2018オークスでのラッキーライラック分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

2頭が抜けてる平安Sはやらなくていいだろ。

特殊馬場ならまだしも稍重じゃな~!
あれは「ケン」のレースでいいと思うぞ。


やるならメイSかな。


先週からの「ある人間の思惑」が、ここにつながってくると思う。
もう言っちゃうけど、横山典弘と菊沢師ね。


なぜアエロリットに乗らず昆厩舎を選んだのか?

なぜトップディーヴォを選ばず菊沢厩舎を選んだのか?



人間の思惑がプンプン香る一戦だ。


さて、話は変わって桜花賞のラッキーライラック!


普通に走れば馬券圏内は堅いだろうな~。


「普通に走れば」だが・・・


ご存知のとおり、この馬にはデビュー戦から石橋脩が騎乗している。
松永幹夫厩舎は日本人騎手を重用するタイプだし、
結果を出している以上変える理由はないわな。


ただ、気になる点がある。


松永幹夫厩舎×石橋脩×ラッキーライラック。
ノーザンの生産馬かつクラブ馬だ。
GIを勝つという結果を出したから評価されてもいいと思うが、
石橋脩は松永幹×ノーザンの馬でこの馬しか乗ってないんだよね。


継続騎乗するためには何が必要か?


「勝つ」以外にありえないだろ。


俺はさっき、ラッキーライラックは馬券圏内は堅いと言った。
それは「勝つ可能性を下げる競馬」をした場合って意味。


アーモンドアイの末脚は異次元だから、
近い位置で追い出したらまず勝てない。
他の馬には勝てると思うが。


「桜花賞のような先行策」さらに「早仕掛け」。
いまの東京芝でこれをやるのは危険なんだよな~!


そう考えると、この馬にとって内枠が歓迎とはいえない。
馬群で揉まれたくないだろうし、
それを避けるにはある程度出していく必要がある。


今回は結構厄介な馬だと思うぞ。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
ラッキーライラックの名前があるか確認してほしい。
それと3頭、新たに追加した馬がいる。
正直なところ、ヒモ穴扱いだけどね。

ヒューマン馬券師KAIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。