先日、友達に衝撃的な
タイトルの本を教えてもらいました。



「いい子に育てると犯罪者になります」
岡本茂樹著 新潮新書


http://amzn.to/2hPbqWt

IMG_7151.JPG

(真ん中の本を買いに行って、3冊まとめ買いしました!ウインク


著者は、極めて重大な事件を起こした
受刑者が収容されている刑務所で
更生プログラムを作ったり、
個人面接をしたりされている方。

================
犯罪心理から幼少期の子育ての
あり方を考える

================

と「まえがき」に
書かれていましたが、

子育てにとても役立つ
内容でした。


また、それだけでなく

「幸せな家庭で育った」
と自覚のある私自身が

あるときから猛烈に
「生きづらい」
と感じるようになった理由も
よぉ~く理解できました。


私の場合は犯罪に走るのではなく、

・心理学
・元舞台女優に師事した「表現講座」
・アサーティブコミュニケーション
・コーチング
・脳科学・・・など

様々な学びや人との出会いの中で
「生きづらさ」から自分を
解放することできたので

「ほんまに良かったわ!!」
と心から思いました(笑)

クローバークローバークローバー

ところで、この本に
この記事でお伝えした

やじるしやじるしやじるし

https://ameblo.jp/houkikaori/entry-12323014931.html


「自然体」でいることの大切さが
書かれていました。

著者の授業を受けたある受刑者が
授業の最後に書いた文章に
こうありました。


===============
先生が常にありのままに
自然体で生きておられる方なので、
一つひとつの言葉にも説得力があって、
真実味もあって、

私のように普段どちらかと言うと
「人間不信」の傾向にある者でも
素直に話を聞くことができました。

(中略)

いつも本音で語ってくれますし、
わからないことはわからない、
そんな風に正直に
答えてくださいました。
=================


この文を受け著者は


==================
支援者は「自然体」で
なければなりません。

==================

と書いています。


子どもにとって最大の支援者は親。

だから親も「自然体」でいた方が
いいですよね!


そのために大事なことは、
自分の感情を“抑圧”しないこと。


「いやいやかおりさん、私は
“抑圧”なんかしてませんよ!」

と思われましたか?

本当にそうでしょうか?


すごく腹が立ったのにムキー
「こんなことは怒ることじゃない口笛
と我慢したり。

とても傷ついて悲しかったのにショボーン
笑顔でいたりニコニコ


大人になるにつれて
そういうことが増えていませんか?

日常の中で自分の気持ちや感情を
まずは認めること。


そして、それを素直に表現できる、
安心して愚痴を言える
人間関係を築くこと。


これ、めちゃめちゃ大事!


もしも身近にそんな人がいないなら
プロに話してみるのも一つですね。


私も登録しているボイスマルシェ
https://www.voicemarche.jp/advisers/615

 


ここは、登録前に書類と面接で
審査があるんです。

だから安心して相談できると
思いますよ。

様々な得意分野のプロが
500名以上登録されていますから
ご自身のお悩みに合わせて
相談されるといいですね(^^)
 

 

 

クローバークローバークローバー

 

ベルメルマガ配信していますベル

 

「未来を自分で切り拓く、自立した子を育てる」

やじるしやじるしやじるし

 

AD

「『子どもがどんな親を望んでいるか?』
聞けそうなら、聞いてみてください。」


とお伝えしました。
やじるしやじるしやじるし
https://ameblo.jp/houkikaori/entry-12318908355.html

どうでした?


予想どおり?

それとも
意外な答えでした?



私の娘(中3)の答えは・・・

「自然体のお母さん」


でした。


更に

「優しいだけじゃ、ダメだと思う!」

とも言っていました。


おぉ~!そうか!!

ちょっと・・・いやかなり
ホッとしました照れ



本当は娘の言う
「自然体」の意味を
掘り下げたかったのですが、
やめておきました。

(あまりしつこいのもねぇ~^^;)


それで、私なりに

 

「自然体のお母さん」


ってどういうことなのか?


考えてみました。

クローバークローバークローバー

例えば、
子どもを「怒る」「叱る」
ということについて。

「怒る」は、感情をぶつけること。
「叱る」は、注意すること。


子どもを「怒る」のではなく、
「叱る」ことが大事。

一般的にそう言われています。

私も研修や講演会で
そうお伝えしています。


でもね・・・


つい感情的になって
怒っちゃうことだって
あるじゃないですか!メラメラ

体調が悪くてイライラしていたら
八つ当たりしてしまうことだって爆弾
ありますよね!

それってとても「自然」なこと。


いつも優しく穏やかなママなんて
とても「不自然」だと
私は思うんです。


八つ当たりしちゃった後は
「ごめんね!」と謝る。

そういうママからも子どもは
学ぶことが多いのでは
ないでしょうか?



いつも正しくなくていい。
間違ってしまうこともある。

わかっていても
できないときがある。

そんな自分を受け入れて
子どもにも隠さない。


これを「自然体のお母さん」と
解釈するのは、身勝手すぎるかな?(^^;)



でも、「~べき」と自分を律し、
常に正しくあろうとするより
子どもに良い影響を与えるような
気がしてなりません。



追伸:

来月初めに保育園で
「効果的な叱り方」について
講演します!

 

 

 

クローバークローバークローバー

 

ベルメルマガ配信していますベル

 

「未来を自分で切り拓く、自立した子を育てる」

やじるしやじるしやじるし

 

AD

「お母さんに話を聴いてもらうと、なんだかスッキリする!」

子どもにそう言ってもらえるお母さんを目指しませんか?

 

そもそもこのセミナーは、

「私が娘の悩みの解決を、会話することで手伝った」

ということをブログの記事にアップしたしたことがきっかけ。

 

解決策を授けるのではなく、子どもが自分で壁を乗り越える力を引き出す

https://ameblo.jp/houkikaori/entry-12142380963.html

 

これを読んでくださった方から

 

「教えて欲しい!」

「母親向けのセミナーがあるなら、受けたい!」

 

とリクエストをいただいて始まりました。

 

imageimage

 

保育園、小学校、中学校・・・

 

子どもが成長するにつれて、一緒にいる時間は短くなります。

 

お友達とトラブルがあったとき、

小さいうちは親同士で連絡を取り合い

解決してあげることもできた。

 

でも、大きくなるにしたがって、そんなわけにはいきませんよね。

 

悩みや困難を「親が解決してあげる」のではなく

「子どもが自分で考え、困難を乗り越える力(=自立力)」ことが必要。

 

 

「でも、どうやって?」

 

このセミナーでお伝えしているのは

「会話」で子どもの自立力を育てる方法。

 

毎日何気なく交わしている子どもとの会話。

 

会話をちょっと意識して変えることで、

少しずつ自立力を伸ばしていくことができるんです。

 

 

そのために必要な

 

・親の意識(スタンス)

・会話の技術(スキル)

 

を無理なく少しずつ身に付けていただけるように

なっています。

 

◆内容◆

 

第1回 1.子どもと会話を始める前~忘れちゃならない2つの大事なこと~

     2.会話に大切な基本スキル その1

       子どもの自己肯定感を高め、親子の絆を強める「聴き方」

 

第2回  2.会話に大切な基本スキル その2

      子どもの考える力を伸ばし、未来が楽しみになる「質問」

 

第3回  2.会話に大切な基本スキル その3

       “足し算の思考”で子どもを見る「認める」

 

第4回  3.タイプに合わせた接し方~子どもの“タイプ”を知ろう~

      4.まとめ 悩みの出口を見つけるための考え方

 

◆受講料◆ 5,000円/1回

 

※ 受講生さんが3名以上で開催しています。

 

 

AD

今日の近畿地方は、

11月中旬並みの気温だそうです。


お元気ですか?


我が家は先週、子どもたちが相次いで

喉と鼻をやられ、

マスクとティッシュペーパーが

大量に消費されています😓



子どもたちが風邪ひいて

思い出したことがありました。



去年、娘の学校で聴いた

脳科学に詳しいカウンセラーさんの

講演の中で出てきた話

  


「そんなことしてたら風邪ひくよ!」

「そんなかっこうで、風邪ひいたらどうするの?」

「風邪ひくといけないから●●しなさい!」

 

こんな言葉を子どもにかけ続け、

そのうち子どもが風邪をひく…



ガーンガーンガーン



確かにありますよね〜あせるあせるあせる



子どものことを思ってかけている言葉が


全部ネガティブ!


ってこと(苦笑)。



「今勉強しないと

将来大変なことになるよ!」


とかね(^▽^;)


脅しやん!



でも、ポジティブな言葉って、

かなり意識してないと

出ないんですよ!



よかったら、

ちょっと意識してやってみてくださいね!


自分にも子どもにも

いかにネガティブな言葉を

かけていたことか!


…と気づき、愕然とするかも汗汗汗




{5F2A9E08-6CEE-42DA-A3D9-04925BED1844}

今日は保温弁当箱にしました。

オカズはおでんおでん左おでん真ん中おでん右 


お昼にホッコリしてくれるといいなぁ〜照れ



クローバークローバークローバー


メルマガ配信していますニコニコ


「未来を自分で切り拓く、自立した子を育てる!」

https://48auto.biz/serurira/registp.php?pid=2


ベル「正論」ではなく、日々の子育てのヒントになる話、「今だから笑える私の失敗談」などをお伝えしています。ベル


先週は、西栗栖小学校に

お招きいただきました。

 

https://ameblo.jp/houkikaori/entry-12317486767.html
 

これから年末にかけて

いくつかの小学校や保育園に
講演会や研修で呼んでいただいています。



子どもが小さかった頃のことを
リアルに思い出そうと考えて、
久しぶりに家の本棚にあった
この本を手に取りました。

「『育てにくい子』と感じたときに読む本」
児童精神科医 佐々木正美著

 

http://amzn.to/2gbmEYi

FullSizeRender.jpg

開いてみてびっくり!びっくり

 

FullSizeRender.jpg

あらゆるところに赤い線が
引いてありました。

「相当悩んでいたんだなぁ・・・」
と他人事のように(笑)思いました。


今回改めて読み返してみて
「なるほど!」
と思うことが多々ありました。

その中から1つ、少し長いですが
引用します。

クローバークローバークローバー

いちばんいい方法は、
子どもを変えようとしないことです。

「親が望むような子にしよう」
と思うのではなく、
「子どもが望むような親」に
自分自身がなるといいのです。

子どもがしてほしいことをしてあげて、
子どもが望まないことはなるべく
しないようにする。

たったそれだけのことで
いいのです。

そうすることで、
子どもはいきいき笑顔に
なることができます。

成長や発達の早い子も遅い子も
いるでしょう。

器用な子も、不器用な子もいるでしょう。

けれど、その子なりのペースで
自信をもって育っていけるようになります。

そしてそのような子育ては
お母さんにとっても楽なのです。

楽な子育てが、上手な子育てなのです。

クローバークローバークローバー


そう言えば私も子どもに
「こうなって欲しい」
と望むことはあっても、

「子どもはどんな親を
望んでいるんだろう?」


と考えたことがなかったなぁと
これを読み返して思ったんですね。


それで・・・

思い切って、中3の娘に
聞いてみました!


「この間、ある人のブログを見てたら
子どもに『優しいお母さんがいい!』
と言われた、って書いてあったのね。

どんなお母さんがいいと思う?
やっぱり優しいお母さんがいいのかな?」

と尋ねてみたんです。


娘は「う~ん」としばらく考え、
ちゃんと答えてくれました。



予想もしない答えでしたが、
嬉しかったし、勇気づけられました照れ

その内容は、後日改めて

お伝えしようと思いますウインク


ちなみに、息子(高3)に聞く勇気は
私にはありませんでしたあせるあせるあせる

これをお読みのあなたも
聞けそうなお子さんがいたら
一度聞いてみてくださいね。

意外な答えが得られるかも!


では、また!

 

クローバークローバークローバー

 

ベルメルマガ配信していますベル

 

「未来を自分で切り拓く、自立した子を育てる」

やじるしやじるしやじるし