お灸をしよう! 283回目 | はりとお灸の豐春堂のブログ

お灸をしよう! 283回目

おはようございます(‐^▽^‐)

ほうしゅんどうの西山です(。-人-。)イツモカンシャ


昨日の雨も上がったようであります

東の空8/27

 

こちら清瀬の方面は、

台風の影響による強い雨風はなく、

午前中はやや本降りといった

ところでありましたが、

午後はずっと霧雨のような

弱い雨続きでありました

昨日の夜は、

エアコンをかけることなく、

久々に寝やすい一晩で

ありましたし、

このまま残暑が抜けてくれれば

というところであります(。-人-。)


 

ではでは、


 

今日もお灸を据えていきましょうビックリマーク
 

 
今回据えるツボは
 
「頭維(ずい)
 
であります(^-^)/
 
こちらの場所は、

額の角付近

なります(°∀°)b


頭・・・あたま。こうべ。かしら。人体の最上部。
動物の体の最前部。髪。かみのけ。かつら。
てっぺん。頂上。いただき。器物の先端。
首領。かしら。おさ。最初。初め。付近。
ほとり。かたわら。相手。敵対する者。

維・・・物をつなぐ大縄。つな。法則。規則。
綱領。道義。隅。角。

(漢辞海より)

こちらは

ツボの位置が、

額の角にあるというところ

から由来であります
φ(.. ) 

また、

こちらのツボは、

このツボの属しております

足の陽明胃経と、

足の少陽胆経

奇経八脈陽維脈

との交会穴であります
(ノ^^)八(^^ )ノ


効能としましては、

偏頭痛、目のかすみ、目の痛み、

目がピクピクする、目が風に当たると

涙が出るなどに良いとされて

おります
φ(.. ) 

 

では場所の説明に入ります(^-^)/

 

位置関係としましては、

 

こんな感じであります(°∀°)b

 

モデル:トヨハル君

初めて髪を加えました
(°∀°)b 
 

頭維①

ツボの位置としましては、

額の角の生え際付近が

 

頭維②

 


今回のツボとなります(σ・∀・)σ
 

頭維③

 


または、

額にしわを寄せ、

一番上のしわより

 

頭維④

 


横にたどっていきますと、

おおよそ生え際の角に

たどり着きます
(・ω・)/
 

頭維⑤

 

 

では場所が決まりましたら



 

いつものように



 

お灸を据えてみましょうビックリマーク


 

 

レッツおグッド!



今回のツボの場所は、

昔の書物では

禁灸となっており、

場所としましても

髪の生え際付近となり、

髪の長い方などは、

十分な注意して、

また、

顔の皮膚はデリケートで

ありますので、

弱い熱さの灸にて

行うようにしてください



お盆過ぎまして、

急に涼しさも実感として

感じるようになってきました

そろそろ夏のままの

装いを改めまして、

寒さ対策の準備も

始められるのも良い頃合

となってきました(・ω・)/

本格的な季節変わりの前に

一足先の心積もりをしておくことが、

いわゆる「未病治」や「予防」へと

繋がりますので、

合間合間で準備を始めて

おきましょう(^-^)/


お灸をしよう!284回目
http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventrypreview.do


はりとお灸の豐春堂のブログ-めがね猫    


 

はりとお灸の豐春堂ホームページはコチラ

 

スマートフォン対応ホームページはコチラ  

 

twitterはコチラ

 

facebookはコチラ



     

 

もし今回の記事がお役に立てましたら、上のお好きなところに投票をお願い致します(。-人-。)