日本ハグ協会マザーさと子のブログ
おはようございます!
コロナ対応の特別定額給付金の
申請書を書いていて、
封筒にこんな☑️欄を見つけました。


今回必要な人に
必要なタイミングで
給付金が届きにくかったという声も多い中、
ほんの少し誰かのためになる
「気がする」封筒書きでした。

わたしは
☑️他の世帯を優先しても構わない
にチェックして

☑️「お身体大事にしてください。いつもありがとうございます」
と付箋メモをつけました。

作業の邪魔にならない小さなメモにしました。
目に見える思いやりって、
なかなか出来ないけど、
こんな封筒のチェックひとつで
出来る思いやりや、
現場で働く人への少しの声かけでも、
パッと光がさすような
そんな気持ちになる時ってありませんか?

さて、今日もほんの少しの思いやりを出せる自分になれますように(^O^)

はぐはぐ。



#特別定額給付金
#思いやり
#粋なチェック欄
#お先にどうぞ


こんにちは

緊急事態宣言解除となり

天気も気持ち良い日が続いていて

外の空気も緑も美しく眩しい名古屋です

 

それぞれの自粛を続けながら

皆さん、どんな気持ちで過ごされていますか

 

物事は良い面をとらえれば、

「では、もっとこれもやってみよう!」

「どうぞ、これで良かったら・・」

と、チャレンジ精神が芽生え、

人を支援し合う温かな交流が芽生え

結果事態の収束は早まる

 

 

悪い面をとらえれば

「いや、そうじゃなくて・・」

「誰も協力してくれない・・」

保身から人を攻撃することも。

誰かを批判して自分を正当化し続ければ

適切な行動にエネルギーを注げず

事態の収束は遅くなる

 

 

いずれにしても、情報爆発のこの世の中で

どんな情報を選んでとるかも選べる

そして、

どんな情報を発信するかも選べる

 

 

根拠なき楽観性ではなく

必要な情報を選び、そこから仮説を立て

どう行動するかを選ぶことはできる

 

 

ちなみに、私は不安なときだからこそ

心の安寧から環境の安寧、

人との精神的距離感を意識して過ごしていました

 

 

コロナのニュースが出たとき

まずはパンデミックに関する映画を見たり

過去の感染症の歴史を調べたりしました

 

 

そして、自粛が始まる少し前から

自宅と書斎の断捨離をして、これからの未来に

必要なものだけを残して多くのものを処分しました

判断を迷うものは、一旦保留ゾーンに移動。

目の前の棚から消して一年必要なければ処分。

 

 

自宅で過ごす時間が増えたので、自宅での居場所を

様々なシーンで使い分けられるように工夫しました

 

 

結果、自宅は以前にも増して大好き空間に変わりました

タイミング的に良かったのか、悪かったのか

2月に亡くなった母の法要に合わせて帰省した息子が

そのまま自粛期間に突入して東京に戻れなくなり

この期間ずっと一緒に過ごすことができたのも

私にとってのギフトとなりました

 

 

仕事といえば、ひたすらオンラインで

個人セッションをしたり、ミーティングをしたり

また自己研鑽のために

自分が勉強会に参加したりしながら

社会と繋がって自粛期間を過ごしました。

 

 

私としては、無理に発信することも

自分の意見を述べることも少なく

公には「閉じた時間」だったように思います。

 

 

ハグの養成講座に来てくれたメンバーが

毎日のように配信し、家族を巻き込んで

ハグニケーションを語り踊り楽しませる姿に

心から感動していました。

 

 

私は思っていました

何故だか、「とっても幸せだなぁ・・・」と。

 

 

多い日で、一日7人、少なくても4人

ある日はグループで20人。

そんな風に、一人ひとりと向き合っていくと

 

 

課題や悩みの後ろ側に、

誰もがしっかりと夢や希望やビジョンがある

 

 

「本当はこんな風になりたい!」

「こんなことをチャレンジしてみたい!」

「こんなことが大好きなんだ!」

 

 

みんな良くなりたい。

その可能性に、あらゆる角度から

チャレンジするきっかけをもらえた

そんな時間だったのかと思います

 

 

イタリアでのハグとキスの禁止令から始まり

入院したら家族にも会えない

学校にも会社にも行けない

お客様に会って話もできない

企画したイベントができない

レストランがお店を開けられない

旅行に行けない、レジャーに行けない

 

 

「感謝の反対は、当たり前」と言いますが

まさに当たり前に感じていたことが

当たり前ではないという経験をしました

 

 

全国的に緊急事態宣言が解除がされ

それぞれの場所に戻ったり

新しい働き方を継続したり

まだまだ不安な要素は沢山あるものの

それぞれの日常に少しずつ戻っていきます

 

 

 

 

私は中学二年生の時に

同居していた祖母が入院して

母がずっと病院で付き添うことになり

ある期間、家族のお弁当づくり

掃除、洗濯などを学校と部活をしながら

両立していた時期があります、

 

学校と部活だけでも忙しいのに

料理をしたことのない私が

家族を支える立場になる。

 

結果、どうなったか。

家はキレイに片付き

料理の腕前は上がり

成績はこの時期が一番良かったというのです

 

人は緊急事態には、異常な力が出るものです

全くできないことができるのです

そう、だからきっと今から

みんなの知恵と行動が高まり

新たな時代を作っていく

そのスタート地点に立っている

 

そんな気持ちでここにいます

 

はぐはぐ。

 

マザーさと子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両親のハグによって乳児がリラックスすることを実証 
~科学の言葉で語る親子のハグ~
 

===========================

東邦大学医学部解剖学講座の吉田さちね助教と
船戸弘正教授らの研究グループは、
両親のハグ(腕で抱きしめること)によって
0歳児がどのような反応を示すのか
心拍間隔の変化を指標に検討しました。


本研究成果は、将来、言葉を話す前の乳児の認知や
感覚処理の発達について理解を深め、
子育て方法の科学的な検証や新たな指針づくりに役立つことが期待されます
(リリース本文より)
 

詳しくはプレスリリースをご覧ください!

==============================

プレスリリース
https://research-er.jp/articles/view/87887

参照元の東邦大学のプレスリリース
https://www.toho-u.ac.jp/press/2020_index/20200407-1071.html

 

【ハグスポットが復活しました!】
ハグスポット装いも新たに設置されました!



設置翌日に訪問してみると・・・
学校が休校になって間もない親子が
じっと見つめています。

そして「日本流ハグの作法」を2人で音読♡

そしてそして、、、
ママと小学校一年生の娘さんとHUG!!

少し休校中の過ごし方について
インタビューしました。

お母さんが仕事に行っている間は
学童に行ってお勉強していること、
友だちと会えないと寂しいことなど、、、。
そして休日の親子の時間を楽しそうに
話してくれました。

そして、喫煙コーナーから
ひょっこり現れたお父様。

「んん??」とハグスポットに注目。

どうぞ!のポーズをすると、
自動ハグ装置に仁王立ち!!

愛するお嬢様とかわゆくて力強いHUG!!

親子の温かな時間でした。

blogに掲載してもよかったら♡

とお声掛けすると、可愛い絵柄のマスク姿で
カメラに視線を向けてくれて可愛い!!

新型コロナウィルスの感染が
拡大しているイタリアでは、
外出、ハグ、キスぜーんぶ禁止です。

お散歩してても友だちに会ったら
すぐに濃厚接触となってしまう国民性なので
仕方ないかもしれません。

一方で、家族の時間が増えて
家族のコミュニケーションが増えている
家庭も多いのかと思っています。
 
経済活動が止まる事で世界は大揺れですが、
一方でベネチアの水が底が見えるほど
透明感が戻ってきた、
中国の大気汚染が減っている

という嬉しいニュースもあります。

世の中は循環している

SDGSの3つの視点は、
経済、環境、社会という3つの側面を
バランスよく統合された形で達成していく事。

自分にとって
本当に大切なとこはなんなのか
社会にとって、
環境にとって、
社会にとって、、、。

と広い視野で物事を
見たり感じたりしていけたらと
思っています。

はぐはぐ。




徳川宗春様の家紋も入った、HUG SPOT
日本流ハグの作法も書いてあります。
ハグを強制的するのは絶対禁止!
相手に選択権を与える、そして、いつでも大切な人に手を広げられる自分になる!というのが私たちのめざしている姿です。



勇気の一歩、さぁどうぞ!
以下4コママンガのノリでご覧ください!



なんだろうね、、、これ?



きゃー!可愛い親子ハグ



パパもハグしたそう♡



うんーっしょ!!!かわいいなぁー


いつの間にか大きくなったなぁ!という心の声が聞こえてきそう


ニッコリ!



私も金シャチ横丁のスタッフさんとハグポーズ。
まだ大学生の彼女のハニカミ萌え。笑


仲良くなりました!


ビストロ那古野の店長とアルバイトさん。
流石にハグは無理、、、、??


んーーー!
言葉のハグで「ありがとう」「おつかれさま」を交わします


安倍店長のウェルカムハグ
金シャチ横丁の宗春ゾーンにハグスポットはあります。
そろそろ桜が咲き始めてほんとに春が美しい場所です


こんにちは、マザーさと子です。

埼玉県飯能市にある
大松閣の女将さんの投稿から。

コロナ対策も大切だけど
接客にマスク姿では失礼、、、。
そんな時に思いついたのが
「ハグ手ぬぐいマスク」
お客様も思わず笑顔になります。

ピンチの時こそ知恵が生まれる
いつも明るく元気な女将さんです!

大松閣


はぐはぐ。