みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

昨日の続きです。

今日は塩見繩手の武家屋敷からです。

さらに武家屋敷が続いています。

 

塩見繩手の解説板です。

 

 

 

江戸中期以降の古地図では御小人長屋となっっています。

江戸時代後期には中級武士の屋敷になったのでしょうか?

 

この地図では御小人長屋の家屋が省略されています。

 

さらに続きます

 

 

この右端に明々庵に行く道があります。

 

北の方に行きます。

 

 

さらに進むと

この辺りも武家屋敷があります。

 

さらに右(北)に行くと

 

進むと

 

明々庵のある赤山茶道会館が見えてきました。

 

明々庵付近の地図です。

 

階段を上がると、この上に明々庵があります。

さらに階段があり

 

 

説明板があります。

 

さらに上がると

 

広場に出ます

この広場からは天守がよく見えます。

 

 

ズームアップして撮影すると

松江城天守です。

 

不昧公とは

宝暦元年(1751年)~文政元年(1818年)に、松江藩七代藩主の松平治郷

(幼名を鶴太郎)は、未央庵(みおうあん)・一々斎(いちいちさい)・宗納(そうの

う)・不昧などの号をもっています。不昧の号は、江戸天真寺の大顛和尚(だい

てんおしょう)が、無門関百丈野狐(むもんかんひゃくじょうやこ)の章「不落不昧

(ふらくふまい)」から命名したもので、公は特にこの号を愛用しました。17歳で

藩主となり、国家老朝日丹波(あさひたんば)の補佐を受けて藩政改革を行な

い、財政立直しに成功しました。また若くして茶を学び、二十歳で真の台子(だ

いす)の伝授を受けています。茶事の奢侈贅沢(しゃしぜいたく)を戒めて、茶道

は修身治国のもとたるべきを、茶道随筆「贅言(むだごと)」で説いています。

家政が豊かになるにしたがい名物茶器収集に没頭し、「古今名物類聚」十八巻

の大著をはじめ、多数の書物を著しています。収集の名物は代々大切にすべ

きを論して、品目は「雲州蔵帳(うんしゅうくらちょう)」として知られます。文政元

年4月24日江戸大崎で68歳の生涯を終えました。

 

 

この奥に明々庵があります。

 

門の中に明々庵があります。

 

明々庵の解説板です。

 

松平不昧公

 

1779年に不昧公が建てた明々庵です。

最初は殿町の家老有澤邸に建てた茶室です。

 

今年はここまでです。

この1年間、このブログを見ていただいてありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

みどりの木さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。