先日、友達に衝撃的な
タイトルの本を教えてもらいました。



「いい子に育てると犯罪者になります」
岡本茂樹著 新潮新書


http://amzn.to/2hPbqWt

IMG_7151.JPG

(真ん中の本を買いに行って、3冊まとめ買いしました!ウインク


著者は、極めて重大な事件を起こした
受刑者が収容されている刑務所で
更生プログラムを作ったり、
個人面接をしたりされている方。

================
犯罪心理から幼少期の子育ての
あり方を考える

================

と「まえがき」に
書かれていましたが、

子育てにとても役立つ
内容でした。


また、それだけでなく

「幸せな家庭で育った」
と自覚のある私自身が

あるときから猛烈に
「生きづらい」
と感じるようになった理由も
よぉ~く理解できました。


私の場合は犯罪に走るのではなく、

・心理学
・元舞台女優に師事した「表現講座」
・アサーティブコミュニケーション
・コーチング
・脳科学・・・など

様々な学びや人との出会いの中で
「生きづらさ」から自分を
解放することできたので

「ほんまに良かったわ!!」
と心から思いました(笑)

クローバークローバークローバー

ところで、この本に
この記事でお伝えした

やじるしやじるしやじるし

https://ameblo.jp/houkikaori/entry-12323014931.html


「自然体」でいることの大切さが
書かれていました。

著者の授業を受けたある受刑者が
授業の最後に書いた文章に
こうありました。


===============
先生が常にありのままに
自然体で生きておられる方なので、
一つひとつの言葉にも説得力があって、
真実味もあって、

私のように普段どちらかと言うと
「人間不信」の傾向にある者でも
素直に話を聞くことができました。

(中略)

いつも本音で語ってくれますし、
わからないことはわからない、
そんな風に正直に
答えてくださいました。
=================


この文を受け著者は


==================
支援者は「自然体」で
なければなりません。

==================

と書いています。


子どもにとって最大の支援者は親。

だから親も「自然体」でいた方が
いいですよね!


そのために大事なことは、
自分の感情を“抑圧”しないこと。


「いやいやかおりさん、私は
“抑圧”なんかしてませんよ!」

と思われましたか?

本当にそうでしょうか?


すごく腹が立ったのにムキー
「こんなことは怒ることじゃない口笛
と我慢したり。

とても傷ついて悲しかったのにショボーン
笑顔でいたりニコニコ


大人になるにつれて
そういうことが増えていませんか?

日常の中で自分の気持ちや感情を
まずは認めること。


そして、それを素直に表現できる、
安心して愚痴を言える
人間関係を築くこと。


これ、めちゃめちゃ大事!


もしも身近にそんな人がいないなら
プロに話してみるのも一つですね。


私も登録しているボイスマルシェ
https://www.voicemarche.jp/advisers/615

 


ここは、登録前に書類と面接で
審査があるんです。

だから安心して相談できると
思いますよ。

様々な得意分野のプロが
500名以上登録されていますから
ご自身のお悩みに合わせて
相談されるといいですね(^^)
 

 

 

クローバークローバークローバー

 

ベルメルマガ配信していますベル

 

「未来を自分で切り拓く、自立した子を育てる」

やじるしやじるしやじるし