デスクトップパソコンにSSDをツッコむ。 | パソコン修理の『ゆーもあねっと』

パソコン修理の『ゆーもあねっと』

常に全力でバカをやり社会にとって唯一無二の存在になる。

以前からメンテナンスしているお客様のデスクトップパソコンですが、

また最近フリーズするようになったということで、再びお預かりすることになりました。

 

 

メモリや、HDDをチェックしましたが、異常が見られませんでした。

でも、なんか動きがオカシイ。

 

色々考えてみたんですが、

どうもこいつが悪さをしているようだと。

 

 

ビデオカード。

取り外してみたら、これがなかなか調子良い。

お客様の用途が、ほぼほぼ事務作業なので、オンボードのビデオカード十分と判断しました。

 

また、作業の効率化を図るため、ついでにSSDをツッコみました。

 

 

HDDのシステム部分をSSDにクローンすることで、実現しました。

 

ちなみに、ビデオカードの調子が悪いと分かったのも、SSDをツッコんだからです。

 

当初はHDDが不具合を起こしているのかな?と思ってました。

なので、SSDをツッコんだところ、更に動作が悪くなったのです。

最悪起動しません。

筐体に搭載されている電源容量は問題ないし、マザーボードから接続するSATAも問題ありません。

そこで、着目したのがビデオカードでした。

こいつを外したところ、全ての問題が解決しました(笑)

 

思えば、わざわざSSDをツッコむ必要もなかったかも知れませんが、SSDを突っ込む事で、

起動も速くなったし、作業効率も良くなりました。

 

私も、自宅のデスクトップはSSDです。

一度この速さを味わってしまうと、元に戻せません(笑)

 

ぜひ体験して欲しいです。