お灸をしよう! 437回 | はりとお灸の豐春堂のブログ

お灸をしよう! 437回

おはようございます(‐^▽^‐)

 

ほうしゅんどうの西山です(。-人-。)イツモカンシャ

 

 

冷え込み厳しい夜明け前でありました夜明け前

 

いよいよ今年もあと十日余りとなり、

 

ここまで来ますとあっという間に年明けていた

 

という感じとなってしまうのでありましょうかねキョロキョロ

 

昨日の休診日は、

 

少し家の掃除を進めることが出来まして、

 

それはそれで良かったのでありますが、

 

流石に冬至付近とありまして、

 

日暮れが早い分、

 

掃除できる時間も結構限られてきてしまいますねフキフキゴミ捨て掃除

 

ともあれ、

 

師走の中ではありますが、

 

合間合間に用事ごとを少しずつ片づけて

 

行かねばというところでありますニコニコ

 

 

そうした中、

 

こちらの「お灸をしよう!」のツボ紹介も、

 

先日足掛け9年半ほどで

 

一通り全部のツボを回り終えたということで、

 

暫くは以前紹介していたツボを

 

今一度おさらいするということで

 

行こうかと思いますニコニコ

 

 

 

ではでは、

 

今日もお灸を据えていきましょうビックリマーク

 

今回据えるツボは

 

「懸顱(けんろ)」

 

であります(°∀°)b

 

場所はこめかみ側付近となります

 

こちらは2010年8月5日2015年9月10日

 

に紹介したところでありますグッド!

 

 

懸・・・かける。かかる。つるす。心配する。宙に浮かせる。

つるしたさま。かけ離れている。はるかに遠い。

決着がついていないさま。未決の。

楽器の鐘や磐(けい)をつるす桟。

 

顱・・・人の頭。獣の頭。頭蓋骨。

 

(漢辞海より)

 

こちらのツボの位置が、

 

ちょうど額の角よりつりさがったような

 

位置にあるところからの由来となっております(・ω・)/

 

 

またこのツボは属しております

 

「足の少陽胆経」

 

「手の少陽三焦経」「足の陽明胃経」

 

交会穴となっております(ノ^^)八(^^ )ノ

 

 

効能としましては、

 

頭痛、歯痛、顔のむくみ、発熱による顔の充血や熱感、

 

目じりの痛み、蓄膿症などに良いとされております(・ω・)/

 

 

では場所の説明に入ります(^-^)/

 

位置関係としましては、

 

こんな感じであります(°∀°)b

 

モデル:トヨハル君

 

 

まずは額の角にあります

 

以前紹介しました「頭維」というツボと、

 

もみあげ後縁の垂直線と、

 

耳上の尖ったところからの水平線の

 

交わったところにあります

 

こちらも以前紹介しました「曲鬢」という

 

ツボを基準とします(・ω・)b

 

その二つのツボを結んだ線の

 

中間点付近が今回のツボとなります(σ・∀・)σ

 

 

 

 

では場所が決まりましたら



 

いつものように



 

お灸を据えてみましょうビックリマーク




 

レッツお灸グッド!

 

寒さも増し、

 

空気も乾燥してきている中、

 

年の瀬の疲れもあり、

 

体調を崩される方も

 

いらっしゃるのではないでしょうかチーン

 

こうした時期は、

 

鍋など温かい食事を摂り、

 

お風呂お風呂にもゆっくりと浸かって疲れを取り、

 

出来る限り睡眠時間を確保するように

 

していきましょうzzz

 

 

 

お灸をしよう!438回目はこちら

 

 

 

はりとお灸の豐春堂のブログ-めがね猫

 

 

 

はりとお灸の豐春堂ホームページはコチラ

 

スマートフォン対応ホームページはコチラ

 

twitterはコチラ

 

facebookはコチラ

 

Instagramはコチラ


 

ほうしゅんどうLINE@

友だち追加


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 清瀬情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東久留米情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 新座情報へ

 

もし今回の記事がお役に立てましたら、上のお好きなところに投票を

お願い致します(。-人-。)