スマホ詰パラの個人的10年史⑨ 2017年 | 不況になると口紅が売れる

不況になると口紅が売れる

~遊びゴコロで、世界を救おう!~


テーマ:

 この年、大学で「将棋」の講義をスタートさせた。

 日本将棋連盟の中川理事に、講師を派遣してほしいと依頼し、若年層への普及施策の一環ということでご快諾を頂いた。

 講師は将棋博士・堀口弘治七段である。

 技能だけでなく、盤上遊戯の歴史、礼儀作法、駒づくり、国際比較、将棋用語など、多角的に将棋と文化を学んでいく講義に組み立ててくれた。有難い。


 ある日のこと、大学の先輩から連絡が入り、「将棋世界」3月号を読めという。

 何と拙作が「谷川賞」を受賞していた。

 サロン入選作の中から、優秀作群とは別枠で谷川浩司九段の判定(好み?)で表彰する作品である。

 ただ、この作品は月間優秀作にも選ばれていない。

 当時谷川先生は一連のスマホ事件で連盟会長を辞任され、入院静養中であったが、あの憧れの人に拙作を見てもらっただけでも感激である。


 将棋界の暗雲を一気に吹き飛ばすかのような新星が現れた。

 14歳の藤井聡太である。

 藤井さんが詰将棋大好き人間であることを既に知っていたし、従って密かに応援していたのだが、四段昇進後の快進撃で一気に将棋ブームに火がついた。

 名古屋の詰将棋全国大会は大変なことになったと聞く。

 やはり行く一手だったかと思ったが、この年は行っていられるような状況になかった。


 4月、経営学研究所の所長に就任し、リカレント教育やら新規事業開発やらを推進する立場となった。

 また、武蔵野美術大学のデザイン情報学科で非常勤講師を担当することにもなった。

 光文社新書『応援される会社』の執筆と取材も始まる。

 さらには日本説得交渉学会の理事として、研究大会の運営や学会誌の編集にも携わるなど、スケジュールが無茶苦茶なことになってきた。


 本誌「詰パラ」の方はネタはまったくないことはないが、推敲~検討~解説~投稿という地道な作業をする時間がほとんどとれない(言い訳!!)。

 その点、スマホ詰パラは投稿が楽である。

 ストック作の焼き直しが多いが、ぼちぼちと投稿を続けた。

 

 この年、スマホ詰パラは一万題突破という偉業を成し遂げた。
 ツイッターで、ムネトキさん、みつかづさん、kisy師匠など、詰将棋作家間のやりとりが盛んになってきた。

 相互アドバイスやコラボ作にも繋がり、創作の新しい時代を予感させた。

 そういえば来年はスマホ詰パラ十周年だ、という話になり、以前からやりたかったオフ会を計画することに。

 ここでもツイッターが役に立つことになった。
 

 


▲NO.1006「万」2017.9.1掲載
 

yamaPさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス