たのしいホルン

たのしいホルン

楽器のおたく話(Kruspe)や日常のことを綴っているブログです。
もっと楽しくホルンが吹きたい!プロオケってどんな世界なのだろう?
初心者だけどホルンが吹いてみたい!・・・このブログを通してそういったこともお伝え出来ればと思っています。


テーマ:

(↑セミダブルを吹く???我が家の「たろう」)

 

現在、世界(もちろん日本を含めて)のプロオーストラの

ホルン吹きの方で、セミダブルを使っている人は

いったい何人いるでしょうか?

マイノリティー(^^;であることは間違いありません(^^;

ただ戦前のヨーロッパでは、かなり多くの奏者が

セミダブルを使用していました。

 

師匠がよくおっしゃっていたのは、

 

「オーケストラのホルンセクションは、

1・3番吹きはBシングル、2・4番吹きはセミダブル、

これで十分だし、そのほうが良い響きがする。」

 

ということです。

もちろん、師匠のお考えでありますし、

少数意見であることは間違いありませんが、

私もこの意見には大賛成(^^;している一人です。

 

現在の世の中のホルン吹きの方は、ホルンを始めた時から

フルダブルしか使用してこなかった方が圧倒的多数です。

つまり、シングルホルンもセミダブルも使ったことはない、

見たこともないという人が多数いらっしゃるということです。

実は私も最初はメロホンで、その後がFシングルでしたので、

セミダブルという楽器の存在自体を全く知りませんでした。

初めて見たのは、高校生の時、師匠のご自宅でしたが、

なんと!触りもしませんでした(^^;

それだけホルンはフルダブル!という観念があった訳です。

現在普通にセミダブルを仕事で使用している私でさえ、

そうだったことを思うと、多くのホルン吹きの方が、

セミダブルに対して持つイメージがどんなものであるかは、

手に取るように理解できます(^^;

 

それでも師匠は、セミダブルの可能性を高く評価されていて、

1980年の中頃「国産のセミダブルがないのはおかしい!

ヨーロッパのホルンメーカーで、セミダブルを作ってない

工房はどこにもない。全ての工房がセミダブルを作っている。

世界のヤマハにセミダブルがないのはおかしい。」

とおっしゃってヤマハでセミダブルを作ることになりました。

クルスペをモデルとしたYHR-841がこうして誕生しました。

このモデルは現在でも(特注ではありますが)

作られているロングランモデルです。

もちろん師匠は上吹きで、ほぼ生涯Bシングルでしたので、

セミダブルを吹かれることはありませんでしたが、

この楽器の普及を日本で一番望んでいた方だと思います。

 

師匠は、

「まずは吹いてみる!吹かなきゃ、分からない!

有名人が使っているとか、プロが使っているとか、

そういうことはどうでもいい。

自分が吹いてどう思うか!これが一番大事なんだ。

自分の好きな音が出る楽器を使えば良い。

オレはクルスペが好きだから使っている訳ではない。

オレが出したい音が一番出しやすい楽器が、

たまたまクルスペだっただけだ!」

そう、何度も何度もおっしゃっていました。

自分もそう思って来ましたが、

ただ、そういう思いは、師匠の影響だけでなく、

確かに自分で感じていることではあるのです。

実際、私は結構いろいろなメーカーの

楽器を実際に仕事で使用してきた経緯があり、

(ちなみに・・・私が過去使用した楽器は

 ヤマハ・メーニッヒ・アレキ・コーン・ホルトン

 オットー・ホイヤー・ハイネル・レオンハルト・

ウイルソン etc 

もちろん、全て自分で購入し、使っていたものです)

その結果、やはり今使っている楽器が

一番自分の出したい音が出しやすいと思っているので

クルスペを使っている訳です。

 

「セミダブルがフルダブルに比べて

重厚な音が出ないって?

  低い音が出ないって? そんな訳ないだろ!

  フルダブルは重量が重いってだけだ!

音色が重くなる訳じゃない。」

 

「よくセミダブルはどうのこうのと

言っているヤツがいるだろ?

実際吹いて、使って、そう言ってるか?

そうじゃないだろ?

使いもしないで、ごちゃごちゃ言うナ!」

 

毒舌で有名な師匠の、

悪童が悪戯する時のようなニヤニヤ笑いの

いつもの話し方が、とてもとても懐かしいです!(^^;


テーマ:

クラシック音楽をオーケストラや吹奏楽で演奏する場合、

作曲者や編曲者が書いた通りに演奏することが

大前提になります。

 

つまり楽譜通り、忠実に吹ける・・・ということが

       「上手く吹く」

という条件に当てはまる、ということになるでしょうか・・・

 

もちろん、リズム・テンポが全体の流れに合っているかどうか、

とか、音楽的に抑揚がつけられているかどうか、とか、

上手く吹く、という定義に対して求められる要素は

たくさんあります。

ところが、ホルン(だけではないのですが)の場合、

譜面に書いてある音が確実に出るかどうか・・・

つまり最も基本的な、楽譜通りの音が出るかどうかという、

大切な要素に、とても大きな不安があります。

 

そうです!つまり「音が外れる」という

恐ろしい(^^;出来事が待っているのです。

特にホルンの場合、音を外すと、

なぜか他の楽器以上に非常(異様に(^^;)に目立ちます。

「プルン」「ペロン」「ボヘッ」「バリッ」「ブヒッ」

という擬音に最も親しい関係にあるのがホルンです。

 

では、音を外さなければ、上手い!のか?そうですね・・・

ホルンという楽器においては、上手い・・・のでしょう。

 

が、よく考えてみてください。録音されたものは、

ご存じ通り、事故があれば、もう一度やりなおせます。

また少々の雑音や乱れは、ライブであっても

近年の録音技術で、ある程度の修正は可能です。

ところが、生演奏は、その演奏はその時一度限り、

二度と聞けないものとなります。

 

一期一会です。

 

茶道の言葉ではありますが、生演奏も全く同じです。

 

そんな中で、音を外す、間違う、ことに

大きな問題があるのでしょうか?

生演奏の醍醐味は、奏者と聴き手が一体になって、

その場、その一瞬の音を楽しむ場です。

誰がなんと言おうと、実際その場に居た人ではないと、

その雰囲気、感覚は味わえないのです。

であれば、ホルンがここで一発外した、ミスった、

という事を話題にあげて、下手だった・・・ということに、

どれほどの意味があるでしょう。

そんな些細なことより、音楽を全身で受け止め、

それを聴いた、ということが一番ではないでしょうか?

演奏者は、音楽を聴いていただいてナンボです。

ミスをしようと思って演奏している人は

プロアマ問わず、誰一人としていません。

たまたま結果そうなっただけです。

ですので、聴き手も、ミスを探すための演奏会でなく、

生の演奏を楽しんでいただきたいなぁ・・・と思います。

これが基本になると、上手い下手は、音を外すことではなく、

どれだけ聴き手が耳を傾けることができるかどうかが、

その判断になるかではないでしょうか?

ただ・・・聴くことに特化すれば・・・

おそらく「上手い」とか「下手」とか

そういう感想は徐々に減っていくのではないでしょうか?

 

最近歳を取ってくるにつれ、

こんなことも書けるようになりました。

若い時は、そうは思っていても、

ま・・・自分がそう思ってるだけだから・・・

と、このようにブログで書くなど

思いもしませんでしたけど(^^;

歳を取るというのは、悪いことばかりではないですね(^^;

私は、論争等あまり得意ではありません。

今回述べた意見は、あくまで私個人の小さな感想であります。

反論等多々あると思いますが、ご容赦ください。

 

以上の私の偏見(^^;ある意見をご覧いただき、

「あ、ホルンって、音外してもいいんだ!」

(もちろん外さないほうが良いに決まっているのですが)

と思っていただけば幸いです!(^^;

とにかく、ホルンは楽しい楽器なんです。

楽しく演奏していただければいいですね!!!


テーマ:

【売り情報】

1920~30年代のクルスペ。

プレホーナー黄色ワンピース。

ノーラッカー。ロータリーメッキ済み。OH済み。

FB切り替えロータリー → オープンF のみ。

小指掛け可変式(オリジナル小指掛けあり)。

即戦力(^^;。そのままお使いいただけます。

 

(注)→この時代のプレホーナーの

FB切り替えロータリーは小さく、120°可動式

なので、ストロークが深く、押し辛いという欠点が

あります。ご了承ください。

 

都内試奏可能。購入後地方発送可。

他詳しい内容等メールにてお問い合わせください。


テーマ:

ご存じない方も多いでしょう。

国内では生産中止になってからずいぶん経ちます。

昔は中学校の吹奏楽部に何本か残っていたものですが、

今では、おそらくもうほとんど存在していない楽器です。

名前はメロホン。詳しいことは書くと非常に長く

なりますので割愛いたしますが、

日本ではホルンの代用品として、

1960年代~1980年代くらいに活躍した楽器です。

 

ホルンの代わりと言ってもホルンとはかなり違います。

まず右手でピストンを操作し左手でベルを構えますが、

ホルンのようにベルに手を入れる必要はありません。

というより、手を入れてはいけません。

普通のホルンと一緒に演奏すると

お互いのベルがぶつかります。

 

中学入学時、初めて手に触れた楽器がこのメロホンです。

ニッカンのボロボロの楽器でした。

2年生の時はラッカーがかかってはいるものの

古いボコボコのヤマハを使わせていただき、

3年生になった時、

音楽の先生に「フレンチホルンを買ってください!」

と直訴したものの、お金がないので買えない、

と却下され、代わりと言ってはなんだが、

新しいメロホンを買ってやる!と言われ、3年生の時は

新品のヤマハメロホンを使わせていただきました。

大事に使うあまり、楽器をクロスで握り、

そのクロスが滑って楽器を落とし、

ベルを凹ましたことは鮮明に覚えています。

職員室へ行き(当時の中学生には怖い部屋でした)

音楽の先生に謝りに行った場面までよく覚えています。

こうして私の中学3年間はメロホンとともにありました。

せめてマウスピースだけでもフレンチホルン用を

吹きたいと願い、なけなしのお小遣いから、

ヤマハのマウスピース(当時3000円くらい?)を

注文して入手したものの、メロホンのシャンクに

合わず、ショックを受けたことも懐かしい思い出です。

 

そんなメロホン、まさに私が使っていたのと同じ型番の

ヤマハYMP-201が、ヤフオクに出たのです。

しかも、ほぼ新品に近く、

マウスピースも当時のケースも記憶のままです。

落札後、取引先がわりと近所だったもので、

直接取りに伺ったところ、

出品者さまはリサイクルショップさんだったため、

楽器の扱いが分からずピストンが逆に差さっていたため、

音が出ずにジャンク扱いで申し訳なさそうでしたが、

直して音を出してあげると、ビックリなさっていました。

「音が出てよかったー!」と。

いえいえ、こんな良い状態で残っていたのは奇跡的で

感謝していただいて来ました。

 

これで中学3年の時は、吹奏楽コンクールで、

チャイコ4番の4楽章を演奏し、中国大会

(当時島根県からは2校しか出られなかった)

まで出たのですから、思い出は、いっぱいです。

 

しかし・・・今吹いてみると・・・・・・

ありゃ・・・こりゃ・・・・・・

やはりホルンとは全くベツモノだなぁ・・・

と、つくづく感じます(^^;

 

でも・・・嬉しいなぁ!!!

 


テーマ:

先日、新大久保のダクさんへ別件で伺った時、

たまたま売りに出る予定の楽器を試奏させて

いただきました。クルスペのプレホーナーです。

1920~30年代あたりだと思いますが、

非常に珍しいことに(^^;、ほぼオリジナルです。

よくまぁこの状態で残っていたと驚きました。

ロータリーのメッキはすませてありますので、

即戦力(^^;です。当時の響きを今に残す、

非常に稀で貴重な楽器です。

試奏おすすめ致します。

またこのプレホーナーについて、

「クルスペファンタジー」のほうも

更新しましたので、

もしお暇あればご覧ください。

https://blogs.yahoo.co.jp/horntry

 

さて、今月23日(土)午後7時、

都内、市ヶ谷のルーテル市ヶ谷ホールにて

第12回クルスペホルンアンサンブルの

演奏会を行います。入場は無料ですので、

是非足をお運びくださいませ。

クルスペがずらりと並ぶのを

ご覧になるだけでも、楽しい(^^;ですよ!


テーマ:

お預かりさせていただいている楽器達・・・

ちょうど時期が重なり我が家に大集合!

全てクルスペ工房のセミダブルホルンです。

 

左から年代順に並んでいます。

左端は1920年前後のグンベルトモデル。

ニッケルでベルが極太タイプ。

左から2番目は1930年代の

赤の初期型ヴェンドラーモデル。

メイン管とF管が十字になっているので

この巻きだけでグンベルトという人も

いますが、初期のヴェンドラーはこの

巻きも作っています。表の1番、3番管の

曲げ方もいろいろあります。

左から3番目は1940年代の赤の

ヴェンドラーモデル。ここまでは、

F-Bの切り替えロータリーは120°です。

右端は2004年ヘルドマン氏の赤の

ヴェンドラーモデル。1960年代頃からは

F-Bの切り替えロータリーに90°の

ものを採用しています。ロータリー屋さんが

ドライヤーに変わったからでしょうか。

 

こうやって眺めると、約100年間の歴史を

感じますが・・・・・・どの楽器もOHを終えて、

全く問題のない「現役」です(^^;。


テーマ:

先々代(と言うべきか?)シュナイダー氏が亡くなられたのが

1979年頃のこと。我々が若い頃に「ニュークルスペ」と

呼んでいたシュナイダーも38年も経てば立派?なオールドですね。

しかもシュナイダー氏は戦前からクルスペで働いていましたので、

氏の若い頃の作はすでに70年以上のものもあります。

いよいよオールド感(^^;満載?です。

この度、新宿のドルチェ楽器さんで売りに出された

クルスペのシュナイダー、かなり良いモノです。

おそらくベルは戦前に作りおかれたものを戦後に

曲げて使用してもので、刻印には Made in Germany。

つまり東独時代のものではないですね。

ところが、F-B切り替えの90°ロータリーは

戦後作られたものですので、楽器として完成したのは、

1950年~60年代の作になります。

シュナイダー氏も戦後の大変な時期ではあったものの、

細々とではありますが、かなり良い楽器を

作っていた時代でもあります

この楽器もシュナイダー作の中でもかなり良いモノですね。

黄色のワンピースで、もちろん後掛けですが

ラッカーも掛かっていますので、状態はキレイです。

メインチューニング管と、ベルの淵周りに当てがねが

ありますが、大きな問題とはならないでしょう。

ロータリーはおそらく過去メッキされているようですが、

時間が経っているために、少々減っては、いるようです。

とにかく、音が素晴らしいですね。

シュナイダー独特の豊かで温かい音です。

是非試奏お薦めします!

詳しくはドルチェ楽器の小嶋さんまで!


テーマ:

2017年12月23日(土)午後7時

都内、ルーテル市ヶ谷ホールにて

第12回クルスペホルンアンサンブルの

定期演奏会を行います。

 

今回は

「日本人の作曲・編曲による

  ホルンアンサブルコレクション」

と銘打ち、日本の曲・編曲の

アンサンブルをお楽しみください。

 

有馬礼子先生は、私の音大時代、

私の師匠のためにホルンアンサンブルを

書かれています。

そのつながりから、

クルスペホルンアンサンブルのためにも

曲を書いていただきました。

この度も先生の新作を初演させて

いただきます。

 

古田儀左ェ門氏と私は「ジ・オクテット」

という木管アンサブルでチームを

組んでいますが、儀左ェ門氏とは

今から33年前の桐朋学園で

ご一緒してからの長いおつきあいで、

当時オケで一緒に組んだ

モーツァルトのピアノコンチェルトの

素晴らしいホルンは今でも

鮮明に記憶に残っています。

その儀左ェ門氏が、我々

クルスペホルンアンサンブルのために

書いていただいた、

日本のメドレーを抜粋で

再演させていただきます。

 

ボブ佐久間氏とは、オケでご一緒してから

ゴルフのお付き合いになりました(^^;。

オケのアレンジがあまりに素晴らしく、

今でも当時やった映画音楽の編曲は

語り草になっています。

ボブ佐久間氏の最初のホルンカルテット

も、氏のゴルフをやっている姿を

思い浮かべながら演奏したいですね(^^;。

 

柏原賢氏は、関西フィルのホルン奏者で

昔、山本昭一氏が主宰していた

ホルンアンサンブル東京=大阪という

団体でご一緒させていただきました。

素晴らしい編曲をされている方です。

一番の有名な曲は

「ずいずいずっころばし」でしょう。

今やホルン吹きであれば、

知らない人はいないくらい有名に

なりました。海外のホルンアンサンブル

でも演奏されていると聞いています。

 

今回は、ホルンを知らない一般の方でも

気軽に楽しんでいただける曲ばかりと

自負しております。

素敵な響きのするルーテル市ヶ谷に

馴染みのあるメロディーが多く聴ける

ホルンアンサンブルに

是非お越しくださいませm(_ _)m

 

クルスペファンタジーも更新しております。

クルスペのオタクブログをご覧になりたい

オタクの方々はコチラに

https://blogs.yahoo.co.jp/horntry

 

 


テーマ:

子供の頃から乗り物に酔う人間でしたので

(ま、今でも(^^;)基本乗り物は嫌いです(^^;

ですので、旅は、その場所に行けば「良かった!」

とは思うのですが、進んで行きたい!・・・

とは思わないタイプです(^^;

それがなんの因果か、

旅に出る必要のある仕事に就いてしまいました。

 

ただ、

先月末の北海道での仕事は楽しかったです。

札幌からレンタカーを借りて、

稚内まで走りました。高速は旭川の手前で

降り、留萌を経由して北海道の西側を

ひたすら走りました。

オロロンラインというそうですね。

稚内では、ノシャップ岬、宗谷岬で見惚れ、

食事は寿司や海鮮丼を堪能し、

本当に仕事してんのか?!と

言われそうな旅でした。

猿払村というオホーツク海側にも行き、

そこでは、大きな二重の美しい虹に

出会いました。偶然にも、その数日後、

都内でも同じ虹が出たようですね。

 

以下、日本最北端シリーズ(^^;です。

日本最北端のゴルフ場「稚内カントリー」

 

日本最北端の食事処 ホタテラーメン&ミニうに丼 絶品

 

日本最北端の郵便局

 

稚内駅

 

日本最北端 マクドナルド (^^;

 

ホルンの話題もひとつ!

クルスペホルンアンサンブルの第12

定期演奏会が決まりました。

ご来場お待ちしています!

 


テーマ:

8月20日浜松市の天竜壬生ホールで

クルスペホルンアンサンブルの演奏会、

無事終了いたしました。

多く(我々の演奏会にしては)の

お客様にご来場いただき、

誠にありがとうございました。

当日はご近所の夏祭りと重なり、

交通事情でご迷惑をおかけしたうえ、

プログラムの不足などで、

ご来場いただいたお客様には

大変失礼をいたしました。

申し訳ありませんでしたm(_ _)m。

本番後の御礼ご挨拶でも

申し上げました通り、我々のHP上で

プログラムを掲載させていただきましたので、

コチラをご覧いただければ幸いです。

http://www.kruspehorn.jp/home.html

またアンケートからも多くの皆様から

ご意見をいただきましてありがとうございました。

今後、多くのご意見を参考に、

お客様に楽しんでいただけるよう

演奏して行きたいと思っています。

またのご来場お待ちしております。

 

地元の皆様で保安員や影アナを

お願いした方々にも感謝いたします。

ありがとうございました。

 

それにしても、天竜壬生ホールの

響きは素晴らしく、ホルンを吹いていて

こんなに気持ち良く吹けるなんて・・・!

「幸せ」を感じました。

また多くの傷(^^;を隠していただけるホールで

上手くなったような錯覚に陥ります(^^;。

また是非演奏したいホールです。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。