2018-01-07 15:36:12

12月のアクセスランキング

テーマ:雑記

実家の母は最近家庭菜園が趣味。

毎年、びっくりするような物に挑戦しているのですが、今年はピーナツを出されて、やっぱりびっくり。

割と簡単にできたそうで、今年はもっとたくさん作る、と意気込んでいました。

煎り方は素人っぽいですが、味は良いです。

おみやげに、少しもらってきました。

 

 

年末年始ですっかり忘れていましたが、12月のアクセス記事ランキングです↓

 

1.「ペール・ギュント」初日

 

2.「ペール・ギュント」プレビュー

 

3.「ペール・ギュント」ポストトーク

 

4.「ペール・ギュント」12/16

 

…という感じで、延々ペール・ギュントでした(笑)

 

1月も2月も、なんだかんだで観劇あるなあ…

本当は寒い時期は辛いんだけど。

ここぞとばかり、面白そうな演目が並ぶのはどうしたことですか。

役者さんは役者さんで、体調管理も大変だし。

 

お稽古事ですが、フラメンコ教室でも、毎年2月におさらい会、みたいな習慣になっていて、「どうしてわざわざ一番寒い時にやるんですかあ?!案の定(毎回何人かが)インフルエンザに倒れるじゃないですか。もっと温かい時期にやりましょうよ!!!」

と泣きを入れたこともありますね。

 

うっかり雪が降る時もあるし、衣装を入れた大きな荷物を抱えてうろうろするのが、本当に大変なんですよ。

先生も

「そういや、なんでだろ?そうだよね」

と言っていたので、無意味な思い込みだったと思います…

寒い時期は、家に引きこもっておとなしく過ごす(ウインタースポーツなどのシーズンの方は別として)。

これでいいんじゃないですか(T_T)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2018-01-06 19:33:29

筋肉運動じゃない

テーマ:雑記

今日はピラティスとフラメンコのクラス始め。

 

目を背けていたけど、体型の変化がすごい。

ワンサイズ変わりましたね。

30代で痩せ始めた時も自然だったし、今体重が着々増えているのも自然の摂理って気がします…

もともとムチムチした子供だったし、Sサイズだったのが珍しかったんだ。

ま、良い時期をスリム体型で過ごせたんだから、これからは現状維持が目標か…

 

厳しい現実を目の当たりにする両クラスですが、やっていることは楽しいです。

フラメンコは苦楽両面なので、スタジオへ行くまでは今でも結構葛藤する(^_^;

でも、今日も大切なことを教わって、面白いクラスでした。

 

タイトルは、その内容の一部。

このクラスを受け始めて、毎回半分くらいを同じ事に費やしている気がするけど、ざっくり言うと、呼吸で「どう歌いたいか」可視化するというか…

いや、全然わからないですね(^_^;

とにかく、フラメンコが筋肉の運動ではなく、「歌うように踊る」「踊るように歌う」ダンスだということが、かつてなく腑に落ちた感じです。

「踊る時に力を入れないで!」

と言われると、よくわからなかったのですが、今日はだいぶ理解できました。

 

 

そして、残念なことですが、今日、通っていたジムの退会手続きをしてきました。

 

とてもいいジムで、やめる気はなかったのですが、暮れにふと、これ以上は通いきれないなあ…かえってそれがストレスになっているかなと思ったんです。

 

最初から通えない月もあるだろうとわかって入ったのですが、それにしても年々やることが増えてしまいました。

一旦リセットし、今年は筋トレよりリラックス、で行こうと思います(^^)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-04 16:04:02

「ペール・ギュント」兵庫公演大千穐楽&原作読了

テーマ:エンターテイメント

前後しましたが、大晦日は「ペール・ギュント」大千穐楽を見守ってきました。

 

席はP列と後方ですが、わたしの好きなシモ手席。

この舞台は、後方席でもあまりオペラグラスを使わないで、全体を楽しみました。

東京、兵庫どちらも中規模劇場で見やすかったですし。

共に縦に高さがあるところも特徴でした。

やはり劇場に合わせた演出効果だったのでしょうね。

 

兵庫の、少なくとも最後の2回、ラストシーンはペールがモクモクのスモークを浴びるのですが、このスモークがあまり出てこず、浦井くんはびっしょりずぶ濡れになっていました(^_^;

仰向けになるところもあり、さすがに水滴をぬぐってしまうような仕草もあって、大変そうだなと。

あと、お気に入りのボタン作りのシーン。

ボタン作りが何か首から提げた機械から「命令書」をペールにぺりっと破って示すところ、わたしが見た限り一度だけ命令書が出てこなかったんですよね。

ボタン作りの辻田さんが必死で引っ張るのですが、出てこないとあきらめて、命令書を吐き出す本体を使ってお芝居を続けることに…(^_^;

でも、辻田さんも浦井くんも何でもないようにこなしていて、初めて観た人は全く違和感なかったと思います。

 

 

東京公演から、結局帰省に合わせて兵庫公演の千穐楽まで観ることが出来て、とても楽しかったです。

実は、帰りのバスの時間が心配で、カーテンコールは最後まで見ないで飛び出しちゃったんですけど…

バスターミナルでは結構時間が余ったので、慌てなくて良かったのに~と自分を責めました(T_T)

でも、浦井くんのご挨拶までは粘りました。

韓国人キャストさんは、終演のその足で帰国だったとか。

慣れぬ外国で、稽古から長い本番を安定してこなし、素晴らしいパフォーマンスでした。

さすがにヤンさんが信頼して連れてこられた精鋭の皆さんだったのではないでしょうか。

日本人キャストの面々も、その日のうち、かどうかわかりませんが、早々に東京へ帰ったのでは。

浦井くんも今日は日比谷シャンテでTENTHの本番でしたからね。

わたしとしても素晴らしい出会いがあり、今後もキャストの皆さんのお仕事を見守って行きたいです。

 

さて、舞台と並行して読んでいた原作。

さっさと読了したかったのですが、兵庫へ持って行き忘れ、帰宅してからやっと残りを読みました。

意外に原作に忠実なところ、時代的に変えたところ…舞台を見込んで読むと、とてもわかりやすいですね。

 

これは上演を想定しない劇詩として書かれた作品だそうですが、そのせいなのか容赦なく長セリフのシーンが印象的。

特に最後の方かな。

「うわー、浦井くん言ってたなあ。そのままだわ」

という感じです。

確かに浦井くんのセリフ量はすごかった。

苦手なところもあったみたいで、セリフが抜けたり順番が変わったり、なかなか苦慮していましたが、聞いた感じは全く違和感ないんです。

他の長セリフは毎回完璧でしたし。

舞台の上にいる人は、何があっても何事もないかのように見せてしまうのがすごいですよ。

 

舞台を見ていていくつか疑問があって、たとえば後に恋人になるソールヴェイの父は、牧師なのに村人に冷たい扱いを受けています。

不思議だったのですが、原作では牧師ではなく、よそ者の一家として描かれていますね。

特に虐げられてもいないし、娘に厳しくもなく、何ならペールに「あとで娘と踊っていいよ」くらいの感じです。

あと、ソールヴェイには幼い妹がいて、ペールと姉の間でメッセンジャーをしたりします。

 

でも、ペールと気持ちが通じるシーンは、かなり舞台とイメージが重なります。

ペールはソールヴェイに対して本当に純真で、彼女を汚してはいけないと心に誓います。

舞台でわたしが好きだったシーンの一つが、ペールがソールヴェイに名を尋ねるところ。

軽い調子で名を訊きながら、答えようとするソールヴェイを見てハッとなる。

この娘は他の女とはちがうと。

その表情の変化がとても浦井くんらしくて、すてきなシーンだと思います。

ちなみに、このときペールは20歳。

ソールヴェイは堅信礼をうけたばかりだそうです。

中学生くらいの年齢でしょうか。

初々しいですね。

 

ボタン作りも、初めて見ると「いきなり何?!」という存在ですが、原作にちょこっとエピソードが出てきますね。

ペールのおじいさんはとても裕福で、娘の婿である父のせいで家が落ちぶれる。

そんな昔、ペールが父親に錫をねだって使ってボタンを作る、みたいな思い出が出てきます。

でもまあ、やっぱり「何故?!」なんですけど(笑)

 

ボタン作りは、舞台は可愛い小僧っぽい辻田さんがさえまくりでしたが、原作はどうやらおじいさんみたいです。

でもしっかり出てきますし、割合原作に忠実な脚本になっています。

もちろん、魅力的な辻田さんのパフォーマンスで見られて幸せです。

 

原作を見て一番びっくりしたのは、最後の方に出てくる冷たい牧師さん。

この舞台は、結構怖い感じの人が出てきましたが、その中でも個人的に一番怖かったのがこの牧師さん。

自分の罪を証明しようとするペールに対して、「そんな物は罪とは言えない」とけんもほろろ。

でも、原作ではどうやら牧師ではなく、悪魔っぽいです。

原作でも、ペールは牧師だと思って近づくので、見た目がそうなのでしょう。

舞台では、牧師の衣装に、目立たないですが柄が入っていて、変な服だなあと思ってたんです。

悪魔的な存在なら、人身売買も武器商売も、大して責めはしないでしょう。

 

舞台でも、ラストは本当はどうなったのかなあ、というのがはっきりしなかったのですが、原作でもそんな感じです。

ペールはおのれ自身であることを証明できて、鋳物柄杓に入らずにすんだのか、すべてを受け入れて蕭々と死んだのか…

でも、はっきり描かれていなくて観た人の判断にゆだねる、ということなのねとわかったのでOKです(笑)

演出のヤンさんも、それを大切にしていらっしゃったようですから。

 

他のバージョンのペール・ギュントを見たことがないので、また機会があったら見たいですね。

ほとんど毎年どこかでやっているような、人気演目ですし。

ただ、これだけは言えますが、ペール役の役者さんが相当魅力的でなければ難しいでしょうね。

ともかく、浦井くんのお陰でわたしも名作に触れることが出来、とても良い時間を過ごすことが出来ました。

良い年越しでした(^^)

 

 

 

全然関係ないですが、今ニュースを見ていたら、池坊保子さんという人が、「相撲は言うまでもなく国技であり…」と言っていて、びっくり仰天なんですけど( ̄□ ̄;)

相撲は別に国技じゃありませんよ。

勝手に決めないでもらいたい。

このおかしな特権意識って、一体何でしょうね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-03 18:32:57

帰宅

テーマ:雑記

高松の家族の家で2泊して、昨日東京へ戻って参りました。

いつもより早いスケジュールだけど、落ち着いて一年をスタートできたかな。

 



高松では、いつもの屋島神社へも初詣に行くことが出来ました。

凄い渋滞だったから、さもありなんと思っていたら、神社はそれほどの混み具合ではなく。

「?」と思ったら、隣の四国村へ行く行列だった模様。

妹は

「がっかりすることになると思うけど(笑)」

と辛辣(^_^;

お正月、家族で出かける場所にも限りがありますからね。

 



しかし、お正月だからと言って、本当に晴れ着など見なくなりました。

昔、スーパー経営のご両親を持つ友人は、姉妹で毎年お正月の晴れ着を新調すると自慢していたなあ…

まさに昔話となってしまいました。

自家用車にミニしめ縄さえついていませんからね。

そういうわたしも、特にお正月飾り的なものをしつらえたことはありません(^_^;

 



いつものドキドキの急な石段を踏みしめ、お参りさせて頂いて、おみくじもしっかり購入。

妹もわたしも「今年は控えめに堅実に生きろって事ね」という内容でした。

 

昔、おみくじと言えば、わたしはほとんど大吉しか引いたことがなかったんですが(笑)

たぶん、時代的に勝ち気分だったんじゃないかな。

占いの先生がおっしゃるにも、バブル時代は「高級な物をどんどん買いなさい、高ければ高いほどよいでしょう」という豪勢な時代の運気だったようです。

「この先は、そんな時代は絶対に来ない」

とおっしゃっていました。

わたしもバカな夢は見ません(笑)

 

数日暖房を入れなかった自宅は、まさに冷蔵庫(T_T)

今朝から必死で暖房を入れ、夕方くらいにようやく温まってきました。

明日くらいから、いろいろ始動かな。

頂いた年賀状にお返事を書いたり、今日は穏やかに過ごします(^^)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-01 20:31:00

明けましておめでとうございます

テーマ:雑記


今年は珍しく大晦日に高松入り。
「ペール・ギュント」大千穐楽を観てから、バスで移動しました。

さて、皆様新年を穏やかにお過ごしの事と思います。
旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は戌年、そして二黒土星の年です。
個人的には身近なところに喜びを見いだし、無駄遣いをせず(笑)、生きる力を蓄えていきたいですね。
皆様はどんな一年の計を立てていらっしゃるでしょうか。
どうか願いが叶いますように。


昨日は、観劇前に、ホテル近くの生田神社へお参りさせて頂きました。
大晦日に神社へ伺うのは初めてでしたが、まさに明日本番!という雰囲気で浮き足立っているというか…
いい感じでした(笑)


お目当ての御守りもゲット、有り難いことです。

御守りの御利益に預かりつつ、本年も努力を重ねて仕事に向き合って参ります。
皆様にとって素晴らしい一年となりますようお祈りしております。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。