

 

また

親は子供の面倒を看るということで自立性を奪われている弱者

その弱者が世間から【親のくせにと無鉄砲に神のような完璧を求められる】という被害にさらされ

そうした背景(無茶な世間)を理解できずに「このガキが私の言うことさえ聞けばいいのよ!」と

加害者を見間違う事によって起こっている。

加害者は立場的弱者に対して理解をしようとしない社会。

 

抵抗ではなく、抵抗による更なる危害を恐れて

言いなりになっている人は

介護施設ではなく、病気で病院にいる

 

乳幼時に親や養育者からどんな扱いを受けたか?

それが一生を左右する

 

 

施設体験は今月いっぱいで終わり

立場を伏せての潜入学習(管理者さんからは了解のもと)

色んな大事な事を再確認させて頂けました。

素晴らしい管理者さんと熟練スタッフさんに出会えたことは本当に感謝しています。

大事なのは時間より人の尊厳!同じ価値観の人との出会いは大きいです!

 

 

 


テーマ:

信念は

体験から

生れている。

 

痛い思い

辛い思い

悲しい思い

苦しい思い

腹立たしい思い

 

こうした思いが解決されなかった時

慰められたり 癒されたり しなかった時

これらの思いに苦しめ続けられるのが嫌で

 

~だったからだ 自己否定的 解釈

~だからだ 攻撃的 解釈

~だからだ 絶望的 解釈

 

再三繰り返された嫌な体験は

その痛みに晒される危険から自分を守るために

痛みから自分を遠ざける為の信念を生み出す

 

愛なんて存在しない

私はどうせ愛してもらえない

ひどい目に遭うのは仕方がない

 

こうした人の足かせになる信念を解消する事は簡単なのに・・・ 

自分の信念を手放したくないがために 

 

信念・・それは・・これまでずっと共に生きていた大事な話し相手

辛い時、孤独な時、苦しい時

一番お世話になった人

あなたを正当化したり、守ったりしてくれた人

認めたくない事から遠のかさせてくれた人

 

でも、そのために真実に触れられない

いつも虚像の中に抑留させられる

物事が信念によって着色されてしまう

 

本当の自分

本当の相手と

本当の関わりがもてない

いつも着色されたドラマに生きている。

 

相手はきっとこう思っているに違いない

相手は~な人間で~しようとしている(恐れや不信からの着色)

 

 

信念には長年お世話になっているけど

そろそろ、お別れの時かな?

 

真実だけあればいい

信念に彩られたドラマは要らない

その為には感情の正しい扱い方を身に付けないとね

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス