こんにちは。内科医 ひとちゃんですニコニコ


暑い日が続きますね。皆さんの体調は、いかがでしょうか?
さて、明日までJTKクリニックは、お休みを頂いています

今回は、JTKクリニックの癌免疫診療で何が可能かということを書いてみたいと思います



右差し当クリニックの癌の免疫治療内容

1)免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボなど)

オプジーボは、T細胞のPD-1と結合して免疫の働きにブレーキがかからないようにするのが「免疫チェックポイント阻害薬」ですね


2)コロイドヨード点滴療法

これは、原子量127のI(ヨード)で、自然界に存在するもので、原子量131の放射性のものではありません。これをコロイド膜で包んだものです

これがなぜ、癌に有効なのか?

それは、
1)癌細胞内のマイクロ(micro)RNAの発現量を低下させる効果がある

2)癌蛋白の立体構造を変化させ、癌の性質を変化させる

3)癌遺伝子の発現をストップさせる

などの理由によります。詳細は、またの機会にしますが、これらの作用により、癌細胞の増殖を抑制して、最終的にはアポートシスという細胞死を癌細胞に生じさせるわけですね


こちらは、文部科学省の倫理委員会でも承認されています。症例報告から、論文にしていきます(^^)


3)高濃度ビタミンC点滴療法

最近、東京工科大学の研究グループにより、癌の転移抑制のメカニズムが発見されました


以下は、MONOist の医療技術ニュースの記事の抜粋です



「高濃度ビタミンC(VC)は血液を循環する転移がん細胞に対して、強い抑制作用があることが分かった。


細胞内の活性酸素を蛍光色素などで染色した結果、活性酸素のレベルを低下させることが分かった。
さらに、転移能のあるがん細胞に対して高濃度ビタミンCは選択毒性を発揮し、この毒性作用は、過酸化水素を水と酸素に分解するカタラーゼによって抑制されたことから、過酸化水素の産生に起因していると考えられる」

 

というものです


他にも癌細胞内にビタミンCが取り込まれた際に癌細胞を維持するエネルギーが不足することにより、癌細胞が死滅する
という考え方があると思いますねウインク



4)癌の遺伝子治療

これは、主に米国の遺伝子治療を取り入れています。いくつかの種類があるのですが、そのひとつは、細胞周期に作用するものです。

癌細胞を含めて、細胞はG1→S→G2→M期という過程を経て増殖します。これを細胞周期(Cell Cycle)というのですね

G1期はDNA合成準備期とも呼ばれG1チェックポイントなどの機構によって細胞分裂を進行するかを判断し、S期ではDNAの複製が行われます。G2期では細胞が分裂するための準備が行われ、M期で細胞が分裂を開始します




正常な細胞は、G0期にあります。増殖や分裂をしません。しかし、癌細胞は、この細胞周期のような過程がストップしないことから、癌細胞が無限に増殖していきます

遺伝子治療は、これを強制的にストップさせるのですね



以上、当クリニックで行っている癌の免疫治療の一部をご紹介しました

講演会を以下のとおり、国際医療交流推進機構主催の講演会が、開催されますので、お時間のある方は、ご参加頂けたら嬉しいです


国際医療交流推進機構
講演会


日時
2018年9月8日(土) 13:00(受付)

場所
TKP麹町駅前会議室カンファレンスルーム8A
有楽町線麹町駅3番出口徒歩1分·半蔵門線半蔵門駅3a出口徒歩1分

定員   55名(無料)
*定員になり次第締め切らせて頂きます

式次第
1·開会の辞(13:15)

2.講演①(13:20-14:00)

手代木秀一先生
『がん遺伝子治療の現状と未来』(仮)
(一社)日本遺伝子治療医学研究会理事長

3.講演②(14:10-14:50)

小笠原均
『末期癌に対する癌統合治療の症例報告:コロイドヨード療法を中心として』(仮)
JTKクリニック院長

4·講演③(15:0015:40)
林基弘先生
『がんの脳転移』(仮)
東京女子医科大学中央放射線部門ガンマナイフ治療室長

5開会の辞(15:50)



それでは、またバイバイ



-------------------------------------------------------------------------------------

 

小笠原  均   (HItoshi Ogasawara M.D).  

 

JTKクリニック院長

H4年  新潟大学医学部卒

日本リウマチ学会   評議員、リウマチ専門医

日本内科学会認定医

医学博士:専門  分子生物学(遺伝子発現について)

緩和ケア医療認定医

 

Instagram: インスタグラム


Twitter:@Jazz17000

Neo Kokoro Clubと統合しました











○メールでの医療相談を受けています


Mail: hogadr777@gmail.com





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JTKクリニックからのお知らせ



○癌スクリーニング遺伝子検査、遺伝子検査による潜在的な疾患リスク検査を実施しています


○アトピー性皮膚炎などの疾患に対する遅延型アレルギーIgG 検査を実施しています


○現在、看護師(スタッフ)を募集しております:週1日から、月曜〜金曜日 9:30〜17:00まで


◯8月16日(木曜日)より、診療致します

 

{C77CF129-2D98-4431-B0EB-08F674943178}


JTK クリニック:

(ホームページ)http://jtkclinic.com/

 

診療科目:総合内科、癌統合診療科、リウマチ膠原病内科、アンチエイジング、緩和ケア科、漢方内科

 

診療時間:月~金 AM10:00~PM5:00 

(予約診療となります)

 


所在地

〒102-0083

千代田区麹町4-1-5 麹町志村ビル2階

TEL:03-6261-6386    FAX: 03-6261-6367

 


YouTube 始めました。というか、やっています。
いつか、医療情報の配信も(^^)






熱中症を防ぐ水分の摂り方

テーマ:
こんにちは、内科医 ひとちゃんですニコニコ



厳しい暑い日が続いています。体調管理の方は、万全でしょうか?
39℃の日なんて、以前にはあまり、ありませんでしから、細心の注意が必要であると感じます


猛暑を通り越して、酷暑といえるのではないかと思います


なので、今回は熱中症の予防についてです



よく言われるのは、「水分補給、炎天下の活動を避けること、「風通しを良くする」などを心がけることが言われますよね


当たり前だと思う方もいるかもしれないのですが、その意味をご存知でしょうか?


水分補給は、どのような方法が、望ましいか?



これは、実戦している方も多いと思いますが、ただの水道水やミネラルウォーターでは、少し難しいかもしれません


「何故か?」


実は、水分を飲んだ時には、腸管で吸収をされるのですが、ただの水では吸収の効率が悪くなるのですね


お茶も、ただの水と同じですね
もちろん、飲まないよりは飲んだ方が良いのですが、水分の吸収効率が悪いのてす


では、どんなものなら、良いのか?



これは、スポーツドリンクがより良いと言えます



その理由としては、水分が吸収される際にNa(ナトリウム)と糖と一緒の方が、早く効率的に水分が吸収されるからなのですね



Na(ナトリウム)は、NaCl、つまり、塩ですよね。水分補給と塩分の摂取に心がけた方が良いと言われるのは、このためです



もちろん、塩分を摂り過ぎてしまうと血圧が高くなってしまいますので、注意が必要です



よく梅干しを食べて、水分を取っているから、大丈夫という方もいますが、梅干し1個には、約4〜4.5gの塩分が含まれています



ですから、理論的には正しいのですが、食事で摂取することにより、それだけで、薄味を心がけても7g以上の塩分が身体に入ることになりますので、梅干しを取ることにより、塩分を摂り過ぎてしまうのです



健康な方でも塩分10g程度、血圧が高い方では6〜7gの摂取が限度とされていますからね



とすると塩分と水を別に摂取しようとすると難しいのが、ご理解頂けると思います。そして、同時に糖分もですから


スポーツドリンクは、これらの点から考えると、非常に効率の良い飲料ということになります
塩分と糖分が入っておりますからね


スポーツドリンクが苦手な方は、スポーツドリンクを水で、半分に希釈するのもおススメです


もちろん、飲み過ぎは心臓の負担となり、心不全を起こすこともありますので、注意が必要です

まだまだ、暑い日が続くようですので、こうした水分摂取を心がけたいものですね



それでは、またバイバイ




-------------------------------------------------------------------------------------

 

小笠原  均   (HItoshi Ogasawara M.D).  

 

JTKクリニック院長

H4年  新潟大学医学部卒

日本リウマチ学会   評議員、リウマチ専門医

日本内科学会認定医

医学博士:専門  分子生物学(遺伝子発現について)

緩和ケア医療認定医

 

Instagram: インスタグラム


Twitter:@Jazz17000

Neo Kokoro Clubと統合しました






○メールでの医療相談を受けています


Mail: hogadr777@gmail.com





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JTKクリニックからのお知らせ



○癌スクリーニング遺伝子検査、遺伝子検査による潜在的な疾患リスク検査を実施しています


○アトピー性皮膚炎などの疾患に対する遅延型アレルギーIgG 検査を実施しています


◯遠隔医療を実施しています:2回目以降は、クリニック受診なしに治療継続が可能です。スマホに専用のアプリをダウンロードすることで、診察室のコンピュータと繋がります


○現在、看護師(非常勤スタッフ)を募集しております:週1日から、月曜〜金曜日 9:30〜17:00まで

(休憩:1時間):事務長などとの面接あり

 

{C77CF129-2D98-4431-B0EB-08F674943178}


JTK クリニック:

(ホームページ)http://jtkclinic.com/

 

診療科目:総合内科、癌統合診療科、リウマチ膠原病内科、アンチエイジング、緩和ケア科、漢方内科

 

診療時間:月~金 AM10:00~PM5:00 

(予約診療となります)

 


所在地

〒102-0083

千代田区麹町4-1-5 麹町志村ビル2階

TEL:03-6261-6386    FAX: 03-6261-6367

 


YouTube 始めました。というか、やっています。
いつか、医療情報の配信も(^^)



TVに出演させて頂きました(^^)

テーマ:
更新内容: 李 森さんのTwitter のフォローワーは、3万人ではなく、66万人ということで、訂正しました。

こんにちは、内科医 ひとちゃんですニコニコ


今朝の都内は、ちょっと肌寒く感じる22℃です

台風が近づいていますね。今回の予想される進路は、これまでと違う、経験したことのないコースだそうです

通常であれば、偏西風の影響により、弧を描くように西から東に進路を変えていくのですが、今回は、その逆となります


変・・・ですよねびっくり


何が起きているのか?それはですね・・・・やめておきましょうウインク




さて、今週はテレビに出演させて頂きました

新潟での学生時代に国内初の「交通遺児のチャリティービリヤード大会」での会長挨拶の一部が、新潟の地方局のニュース番組で取り上げられたことがあるので、2度目のテレビ出演ですねてへぺろ



そんな番組は観てないよ・・・と思われた方もいらっしゃると思います。その通りです



なぜなら、国内のニュース番組ではないからですね。中国国内の主要メディア フェニックステレビの取材だからですねウインク


取材に来てくださったのは、中国国内では有名なキャスター 李 森(リ ミャオ)さんで、Twitter のフォローアーが66万人以上はいるという女性の方でした。



彼女の発言のひとつひとつで、Twitter が賑やかになるというインフルエンサー(世論に影響を与える人の意味)なのですね



東京支部の代表取締役社長なのですが、熊本の災害や西日本豪雨の被害の時も自ら、現地に入り、被害状況を報道する報道人の模範となる方だと思いますキラキラ




さて、この日の話題は、「最新の癌の免疫治療」や「リウマチ膠原病の最新の治療」・・・・ではなくて、「熱中症対策」についてでした



取材の連絡がきたのが、前日の22:00頃で、午前中には、取材が始まるというスピーディーな展開でしたね


撮影は、JTKクリニックの院長室で






当初は、ネクタイ着用の取材だったのですが、当日の朝、注文していたスクラブが届きまして、急遽、紺のスクラブの上に白衣ということになりましたニコニコ



一晩、睡眠時間を減らして、説明スライドを作ったので、それを見ながらの説明をさせて頂きました


事前の打ち合わせ時間は5分程度で、「では、始めましょう!」と



中国国内の動画は、日本国内では観られないそうで、動画をお見せできないのが残念ですが・・・

自己採点は、37点、妻の採点は、28点でした
落第点ですよねえーん


自己分析では

1)カメラ目線ができていない
2)滑舌が悪い
3)笑顔がない
4)表情が硬い、というか、コワイグラサン

などのキリがありません。
大変、勉強になりました




最後にJTK クリニックの受付の前にて、記念撮影をニコニコ



李 森さん、フェニックステレビのスタッフの皆様、取材のご依頼、ありがとうございました。



それでは、またバイバイ


-------------------------------------------------------------------------------------

 

小笠原  均   (HItoshi Ogasawara M.D).  

 

JTKクリニック院長

H4年  新潟大学医学部卒

日本リウマチ学会   評議員、リウマチ専門医

日本内科学会認定医

医学博士:専門  分子生物学(遺伝子発現について)

緩和ケア医療認定医

 

Instagram: インスタグラム


Twitter:@Jazz17000

Neo Kokoro Clubと統合しました









○メールでの医療相談を受けています


Mail: hogadr777@gmail.com





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JTKクリニックからのお知らせ



○癌スクリーニング遺伝子検査、遺伝子検査による潜在的な疾患リスク検査を実施しています


○アトピー性皮膚炎などの疾患に対する遅延型アレルギーIgG 検査を実施しています


○現在、看護師(非常勤スタッフ)を募集しております:週1日から、月曜〜金曜日 9:30〜17:00まで

(休憩:1時間):事務長などとの面接あり

 

{C77CF129-2D98-4431-B0EB-08F674943178}


JTK クリニック:

(ホームページ)http://jtkclinic.com/

 

診療科目:総合内科、癌統合診療科、リウマチ膠原病内科、アンチエイジング、緩和ケア科、漢方内科

 

診療時間:月~金 AM10:00~PM5:00 

(予約診療となります)

 


所在地

〒102-0083

千代田区麹町4-1-5 麹町志村ビル2階

TEL:03-6261-6386    FAX: 03-6261-6367

 


YouTube 始めました。というか、やっています。
いつか、医療情報の配信も(^^)





太陽が病んでいる⁇

テーマ:
こんにちは、内科医 ひとちゃんですニコニコ



暑い・・・とにかく・・・暑いですね
都内では、朝から救急車のサイレンが聞こえる毎日です。

熱中症の方の搬送なのだろう・・・などと車を路肩に寄せながら、ボンヤリと思います



昨日、クリニック内で予定していた医療セミナーも急遽、中止としましたえーん具合の悪くなる方が出ては、大変ですからね・・・9月に予定しています


確か、昨日のニュースで見たような気がしますが、北極でも30℃近い気温が続いている(?)らしいです

なんだか、ちょっとだけ、変だなぁと思うことがあるので
今回は、休日の独り言ですウインク



太陽の話なのです
実は、2016年頃から、太陽表面の黒点が減り続けているのですね。黒点の数が0という時もあるようです

これは、何を意味するかと言うと
太陽の活動が弱まっていることを示すとされるそうです


☝️昨日(7/21)のNASAの発表した太陽表面

本来なら、2017年から、2030年頃まではミニ氷河期が到来し、気温の低い状態が続くのではないかと考える学説もあったようです

しかし、現実は暑い日が続いていますよねショボーン



更に気になることもあります

太陽の活動が低下すると宇宙線というものが増えるのですね。すると、いろいろな影響が地球上に起こると言われています

例えば、雲が増えたり、火山活動が活発になったりすると言われています

雲・・・⁇と思われる方もいらっしゃると思いますが、雲は湿度が高い状態で出現する場合が多いのです。


では、今日の湿度がどれくらいかというと79%と非常に高いのですね。梅雨が明けても、湿度が下がらないわけです


☝️今朝(7/22)の都内の温度と湿度




もうひとつ、気になることがあります

黒点のない太陽表面に出現しているのが、巨大なコロナホールです
これが、大きくなっているのですね



☝️NASAが昨日(7/21)発表したコロナホール



コロナホールが増えると磁気嵐が発生することが知られています。磁気嵐が吹きあれると地球上に地震を発生することが多いと考えられているようです。



もちろん、オーロラが発生しやすいなどの嬉しい状況もありますがねウインク






何となく、変な気候が続くなぁと感じていらっしゃる方がいるとすれば、
その原因が太陽の異常からと考えるのも、あながち、間違いとも言えないのではないでしょうか


「太陽が病んでいる」とも言えるのでしょうか。
そして、このことが天変地異を起こしている・・
とは、ちょっと大袈裟ですがね


世界各地の火山活動の活発化や地震が多いことが、太陽の表面の異常と関連している


そんなふうに思うのは、私だけでしょうかてへぺろ病気の発症のメカニズムと同じで、原因があるはず・・・なんて、思ってしまいます



もちろん、良いニュースもあります
南極や北極で拡大しつつあったオゾンホールは、回復しつつあるそうです




オゾン層がなくなれば、紫外線が直接、降り注ぐので、皮膚ガンを発症する方が多くなったり、
DNAなどの遺伝子が損傷するので、癌の発症率が高くなるのではと心配されていましたから、良いニュースですよねウインク



いずれにせよ、まだまだ、暑い日が続くようです

くれぐれも熱中症にならないようにご注意ください。スポーツドリンクを冷蔵庫で冷やしておいて、こまめに水分補給を心がけるのが、オススメですよね




それでは、またバイバイ





-------------------------------------------------------------------------------------

 

小笠原  均   (HItoshi Ogasawara M.D).  

 

JTKクリニック院長

H4年  新潟大学医学部卒

日本リウマチ学会   評議員、リウマチ専門医

日本内科学会認定医

医学博士:専門  分子生物学(遺伝子発現について)

緩和ケア医療認定医

 

Instagram: インスタグラム

Twitter: @Jazz17000






 
○メールでの医療相談を受けています

 

Mail: hogadr777@gmail.com

 



 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JTKクリニックからのお知らせ

 

 

○癌スクリーニング遺伝子検査、遺伝子検査による潜在的な疾患リスク検査を実施しています

 

○アトピー性皮膚炎などの疾患に対する遅延型アレルギーIgG 検査を実施しています

 

 ◯遠隔医療による診療を始めました。初回だけは、クリニックへの来院が必要ですが、慢性疾患である場合は、来院が不要となる場合もあります

 

{C77CF129-2D98-4431-B0EB-08F674943178}


JTK クリニック:

(ホームページ)http://jtkclinic.com/

 

診療科目:総合内科、癌統合診療科、リウマチ膠原病内科、アンチエイジング、緩和ケア科、漢方内科

 

診療時間:月~金 AM10:00~PM5:00 

(予約診療となります)

 

所在地

〒102-0083

千代田区麹町4-1-5 麹町志村ビル2階

TEL:03-6261-6386    FAX: 03-6261-6367

 

 

 


53歳の誕生日

テーマ:

こんにちは、内科医 ひとちゃんですニコニコ

 
 
 
 
暑い日が続きますね。この連休は気象庁が異例の会見を開くほど、気温が高いようで、先程、40℃に達する所もあるというニュースを見ました。
 
くれぐれも水分補給を心がけて、熱中症に気をつけてくださいねウインク
 
 
 
さて、私は53歳の誕生日の朝を迎えました。
私が生まれた日も格段に暑い朝であったそうです
 
 
私が汗かきなのは、暑い日に生まれたため、汗腺が多いからなのでは?と説を唱えた方もいるのですが・・・どうなのでしょうか爆笑
 
 
 
誕生日を前にしたある日、とても、良いニュースがありました。下記のツイートにも揚げておきましたが、ある医学者が日本に戻ってきたからです。それは若い頃、よく講演を聞いていた中村祐輔先生ですね
 
 
かつて、中村先生の提唱する免疫学と遺伝子学を融合させた医療は、若い私を虜にしたのです
 
いつか、これをリウマチ膠原病の治療に応用したいと思っていたのですね
 
 
以下は、ニュースの文章をまとめてみました
 
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
右差しがんの治療に生かす「がんゲノム医療」の世界的権威であり、その実績から「ノーベル賞に最も近い日本人」と評されてきた中村祐輔氏(65)です。

 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長、国立がんセンター研究所所長、理化学研究所医科学研究センター長などを歴任し、2012年に米シカゴ大医学部に研究拠点を移した時は「頭脳流出」と騒がれ、英国の科学雑誌「ネイチャー」などは「Genmics ace quits japan」(ゲノム研究のエース、日本に見切りをつける)と報じたほどだった。

そんな「世界のナカムラ」が6年ぶりに日本に戻ってきた。7月1日付で、東京・有明にある公益財団法人がん研究会「がんプレシジョン医療研究センター」の所長に就任したのである。そこで狙うは、先ほどのリキッドバイオプシーとネオアンチゲン療法の実用化だ。

「私がやらなくてはいけないことなのかというのは悩みました。若い研究者が出てきてやってくれればいいのですが、残念ながらいつまで待っても、日本の医療には変わる気配がない。また、リキッドバイオプシーは技術的な課題を抱えており、ゲノムをわかっていない人間がやるのは問題も多い。たまに一流科学雑誌などでも、我々から見て、おかしなデータが掲載されています。ゲノムをちゃんと理解した人間が解析しなくては、まるで占いのような話になってしまう」(中村氏)

(中略)

日本の有名がん拠点病院から「残念ながらもう治療法はありません」と宣告された「がん難民」たちでした。国の拠点病院。標準治療のガイドラインに固執するあまり、“がん難民”をつくり出している自覚がありません左差し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何が嬉しいかというと遺伝子と免疫を利用した学問的な癌治療を以前から、提唱してきた世界のスペシャリストが、日本に戻ってきたからなのです

癌免疫治療、あるいは、癌遺伝子免疫治療という新しい分野かもしれませんね。私は、必ず、「世界のナカムラ」に会いにいきたいと思っています。断わられても、何度でも、何度でもねてへぺろ

このニュースは、53歳の私への大きなプレゼントになりました。自分の目指す癌医療が間違っていなかったという嬉しさですねウインク

 

さて、今週の土曜日(第3土曜日)は、第2回 JTKクリニックセミナーを院内にて、開催します。ご参加頂けたら、嬉しいです

 

それでは、またバイバイ

 

 
中村祐輔先生が「賢者の選択」という番組に出演した時のものです

https://kenja.jp/pickup_nakamura/

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

小笠原  均   (HItoshi Ogasawara M.D).  

 

JTKクリニック院長

H4年  新潟大学医学部卒

日本リウマチ学会   評議員、リウマチ専門医

日本内科学会認定医

医学博士:専門  分子生物学(遺伝子発現について)

緩和ケア医療認定医

 

Instagram: インスタグラム

 

Twitter:@Jazz17000

 

 



 

 



 

○メールでの医療相談を受けています

 

Mail: hogadr777@gmail.com

 

 

 

JTKクリニック  第2回 医療セミナー

 

「コロイドヨード療法治療の可能性及び、相談会」

〜癌遺伝子免疫療法という考え方を検証する〜

 

 

開催日:

7月21日、土曜日  AM 11:00〜12:00

(JTKクリニック内にて、参加費無料です)

 

 

 

 

月1回、第3土曜日に医療セミナーをクリニック内にて、開催予定です。将来的には、いろいろな専門家をお招きして、対談形式も取り入れたいと思っています。

 

 

お気軽にご参加ください。ご予約、お問い合わせは、JTKクリニック 山西事務長まで

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JTKクリニックからのお知らせ

 

 

○癌スクリーニング遺伝子検査、遺伝子検査による潜在的な疾患リスク検査を実施しています

 

○アトピー性皮膚炎などの疾患に対する遅延型アレルギーIgG 検査を実施しています

 

○現在、看護師(非常勤スタッフ)を募集しております:週1日から、月曜〜金曜日 9:30〜17:00まで

(休憩:1時間):事務長などとの面接あり

 

{C77CF129-2D98-4431-B0EB-08F674943178}


JTK クリニック:

(ホームページ)http://jtkclinic.com/

 

診療科目:総合内科、癌統合診療科、リウマチ膠原病内科、アンチエイジング、緩和ケア科、漢方内科

 

診療時間:月~金 AM10:00~PM5:00 

(予約診療となります)

 

所在地

〒102-0083

千代田区麹町4-1-5 麹町志村ビル2階

TEL:03-6261-6386    FAX: 03-6261-6367