フロー経営はサメの如く | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ランチェスター戦略社長塾77期生名古屋募集  定員8名

     3月1日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

---------------------------------------------------------

 

 

 

経営には、ストック利益とフロー利益がある。

 

ストックとは、積み重ねて行く利益。

 

フローとは、単発的利益。

 

 

ストックは、営業活動を止めても一定して入ってくる利益。

 

フローは、営業活動をしないと入ってこない利益。

 

 

最初はお客がいないのでフロー営業から始まる。

 

そしてそのお客の何割かが固定客となりストックとなっていく。

 

 

ただ、最初からストックを意識した仕組みや動きをしていないと、フローのみの単発利益の繰り返しになってしまう。

 

このことに短期間で気づく人と、何年経っても気づかない人の差が、業績として現れる。

 

 

継続的なフロー営業で新規客を常に生み出し、その何割かがストック客となることを繰り返していけば、ストック客は常に積み上がり、永続的に成長し続けることが出来る。

 

フロー経営のみだと、止まったら死ぬ回遊魚(サメ)の如く、マーケットを徘徊しなければならない。

 

ストック経営は、来年以降も売上のベースを見込むことが出来る。

 

 

フロー経営もストック経営も、どちらにも紹介は生まれる。

 

しかし、紹介は運の要素が強く、売上計画に組み込むことは難しい。

 

特にフロー経営は、万人ウケする商品やサービスが多く、ストック経営のような差別化や絞込みが弱いので、一定の客層や業種からの安定した紹介が生まれずらい。

 

 

 

 

終盤は年数を重ねるごとに、

 

その差は益々開いて行く。。。

 

 

 

ーーーー-------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG