お灸をしよう! 206回目 | はりとお灸の豐春堂のブログ
2013年12月12日(木) 07時00分00秒

お灸をしよう! 206回目

テーマ:お灸をしよう!


おはようございます(‐^▽^‐)

 

ほいうしゅんどうの西山です(。-人-。)イツモカンシャ

 

 

 

夜明けが一番短い時期であります星空
東の空12/12

 

 

朝の7時前ぐらいでありますと、

 

まだまだ空は暗い感じでありまして、

 


朝の始動も自然と遅くなってくるせいでしょうか、

 

朝のウォーキングですれ違う人も

 

 

随分と減ってきたものであります走る人

 

 

 

冬至を過ぎますと、

 

 

 

少しずつ朝の人も増えて

 

 

賑やかになってくるでしょうから

 

 

それまではマイペースで

 

 

続けていくとしますかね(^-^)/

 

 

 

 

ではでは、

 

 

 

 

今日もお灸を据えていきましょうビックリマーク
 

 

今回据えるツボは

 

結構名の知れたツボの一つであります

 

 

「足三里(あしさんり)


 

であります(^-^)/

 

場所としましては、

 

膝付近となります(・ω・)/

 

こちらは前回からの順番通りではありませんが、

 

2009年7月31日

 

お灸をしよう! 9回目

 

の時に紹介したツボであります(°∀°)b

 

 

足・・・あし。人や動物の脚のひざから下の部分。

 

 

くるぶしから下の部分。

 

三・・・数の名。みっつ。みつ。み。みたび。

 

数や回数の多いことを表す約数。何度。

 

里・・・村里にある家屋。住民の集落。むらざと。さと。

 

単位名。長さの単位。一尺の1800倍。隋までは

300歩、唐以降は360歩が一里。

 

三里・・・針灸の経穴(=ツボ)=。ひじから三寸ほど

 

先の「手三里」と、膝から三寸ほど先の「足三里」が

ある。

 

(漢辞海より)

 

 

今回のツボの場所が、膝下から三寸下辺りに

 

あるということと、

 

 

「三」という数字は多いということを指し、

 

 

「里」は集まるということから

 

 

多くのものが集まる重要な場所である

 

 

というところでもあります(・ω・)/

 

 

また、お腹の三部

 

 

上焦(横隔膜から上部)

 

 

中焦(横隔膜から臍)

 

 

下焦(臍から下部)

 

 

に良いとされているツボでもありますφ(.. )

 

 

四総穴の一つでありまして、

 

 

「吐腹は三里に止め

 

 

とありまして、

 

 

胃腸関係に良いとされております(・ω・)/
 

 

効能としましては、

 

胃が冷える、腹部膨満感、胃弱、腹痛、便秘、

 

 

みぞおちの不快感、慢性の下痢、消化不良、

 

 

よくゲップする、口臭、しゃっくり、尿が出づらい、

 

 

尿漏れ、食欲不振、膝の疲れだるさ、神経衰弱、

 

 

ヒステリー、神経症、鼻炎、蓄膿症、目のかすみ

 

 

などに良いとされております(°∀°)b

 

 

また昔から無病長寿のツボとされており、

 

 

日本ではよくここに灸を据えるというのが

 

 

盛んでありましたφ(.. )

 

 

 

松尾芭蕉『奥の細道』序文より

 

 

 

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

 

 

舟の上に生涯をうかべ、

 

 

馬の口とらえて老をむかふる物は、

 

 

日々旅にして旅を栖とす。

 

 

古人も多く旅に死せるあり。

 

 

予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、

 

 

漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、

 

 

去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、

 

 

やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、

 

 

そゞろ神の物につきて心をくるはせ、

 

 

道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。

 

 

もゝ引の破をつゞり、笠の緒付かえて、

 

 

三里に灸すゆるより

 

 

松島の月先心にかゝりて、住る方は人に譲り、

 

 

杉風が別墅に移るに、

 

 

 

草の戸も住替る代ぞひなの家

 

 

 

 

面八句を庵の柱に懸置。

 

 

 

 

というように三里の灸は健脚のツボでもあり、

 

 

 

ここに灸を据えながら芭蕉も旅を続けて

 

 

いたのでありましょう走る人

 

 

 

 

では場所の説明に入ります(^-^)/

位置関係としましては、

 

こんな感じであります(°∀°)b

 

モデル:トヨハル君

 


はりとお灸の豐春堂のブログ-足三里①

 

 

まずは膝のお皿の下にあります

 

 

外側のくぼみを基準とします(・ω・)/

 


足三里⑧

そこから指4本分下に下がり、


足三里⑪

膝下外側にあります骨の出っ張りの

 

下側からと、

 

 


足三里⑩

 

膝のお皿の下にある骨を


横に結んだ線の中間辺りの交わった

足三里⑫

ところが今回のツボとなります(σ・∀・)σ

 

ちょうど

 

 

足を地面につけて踵をつけたまま足指側を

 

 

あげると筋肉が盛り上がるところですあし

 

 

また、

 

 

簡単な取り方としましては、

 

 

膝のお皿の上を親指と人差し指で囲むように

 

 

した形で、すねの外側に中指の先を

 

 

当てますと、

 

 

丁度今回のツボの付近に当たります(σ・∀・)σ

 

足三里⑥

 

 

では場所が決まりましたら

 

 



 

いつものように



 

お灸を据えてみましょうビックリマーク


 

レッツおグッド!



寒さも厳しくなり、

 

空気も乾燥してきますと

 

 

やはり流行り出すのが

 

 

風邪であります:゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)

 

 

外出時や年末掃除などでホコリ多いところに

 

 

いた後などにうがい手洗いをキチンと行い、

 

 

十分な室内の加湿、バランスの良い食事、

 

 

不規則な生活習慣を見直し、

 

 

よく睡眠をとっておくなど。。。

 

 

予防に努めて、

 

 

もしも、

 

 

おやっ?と体の変化があったならば、

 

 

体の訴えに素直に耳を傾けて

 

 

「未病治」

 

 

で済むように用心して、

 

 

師走の後半へ向けて

 

 

万全の状態で行きましょう(^-^)/

 

 

 

お灸をしよう!シリーズ207回目
http://ameblo.jp/housyundo/entry-11730412160.html

 

 


はりとお灸の豐春堂のブログ-めがね猫

 

 

 

 

 

はりとお灸の豐春堂ホームページはコチラ

 

スマートフォン対応ホームページはコチラ

 

twitterはコチラ

 

facebookはコチラ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 清瀬情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東久留米情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 新座情報へ

 

もし今回の記事がお役に立てましたら、上のお好きなところに投票をお願い致します(。-人-。)

 

ほうしゅんどうさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ