2020年3月卒業生・内定インタビュー | 国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

2020年3月卒業生・内定インタビュー

自然ガイド・環境保全学科3年

石橋春奈さん

(長崎県出身・大学中退し21歳の時に入学)

 

内定先:株式会社当間高原リゾート(新潟県十日町市)
 

 

内定先と志望動機を教えてください!

内定先はホテル・あてま高原ベルナティオです。

リゾートホテルとして知られていますが、実は敷地内に、自然豊かな森があり、ポポラという自然体験施設があります。米作りや自然・地域に親しむバスツアー、生き物に配慮した活動等も行われており興味を持ちました。

ホテルに来たお客様がついでにポポラを利用したりと、日頃自然に関心がない方にも自然の魅力を伝えられるのではないかと考え、志望しました。

 

就職活動では学校の授業で役に立ったことなどはありましたか?

面接ではツキノワグマやライチョウの調査活動など、他の志望者と違うネタを持っていることに興味を持っていただけたようです。

小学校で図書ボランティアをしたり、地域のお祭りに携わったりと、身近なところでの自主活動も褒めていただきました!

 

また、ホテルがある十日町地域は妙高と同じ豪雪地。

環境が近いので、植生などが似ていることも、自然をご案内する上で役立ちそうです!

 

 

 

自然ガイドを志望し、ビジターセンターや自然の家なども考えたという石橋さん。

ただそういう施設を利用するのは元々好きで興味があるお客様が多く、そうではない方々に魅力を伝えたいんです!と力強く話してくれました。

今後の活躍が楽しみです乙女のトキメキ

入学サポートデスク・小林

 

右矢印内定者インタビュー・登山やハイキングの旅行会社