ハイヤーセルフという言葉がありますが | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:

 自己の中のエネルギーの高まりは自然にはできません。例えば、世の中でハイヤーセルフと言われている高次元の自我との接触なんて言葉を聞いたら、”凄い”とか思ったりする人が多いですね。

 何より怖いのはこう言う言葉に騙されることです。実際にこの言葉を使っている全ての人がハイヤーセルフと接触できるているとは限りません。寧ろ、そう思い込んでいることの方が多いんです。或いは、それを教える先生達にそうだと思い込まされている場合が殆どです。

 ハイヤーセルフという言葉には色々な解釈があり、実際にハイヤーセルフと接触した方からは、接触する前段階でどんな感覚があり、或いは、自己の意識がハイヤーセルフの中にいる時にどんな感覚があったかが、その人が本当にハイヤーセルフと接触できたのか、或いは、ハイヤーセルフの意識状態になったかを判断できます。また、ハイヤーセルフと接触できる人はいくつかの条件をクリアした人だけです。誰でも接触できるものでもありません。

 ハイヤーセルフとコンタクトできると様々な情報が湧き出ると言う人がいますが、それはハイヤーセルフとのコンタクトではなく、潜在意識やオーラの一部とのコンタクトに過ぎません。意識の中の色々な城壁が取れて、放出しようとしているだけです。潜在能力を少し開くことができただけのことです。

 このことも制御する術を知らないと人が行うと絶えず潜在意識の情報が放出し続けるリスクを持っています。自分では神になったかの錯覚に陥ります。そして、潜在意識の情報が放出し続け、その情報を受け続けることは、それは体内の気のエネルギーを放出し続けることでもあり、何れその方は病気になるか、精神的疾患を持つリスクを負います。

 ここで、付け加えるならば、ハイヤーセルフと接触できて喜んで、意識に浮かんできた情報を得ることで自分が神か如くに勘違いをする人も多く、それは単に今まで眠っていた潜在意識が少し活発に活動し始めただけで、実際には接触してはいません。元々その人の潜在能力のほんの何パーセントかが開けただけです。中には自分を神の如く勘違いして、宗教の教祖になったりする人もいます。大きな勘違いです。

 元々、ハイヤーセルフは真にコンタクトできた人にしか説明ができなのが実際です。ハイヤーセルフ自体は、第二・第三の自分ではありません。また、宇宙の様々な情報を放出する存在でもありません。寧ろ、ハイヤーセルフ自体は無です。宇宙そのものです。そこには至福しかありません。

 心身全て、自己の身体もその外側に位置するオーラも含めた全てが至福に包まれます。これは体験したことのある人にしか分かりません。詳しくは言いませんが、最初にアンタカラーナでの感覚が起こり、その後、全身が至福に包まれる(神そのものになる)感覚等があります。

 私が一番危惧していることは、こう言った新しい言葉を話す人達を鵜呑みにしてしまうことです。知らないから真偽の判断ができないことです。知らないことは疑ってみるべきです。

 この能力は高額な月謝を払って短期講座で一年位で習得できたり、他の人に教えたりできる代物でもありません。何より自分が判断ができないことには近づかない基本的な姿勢があなた自身を救います。

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント