■ペニオクで化けたら「悪」なのにCMで化けるのはいいの?

 

ペニオクで落札ヤラセをさせられ、一時的に炎上し自粛を余儀なくされた芸能人。

「のど元過ぎれば…」ではないけれど、ようやくメディアにも復活しているようです。

 

事件当時マスコミや世間はこぞって、ヤラセだ騙しだとここぞとばかりに叩きまくり。

「エエ~ッ?!」なんて、ノセられた当人たちも困惑顔でメディア露出もイッキにトーンダウンです。

 

っていうか正確には「やはり関わった芸能人たちはイメージを落とすのでスポンサーに配慮して使わない」ということなのでしょう。

臭いものにはフタという訳ですね。

 

ここでひと言「ちょっと待った~!!」って言いたいのは私だけなのでしょうか?

というのも…

 

■イメージCMは全部作りモノだって!

このペニオク騒動を受けて、何だかな~って考えさせられるのが、

何気なく見てる(否応なく見さされている?)TVCMの数々。

 

へぇ~、深キョンって、メナード化粧品使ってるんだ? しかもスマホはUQモバイルだって?

 

へぇ~、TOKIOって、あれだけ長く芸能生活やってるアイドルなのに、軽1BOXのソリオに乗ってるんだ?

 

へぇ~、広瀬すずって、ベネッセの進研ゼミやってたり、風邪ひいたらコンタックで時々ファイブミニ、愛車はワゴンRなんだ?

 

へぇ~、石田ゆり子って、堤防の上でFIRE飲みながら見知らぬ漁師に「お疲れ様」なんて声かけてるんだ?

 

 

あのね、ペニオクのイメージ戦略もTVCMのイメージ戦略も全部作りモノ、同じことなんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD