お彼岸ウイーク。

 

9月の大型(?)連休とのことで、

シルバーウイーク中っていうことになるのでしょうか。

 

4連休の方は、多いでしょうか。

 

さて、先日ご紹介しましたヒガンバナですが、

犬山の桃太郎公園近くの木曽川河畔は、

まだまだの状態でありました…。

 

 

まだまだ蕾でしょ。

 

 

見ごろは、今月末から10月初めごろでしょうか。

 

 

楽しみに待つことにしましょう。

 

 

桃太郎公園では、

桃太郎もおともも、鬼も待っていますよ。

 

 

サルは黍団子を持って。

 

 

桃から生まれたばかりの桃太郎も。

 

 

烏骨鶏も…。

 

 

レトロなポストも。

そして、栗栖地区の文化財巡りコースの紹介も。

 

 

巨樹古木のイチョウの木も。

 

桃太郎公園では、

10月10日から、毎年恒例のかかしコンクールがあります。

詳細は紙面でもご紹介しますね。

 

11月に入れば、紅葉・黄葉も楽しめますよ。

コロナの影響で、

季節ごとの手ごたえを感じないまま、

朝夕は涼しい風が吹き始めました。

 

そろそろ、

わがエリアでも、

彼岸花が咲き始めているでしょうか。

 

明日あたり、

確認に出掛けてみようと思のですが、

お天気が気にかかりますね。

 

それでは、

昨年の画像ですが、

江南市のすいとぴあ江南から西に入ったところの

忠平猿尾のヒガンバナをご紹介いたします。

 

 

あかのヒガンバナに加えて

黄色、白色も…。

 

 

今年も咲き始めているかな?

 

そしてこちらは、

犬山の栗栖地区、木曽川河畔のヒガンバナ。

 

 

広いエリアで咲くのですが、

今年も咲き始めているでしょうか。

 

 

昨年は、カメラを手にした方が、

たくさんいらしていました。

 

どちらも、咲き具合が気にかかります。

今日は午後から、

犬山市にある青塚古墳へ。

 

今朝の中日新聞に紹介されていた、

御墳印の取材です。

 

青塚古墳では、

こんなかわいらしいピンクの花が…。

 

 

なんという花なのか、初めて見ました。

 

調べてみましたが、ナツズイセン…ですか?

彼岸花のように、すっくと立っています。

 

そしてこちらも、

こんなに可憐で小さな白い花が…。

 

 

こちらも、名前分からず…。

 

調べてみたところ、ゼフィランサス…ですか?

本当に可憐です。

 

公園はきれいに草がカットされていましたが、

古墳には、ススキ。

 

 

秋を感じさせますね…。

今月末には、古墳の草刈りも予定されています。

 

 

巨樹古木の名札のついた、エノキ。

 

エコアップリーダーの方々による管理が、

しっかりなされています。

 

 

こんな空模様で、

取材中には雨ザーザー。

 

しばらく足止めとなってしまいましたが、

御墳印以外にも、ニワ里ネットさんが発行されている文化遺産カード、

東之宮古墳、今後のイベントなどもお聞きすることができました。

 

御墳印については、

紙面でご紹介いたしますが、

 

愛知県内3大古墳で発行されていて、

文化遺産を巡りながら御墳印を集め、

3古墳巡った先着50人にはプレゼントがありますよ。