またぞおろ

無駄遣いしたげましたのです。

 

わがことながら呆れ果ててしまいますが、まあしゃあない。

 

『道楽』とはそういうモンなんやし。

 

ええっと、これなんですけどね。

 

 

『choistick(チョイスティック) グリーンアップルメンソール』

 

国産VAPEリキッドの雄、BI-SOはんが、こたび市場に投入なさった、カートリッジ交換式電子タバコです。

 

バッテリーと、カートリッジ一個、USB充電器のセットや。

 

購入店はドン・キホーテで、価格は税込み一千五百円くらいでした。

 

発売されたばかりなので、どこともおんなしぐらいの値段で取り扱うてまして、「こないなモンのために、わざわざでかけるのも業腹じゃ。通販でいてもたろ」ちゅうて、下手に楽天市場なんぞで購入いたしますと、送料分割高になったりしますので、注意がひっちょでっせ。

 

ところでまあ、かかるカートリッジ交換式VAPEまがい(もしくはタバコまがい)の製品は、以前よりいくつか出ておりまして、さすがのワタイも相手にせなんだのですが(じぇじぇこがいくらあっても足らん)、今回、リキッドメーカーのBI-SOはんが、吸入器まで手をしろげはったちゅうことで、こらあ、ご祝儀として購入せなどんならん思いましたの。

 

まあ、値段も安いし、実は、これはあれやしね。

 

「“これはあれ”ってなに?」

 

そんなんわかっとうやろ。このチョイス・テクテキの正体は、

 

『フレーバーカートリッジがオマケでついた、プルームテックの互換バッテリー』

 

なんや。

 

「互換バッテリー、一本いっとく?」ちゅやっちゃ。

 

ただいま、プルームテックのカートリッジ(の開封した奴)が手元にないので、プルームテックのバッテリーに、チョイテキのカートリッジつけてみましたが、逆もまた真なりちゅやっちゃナ。

 

 

さて、味はどやさかしら。

 

ううむぅ。

 

めえっちゃ薄いワ。

 

ほんのり味のついた空気吸うとうみたいやワ。

 

BI-SOはんが誇る人気リキッド『グリーンアップルメンソール』の名ぁに傷つきまっせちゅうレベルやワ。

 

 

まあ、こなして吸い口ンとこのキャップが簡単に外れるさかい、ころあいみてニコチンベース液を注射したげまひょかナ。

 

やっぱリキッドですナ。

しかしながら、ワタイのバヤイ、リキッドのレビューてな恐れ多いこと、イッセツ考えてまへんのや。

なぜなれば、そもそもレビューできるほど種類を吸引してないからやね。

その上、ニコチンベース液を混ぜりこちゃんちゃこしてまうさかい、リキッド本来の味なんぞ、さぁっぱ分からんのです。

かかる状況ではレビューなんぞ不可能やろ。

ただこのリキッドだけは、どうしてもみなさんにご紹介しとかんなん思いまして、こなして出張ってきた次第なんです。

それがこれですのや。



『HILIQ タバコゴールド』

30㎖で、一千四百円ぐらいやったと思います。

HILIQは、ご案内のとおり中国のリキッドメーカーでございまして、ニコリキ購入目的で多くのしとが利用する、まさに有名どころなのですが、このタバコゴールドは、プレミアムリキッドの名のもと、日本国内限定販売ですのや。

なんでそないなシステムになっとうかは、よう知りまへんけど。

日本国内限定販売ですので、当然ニコチンは混入してまへん。

実はこのリキッド、めちゃくちゃ評判が高うて、ずうっと気になってたんです。

「こほりゃ美味い。再現度バツグンや」

ちゅうてね。

そもそもワタイのバヤイ、「VAPPEのリキッドで、燃焼系煙草の味が再現できるはずないワ。その証拠に、これまで吸うてきた煙草味を謳うリキッドが煙草味やった試しあれへんよって。よしんば再現でけたとして、そのリキッドにはホンマモンのニコチンとタールが入っとうに相違ごんざりまへん」と信じてまっさかいね。

そない思いつつ、おっかなびっくしこの『タバコ・ゴルテキ』を吸引したワタイは、あまりの衝撃に、その場で二メートルほど飛び上がり、いっきょい余って、てんじょ板に激突してしまいましたのや。

ああ痛かった。

「じじじじ実装者はん、そそそそそないに、煙草味のささささ再現度が高かったんでっか? わわわわワイも買お。いやちょっと待って、その前にVAPE本体買わなどんならん!」

ちょっと落ち着きなはれ、あんた。

実は、燃焼系煙草の再現度については、ちょっとも高いことおまへん。

ヴァージニア葉の甘味とか、バーレイ葉のほろ苦さ及び喉チンポキックとか、オリエント葉の金属的酸味とか、暗黒煙草の破壊的甘味とか、イッセツあらへんが。

ところがですナ。

ここがポイントなんですけれども、

「『ハーフスワレ』としての再現度がチョー高い」

のや。

『DRUM』に代表されるところの阿蘭陀系シャグに欠かせない、ダークケンタッキーキャベンディッシュ味ですナ。

ホンマ、ビッツラしてしまいました。

当然ニコチンベース液を添加し、リアル煙草に近い形状の機種でいただかんと、ひつれいに当たる逸品とゆえまひょうな。


 

ちょっと、

テーマ:

VAPEから離れたこと書いてよろしか?

写真の撮りよがへたっぴで、まことに申し訳ないんですけれども、まずはこれをご覧いただきたいのです。


『KENTネオスティック・シトラスフレッシュ』

ニ十本入り、四百二十円。

こんなこた、わざわざ説明せえでもええと思うんですけど、『KENT』『KOOL』を擁するブリティッシュ・アメリカン・タバテキが、iQOSの牙城を崩すべく投入した加熱式電子煙草glo用のやっちゃね。

実はこれ、ワタイの大のお気に入りなのや。

最初これを吸うたときは、おろしたての芳香剤が香る厠にて、おもっきし深呼吸したみたいな味で、たいそうおのろきましたけど、慣れてくると癖になるねんナ。

多くて一日二本の消費量で、何日も吸わんこともおますけど、のうなりそうになったら必ず補充しておいて、切らさんよう注意してます。

そもそもワタイのバヤイ『シトラス味』が好きなんやね。

一時期愛用していたスヌースの『ON』も、リピートしたのはシトラス味だけやしね。

さて。燃焼系煙草に目を遣りますと、不思議なことにシトラス味のやつはおまへんナ。

紙巻シガレットは無論のこと、あいだけさまざまなフレーバーのバリエーションがあるシャグ煙草でも、とんと見かけまへん。

潰しカプセル系シガレットには存在するみたいなんですけど、なんかインチキくさいデ。煙草葉に直接味がついとうワケやないさかい。

と。思うておりましたれば、しとおつ発見しましたんでっしぇ。


『KENTシトリックメンソールワン100』

ロングサイズ二十本入り、四百二十円。

T1mg、N0.1mgちゅうスペックです。

なんか、この日誌でシガレットのTN値を報告するのなんぞ、ごぉっつ久しぶりですけども。

喜んで、ころこんで買うてきましたのですが、実際に吸うてみますと、??? でしたナ。

確かにシトラスの風味はあるんですが、めっさ遠方で、かすかぁに感じる程度なんですワ。

しかも、タール1mgなんで、非常にボケた喫味になってしもてます。

なるほど、名前の通り『シトラス・メンソール』やのうて、『シトリック(シトラス風の)・メンソール』やからね。

グローの『シトラスフレッシュ』のほうが、シトラスビンビンで、パンチ力もあって、美味いですワ。

味で電子煙草に負けとったら、どんならへん。

 

三日も日誌をつけるとは思いまへなんだですワ。

絶頂期のワタイなれば(なんの絶頂期?)、三回にわけいでも、どびゃぁっと書いてしまうボリュームなんですけれど、最近とんと長い文章が書けんようになってしまいましてナ。

「長いこと日誌をサボるさかい、そうなんねん」

とらとや。

せや。『とらとや』で電撃的に思い出したんですが、桂春之助はんが、上方落語の大名跡、四代目『桂春団治』を襲名なさいましたナ。

ワタイのじんせにとって、なあんの関係もおまへんが、とりあえずめでたいこって。

『笑福亭松鶴』は誰が継ぐのかなあ。ワタイが生きてる間は無理かもしれまへんね。

 

いろいろと、やいこし大人の事情がありますよって。

せめて、『桂りょうば』(桂枝雀の長男)はんが、精進に精進を重ねて、みんごと三代目『桂枝雀』を襲名するとこ見て死にたいですワ。

もしかして師匠の『ざこば』を継ぐのんとちゃうやろな? 

 

それだけはやめてほしナ。ドラマにならへんが。

あれ。なんの話?

せや。

『PULSE POD SYSTEM』の話をしてたんやね。

ネットのレビューなんぞを読みますと、ぶっちゃけネガチブなものばかりでしてナ。

「ミストと味の出かたは、今まで使用してきた機種の中で最低や」

 

と断言しはるしともいたはりましたので、実際あんまし期待してへなんだのです。

期待してへなんだよって、一千五百七十円まで値下がりするのを待ってたんですけどナ。

で。実際使うてみてどうやったのか。

結論から申し上げますと、わりかた気に入りました。

気に入ったさかい、三回連載になったんです。


確かにミストと味は申し訳程度ですが、ワタイが所持しておりますシガレット型やペン型のやつと同レベルには達してます。

すけのうても、TRUEシガレットサイズの『X-TC3』には圧勝ですワ。

ヘタしたら、純正プルームテックよか、ミスト量は多いのとちがいますか。

 

純正プルームテックなんぞ、長い間吸うてへんねんけどね。

 

バッテリーなんぞ、とおに干上がってもとうしね。
 

ただし、他のペン型シガレット型同様、評価はニコリキ吸引が前提でナ。

普通にノンニコリキッドで、味とミストを楽しむ目的でこの『PULSE POD SYSTEM』を買うてしまいますと、じべたに叩きつけたくなる衝動に駆られることでごんざりましょう。

タンクが樹脂製なので、入れられるリキッドが制限されますし。

一般的に樹脂製タンクには、メンソール及び柑橘系リキッドはNGとされとります。

 

なぜなら、酸で樹脂が腐食され、最期にはしびがはいってしもたりするさかいや。

ワタイのバヤイ、これを入れて楽しんでおりまっしぇ。



『HILIQ Camel Nico22mg』

キャメルの味はイッセツしまへんが、不思議にフルーティーで、ワタイは好きです。

もしかして、『PULSE POD SYSTEM』が気に入ったのやのうて、このリキッドが気に入ったのかもしれまへんナ。
 

いや、そうやあろまい。

 

『PULSE POD SYSTEM』で、『HILIQ Camel Nico22mg』を吸うという行為

 

が、ニコイチで気に入ったんですワ、多分。

 

ちゅうことですわナ。

Google翻訳先生にたんねてみますと、『POD』とは『莢』であると。そゆことらしいです。

『莢』てなに?

あんまし日常生活に登場してくる漢字やおまへんけども、とある熟語で見たことおますナ。

『薬莢(やっきょう)』

ようするに、ぺすとるの弾をズキュバーンと発射した後に残るやつですワ。

同義語は『殻』です。ほたら最初から『殻』て書いといてぇナ。

『PULSE POD SYSTEM』における『殻』は、これです。



コイルとリキッドタンクが一体化したもので、一般的には『アトマイザー』と呼称されるものが、このパルテキでは『POD』なんです。

このポッテキがまた、リキッドチャージしにくうて敵わんのや。

まず黒いマウスピースを外して、次に赤いゴム栓を外して、やっとのことでリキッドチャージが可能になります。





しかも口が小さいので、スポイト式やと注入不可能なので(できやんことないけど、そこらじゅうリキッドまみれになる)、いっぺんニードルボトルかユニコーンボトルに移すひっちょがおまんナ。

まあ、リキッド消費量が極端にすけないので(三十回吸引で、AspireK4の一パフぐらい。まあ、AspireK4の燃費が悪すぎるちゅうのもおまんにゃが)、そうさいさいチャージすることないんですけど、やっぱし、やりやすいに越したことないナ。

このパルテキによう似たコンセプトの商品に『MyJET』ちゅうのがあるんですが、テキは、リキッドを注入して、コイルユニットをば、ガチャリンコと嵌め込んだが最期、二度と抜けん仕様になってるみたいです。

要は、

「満タンに注入したリキッドがのうなったら、ビンボくさいこと考えんと、ポッドなり交換しなはれ」

ちゅことでなんですが、このパルテキも同様のスタンスぽいです。

その割には、パルテキにしろ前出の『MyJET』にしろ、『リウィッキング(コットン交換)』可能な構造になってたりするんやデ。

『どないやねん?』


ちゅやっちゃ。


まあワタイの場合、老眼がかなり進行しとうので、リウィッキングなどという、せせこましい作業はようせんですけど。

いま使うてるPODと、オマケでついとうPODが両方逝ってしもたら、多分この機器は、VAPE墓場直行になるんとちゃいますかナア。

とにかく交換用PODが高いさかいね。一個ごしゃくえんぐらいしまっさかいね。

しかも、本体PODとも、取り扱うお店がどんどん減っとうからね。

早晩市場から姿を消してしまいまっしゃろナア。

したがって、今からこのパルテキを購入するやつは、とことんあほでっせ。

いっぺん顔が見てみたいワほんま。

あ! ワタイや。