リフレクソロジー(足つぼ)を無料で学べるブログ

リフレクソロジー(足つぼ)を無料で学べるブログ

リフレクソロジー、足ツボで健康になりたい方、セラピストを職業にしたい方、アロマにもご興味のある方、是非このブログをお役立てください。

乳がんの手術後、肺、肝臓への転移が見つかり、手術はもうできない状態だと、
根治はないと医者から告げられた。

抗がん剤の副作用にも苦しんでいる。

そんな方への施術が先日ありました。

ご本人の立場、ご家族の立場を想像すると私自身も胸が痛くなってきました。
どんな言葉をかければ良いのか、言葉が見つかりませんでした。

あるリフレクソロジストは著書の中で、リフレクソロジーによって自分自身のがんを克服したと述べています。

リフレクソロジーには通常医療の力を超えた未知の力があること、それによって助けられた人の例がある事も事実だと思います。

しかし、10人に10人全てに効果があるとは言い切れません。

リフレクソロジーでがんを消してしまいましょう!

そう言いたい自分と、がんの苦しみを知らない自分がそんな事を軽々しく言ってしまって良いのかと思う自分とがいました。

「お医者さんからは、がんとうまく付き合っていきましょうと言われているんです。」

施術後に穏やかな表情でそうおっしゃっていました。

色々なことを考える一日でした。


終末期医療というものがあります。

病気や老衰で余命がわずかな人たちの残りの人生を、充実した豊かなものにするケアのことで、1960年代にイギリスのホスピスから欧米に広がり、1980年代になって日本でも緩和ケアの発展とともに重視されるようになってきたそうです。

体の不調が良くなってほしい、そしてこの先何年、何十年と健康に長生きしてほしい。

そんな想いでの施術が当たり前でした。

その人の余命を意識しながら心身のケアをするというのは辛いものだと思います。

それでも、ご本人や周りの方にとって少しでもお力になれるのなら。
そして、できることなら奇跡も起こしたい。

そんな想いでの施術も必要かと感じています。


今回取り上げさせて頂いた方と同じような境遇の方、またはその周りの方、

体のつらさ、様々な不安による心のつらさをリフレクソロジーで少しでも癒やしてほしいです。

簡単にすぐできるものとして今回はこの動画をお届けします。



先日、河野大臣がツイッターで、
「アトピーだ、文句あっか。」
 
という発言をし、多くの方がいいね!をつけた。というニュース記事を目にしました。

また、アメトーークというバラエティー番組で「お肌よわよわ芸人」というのも放送されていましたね。

以前は注目されること、理解される度合いが乏しかったアトピー、慢性的な肌のトラブル。

私も以前、約一年間ほどアトピーに苦しめられていたことがありました。

妻は子供の頃から長年アトピーに苦しんでいました。

私も妻もそれぞれ異なる原因を見つけ、今では共に完治しています。

しかし、苦しんでいた当時は周りからあまり重く受け止めてもらえなかったり、ステロイドを処方し続けるだけの皮膚科の治療方針に疑問をいだいたりと症状以外でのストレスも色々とありました。

河野大臣の発言や、アメトーークの企画などが同じ悩みを抱えた方への理解を深めることにもつながると良いですよね。

ちなみに、河野大臣の発言、アメトーークと、そのどちらも目にしたのは秋の時期でした。
 

奇しくもこの時期というの東洋医学的に見ても肌に負担がきやすい時期になっています。

同じ悩みを抱えた方は特によくケアしておきたい時期ですね。
 

これまでこのブログでは、様々な症状に合わせて反射区をご紹介してきました。

肩こりには肩の反射区、

胃腸の不調には消化器系の反射区、

前回記事ではダイエットにも重要な代謝と関連した反射区として、甲状腺反射区をご紹介したばかりです。

では、肌の不調改善に関連した反射区はどこでしょう?

そんな反射区なんてあるの?とお思いになるかもしれません。

あるんです!

西洋医学的な観点からでだけ考えたら見つからない答えも東洋医学の観点を取り入れたら見つかります。

肌に関連した反射区は、

肺反射区、のど反射区、気管反射区、扁桃腺反射区

そして、

大腸反射区などです。

肌が不調気味の方は、たいてい呼吸器官にも不調をきたしているはずです。

さらには便秘がちということもありませんか?

肌だったら肌だけ、呼吸器だったら呼吸器だけという様に悪い部分一点だけを見るのではなく、繋がりを見て、繋がりのある部分を全て整え治していく。

それが東洋医学の考え方です。

もっと大きく捉えるなら、体の中のものは全てが繋がり合っています。

その中でも、弱っている部分はまず関連の深いもの同士から整えていきましょうということですね。

それではいつもの通り、セルフリフレクソロジー法のご紹介です。

動画もご用意しています。まずは文章での説明から。

こちらが肺の反射区です。

左足

左手は甲側に添え、右手でマッサージします。

支えとなる右手、左手それぞれの親指の位置がポイントです。

人さし指の第一関節から第二関節の間を肺の反射区に当て、

親指から人差し指を離していくようにしてマッサージしていきます。


次に大腸反射区。



左足
横行結腸は肺反射区同様の向きへ親指から人差し指を離していくように


下行結腸は下の方向へ


そして、S状結腸、直腸、肛門の流れです。


接触面を微妙に回転させるのがポイントです。


そして、扁桃腺、喉、気管などの反射区を含むこちらの反射区もマッサージしましょう。





それぞれのセルフリフレクソロジーの細かい動きは、ご用意しました動画をチェックしてみてください。





▶教室内の消毒、換気、手洗い、マスクの着用を徹底させていただいたうえでレッスンを再開しております。

 

 

 

 

格安!短期習得!マンツーマン!

イマザセラピースクール Ima The Therapy School

本部 東京南青山教室
東京都内 港区・表参道・渋谷区・恵比寿・目黒区・世田谷区・中央区・千代田区・品川区・新宿区から短時間でアクセス可!

神奈川横浜教室
神奈川県内 横浜市・川崎市・相模原市・藤沢市・厚木市・町田市から短時間でアクセス可!

★沖縄県・岡山県・埼玉県・茨城県・千葉県など遠方からもお越しいただいております。


無料パンフレット請求

 
雑誌やネットでしばしばダイエットに効果的として紹介されている反射区があります。

甲状腺反射区です。

甲状腺は、代謝を促進する甲状腺ホルモンを分泌しています。



ダイエットに挑戦しても、代謝が悪いと痩せにくいとよくいいますよね。

余談ですが、私は高校生の頃に体重80キロから65キロくらいまでにダイエットを成功させた事がありました。
期間も3〜4ヶ月の間にです。

やり方としては、朝昼晩の食事は普通にしっかり摂ったうえで、間食は摂らない。
そして、ジョギングをするという簡単な方法でした。

この時の短期間でのダイエットの成功は、若さ故に代謝が盛んで痩せやすい体になっていたからこその面もあったと今になっては思います。

代謝は年齢と共にどうしても衰えてしまうもの。

それに加え、代謝の程度が正常である事も大切です。

程度が盛んすぎるとパセドウ病、その逆は橋本病という病気になってしまいます。

ダイエットに限らず、体の代謝を正常に保つというのは生きていくうえでもとても大切な事なのです。


代謝と深い関係にある甲状腺の反射区はこちらです。




甲状腺ホルモン分泌の司令塔となる、脳下垂体反射区は頭部反射区内にあります。





それぞれのセルフリフレクソロジー法のご紹介です。

まずは頭部反射区を人差し指の第二関節を使って刺激します。


母趾をしっかり支え、できれば接触面を回転させながら刺激しましょう。


次は甲状腺反射区です。


足の親指(母趾)と人差し指(示趾)の骨と骨の間を縫うようにして、人さし指の第2関節で押し滑らせます。

この時も、手首のひねりで接触面を回転させながら刺激していくのがポイントです。
それから、甲側から支えている手の位置も重要です。

詳しくは動画をご覧になってみてください。

左足、右足とそれぞれ別のアングルから見れます。

細かい動きもご確認いただけたらと思います。





▶教室内の消毒、換気、手洗い、マスクの着用を徹底させていただいたうえでレッスンを再開しております。

 

 

 

 

格安!短期習得!マンツーマン!

イマザセラピースクール Ima The Therapy School

本部 東京南青山教室
東京都内 港区・表参道・渋谷区・恵比寿・目黒区・世田谷区・中央区・千代田区・品川区・新宿区から短時間でアクセス可!

神奈川横浜教室
神奈川県内 横浜市・川崎市・相模原市・藤沢市・厚木市・町田市から短時間でアクセス可!

★沖縄県・岡山県・埼玉県・茨城県・千葉県など遠方からもお越しいただいております。


無料パンフレット請求
 




ここ最近、季節の変わり目で急激に寒くなってきましたね。

コロナの第3波の話題などで不安になることも多いでしょう。

こんな時に体の中で負担を受けやすいのは胃腸です。

環境の変化やストレスに敏感な胃腸。

こわす前にケアしておきたいですね。

リフレクソロジーでいうと、足の土踏まずが胃腸と関連しています。

反射区の位置関係はこんな感じ。



人間の実際の臓器、器官の位置関係がほぼそのまま足裏に投影されています。



わかりやすいし、覚えやすいですよね。

で粥状にされた食べ物は十二指腸へと送られます。
十二指腸というのは小腸の始まりの部分ですね。
その人の指十二本分を横に並べた長さという事から命名されたそうですが、実際には約30cmほどの長さのようです。

この時、胃の後ろにあり、十二指腸のくぼみにはまり込んでいる膵臓から膵液という消化液も流れ込みます。

膵液は肝臓で分泌され胆嚢から送られてくる胆汁の助けも借りながら十二指腸内で消化活動に使われています。

このように沢山の臓器、器官が協力しあって食べ物は消化され、そして血となり肉となっていくわけです。

ちなみに、膵臓は血糖値の調整も行っています。

生きていくうえでなくてはならないこれらの働き。
負担がかかりやすい今だからこそ反射区を通してケアしてあげましょう。

反射区への刺激。そして、刺激を通してそれぞれの臓器、器官を意識することも大切なことです。

セルフリフレクソロジーのやり方のご紹介です。

動画も作成しましたので最後にご覧ください。

まずは文章でご説明します。

マッサージクリームをつけ(なければスキンクリームなどでも)


まずは右足にある肝臓反射区を刺激します。
右手親指に左手人差し指を絡め、 関節を当てて刺激しています。


今度は胃、膵臓、十二指腸のライン。
右手親指に左手の人差し指に加え、 中指も絡めます。


ここも指の関節を使って刺激していきます。


 腸の周辺も同じように刺激します。


仕上げに大腸の反射区を細かく刺激します。

まずは上に向かって


続いて右に向かって


左足は大腸の流れが異なります。

動画で詳しくご紹介しております。



皆様、くれぐれも胃腸を大事にしましょう。




▶教室内の消毒、換気、手洗い、マスクの着用を徹底させていただいたうえでレッスンを再開しております。

 

 

 

 

格安!短期習得!マンツーマン!

イマザセラピースクール Ima The Therapy School

本部 東京南青山教室
東京都内 港区・表参道・渋谷区・恵比寿・目黒区・世田谷区・中央区・千代田区・品川区・新宿区から短時間でアクセス可!

神奈川横浜教室
神奈川県内 横浜市・川崎市・相模原市・藤沢市・厚木市・町田市から短時間でアクセス可!

★沖縄県・岡山県・埼玉県・茨城県・千葉県など遠方からもお越しいただいております。


無料パンフレット請求
 


揉み方動画を追加しました。11/12

おはようございます。今澤です。

今回は緊張しいの方におすすめの反射区のご紹介です。

足の親指は頭部および脳とつながっている。


その事に関して前回記事にてご紹介しました。

同じ指でも、今度は指の内側。


(ピンク色部分)

ここにはまた別の反射区があります。

ここをこんな感じで刺激してみてください。
手の人差し指の側面をピンク色部分に当て、






上に擦り上げるように押しすべらせます。

この時、痛くありませんでしたか?

人によって痛みの度合いは様々ですが、過去にお客様でここを飛び上がるくらいに痛がった方がいました。

この方は舞台役者をされているという方で、施術の前日も皆で稽古をされていたそうです。

緊張しいで本番中にセリフを噛んでしまう事もしばしばあるそうで、稽古も毎回緊張の連続だそうです。

そんな方の足の親指の内側を刺激すると飛び上がるように痛がった。

これは何故でしょう?

実はここは三叉神経の反射区になっています。

三叉神経といっても聞き慣れない方がほとんどだと思います。

三叉神経とは、

顔の触覚痛覚などを脳に伝える神経です。

ここ最近寒くなってきて、外に出ると顔が冷たいと感じたりしますよね。

あの感覚も三叉神経の働きによるものです。

顔面だけでなく、口の中や鼻の中の感覚も脳に伝えています。

話を戻しましょう。

緊張しいの舞台役者さんが、足にある三叉神経と繋がる反射区を刺激したことで飛び上がるように痛がった。

緊張状態の時というのは、顔がこわばるものです。

あくまで憶測ですが、

顔の筋肉をこわばらせる機会が多かったことで顔の神経にも影響がおよび、対応する反射区にも反応が表れていたのではないか。

そんな風にも読み取れるのではないでしょうか。

逆に考えると、反応の出ている三叉神経の反射区をほぐしてあげることで顔のこわばり、さらには緊張しいも改善する可能性があるのではないか。

そんな事を考えながら施術させていただいた記憶があります。

後日、この方から出演舞台にご招待いただきました。

リフレクソロジーの効果が関係していたかどうかは定かではありませんが、セリフを噛むこともなく、晴れやかな表情の演技を見る事ができました。

この方と同じく緊張しいの方、

緊張で顔をこわばらせるのが習慣になってしまっている方、

是非、三叉神経の反射区を




揉んであげてください。

おまじないのような気持ちでも揉むのもありでしょう。

手のひらに人という字を3回書いて緊張をほぐすというのがありますよね。

あれと比べると足ですから、人前ではやりずらいでしょう。

ですので、緊張する日の前日、寝る前などにお家で是非やってみてください。

揉み方動画▼





▶教室内の消毒、換気、手洗い、マスクの着用を徹底させていただいたうえでレッスンを再開しております。

 

 

 

 

格安!短期習得!マンツーマン!

イマザセラピースクール Ima The Therapy School

本部 東京南青山教室
東京都内 港区・表参道・渋谷区・恵比寿・目黒区・世田谷区・中央区・千代田区・品川区・新宿区から短時間でアクセス可!

神奈川横浜教室
神奈川県内 横浜市・川崎市・相模原市・藤沢市・厚木市・町田市から短時間でアクセス可!

★沖縄県・岡山県・埼玉県・茨城県・千葉県など遠方からもお越しいただいております。


無料パンフレット請求
 















無意識のうちに頭を使い過ぎている。


ストレスが多い。


よく眠れない。


そんな方はここが硬くなっているかもしれません。

 



頭部および脳の反射区です。


ここを押しても弾力性がなく、硬くなっている方は、よくほぐしてあげましょう。


今回は自分自身の足により手軽にできるサムウォークでのセルフリフレクソロジー法のご紹介です。


指の付け根から指先に向かって刺激していきます。




爪側に支える手を添え、(左足の場合は左手)

 

{2E8CF6A5-FD58-4E21-BED8-822CA4B816B4:01}
 

サムウォークで刺激を与えていきます。

サムウォークとは、


Thumb(親指)、

Walk(歩く)

の言葉通り、親指が歩くような動きで足裏に刺激を与えるテクニックです。


親指を立てる、

寝かせる

この2つの動きを行いながら指を進ませていきます。

爪が当たらないようご注意ください。


 

{8100C148-50CC-49D6-AC88-FDB1DF48E900:01}

 

{DC5632CA-BDFF-4134-81A4-12BA08F874E7:01}

外側から内側まで指を移動させながらまんべんなく。

添えている側の手に向けて、圧をかけるイメージで行うのがコツです。


通常は3回程、硬い方は5回程を目安に繰り返し刺激してみてください。






▶教室内の消毒、換気、手洗い、マスクの着用を徹底させていただいたうえでレッスンを再開しております。

 

 

 

 

格安!短期習得!マンツーマン!

イマザセラピースクール Ima The Therapy School

本部 東京南青山教室
東京都内 港区・表参道・渋谷区・恵比寿・目黒区・世田谷区・中央区・千代田区・品川区・新宿区から短時間でアクセス可!

神奈川横浜教室
神奈川県内 横浜市・川崎市・相模原市・藤沢市・厚木市・町田市から短時間でアクセス可!

★沖縄県・岡山県・埼玉県・茨城県・千葉県など遠方からもお越しいただいております。


無料パンフレット請求
 
 このブログでは、簡単なリフレクソロジーテクニックから本格的な難しいテクニックまで様々なものをご紹介しています。


リアルのレッスンをお受けになっている生徒様を含め、テクニックを自分のものにしていくにはやはり、反復練習が重要です。


しかし、


同じ反復練習でも、

苦痛をともなうものだと、脳はその記憶を排除しようとして記憶しにくいそうです。


かつての体育会系部活では水すらも飲ませないスパルタの反復練習をさせるような指導者が沢山いました。

苦痛を伴ってこそ上達するのだという精神が当たり前のようにはびこっていた時代ですね。


そのような練習法というのは脳の仕組みからすれば実に効率の悪い練習法だったということになります。



それならば、苦しみながら練習するよりも

楽しみながら練習する方が絶対に良いですよね。


この反射区を刺激する時は右手だったっけ?左手だったっけ?


手の構えはどうだったっけ?


こういった事はレッスン時の生徒様のあるあるです。


こういった時にも、何故忘れてしまったのだと自分を責めるよりも、のんびりとでも良いので落ち着いて思い出し、どうして右手を使うべきなのか、左手を使うべきなのか、構えはこうであるべきなのかということを楽しみながら考え、思い出し、覚えていくのがベストだと思います。


私も忘れてしまった生徒さんのことを責めることは一切ありません。


練習の過程で、苦痛な記憶を作らない。


これってとても大事なことなんです。

 

 
LINE、電話、ネット検索、You Tube、各種SNS、Kindle本と趣味の範囲でもこれだけスマホひとつで楽しめ、


仕事関連の事もスマホで済んでしまう。

私の場合でしたらホームページの編集アプリや、アクセス解析ツールのGoogleアナリティクス、Google広告、それからこのブログのアプリと、

全てスマホで済ませられてしまいます。

もちろん便利は便利で助かっていますが首に負担がかかるのが一番のネックですよね。

※意図的に首とネックをかけたわけではありません 笑


これ自体も首に負担をかけて読んで下さっているあなた、

ここをよく刺激してあげてください。

まずは頚椎反射区


左足の場合

右手親指と人差し指で母趾の付け根をつまむように持ち、

反射区に左手親指の第一関節当てて

押し滑らせます。

この時、支えになっているのはつまんでいる右手の親指、人差し指です。


メインは支えている側くらいの気持ちでしっかりと支えながら刺激するのが良い刺激を与えるコツです。

 

ちなみに下の写真のように支えになる指が刺激部分から離れていては感触が全く変わってしまいます。


続いて、首反射区です。


左足の場合

今度は支える側の手が逆になります。

 

左手親指と人差し指で母趾をつまむように持ち、

首反射区を矢印の方向へ刺激していきます。

右手親指を足の側面に添えて支えながら人差し指の第二関節を回転させながら刺激してましょう。

指を痛めるのを防ぐ為、ご自宅にあるもので良いのでスキンケアクリームなどのクリームをつけて行うと良いでしょう。

もしくはお風呂の時に石鹸、ボディーソープなどをつけながらでも!

 

足裏の中で最も小さく目立たない反射区があります。


胆嚢反射区です。






胆嚢には肝臓で作られた胆汁をためておく働きがあります。

胆汁は食事の後に十二指腸に送られます。


・胆汁=脂肪を消化する為に必要な液。


・十二指腸=胃と小腸をつなぐ消化管。その人の指十二本分の長さという事に由来。



脂肪を取り過ぎるとコレステロールが固まり、石のようになって胆嚢にたまってしまいます。これを胆嚢結石といいます。


日本の総人口の10〜15パーセントが胆石を持っているといわれているんですね。


子供の頃、親戚のおじさんが体の中に石ができたというのを聞いて随分驚いたのを記憶しています。


石っていうと川原に転がっているようなあんな大きな石が体の中に!?

と驚きましたが、実際は結石の種類にもよりますが小石くらいのサイズのものがほとんどです。


それでも石が体の中にできるなんて恐ろしいですね。


結石によって腹痛や発熱などの症状があらわれる胆のう炎などの病気もあります。

脂肪の取り過ぎにはくれぐれも注意しましょう!


胆嚢の反射区を刺激していればいくら脂肪を沢山摂取しても大丈夫というわけにはさすがにいきません。


しかし、外からは見えない胆嚢を反射区を通して常に意識することで脂肪を取りすぎない、体の中に石を作らないという意識が自然と芽生え、反射区刺激プラス健康的な食生活で胆嚢を守ることにつながるはずです。


【胆嚢反射区の刺激の仕方】

胆嚢反射区は、肝臓反射区と共に刺激します。

つまりこのポイントです。





できれば接触部をローリングさせながら刺激できると良いですね。



指を痛めるのを防ぐ為、ご自宅にあるもので良いのでスキンケアクリームなどのクリームをつけて行うと良いでしょう。

もしくはお風呂の時に石鹸、ボディーソープなどをつけながらでも!





無料で順番にリフレクソロジーを学びたい方は
コチラ  から!


以前お客様としても生徒様としても交流のあったS様に撮影と引き換えに無料の施術をさせていただきました。

外に出る気力がなくなってしまった高齢の母になんとか運動をしてもらおうとするSさん。

言うことを聞いてもらえずイライラする。

お母さんはLINEまでできるとの事ですが、最近はメッセージを送っても既読にもならない。

会話にも覇気がないそうです。

そこで私が提案したのはSさんによるお母さんへのリフレクソロジー でした。

足という体の一部に触れながらの会話を試みてはいかがかと思ったのです。

体に触れられていることでお互いの心の距離が近づき、普段は話せないようなことでも話せてしまう。その事は私自身、やる側でも受ける側でも感じていたことでした。

当事者にしかわからない事もあると思いますから、無理にはお勧めできませんが、リフレクソロジー がコミュニケーションを円滑にする円滑剤のような存在になれたら素敵ですね。

今現在同じような境遇の方にも、これから同じような境遇を経験する可能性のある方にも是非見ていただきたい内容です。



ストレスが溜まっていてもなかなか話せる相手がいない、話す機会がないという方はストレスが溜まる一方だと思います。

話すことで少しでも気が楽になったり、発散になれたら。

そして、同じような境遇の方が映像を見て自分だけではないと少しでも気持ちを楽にしていただけたら。

そんな願いを込めて企画を続けています。