即効果の出せるリフレクソロジスト養成教室 青山・横浜

即効果の出せるリフレクソロジスト養成教室 青山・横浜

足ツボ、リフレクソロジー、フットセラピーなど様々な名で世界中で役立てられている療法を完全マンツーマンスクールであなたも学びませんか?


テーマ:

リレクソロジーは自分自身にもできるとても便利な療法。


でも、


自分に対してとなると、なかなか億劫でやる気にならない。


そんな方、


そんな方には、これがおすすめです。


写真のように、


自分の手を使って足を反らせる、


足を丸める。


たったこれだけです。


2〜3回繰り返すのみでOK!



背中を反らせて寝そべる健康器具が、最近では公園などでもよく見かけます。


やってみると気持ちいいんですよね。


リフレクソロジーの理論上、あれと同じ効果があるといっても過言ではないでしょう。


簡単にできるし、やってみると気持ちいいですよ。


ぜひ、お試しください。


テーマ:

すでにお気づきの方もおられるかもしれませんが、最近、ホームページのデザイン変更をしました。


季節の移り変わりと共に、ホームページも一新という感じですね。


パソコン版、モバイル版共にロゴマークが際立つデザインになりました。


このロゴマークに関しては、以前ここでも話題にあげましたが、まだ書いていなかった事があります。


それは、下部の「SINCE 2009 LONDON」という表記に関して。


2009年は、私がセラピストとして正式に独立した年であり、


リフレクソロジーを軸とした、私独自の整体が誕生した年であり、


また、妻と出会った年でもありました。


そして、これらの事は全てイギリスロンドンで起こりました。


この年がなければ今の自分はないと言っても過言ではない位、とても重要な年でした。


何故、この年私がロンドンにいたかについては長くなりそうなので今回は省きます。

(ホームページのどこかで書いています。)


正式にはSince 2009 in Londonとなるでしょうか。


ちょっと長ったらしかな?と思い、シンプルにSINCE 2009 LONDONとしました。


この年、この場所をこれからも大事にしていきたいと思います。


テーマ:
たとえばギターを弾く場合、


手首の角度、指の位置数ミリの違いで音は全然変わってきます。



これはリフレクソロジーにも共通する事。


音ではなく、受ける側の心地よさ、効き方、


それらがほんのわずかな事の違いで全く変わってます。


たとえば、


こちらと、

こちら。


違いは何でしょう?





テーマ:

レッスンの中で、初級コースでは豆知識的に、上級コースではもう少し掘り下げてとりあげる事のある陰陽五行説。


今回はこの陰陽五行説に絡めてロックセラピー記事を書いていこうと思います。


日本のロック界でいえば、これほど陰と陽の時の差が激しいバンドもいないのではないでしょうか。


X JAPAN


今では世界的成功を収め、音楽番組だけでなくバラエティー番組などでも度々目にするX。


陽の時が続いていて、中学生の時からのファンの私も嬉しい限りです。


高校生の時に友達と東京ドームライブを見に行ったのがもう20年も前の話。


今でもメンバーの見た目が当時のほとんど変わらないのが驚きです。


やはり若さを維持するのはロックを続けているのが一番でしょうか。


そんなXも、今の陽の時に辿り着くまでの間、沢山の陰の時も過ごしてきました。


リーダーYOSHIKIの頚椎手術、HIDE、TAIJIの死、TOSHIの洗脳などなど。


これだけ陰陽がはっきりしているバンドでありながら、メンバーそれぞれを五行にもあてはめやすいと思ったので、その辺を書きたいと思います。


世の中の万物が木、火、土、金、水から成り立つとされる五行説。


リーダーのYOSHIKIは、この中で火に当てはまるのではないでしょうか。


きらびやかに燃え盛る火の他に、YOSHIKIを象徴するものはないと言っても過言ではないと思います。


しかし、穏やかに燃える火は綺麗でも、燃え過ぎた火は危険をともないます。


それを抑制させる存在は、言うまでもなく水です。


Xのメンバーの中で、この水に当てはまるのはPATA。あるいは亡くなったHIDEではないかと私は思っています。


水は川となり、地球が作った溝の形に沿って、時として穏やかに、時として激しく流れます。その様はまるで、YOSHIKIが作ったXの形に沿って、時として穏やかに、時として激しく奏でるギターの旋律のよう。


そして、火が燃えすぎていればそれを小さくするのも水です。


まさにそれは、キレやすいYOSHIKIを年長のHIDEあるいは常に冷静なPATAがなだめる姿のようです。


では、TOSHIは何に当てはまるのか。


私が思うに土ではないかと。


火は燃えた後、灰となり、土となるという考えから、火は土の親という存在です。


親である火のYOSHIKIがその才能を引き出し、ロックスターとしての土のTOSHIをこの世に生み出した。


しかし、土というのは周りからの影響を受けやすいものです。  


水に濡れて泥になったり、風で遠くに飛ばされたり・・・


この辺はまさに、他人からの影響を強く受け過ぎて洗脳されてしまったTOSHIそのものですね。


いかがですか?


こうやって人を五行に当てはめると面白いものです。


もっと掘り下げると、それぞれがどの臓器に負担をかけやすいタイプかなんてこともわかって面白いですよ。


さて、今回取り上げなかったTAIJI、HEATH、SUGIZO。



この記事を読んでいる方の中のX好きの方、あなたなら、彼らを木、火、土、金、水のどれに当てはめますか?


テーマ:

ホームページのアクセス解析を見ていると、最近アクセスが目立つあるページがあります。

 

それがこちら ↓

 

リフレクソロジー問題集

 

 

リフレクソロジーに関する知識を、クイズ形式で掲載しているページです。

 

 

例えば、こんな問題 ↓

 

下の写真のピンク色部分は(   )の反射区です。

 

 

   



















答えが気になる方は、

 

 

解答集

 

 

の中から探してみてください。

 

 

少しでも楽しんでいただけましたら幸いです


テーマ:

リフレクソロジーを手軽に学べて、ウクレレまで演奏できるようになりますよ!


今回は、音楽セラピーコースのご案内です。


このコースでは、誰もが手軽にスタートしやすい楽器であるウクレレを使い、演奏を通じて手の反射区刺激、脳のトレーニング、メンタルケアなどを行います。


リフレクソロジー専門校のノウハウを活かしたオリジナルのウクレレレッスンです。


特に生徒様からのリクエストがなければ、課題曲は誕生日の定番曲である「ハッピーバースデートゥーユー」です。


歌は歌わずにウクレレでメロディーと伴奏を同時に弾くウクレレソロという奏法をベースにした、弊校オリジナルのリフレクソロジー奏法をマスターしていただけます。


ご家族、ご友人や大事な方の誕生日に、ハッピーバースデーの生演奏は一生使える特技になりますよ!


受講していただいた方からの声をご紹介します。


「面白かったし楽しかったです!!今日教えていただいたハッピーバースデーの曲を弾けるようになりたいと思いました!!
リフレッシュできました。また教えてください〜!」


「とても楽しく受けられました。中学以来の事でしたが、また、受けてみたい、続けたいと思いました。」


詳細はこちらの専用ページまで


テーマ:

前回記事の続きです。


この業界に興味を抱き、最初にレッスンを受けたのは大手スクールのメイン、30万円のコースでした。


スクールは一箇所だけでなく、複数の地域にあり、先生も沢山います。


意外だったのは、生徒の数でした。


何十人かが一斉に授業に参加している絵を想像していましたが、平均すると5〜6人でしょうか。

少ない日は私含め2人という日もありました。


1コマ90分のレッスンがコースごとに違う内容で用意されていて、各コマを順不同で受けていき、規定のコマ数が終われば最後にテストを受ける。


そして、合格すれば卒業というシステムでした。


技術練習では、生徒同士がペアになってそれぞれを順番に施術し合う。


先生はその様子を目で確認してたまにアドバイスなどをいれるという感じで進んでいました。


生徒同士で仲良くなったり、色々な先生からの話が聞けたり。


スクール生活自体も楽しみたいという方にはおすすめのスタイルのスクールかもしれませんね。


教室の周りにも楽しめるスポットが沢山あったので、通学もあまり苦になりませんでした。



肝心な知識と技術に関してはですが、基礎的な部分はよく学べたような気がします。


それまで知らなかったこの業界のシステム、法律なども学べました。


ただ、卒業後にそのままこの業界に就職しようという気には私の場合どうしてもなれなかったので、また別のスクールを探し入学することにしました。


そのスクールのことに関してもまた気が向いたら書きたいと思います。  



このブログには、この業界に興味がある方、スクールを探している方、就職先を探している方などがこられるケースが多いと思います。


私自身の経験を綴ることで少しでも参考になれましたら幸いです。






テーマ:
私がこの業界に興味を抱き、まずはスクール探しに明け暮れていた時、探す方法はやはりネット検索でした。


授業料、スクール環境、アクセス、信頼度、学べる内容などなど、色々な面を吟味して最終的にあるスクールに落ち着きました。


あるスクールとは、


スクールだけでなくサロンも数十店舗経営する大手。


スクールが母体なのか、サロンが母体なのか・・


とにかくやり手の企業が経営する大きなスクールという印象でした。



ホームページには、多くの先生がいる事、多くのコースがある事、教室の設備が整っていること、そして、授業料に関する詳しい内容が載っていました。


他のスクールとの授業料を比較したページがわかりやすく、自分のところがいかにコスパが良いかをしっかりアピールしてましたね。


具体的なコース名を出すとどのスクールかだいたい検討がついてしまうので省きますが、


私は多くあるコースの中からおそらくメインと思われる、あるコースを選びました。


そのコースの額が、


30万円(税抜)


さて、30万円のその内容はどうだったのか・・・



次回詳しく書いていこうと思います。


テーマ:

青山教室13階の窓から見える景色。

無数のビルとその中にいる無数の人間。

 

ビルに様々な形があるように、人間にも様々な形があります。

 

指の形一つを見ても千差万別。

 

リフレクソロジーのテキストでは、私がこれまでに試してきた様々なやり方の中から厳選したものを載せていますが、これはあくまで一例。

 

生徒さんそれぞれの手の大きさ、指の形によってもその人に合ったやり方をご提案することもよくあります。  

 

例えばこちらは、無料webテキストでもご紹介している、脳の反射区の刺激の仕方。

 

 

まずはクリームをつけて、


手の親指と人差し指で足の第一趾をはさむようにして、親指の関節を使って刺激を加えます。

 指の付け根から指先にむけて親指をすべらせるように押すのがポイントです。

 

 

 

人差し指を壁にして、その壁に向かって親指で力を加えるようにするとより効果的に力が加わります。

 

これは、広い面積に効果的に圧が加わり易い方法としてご紹介しているものですが、人によってはこのやり方をする際に、ある問題が生じる場合があります。

 

それを確認し、場合によってはその人に合わせたやり方に修正してお伝えする。

向かうゴールは一緒でも、そこに辿り着くまでに人それぞれ無数のルートがある事が、私としてもいつも勉強になっています。

 

 


テーマ:

以前、大きな反響をいただいた記事があります。


弊校の指導スタイルをお伝えするうえで、是非読んでいただきたい内容ですので再出したいと思います。



レッスンを行ううえで、私がこれまでに、そして今年も変わらず心がけている事、

それは、生徒さんが成し遂げた事には必ずしっかりと褒めるという事です。

日本人は特にかもしれませんが、人を褒めるという事をあまりしないと思いませんか?

褒めるのが照れくさかったり、

褒める事で甘やかしてしまうのではと思ったり•••

学校でいい成績をとっても誰も褒めてくれない。

会社でいい働きをしていても誰も褒めてくれない。

何だがそれが当たり前のようになってしまっています。

勿論、何でもかんでも褒めまくればいいというわけではなく、過度の褒めが人を悪い方向に導く例もあるでしょう。

しかし、適切な場面での褒めは絶対に必要な事だと私は思うのです。

私自身の経験ではこんな事がありました。

中学生の頃に友達の影響で始めたギター。

家族の中でギター経験のある人がいなかったこともあり、演奏してみせると、ごく簡単な曲でも「すごいね~!」といつも大げさなほどに褒めてくれていました。

褒められる事イコール楽しい事、充実感を感じる事となり、長く続いたのではないかと思っています。

ギター、ベース、ボーカルと発展し、今でも定期的にスタジオに入って音楽を楽しんでます。

ウクレレリフレクソロジーの講師までさせていただいています。


イマザスクールのメインであるリフレクソロジーのレッスン。

リフレクソロジーを学ぶ生徒さんにも
褒められる事イコール楽しい事となって長く続けていただきたいのです。


勿論、時には厳しい指導をさせていただく事もあります。でも、その先でできた事には必ず褒める。それって本当に大事な事だと思っています。

最近の脳科学によると…
「褒められたときに分泌される脳内物質が、頭の回転を速くする」
という研究結果もあるそうです。

だとしたら、褒める事がリフレクソロジーの短期間習得にも繋がっているかもしれません。

普段会社で褒めてもらえない。

大切な人からも褒めてもらえない。

そんなあなた、イマザセラピースクールでお待ちしています。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス