きぼうのひ ホリスティックに自分と向き合う

きぼうのひ ホリスティックに自分と向き合う

体温37度、充分な睡眠、温かい食事を日々積み重ねて、健康な毎日を取り戻しました。体・心・精神のつながりを感じながらヒトとしての幸福を宇宙の万物と共有することを希望します。

合気道や歌うことを通して、自分の体のことに気付かされています。

そして、いつもベストの体調で、それぞれの練習に取り組むために、

十分な睡眠・体温37度・深い呼吸・美味しい食卓を心がけることは、

毎日を楽しみにしてくれます。

ご一緒に、わくわくする朝を、毎日迎えましょう(^^)人(^^)


晴れ虹チューリップ赤チューリップピンクチューリップ黄馬桜ホームページもご覧ください


HPきぼうのひhttp://couleur7aime.wixsite.com/kibounohi

         (難病治癒体験記録)

 




クミスクチン(石垣島にて撮影)

 

クミスクチン(ねこのひげ)を

2019年秋に石垣島で一枝いただきました

 

2020年夏 大きく育った株の開花前の葉を

乾燥し クミスクチン茶にヾ(≧▽≦)ノ

 

小鍋で水を沸騰させ少量の葉を入れる

半量位に煮詰める

葉を濾すと 輝かしい飴色のお茶

 

これだけあれば6~7回に分けて飲めます

白湯割りをのティーカップで試飲しました

 

甘味があり美味しいですヽ(^。^)ノ

美味しくないという人もいます

 

多くのハーブティーで

美味しい・甘い と感じる時は

その人の体が必要としているようです

 

ですから無理に飲むものではありませんが

クミスクチン茶は

沖縄では グアバ ウコンと並んで

健康茶としてポピュラーとのことです

ここは関東(*^。^*)

 

<効能>

利尿作用…むくみ改善 

抗炎症性作用…関節痛

免疫調節など健康増進 他にも

 

<試飲の結果>

薄めて2回に分けいただきました

(2回で写真の量の20%位です)

 

利尿と発汗を促された気がします

日頃胃腸の問題はありませんが

夕食後少しお腹の張りがありましたが

朝はスッキリ目覚めました

 

何らかの作用・影響があったということでしょうか

 

ハーブティーは適切にいただき

健康に役立てましょう

クミスクチンは 

抗アレルギー効果もあるようです

妊婦さんは 飲まない方が良いようです

 

クミスクチンは

生の葉でも同様に煎じて飲用できます

沖縄では一年中

手軽に利用できるわけですが

気温10度を下回ると 外での

冬越しは困難とのことです(∩´∀`)∩

 

 

 


浴槽にためる湯の設定温度を
39度にしてみました

日中の気温 連日35度越え
寝苦しさの続く中
通常41度でためた湯に入っていましたが

ゆっくり浸かっていられない
入浴後 体が熱く汗が噴き出す

の日々に疑問を持ち
低温ででゆっくり入ってみました

結果⁉️

花丸💮ではないでしょうか

浴槽に入るときには38度位だと思います
生温かく感じました

入ってしまうと圧力 抵抗 といったものに無縁
自由で気楽でゆったり
一時間位歌っていても飽きないかも
手指のストレッチ集中して念入りに
頭はだんだん冴えてきて
頭の中は眠くなるどころか
名案が浮かんだりすっきりしている

冷えることもなく
朝も吐き出さず
二時間後布団に入ると
パタリと寝入りました
朝までスヤスヤ

朝もスッキリです
ヾ(๑╹◡╹)ノ"

クーラー使いませんでした
(=^ェ^=)
でも状況はそれぞれなので
体調気候に合わせて・・・ですが
是非お試しあれ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



90歳 高齢者住宅入居一年半

「テレビがね おかしいのよ
アタシがやっちゃったんだけど・・・
なんかね
もういいけど 大丈夫になってきたけど」

どういう風におかしいの?
(・・?)

「なんだかね
九州ばっかり映るのよ
アタシがなんかしちゃったんだけどね」

とリモコンを気にする母
つけると 地デジのNHK が パッ

ずっと九州の大雨がトップニュースだったから
その映像の時間が多かったんじゃない?

「もうこの頃直って…ムニャムニャ」

きっと言いながら心の中で
わかったのでしょう

このところすぐいじける(⌒-⌒; )
大きな画面で連日洪水の映像を見て
精神が病んじゃったようにも思う

考えてみれば
昭和初期の方達には
カラーの大画面テレビで
遠い九州の洪水の被災地を
リアルタイムに見ること それも
屋根に上がって手を振る被災者を見る事
そんなことって
受け入れ難い事でしょう

もうすぐ梅雨が明けるらしいね
と言ったら

「でもこれはコロナも関係してるんでしょ?」

と不思議な答え

雨で外に出ない事と
自粛で外出を控える事が
混乱しているのかな

「そうね」と笑って流せばいい
と自分に言い聞かせつつ
ざわつく心中

しかーし
笑って過ごしてもらうには
笑い飛ばすしか
そーだね そーだね
と100%肯定するしか ないよね

愉快な日々を積み重ねて欲しいから
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘




90歳 母
高齢者住宅 入居1年5ヶ月

ベランダの金のなる木に
いつもたっぷり水をやっている母
毎日水をやること=育てること の図式

水をやらずに枯れてしまったらどうしよう
という不安からの行為のように見える

苔の生えた根元を崩して植え替え
「1週間水やりしないでね」
というと
えー大げさな(๑・̑◡・̑๑)いう表情

しかーし
今日はこれでおしまい
これ以上言うと
耳を塞いでしまうので(⌒-⌒; )

次回またたっぷり水やりしてあって
どんどん葉が落ちてしまったら
また説明してあげよう(*^_^*)

そうして
一日一日をゆっくり重ねていくことが
母に求められている事のように思う
一日完結の繰り返し

大切なことは止まらないこと
エネルギーがある限り
穏やかに繰り返してください(=゚ω゚)ノ
と願うことしかできない

本人はもどかしいでしょうけど
こちらの複雑な心情は
全く想像していない
つまり悪気がないので仕方ないのね
(=´∀`)人(´∀`=)

一緒に買った同じ苗木を
私も育てていることを
母は覚えているだろうか

枯れる前に取り替えて
どっちも育てなくちゃヾ(๑╹◡╹)ノ"



 

90歳 入居1年5か月の母

 

色々あったけど

随分落ち着いてきた

 

と安心しつつあったこの頃ですが

 

高齢者住宅1Fの入口でインターホンを押すと

はーい!」と大声

 

「開けて~」と言っても

「開けるって何を?」

 

「ここの扉開けるボタン押して~」

「何のこと?扉って何なの?」

 

愕然としました・・・( ゚Д゚)

「そっちいこうか!?」というので

「じゃあ来て」

 

エレベーターで降りてきた母は

受付の方に「開けてくださいます?」と

さらりと言っている

 

扉が開くと私を見るなり

「なんで開けてもらわないの?

 いつも開けてもらってるんでしょ?」

 

母は17か月の間

私や宅配の人が来るたびに押していた

建物入り口の解錠ボタンが

全く解らなくなっていました

 

とにかく部屋に行き

インターホン前で説明しても

「えー?触ったことないわよこれ」

の一点張り

 

こんなこともあるさと 思うには・・・

母の真顔が衝撃過ぎました

 

赤い字で「ヒトが来たら押して開ける」

と書いて張ってきましたが

まともに顔を見られなかった

 

一度道路に出てから戻り

インターホンを押したら

いつものようにすぐ開けて ε-(´∀`*)ホッ

「これは練習ね また来た時も空けてね」

と伝えて帰宅

 

最後は「うんうん」と素直に言ってたけど

私をわからなくなる日を覚悟しておこうと

強く思いました(^_^;)

いつかは来る日だ(*ノωノ)