HSPがカレーライスの味より気になること♡それはルーとごはんのバランスです(笑) | 好奇心旺盛で傷つきやすい繊細なあなたの能力を紐解き、覚醒させる方法

好奇心旺盛で傷つきやすい繊細なあなたの能力を紐解き、覚醒させる方法

人口のたった6%しかいない!
好奇心旺盛で行動的なのに繊細で打たれ弱い複雑な性格を紐解き、もともと持っている能力を発揮させる研究家のブログです。



こんにちは~

 

人口のたった6%しかいない!!

好奇心旺盛で行動的なのに繊細で感動屋の複雑な性格を紐解き、
もともと持っている能力を発揮させる研究家流れ星

時田ひさこです。

 

IMG_5314.jpg

リラックマにお布団をかけてあげることがマイブームです(笑)

なんだかわからないのですが、お布団をかけてあげた姿が好きなんです(笑)

なので、リラックマにいつもお布団をかけてトントンしてあげているんですが、、

 

 

 

 

これに過剰に反応する人がいます。

 

 

 

 

三男です。

 

 

 

 

小学3年の三男が、このリラックマお布団トントンの状態を見ると、

別人のようにリラックマを攻撃し始めます(笑)

 

 

 

 

かーわいい(笑)

 

 

 

本人にも自覚できない嫉妬がはっきり出てますよね(笑)

「おれより大事にされてる!」と思うんでしょうか(笑)

 

 

 

 

まず、お布団から外にグイッと引っ張り出されまして、(笑)

そのあと、どこか見えないところに連れ去られます(笑)

俺を見ろ!という意思表示でしょうね(笑)

 

 

わたしが(ふざけて)

「リラックマが連れ去られた―」

「リラックマがお布団なくて寒いって言ってるー」

というと

すごい悪い顔で「んなわけねーじゃん!」と吐き捨てる様に言います(笑)

 

 

 

わかってんじゃん(笑)

人形だってことは。

 

 

 

でも、

妬けるんですね。

 

 

 

 

これがおもしろいところですよね。

 

 

 

こうされるのは俺だけの特権なのに!!ムキー

 

 

 

 

小学3年生だと、

本音は駄々洩れです。

ですが、

体裁もとりつくろいたい、かっこつけたいという欲も出てくる。

 

 

 

だから、

リラックマを隠したあと、

機嫌をとりにきたりします(笑)

 

 

 

 

理性的にはわかってる。

でも、

本能的には許せないんです。

 

 

 

 

 

メルマガに返信をくださった方が、

こんなことを書いていらっしゃいました。

 

 

 

 

バランスについてです。

 

 

食事・モノの配置・時間配分・人間関係・メイク・ヘアスタイル・服装…etc

挙げたらキリがない位、日常生活の中で「バランス」の優先順位は高い。

 

 

「みんな、そうじゃないんだ・・・(@_@。」ということに驚きました。

 

 

昨晩の献立はカレーライス。

まさに、ご飯とルーの“バランス”との闘いです!笑

 

 

あと、

 

 

電車を待つ間、前後周囲のバランスをとって並んでいるかもと思いました。

ホント、どうでもいいことですが、、

 

 

バランスを気にするHSPの方、

多いと思います。

 

 

 

そもそもHSPは

「美的感受性」が高いという研究結果があります。

 

 

 


ハート微細で繊細な香り・味・音・芸術作品などを好む
ハート美術や音楽に深く感動する
ハート豊かな内面生活を送っている

 

 

 

といったことに覚えのある方は多いんでは。

 

 

 

 

この「美的感受性の高さ」と「バランスがいつも気になる」ということには、関係がありそうハート

 

 

 

 

でも、無意識にバランスが気になってしまうので、

自分がバランスを気にしていたとは知らないのです。

 

 

 

 

カレーライスなんて、ほんとにバランスに気を付けないと食べられないものの代表ですよね。
自分が立つ位置についても、確かに そのとーり!!

 

 

全体のバランスを考えて自分の場所を決めているかもと思いました!!

 


こんな些細なことでさえ、自分のバランス感覚を無意識に使っているんですね。


こんなふうに、

自分がどうしてそうしているのかに気づくことができたら、

面白がっちゃったらいいです。

 

 


そして、「そっかそっか」と認めてあげる。
 

 

 

 

つまり

理性的にはわかってる。

でも、

本能的には許せない

ということを面白がることになるんです。

 

 

 

 

「あ、そっか、私って、無意識に電車全体のバランスをとって立つ場所きめてるのかー。そっかー」と(笑)

 

 

 

 

これで、ずいぶんと変化が出てきますよ!

 

 

 

 


ではまた!!ウインクラブラブ


 

まじかるクラウン

ありのままの自分で

いいわけない!
それは、

あなたの思い込みです。

 

11対1 個人セッション

 

あなたは本当の自分の課題に

まだ気づいていません。

 

感受性が強く、思考が深く、周囲を観察し続けているHSPは、

人と同じであることを目指しすぎてしまいます。

 

ほんとは突き抜けた能力があるのに、

人(非HSP)と同じであろうとするばかりに、

あなたがあなたの良さを隠蔽しているのです。

 

それを無意識にやってしまっているから、いつも自滅してしまいます。

 

生きづらさから脱却するには、

複雑なご自分を理解し、

混乱してこんがらがって、拗ねてしまったあなたを認め始めることが不可欠です。

 

ところがその真の課題は無意識にあるため、

自分ひとりでは見つけることができません。

あなたが本当に取り組まなければならない課題に。


さらには、一人では判断を誤ります。

見当違いなところを掘り起こそうとしてしまいがちです。

そして、これまで、ご自身を掘り下げてきたところが間違っていたのかもしれないのです。

 

この無意識にかかわる作業をスタートするかどうかをお試しいただけるのが1対1セッションです。

 

これまでHSP500人以上のセッションを行ってきた実績があり、

あなたの真の課題を見極める力は確かです。


HSPのみなさん

もう、これ以上自分探しをするのは終わりにしましょう!!

IMG_2679.JPG

1対1個人セッションは90分でHSP限定です。

HSPの必須条件は、公平性、貢献心があり、繊細で感受性豊かで傷つきやすい人のことです。

18歳以上男女問いません

 

 

 

 

2本流講座(9月コース満席となりました。現在ご案内しているのは、11月コースです。)

 

 

私たちは、自分を信用し、自分を受け入れていくことで本来の流れ(本流)に乗ることができますが、

それを阻害しているのは、いつも同じ壁です。

 

 

あなたはなんとなく、いつも同じようにうまくいかなくなると感じていらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

その推測は当たっております。

いつも躓くところ、いつも出てくる壁。

それはあなたひとりではわからない場所にあります。

無意識です。

そして、あなたにとってごく当たり前のことになりすぎていて、まったく気づくことができないのです。

 

 

無意識の構造上、この壁は一人ではうまく乗り越えられません。

 

 

ですので、伴走が必要で、伴走でしか乗り越えられません。

 

 

また、HSPのメンタルは非常に複雑なため、

一般的なセラピーではあなたの真の問題点に到達することはありません。

表面上の問題を、一時的に解決するだけです。

 

 

 

HSP、HSP/HSSの方だけに絞って、

あなたの生きづらさに一緒に挑戦していきます。

それが本流講座です。

 

 

上矢印本流講座については、

メルマガにお問い合わせいただいておりますウインクイエローハーツ

よろしければ、メルマガ登録してください音譜

 

 

チュー本流講座を受講していただくには、個人セッションで真の課題を洗い出していただくことが条件となります。

ご了承ください。

下矢印下矢印下矢印

 

 

好奇心旺盛で傷つきやすい繊細なあなたの能力を覚醒させる研究家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ