スマホ詰パラを語る会 in大阪 | 不況になると口紅が売れる

不況になると口紅が売れる

~遊びゴコロで、世界を救おう!~


テーマ:

 スマホ詰将棋パラダイス10周年記念イベント第二弾「スマホ詰パラを語る会in大阪」を、10/30(火)に開催しました。会場を貸して下さったのは、将棋教室も兼ねる暁塾の山本理さん。「暁将棋部屋」の編集長でもあります。午前中、大橋宗桂の墓参りをして、13時に暁塾着。少し先に着いて、山本さんと教育の話を交わす約束でした。

 当日参加されたのは、岩永光一、柳原裕司、小池正浩、近藤諭、高坂弦磨、竹中健一、山本理の各氏。そこに暁塾の生徒さん2人(谷口君、森君)も同席し、山川含めて10人となりました。

 

 

  なお、今を時めく岸本裕真氏は二次会からの参加です。

 

 私もあまり段取りを考えていなかったので、何となくのよもやま話&最新作の披露→改作大会&塾生向けのミニ将棋教室といった展開となりました。

 感銘したのは解答王・竹中さんの解答スピード。「初手はこの一手」と断言されるのですが、われわれにはどの一手かわからない。やはり「若い頃に基本形を死ぬほど解いた修行」の差のようです。

 そしてまた驚いたのが「小池データベース」。創作も解答もしないけど詰将棋のことは何でも知ってるという人で、その場で詰将棋作家の生年月日まで(笑)検索してくれました。「五百人一局集」の編集に、この人は欠かせないかもしれませんよ。

 岩永(みつかづ)さんからは、私も知らないスマホ詰パラの細かい機能やら、解説の文体から女性作家が2名はいるはずだとか、それはもう、超絶マニアの発言が出まくりでした。

 近藤さんは「レアキャラ」的存在で、ほとんどこうした会には参加しない人だそうです。創作も最近は…と仰りつつも、貴重な七色還元玉をご披露頂きました。

 高坂さんは阪大生ですが、図面作成ソフトの開発を目指しており、詰将棋出版に新たな風を送る可能性もあります。当然、柳原・山本の両編集長が食いついておられました。ついでに自作詰将棋を名刺にできるソフトと、Tシャツにできるソフトを開発してください。

 柳原裕司さんについては今さらここで説明するまでもないでしょう。「詰将棋パラダイス」の元編集長で詰将棋作家。鶴田主幹から編集を継承した中興の祖です。現在は「詰将棋ファン」を刊行されておられます。

 

 Twitterでも漏らしましたが、暁塾で感動的だったのは、小学校4年の谷口叶多くんが、山本先生の誕生日に「献上」した自作詰将棋作品集です。なんと解説まで付いている!センスも抜群。詰将棋書籍収集家の磯田さんが欲しがるかもしれない、って話で盛り上がりました。谷口くん、ここで紹介しちゃいますけど、著作権でクレームつけないでね(笑)。

 もう一人の森太陽くんはまだ2年生ですが、きちんと我慢ができる将棋を指す子で、私は二枚落ちでしっかり負かされました。しかし関西の「谷口」「森」は、いずれも詰将棋界では重鎮。その血筋?ではないようですが、名前だけでも将来性が半端ない!!

 なお、山本さんは地元で「人間将棋」のイベントができないかと模索中だそうです。「どうせなら人間詰将棋にしたら?」という竹中氏の強い提案もあり、もしかすると史上空前の人間詰将棋イベントが、鶴見区近辺で開催される日も来るか?

 

 

 

 2次会は将棋バーwarsさんに移動してkisyさんと合流。

 しかしまあ詰将棋の団体ってのは、気味悪いんでょうね。指し将棋派の他のお客さんからも白い目で見られている感じがひしひしと伝わります。

 温かく話し掛けてくれたのは、たまたま立ち寄った稲葉陽八段だけでした。そしてkisyはそれをいいことに、鬼のような変化と四種合を含む67手詰とかを出題しておりました(笑)。稲葉先生、すいません。気さくにおつきあい頂き、ありがとうございました。

 しかし岸本くんが今考えているという構想テーマは全て斬新で面白く、仕上げの技術の進化もすさまじいものがあります。初対面のときに「再来年の看寿賞作家」とか申し上げましたが、読みは当たってるかも知れません。受験で一時的に詰将棋を自粛するとのことですが、Twitterの人気者だし、kisy一族総統という立場もあって、そう簡単に足抜けできないかな? 受験も詰将棋も頑張ってください。将棋バーwarsにさりげなく、kisyの色紙を飾って来れば良かったかと、後悔しています。

 

 

 

 というわけで、お陰様で関西版はまったりと、楽しく過ごすことができました。参加した皆さん、ありがとうございました。山本さんに「代表作」をお送りくださいね。

 個人的には「宗角」さんと、「がもうの」さんにもお会いしたかったのですが、それはまたの機会に。「なにわのことも夢のまた夢」で、今日からまた仕事に戻ります。

 

yamaPさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス