義理人情だよ人生は
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012-03-21 12:10:23

春を迎える

テーマ:ブログ

今年の春は例年よりも少し遅れそうです。

私は4月が近づくにつれ、いつも第2の新年を迎えるような気持ちになるのは新卒の研修があるからです。

今年もその季節がやってきました。自分自身が社会に出てから数え切れない年月が経ちましたが、「成長」という物指しから見て、果たしてどれだけ「成長」したのかと思い返す時でもあります。

昨年の新入社員は「ゆとり世代」の第1期と巷間で言われており、迎える職場ではどのように対応すればといいのかを考えたと聞きました。果たして、この1年「ゆとり世代」は職場で「成長」したのでしょうか。

私たちが関わった昨年の新入社員は確実に「成長」しました。ある企業は昨年、一昨年、合わせて定着率が95%を超えたそうです。営業職が主体のその会社の業務の厳しさは、20年以上関わってきた私たちもよく知っています。今の時代、就職しない、できない、しても1年未満でリタイアする割合が50%を超えている現状から見て、この数字は驚異的です。新入社員から見て職場には「理不尽」さがあふれています。思うようにいかないことだらけです。これは私の新入社員の時も同じでした。

「ゆとり世代」その中でも私たちの関わった昨年の新卒社員は胸を張ってください。私たちが抱いていた「ゆとり世代」のイメージを払拭してくれただけではなく、今年の新入社員の良いモデルでもあり、これから研修に臨む私たちにエネルギーを与えてくれました。今年も昨年以上に元気で、やる気に満ちた新入社員を送ります。



2011-02-01 05:04:53

荒れない学校

テーマ:ブログ

昼休み、読んでいた新聞から目を上げたスタッフが「荒れていた中学校が荒れない中学校に変身した記事なんですが変身した理由なんだと思います」と私に声をかけてきた。私だけではなく人事、教育に携わる人間なら即答します「挨拶の徹底、時間厳守、または整理整頓の励行」と。多くの企業、集団が集中力を高め、活力化を実現した原動力になったのが上記の新聞記事にあった挨拶であり、清掃や整理整頓だった事例を見てきたからです。なぜという質問も多く受けました。


「自分で考えてみてください」というのが質問に対する私の回答でした。


物事の好悪、是非は自分で考えていかないと厚みのない薄っぺらな人間になると私は考えているからです。たどり着いた解答が「挨拶や整理整頓は大事なんだな。やってみる価値があるな。」と出ればあとは実践すればいいだけです。ただ、新聞記事の中で職員の7割を入れ替え、入れ替わった職員たちが朝6時から校庭の清掃を始め、登校してくる生徒たちに声を掛け続けていたことも記しておきます。立派です。

2010-12-20 05:03:55

安否

テーマ:ブログ
つい先日、一本の電話がかかってきました。3年前に研修を受けたTさんからでした。「最近記事の更新をされてませんがまだお仕事をされているのでしょうか」と言う内容でした。「はい、相変わらず大きな声をだしてやっていますよ。」と答えたものの、なにか複雑な思いにとらわれてしまいました。顔が見え、声が届く範囲で研修を続けてきた私にはバーバル、ノンバーバルを問わず、相手の反応を確認できることが必要条件なのです。そういう意味ではブログに若干の違和観を感じておりました。ただ、今回のように近況、安否の確認としてみている方がいるのも分かりました。ボチボチいきます。独り言は意味不明、言語不明瞭なほうがいいとも言いますから。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス