井手医院 BLOG

井手医院 BLOG

URL:http://www.ide-iin.or.jp/

<内科・外科・リハビリテーション科>


◆◆井手医院◆◆


電話番号:03(3679)5959
住所:東京都江戸川区東瑞江2-28-6
【都営新宿線 「瑞江駅」より徒歩10分・京成バス 「瑞江三中前」又は「宮下」下車】


URL:http://www.ide-iin.or.jp/


法制審議会の戸籍法部会がキラキラネームをどこまで認めるか協議していると報道で伝えられています。

大空を「すかい」、光宙を「ぴかちゅう」、海を「まりん」、紗音流を「しゃねる」、良星を「らすたー」

角輝を「かくてる」、詩を「ぽえむ」などと他人には読めない名前を子供につけているわけですが、私は昔から

大反対!

たとえば予防接種をするときなど、マイクで呼び出すときに読めなくて困ってしまいます。

誰にでも普通に読める名前がいいな。だってそんなに読みにくい名前をつけなくてもすてきな漢字はいくらでも

あるのだから。

以前からしばしば問題になっている、教え子にわいせつな行為をする教師による事件が

また今週の週刊文春に載っていました。

この教師は江東区の小学校に勤務する46歳の男性教師で、過去にも教え子に対する強姦容疑などで3回も

逮捕歴があったそうです。にもかかわらず東京都教育委員会が下した処分は停職3か月だけで、その後は

また別の小学校に赴任して、今回新たなわいせつ事件を起こして逮捕されたそうです。

一度でもわいせつ事件を起こしたら永久に教師の資格をはく奪するべきです。

それなのに文春の記事によると、東京都教育委員会人事部の担当者は次のように述べています。

「懲戒免職以外の個人の処分は公表していない。よって過去の処分の有無は答えられない。

処分が明ければ教職に戻ることはある。」と。

こんなことがあっていいのか?教育委員会は子供たちを守る気があるのか?

ロリコンわいせつ教師は厳罰に処すべき!

きっと多くの親御さんだけでなく、良識あるほとんどの立派な教師の皆さんも同じ考えだと思います。

 

ウクライナは東ヨーロッパに位置し、ロシアと国境を接している国です。

面積は日本よりやや大きく403628㎢、人口は約4400万人です。

そのウクライナがNATOに加盟を希望したところ、ロシアが突如ウクライナに侵攻しました。

多くの市民が犠牲になっています。そしてヨーロッパ諸国もアメリカも、日本もロシアの侵攻に

反対しています。世界中でロシアの暴挙に反対するデモが起こっています。

ただ、悪いのはプーチン大統領とロシア政府であり、多くのロシア人はこのウクライナ侵攻に

反対しています。日本でも多くのロシア人が戦争反対のデモに参加しています。

私もプーチン大統領の暴挙に断固反対します。

 

 

 

いま開催中の北京オリンピックですが、何となく盛り上がりに欠けているように思います。

そして女子スキージャンプでメダル候補の高梨沙羅選手が試合後の抜き打ち検査でジャンプスーツの

規定違反で失格!後味の悪い結末でした。検査をするなら選手全員に、試合前に行うべきだと思いました。

そして、北京オリンピックに限らずいつも国際試合をテレビで観戦していて思うのですが、選手を紹介するのに

国名でなく国旗で表していますが、日本、アメリカ、フランス、などはまだわかるけど、他の国の国旗は全く分かりません。

ノルウエー、フィンランド、オランダ、タイ、ベトナム、、、、。

テレビを見ていて腹が立ってきます。

視聴者ですべての国旗をすぐにわかる人がどれだけいるとテレビ局は思っているのでしょうか?

それとも、日本以外はどうでもいいと思っているのでしょうか?

 

 

いったん沈静化に向かっていたコロナ感染がまた急速に増え始め、第6波が押し寄せたと言われています。

そのほとんどがオミクロン株の感染と思われ、コロナワクチンの3回目接種(ブースター接種)ももうすぐ始まります。

井手医院でも1月17日から接種開始の予定です。

しかし、どのぐらいの量のワクチンが供給されるのかは実際に配送される2日前にならないとわからないので、予約を

何人受け付けられるのかはっきりしていません。

希望者全員に接種したいと思っているのに、本当に困惑しています。

 

又しても信じられないほど悲惨な幼児虐待のニュースが飛び込んできました。

大阪で、交際している女性の連れ子を熱湯をかけ続けて殺してしまったという

事件です。これほど残酷なことがどうしてできるのでしょうか?

こういう幼児虐待のニュースを見るたびに心が痛みます。

そして、大抵の場合有罪になっても判決は我々が望んでいるよりかなり軽いもので、

今回の事件でも死刑判決が出ることは絶対にないでしょう。

罪の重さはもっと公平であるべきです。つまり、被害者に対して行ったことと同じことを

加害者に刑として与えるべきです。

今回の場合、加害者に同じように熱湯を浴びせるのです。死刑判決ではありませんが結果として

死んでもいい、とさえ思います。

目には目を、歯には歯をというIイスラム法典は僕の心情に時としてよく馴染みます。

コロナワクチン接種が全国的に始まり、ここにきてワクチンの供給量も急激に増えて東京や大阪で大規模接種会場も開設されました。

そこで今度は接種の打ち手(実際に注射を打つ人)が足りないということで、医師や看護師さんのほか歯科医師、更にはまだ医師免許を

持たない医学生や薬剤師にも打たせたらどうかと国は検討しています。

医師や看護師、歯科医師は実際に注射に慣れているからいいとして、医学生や薬剤師が注射するのは問題だと思います。

薬剤師は薬や注射製剤についての専門知識はありますが、実際に注射を打つことはまずないからです。

何より問題なのは、実際には注射の打ち手はそんなに不足してはいないということです。なぜなら医師や看護師なら一人で1時間に

やろうと思えば100人に注射を打つことが可能だから。

先日江戸川区の鹿骨区民館にワクチン接種の応援医として行ってきましたが、広い区民館でワクチン接種を受けた人が1日でわずか

50名だけ!それなのに江戸川区の職員が20名くらいと、外注のスタッフが20名くらい。何という税金の無駄遣いかとあきれてしまいました。

1日でわずか50名しか予約を受け付けないのに集団接種とは!

井手医院ではまだ一週間に30人分のワクチンしかないのですが、十分に供給量が確保されたら私一人で一週間に最大150人に接種する

覚悟です。

ミャンマーは以前はビルマと呼ばれ、仏教徒が国民の多数を占め、その国民性は穏健で親日的で知られていました。

国土面積は日本の1.8倍、人口は5100万人くらいです。

そのミャンマーの軍部が今年2月に突如軍事クーデターを起こし、多くの国民を逮捕、虐待、あるいは銃殺し大変深刻な状況になっています。

日本人ジャーナリストも虚偽の報道をした罪で逮捕、起訴されています。

国連をはじめ多くの国がこの軍事独裁政権を批判し、国民に救助の手を差し伸べています。

しかし日本政府は未だに特別な声明も出さず、何もしようとしません。ミャンマーには日本の多くの商社やゼネコン、有名ビールメーカーなどが

進出していますが、そのほとんどが軍部と深く癒着しているようです。

心優しく、親日的なミャンマーをなぜ日本は助けようとしないのか?いまミャンマーの人々は失望しています。

いま。日本がするべきこと。それは第一に経済制裁です。ODA(政府開発援助)をやめ、軍事政権との癒着をやめること。

国民に向けて無差別に銃を発砲し、子供までも殺す映像に心が痛みます。

昨年にも一度東京オリンピックについてブログに載せましたが、その時にもオリンピック開催は無理と書きました。

その後も新型コロナウイルス感染は世界中で終息の気配は未だになく、4か月後に迫った延期された東京オリンピックに

暗雲が立ち込めています。

そして、オリンピック招致委員会の森会長が女性蔑視発言で辞任。

さらに開会式、閉会式の演出責任者がタレントの渡辺直美さんにブタのコスチュームを着せて登場させ、オリンピッグというダジャレで

受けを狙うという企画が批判にさらされ撤回、自身は責任者を辞任しました。

この非常事態に何と粗末な、世界中に日本の恥をさらすようなことをやっているのか!

無理にオリンピックを開催したところで、海外からは客が来ないし、選手だってベストコンディションでは臨めない。

そもそもこの2020(のはずだった)東京オリンピックは10年前の東北大震災からの復興をアピールするはずだったのでは?

しかし、未だに仮設住宅で生活している被災者の方もたくさんいらっしゃるし、何より福島原発は廃炉作業がいつ終わるのかもまったく

わからない。

もう東京オリンピックは無理です。多くの国民もそう感じているはずです。

勇気ある撤退を!