時短になる『大手チェーン系スーパーのカゴにカバー(保冷機能付き)』、便利、家事の裏技、ご紹介ブログ

時短になる『大手チェーン系スーパーのカゴにカバー(保冷機能付き)』、便利、家事の裏技、ご紹介ブログ

時短になること、便利商品、家事の裏技などを発明主婦のKINOがご紹介するブログです。大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバーを開発、販売しています。癒しの絵、ペットの絵、犬の絵を描いて販売!愛犬の絵のオーダーも賜ります。


「大手チェーン系スーパーで購入できるカゴ」をご存知ですか? 

 

このカゴ、大手チェーン系スーパー系列店で

買うことができるんです(価格は398円

どこで購入できるかは、ご想像ください。

ロゴと名称は伏せないといけないので、ご了承くださいませ。

 

→ 「スーパーのカゴってどこで買えるの?」という疑問に答えた記事はこちら!

 

→ マイカゴの具体的な使い方!写真付き解説

 

 

 

毎日使う「台ふきん」に不満!探してみつけた決定版をご紹介


私は「家事をもっと楽にしたい」と
思っていることから、
アイデア商品に興味を持っています。 

毎日使うもの「台ふきん」に
私はずっと不満がありました。
 
 
以前、ホームセンターのカインズで見つけた
電子レンジ用ふきんを台拭きとして、
リピートして気に入って使っていました。
 
ところが、店舗でそのふきんを探しても
見つからない!
もう入荷しないとお店の人から
教えてもらい、残念汗
 
そこで、
今まで使っていた台拭きに
匹敵する使い勝手の良い
台拭きをネットで探すことにしました。
 
宝石ブルー台拭きは、こぼれた醤油を拭いたり、
油汚れを拭いたりして、毎日何度も使用します。

一日中何度も汚れを拭き取ってくれて、
テーブルや台の上をきれいにしてくれます。
 
宝石ブルー何度も水に濡らして使うため、
過酷な条件の中で使われているのです。

そうしたことから、乾く前に使いがちで
雑菌がつきやすいのです。

衛生的に保つためには、
使用後は洗って干さなければなりません。
定期的に漂白をしたり、沸騰消毒をします。
 
これがなかなかな手間なのです。
忙しい主婦には、負担になります。

できるだけ、手間がかからず、
使いやすい台拭きが良いです。

そこは素材が違うことで解消できると思い、
探して試しました。

台ふきんを選ぶポイント【5選】


1、台拭きは雑菌だらけとなりやすいので、
取り扱いが簡単で汚れが落ちやすいもの
2、繰り返し使える厚手で丈夫なもの。
(台を拭くため、しっかりタイプ)
3、乾きやすい素材であること。
(乾きの悪い素材だと、雑菌がつきやすいため )
4、汚れが見てわかる台拭き 
(汚れ目がわかることで、気づきやすいため)
5、「ふきん」と「台拭き」の使い分けをはっきりして、
見てわかるようにすること。
 
以上が私が選ぶ台ふきんのポイントです。
 

 
 
宝石ブルー
水に濡らすだけで汚れがみるみるうちに取れていくなんて、
画期的ですよね。
絶対的に使う回数の多い「台ふきん」
この商品を使わずにはおれません。
即、購入して試しています。

台ふきんを選んで良かった4つのメリット

1、水道水だけでついた汚れがすぐに落ちる
2、布地の厚みががあるので、拭きやすい
3、布地に厚みがあるけど、乾きやすい
4、色が薄いので、ついた汚れがわかりやすく衛生的
 
これらのことから、今のところとっても使いやすいです。
 
宝石ブルーふきん掛けも自立するタイプがどこにでも置くことが出来て良さそうです。
 
たかが台ふきん、されど台ふきん
たいしたことがないと思われがちな
家事のひとつ、「台を拭くこと」
なのですが、一日何度も拭くテーブルなので
使い勝手の良いものがいいですよね。

 
「ふきん」についても同様での不満がありました。
 
忙しい主婦のお助けになる商品を見つけたら
試してみたくなります。
そして、なければ作って、販売しています。
 
以下にある商品を開発・販売をしています。
よろしければ、ご覧ください。

 

 

 

マイカゴに保冷機能付きカバーがあると、

夏のお買い物が安心です。

 

 

 

 

カゴカバーについて、下記のオレンジのバナーボタンをクリック

した先のページで詳しくご紹介しています♪↓

 

 

 

 

  ※ちなみにこの写真についてるカゴカバーは、

ネットのみで販売しています。

 
 

大手チェーン系スーパーのカゴ関連記事


 買い物カゴは、購入できる!》カゴのお値段はいくら?

 

 マイカゴは実はすごいスグレものなのです。

 

 マイカゴは車で買い物する人におススメ

 

➡ スーパーで使う買い物かごは購入できます。

 

➡ マイカゴの具体的な使い方!写真付き解説

 

大手チェーン系スーパーのカバーご紹介記事

 

➡ ○○さえあれば、カゴの中身は見られない!

 

➡ エコバッグは雑菌の温床となっている?なら、お手入れ簡単がいいですよ

 

➡ カゴは便利だけど、〇〇なところが・・・恥ずかしい?

 

➡ 『大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー』手作り~販売までプロセスをご紹介

 

➡ 【使える!大手チェーン系スーパーのカゴにカバー】ピクニック、キャンプ、テイクアウト

 

 


 

大手チェーン系スーパーのカゴに、

ぴったりな保冷機能付きのカバーがある

メリットをご紹介♪

 右矢印 大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー

 

 


 

パステル画って、ご存知ですか?
ぼかしやグラデーションが美しく、幅広い表現ができる絵画技法です。

風景画、犬、猫、花などを描いています。
右矢印 Instagram

 

「イ〇〇のスーパーのカゴ」をご存知ですか? 

 

このカゴ、イ〇〇系列店でどこでも

買うことができるんです(価格は398円

 

→ 「イ〇〇のカゴってどこで買えるの?」という疑問に答えた記事はこちら!

 

→ マイカゴの具体的な使い方!写真付き解説

 

 

 

都会と地方では、スーパーへの買い物事情に

違いがあります。都会の人は、徒歩、自転車、

バイクでのお買い物が一般的なようです。

地方は車が無ければ、

買い物に行くことが出来ません。

 

 

都会の人は、カゴで買い物をすることは

想像すらすることがはないのでは?

地方では、カゴを家から

持参して買い物をする人が結構います。


 

マイカゴが優れている点5つをご紹介

 

マイバッグもいいけどマイカゴ

良さを今回、ご紹介してみようと思います。

 

カゴがおすすめな理由①出し入れが快適!

 

・カゴは口が広いので、カゴの中身は一目瞭然です。

中が見やすく、整理しやすく、

出したり入れたりもしやすいです。

そのため冷蔵庫にしまう時も

素早くできます。これが袋の場合だと、

冷蔵庫に入れたいものが底に入ってたりします。


取り出しに奥の方をごそごそと手探りして

手間取ります。

カゴは、袋よりも断然商品が収まりやすいです。

 

カゴがおすすめな理由②たくさん入る

・カゴは、たくさんものを入れられます。

2リットルのペットボトル、牛乳、大根、

キャベツなど大きな物やかさばる物

入れられます。


袋に比べると2倍くらいは入るのではないでしょうか?

 

 

 

カゴがおすすめな理由③レジ担当者が詰めやすい


・店舗内用のカゴと持参したイ〇〇で

購入したカゴは、同じ大きさの

カゴからカゴへ

入れるため

レジ担当者も詰めやすいです。


 

 

カゴがおすすめな理由④詰め替え不要


・会計後は、袋へ商品の詰め替えの

手間はいりません。そのまま持ち帰ることが

できるので、買い物時間が短縮されます。

私の前に並んでいた人よりも先にスーパーを

後にすることがあります。

 

 

 

 

また、袋への詰め替えが苦手という人が

いますが、レジ担当者が詰めてくれるので、

重いものは下へ。つぶれそうなもの、

軽い物は上にと、上手に詰めてもらえます。

 

 

毎日仕事でカゴに詰め替えを

しているレジ係さんに任せられて、

安心です。

 

仕事帰りにスーパーに寄った男性から聞いた話。「袋に入れたお刺身が

斜めになって、帰ってみたら斜めに

偏っていて残念で悔しかった」と

話してくれたことがあります。


 

 

 

袋は買った商品が斜めに入れるため、

中身が偏ります。

その点、カゴはレジ担当者に

上手に詰めてもらえて重宝します。

 

 

 

カゴがおすすめな理由⑤袋に比べ汚れにくい

・お手入れが簡単です。お惣菜の汁、肉汁などの

汁がこぼれた場合でも、布地のエコバックは、

洗ってシミ取りをしないと奇麗にはなりません。

 

 

こぼれた汁のシミをとる事は、

裏技を使ったとしてもなかなか取り除くことが

できません。カゴの場合は、プラスチックなので

濡れたタオルで拭くだけできれいになります。

シミになりません。

 

 

 

 

また、小さなお子さんと買い物に行く

お母さんが教えてくれた話があります。

「袋詰めのときには、子供が店内をうろちょろして、他のお客さんの迷惑になることが

あったりして気が気ではないんです!」と。

 

 

「だから、袋詰めしなくて済むカゴは、

とっても助かります。」と話してくれたことがあります。

 

 

 

マイカゴの便利さは、実際に使ってみないと

なかなかわかりません。

 

イ〇〇で購入できるカゴの場合は、もし、使わないは、カゴを返却すると返金してくれるサービスがあります。

 

 

返すことが出来るなら、リスクなしなので

お試ししてはいかがでしょう。

 

《参考記事》

《買い物カゴは、イ〇〇で購入できる!》カゴのお値段はいくら?

 

さらに保冷機能つきカバーがあると

食材を傷めにくく、お買い物が安心です。

 

 

 

カゴカバーについて、

下記のオレンジのバナーボタンをクリック

した先のページで詳しくご紹介しています♪

↓ ↓ 

 

 

 

※ちなみにこの写真についてるカゴカバーは、

イ〇〇で購入することは出来ません。

 

 

イ〇〇のカゴ関連記事


 買い物カゴは、イ〇〇で購入できる!》カゴのお値段はいくら?

 

 イ〇〇のカゴ(イ〇〇の)は実はすごいスグレものなのです。

 

 マイカゴは車で買い物する人におススメ

 

➡ スーパーで使う買い物かごは、イ〇〇で購入できます。

 

 

➡ マイカゴの具体的な使い方!写真付き解説

 

大手チェーン系スーパーのカバーご紹介記事

 

➡ ○○さえあれば、カゴの中身は見られない!

 

➡ エコバッグは雑菌の温床となっている?なら、お手入れ簡単がいいですよ

 

➡ カゴは便利だけど、〇〇なところが・・・恥ずかしい?

 

➡ 『大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー』手作り~販売までプロセスをご紹介

 

➡ 【使える!大手チェーン系スーパーのカゴにカバー】ピクニック、キャンプ、テイクアウト

 

 


 

大手チェーン系スーパーのカゴに、

ぴったりな保冷機能付きのカバーがある

メリットをご紹介♪

 右矢印 大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー

 

 


 

パステル画って、ご存知ですか?
ぼかしやグラデーションが美しく、幅広い表現ができる絵画技法です。

風景画、犬、猫、花などを描いています。
右矢印 Instagram

「イ〇〇のスーパーのカゴ」をご存知ですか? 

 

このカゴ、イ〇〇系列店でどこでも

買うことができるんです(価格は398円

 

→ 「イ〇〇のカゴってどこで買えるの?」という疑問に答えた記事はこちら!

 

→ マイカゴの具体的な使い方!写真付き解説

 

 

 

片付け・整理にも使える便利なイ〇〇のカゴ+蓋つきカバー


季節の変わり目で、衣替えなど

家の中の片付けをする人が

多いようですね。

 

そこで、物への執着を捨てて、

すっきりと暮らすためによい

アイテムをご紹介♪

 

整理して、片付けをするのに、

使えるアイテムとは何でしょう?

ちょっと考えてみてください。

 

身の回りにあるあふれた物を

要・不要に分けるためのグッズです。

 

《答え》

私はこの片付け・整理にも

イ〇〇のカゴを使うと、

軽くて持ち運びやすいので、
おすすめをしています!

 

 

 

見えたほうがいいモノは

「カバーなし」のカゴだけで、

隠してスッキリさせたいモノは

「カバーあり」で使い分けると

いいでしょう。

 

【片付け・整理】の手順


片づけて整理するやり方としては、

まず、持ち物全部を出して、

広げてから、

 

①必要なもの

②不要なもの

③保留するもの

(後で判断して、

リサイクルセンターに持ち込むもの)

の3つに分けて進めます。

 

「今すぐ使わないもの」

「残すか捨てるか迷っているもの」は、

③の保留箱に入れます。

 

 

保留箱があることで、

「いったん、迷ったら入れる」

(迷っても入れる場所があることで、

整理・片付けの作業が停滞しません。)


整理・片付けにも使えるイ〇〇のカゴ+蓋つきカバー


保留箱は通常は、段ボール箱です。

が、私はこの保留箱にイ〇〇のカゴに

替えてみることを提案します。

 

 
写真をご覧ください。
 
 
 
image
 

段ボール箱より見た目にも
カゴの方がいいです。
 

 

 



保留箱は、中身が見えない方が

処分しやすくなるので、

カバーのついたカゴにすることを

おすすめしています。


(もう着ないと決めた服が見えてしまうと、

またクローゼットに

戻してしまうことはありがちです。 



なので、とにかく目につかないよう

蓋がある方がよいのです。) 


 

image

 


宝石赤カバーにフタがあることで目隠しができる。

目にしないことで「また使うかもしれない」と、

引っ張りださないで済みます。

 


宝石赤マジックテープで簡単に、

フタを開け閉めできる。

ワンタッチで開け閉めができるので、

ポイポイと不要なものを入れられ、

さっと閉じることができます。

 

 

 
 
 
以下の写真(カバーつきのカゴ)は、
私が現在販売している、
『イ〇〇のカゴにぴったりなカバー』に
なる前段階のカゴカバーです。


販売している『イ〇〇のカゴに
ぴったりなカバー』に
いくつも布のカバーを作りました。
 
 
 
 

 

フタをするので、日頃は見えません。

運ぶ時は、持ち手を持つので運びやすいです。


 

 

片付け・整理に段ボール箱よりも買い物カゴ+蓋つきカバーがいい3つの理由

 

1.段ボール箱は調達するたびに、

箱の大きさが違ってきます。

その点、カバーつきのカゴなら、

同じ大きさなので、

入れるもの容量が把握しやすいです。

 

2.いつも決まった場所に置くなら、

段ボール箱よりもカバーつきのカゴの方が

見た目がマシです。

 

3.段ボール箱と違い、

カゴに持ち手が付いているので、

持ち運びやすいです。

 

「保留カゴに入れたものは、

“とりあえず入れておくだけ”です。


あとで、捨てるか、残すか、

リサイクルセンターへ

持っていくかを決めます」

 

 

カバーつきのカゴを決まった場所に

常時置いておくことで、

「カゴがいっぱいになったら、

判断して物を減らしやすく」なります。

 

 

私は台所から出たすぐの廊下に、

整理して処分する保留用、

カバー付きのカゴを置いています。



洋服、使わなくなった雑貨類など、

とりあえずは使わないモノを入れています。


この方法だと、めんどくさがりな主婦でも

気軽に取り組めます^^/

 

 

まとめ

カバーつきのマイカゴは、保留カゴとして

最適なのです。


イ〇〇のカゴ+蓋つきカバーは、

「定期的に不要なものを家から出す」

最強なアイテムです。

 

 

 

整理・片付けをやりたいけれども、

なかなか取り掛かれない人に、

まずは、不要なものを持ち出す道具を

揃えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

マイカゴに保冷機能付きカバーがあると、

夏のお買い物が安心です。

 

 

 

 

カゴカバーについて、下記のオレンジのバナーボタンをクリック

した先のページで詳しくご紹介しています♪↓

 

 

 

 

  ※ちなみにこの写真についてるカゴカバーは、

ネットのみで販売しています。

 

イ〇〇のカゴ関連記事


 買い物カゴは、イ〇〇で購入できる!》カゴのお値段はいくら?

 

 イ〇〇のカゴ(イ〇〇の)は実はすごいスグレものなのです。

 

 マイカゴは車で買い物する人におススメ

 

➡ スーパーで使う買い物かごは、イ〇〇で購入できます。

 

 

➡ マイカゴの具体的な使い方!写真付き解説

 

大手チェーン系スーパーのカバーご紹介記事

 

➡ ○○さえあれば、カゴの中身は見られない!

 

➡ エコバッグは雑菌の温床となっている?なら、お手入れ簡単がいいですよ

 

➡ カゴは便利だけど、〇〇なところが・・・恥ずかしい?

 

➡ 『大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー』手作り~販売までプロセスをご紹介

 

➡ 【使える!大手チェーン系スーパーのカゴにカバー】ピクニック、キャンプ、テイクアウト

 

 


 

大手チェーン系スーパーのカゴに、

ぴったりな保冷機能付きのカバーがある

メリットをご紹介♪

 右矢印 大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー

 

 


 

パステル画って、ご存知ですか?
ぼかしやグラデーションが美しく、幅広い表現ができる絵画技法です。

風景画、犬、猫、花などを描いています。
右矢印 Instagram

「イ〇〇のスーパーのカゴ」をご存知ですか? 

 

このカゴ、イ〇〇系列店でどこでも

買うことができるんです(価格は398円

 

→ 「イ〇〇のカゴってどこで買えるの?」という疑問に答えた記事はこちら!

 

→ マイカゴの具体的な使い方!写真付き解説

 

 

 

人気のエコバッグ&カゴ『タイプ別』で特徴を比較


お買い物をするのに、なくては困る袋やカゴなどの入れもの。

新しいデザインのものが登場し、

機能性も様々なものがたくさんあります。

 

 

今回は、人気のエコバックを比較して、

まとめてみましたので、ご紹介いたします。

これからご購入を考えている人は、

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

人々の生活はそれぞれ、

様々なシチュエーションがあります。


そのために、状況にあわせた使いやすいエコバックを選ばないと、買っただけで「使わないまま」になってしまいます。


自分の生活に合うものを選んで、愛用してください。

 

1.カバンに入れて持ち歩くエコバック

image


コンパクトに折りたためて、軽量です。

たたみやすく、水や汚れに強いものがおすすめです。


欠点としては、ちょっとしたお買い物には良いのですが、買い物の量が多いときには、商品が入りきりません。

 

 

2.トートバック型のエコバック

コンパクトに折りたたむことはできませんが、

しっかり買ったものが入って、おしゃれ感のあるトートバック型です。


キャンパス生地のトートバックは、耐久性があり、ナチュラルな風合いが好まれ、ファッション雑貨として人気があります。


欠点としては、水や汚れに弱いです。

シミになると、なかなか取れにくい素材です。

 

3.スーパーのカゴにすっぽり入れるレジかご型バック

レジで、スーパーのカゴにセットすれば、

レジ担当者がレジかごバックに商品を詰めてくれます。


両サイドの紐をぎゅっと締めて、

そのまま持ち帰ることができます。

袋詰めをする手間が省けます。


たくさんの商品が入って、買い物時間も短縮してきて便利です。


欠点は、事前にセットしていれば良いのですが、

レジでセットすること混雑の原因になることがあります。


カゴに合わせた大きめサイズなので、

折りたたんだとしてもある程度のサイズにしかなりません。

 

4.背負うことができるリュック型

背中に背負うことで重いものでも持ちやすいです。

歩いてお買い物する人におすすめです。


両手が空くので、お子さんと一緒だと手を繋ぐことができます。

 

5.保冷機能つきエコバッグ

image

 

image

 

スーパーまで距離のある人は、保冷機能付きのものがオススメです。


季節にもよりますが、食材が傷まないことを考えると、保冷機能付きのものがおすすめです。

欠点は、保冷機能がつくと重くなること。

 

6.一瞬でエコバッグを折りたためる「シユパット」

 

 

エコバッグを折りたたむのが手間と思う人の不満を解消できる商品です。


欠点は保冷機能はありません。

と、いろんな種類が登場しています。

 

仕事帰りにちょっと買い物する場合、

土日にまとめて大量に買う場合、それぞれに合った

エコバッグやカゴを選ぶとよいでしょう。

 

 

最終的に私が選んだエコバッグとは?


ところで、

私はエコバッグ選びは、何度か失敗をしていますあせる

以下のような失敗です。

 

・持っていくのをよく忘れる。

右矢印コンパクトに出来て、カバンにしまえるタイプのエコバッグは忘れやすい。 

・エコバッグに着いた汚れが取れない。

右矢印エコバッグのデザインや素材は、手入れしやすいものにしたい。

 (エコバッグは想像以上に汚れていますので、日頃からお手入れが必要です。

・もらったエコバックだけど、気に入らない。

右矢印自分の生活スタイルに合った、お気に入りのモノを使いたい。 

・大きさに納得できないない。

右矢印たくさんの買い物をするには、袋には入りきらない。

 

結局、自分に合った使いやすいものを考え、

製作して「販売する」までに至りました。

 

 

私の場合ですが、いろんなエコバックを試してみた後、イ〇〇のカゴを使ってみました。

 


レジでレジ担当者に商品をカゴに詰めてもらって、

そのまま帰る。これがなんと楽なんでしょう!

時短にもなるし、これは手放せないと思ったのです。

 

結果、『大手チェーン系スーパー・イ○○のカゴにぴったりなカバー』を作ることになりました

イ〇〇のカゴを使ってみて、便利を実感したのです。


でも、カゴの便利さに加えて、「買ったものを見られなくない気持ち」や「保冷機能」もあった方が良いと思って、カバーをつくりました。

 

 

イ〇〇のカゴ+保冷機能付きカバーは、

車にさえ乗せておけば、とっても便利に使えます。

以下に特徴をまとめました。

 

・大きいので、商品がたくさん入る

・大きく目につくので、忘れにくい

・お手入れがしやすく、簡単

→ エコバッグはお手入れが簡単なものを選ぼう!

・レジで担当者が商品をカゴに詰めてくれるので、そのまま持ち帰れる

(手間がかからず、時短になる)

・3日1度の買い物には、大きなカゴでの買い物がBEST

・車に乗せておきさえすれば、いつもでも使える

・カバーがついていることで、買ったものを見られない

・カバーの保冷機能で食材を傷めず、家まで持ち帰れる

 

(欠点はカゴの大きさのままで小さくはならないことです。)

 

 

ちなみに

『大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりのカバー』は、

ほかでは、販売されていません。当店だけのものです。

 

 

マイカゴに保冷機能付きカバーがあると、

夏のお買い物が安心です。

 

 

 

 

カゴカバーについて、下記のオレンジのバナーボタンをクリック

した先のページで詳しくご紹介しています♪↓

 

 

 

 
  ※ちなみにこの写真についてるカゴカバーは、

イ〇〇で購入することは出来ません。

 
 

イ〇〇のカゴ関連記事


 買い物カゴは、イ〇〇で購入できる!》カゴのお値段はいくら?

 

 イ〇〇のカゴ(イ〇〇の)は実はすごいスグレものなのです。

 

 マイカゴは車で買い物する人におススメ

 

➡ スーパーで使う買い物かごは、イ〇〇で購入できます。

 

 

➡ マイカゴの具体的な使い方!写真付き解説

 

大手チェーン系スーパーのカバーご紹介記事

 

➡ ○○さえあれば、カゴの中身は見られない!

 

➡ エコバッグは雑菌の温床となっている?なら、お手入れ簡単がいいですよ

 

➡ カゴは便利だけど、〇〇なところが・・・恥ずかしい?

 

➡ 『大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー』手作り~販売までプロセスをご紹介

 

➡ 【使える!大手チェーン系スーパーのカゴにカバー】ピクニック、キャンプ、テイクアウト

 

 


 

大手チェーン系スーパーのカゴに、

ぴったりな保冷機能付きのカバーがある

メリットをご紹介♪

 右矢印 大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー

 

 


 

パステル画って、ご存知ですか?
ぼかしやグラデーションが美しく、幅広い表現ができる絵画技法です。

風景画、犬、猫、花などを描いています。
右矢印 Instagram

「イ〇〇のスーパーのカゴ」をご存知ですか? 

 

このカゴ、イ〇〇系列店でどこでも

買うことができるんです(価格は398円

 

→ 「イ〇〇のカゴってどこで買えるの?」という疑問に答えた記事はこちら!

 

→ マイカゴの具体的な使い方!写真付き解説

 

 

 

 

エコバッグ・マイカゴには、《汚れを落とす》手入れが必要


エコバックにせよ、マイカゴにせよ、

雑菌の温床とならないよう、

定期的なお手入れが必要です。

 

 

頻繁に使用するものだから、

どうしてもバックの内側には汚れが付着します。

エコバックは想像以上に汚れています。

 

エコバックに付着しやすい汚れとは、具体事例を紹介


では、どんな汚れが付きやすいのでしょう?

具体的な汚れとは、

 

・食品から付着する水分や油汚れ

・野菜の表面にも菌が付着している場合がある

・肉パックからの汁もれ

・魚パックからの汁もれ

・お惣菜パックからの汁もれ

・冷たい飲み物や、冷凍食品結露の発生

 など

 

 

エコバック洗っていますか?

エコバックを洗っていますか?という、

調査をエフコープ商品検査センター「りんご館」が、実態調査をしています。

→ 実態調査結果

 

 

 

調査では半分以上が「洗ったことがない」という、

結果が出ています。

頻繁に洗っている人は少数でした。

 

 

しかも、拭き取った箇所から確認できた菌の個数は、
0~10個→「きれい」、

10~50個→「やや汚れている」、

50個以上→「汚れている」として分類の結果は、

6割もの人が「やや汚れている、汚れている」

となったのですから、気になります。

 

卵などからは「サルモネラ菌」、

刺身などの魚介類からは「腸炎ビブリオ菌」、

生肉からは「カンピロバクター菌」……などなど、

食中毒につながる恐れがある菌が、エコバッグに
付着しているかも・・・と思うと怖いですねよね。

 

ですが、

洗った方が良いことがわかっていても、

なかなかできない人が多いのが現状のようですね。

 

 

調査結果からわかるように、

エコバックは日ごろからのお手入れが大変です。

定期的に洗濯をしたり、汚れたら、

洗濯をすることになります。

気を使っていてもシミになって、

取れないことだってあります。

 

 

漂白剤で落とすと布地の色落ちする可能性もあります。

バックの種類によっては、

洗濯ができない素材のものがあります。

 

エコバックは、掃除のしやすさで選んでみませんか?

 

 

食中毒につながる恐れもあるエコバックです。

日ごろから簡単にお手入れがしやすいものを選びませんか?

当店の『大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー』は、

お手入れがしやすいデザインになっています。


 

image

 

大手チェーン系スーパーで購入できるカゴも、

私が販売している

『大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー』も、

汁こぼれは、濡れたタオルなどで、

さっと拭くことで汚れが取れます。

消毒用のアルコールを吹き付け、拭けば除菌ができます。

 

 

では、マイカゴにぴったりなカバーの

お手入れ方法をご紹介しますね

 
①固定しているマジックテープをはずし、カバーからカゴを取りだす
 
⓶保冷カバーだけにする
 
③アルコール除菌スプレーの吹き付けをする
 
 
④フキンで拭く

 

 

まとめ

 

カバーは、カゴからマジックテープをはずすだけで、

着脱ができます。

内側は、アルミになっているのでさっと拭くだけで、

掃除ができます。

 

 

 

ねっ!簡単なお手入れで、きれいになります。

 たびたび洗濯するのは、大変です。

お手入れがしやすい方が楽だと思いませんか?

商品を購入する際、「掃除のしやすさで商品を選ぶ」

は、決め手となるポイントです。

 

 

 

イ〇〇のカゴに保冷機能付きカバーは、

お手入れが簡単なところも

おすすめです。

 

 

マイカゴに保冷機能付きカバーがあると、

夏のお買い物が安心です。

 

 

 

 

カゴカバーについて、下記のオレンジのバナーボタンをクリック

した先のページで詳しくご紹介しています♪↓

 

 

 

 

  ※ちなみにこの写真についてるカゴカバーは、

ネットのみで販売しています。

 

 
 
 

イ〇〇のカゴ関連記事


 買い物カゴは、イ〇〇で購入できる!》カゴのお値段はいくら?

 

 イ〇〇のカゴ(イ〇〇の)は実はすごいスグレものなのです。

 

 マイカゴは車で買い物する人におススメ

 

➡ スーパーで使う買い物かごは、イ〇〇で購入できます。

 

 

大手チェーン系スーパーのカバーご紹介記事

 

➡ ○○さえあれば、カゴの中身は見られない!

 

➡ エコバッグは雑菌の温床となっている?なら、お手入れ簡単がいいですよ

 

➡ カゴは便利だけど、〇〇なところが・・・恥ずかしい?

 

➡ 『大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー』手作り~販売までプロセスをご紹介

 

➡ 【使える!大手チェーン系スーパーのカゴにカバー】ピクニック、キャンプ、テイクアウト

 

 


 

大手チェーン系スーパーのカゴに、

ぴったりな保冷機能付きのカバーがある

メリットをご紹介♪

 右矢印 大手チェーン系スーパーのカゴにぴったりなカバー

 

 


 

パステル画って、ご存知ですか?
ぼかしやグラデーションが美しく、幅広い表現ができる絵画技法です。

風景画、犬、猫、花などを描いています。
右矢印 Instagram