リハビリラン開始 走れる幸せ | ランBAKA院長のトレーニング/診療日誌
新型コロナウイルスに関する情報について

ランBAKA院長のトレーニング/診療日誌

トライアスリート・トレイルランナー院長(接骨院)のトレーニングと診療の日誌。

還暦の誕生日1/19に坐骨結節を損傷。

3週間の「ほぼ絶対安静」と自己施術で

軽減してリハビリ・ランニング再開。

 

その復帰の初日2/9(日)、まさかの再受傷。

仕方なく2/17からまたまた2週間の安静加療。

満を持していよいよ3/1(日)ランニング復帰…

 

 

話しは変わって3/1の『東京マラソン』

大迫傑選手が2時間05分29秒の日本新記録。

おめでとう! ありがとう! 胸がスッとした。

 

これで東京五輪3人目の代表にほぼ内定。

(3/8『びわ湖毎日マラソン』の結果次第で決定)

 

東京マラソンスタート前

走らなくても代表条件に手が掛かってるのに

あえて自分の持つ日本新に挑むとは

スゴイ勝負人だと思ってた。

 

そしたら自分の記録を越えて代表条件をクリア。

文句なし!100%の結果を出す本物の勝負人でした。

どれ程キツイ苦しいトレーニングをして来たのか…

 

レベルは違うけれど

100マイル(160キロ)や200キロを走る

我々エンデュランス(耐久・持久)系のランナーも

キツイ苦しいトレーニングをしないと完走はムリ。

 

「耐久系レースを走るランナーは多分みんなそうなんだろう。」

と思う私の勝手な想像は

 ① キツイ練習でないとやった気がしない。

 ② 頑張ってる自分がスキ。

 ③ 厳しい状況・危機に際して心が躍る。

 ④ 200㎞とか30時間走っても、まだ走れる自分に安心する。

 ⑤ とんでもないレースに挑戦できる事を誇らしく思う。

 ⑥ 誰かがキツイ練習・過酷なレースをやると嫉妬を感じる。   等々

 

フツーの人達から変態扱いされる訳です。

 

 

さて、ろくに走らない6週間を過ごしてラン復帰した3/1(日)

 

ランの前、着地衝撃のないローラー台

(室内自転車トレーニング器)を

クルクル1時間回して身体を温めると

坐骨結節が少し疼く。

 

それでも後半、スピードアップしていくと痛みは消える。

安心してシャツを着替えてから

ゆっくりランスタート。

 

ポカポカ晴れた空の下

多少引き攣れる痛みはあるものの

「まぁ、こんなもんでしょう。」

「ああ、走れるって幸せだなぁ。」と実感。

 

で、調子が乗って来ると

大迫選手の日本新2時間05分29秒の

カッコイイ走りを思い出して胸が騒ぎだす。

 

チョット痛いけど、もう少し長く行けるかなぁ。

スピードアップして気持ちよく走りたいなあ。

と誘惑が顔を出す…

 

いやいや、この間はそれで失敗したじゃないか。

長く走りたい、スピード上げたいをグッとこらえる。

 

全然キツクないし、頑張ってないし、疲れもないけど

気持ちよく5キロで終了。

 

まだまだ私の脳ミソは筋肉ではないぞ。

うん、大人になったなぁ。

 

【先週のトレーニング】

 2/24(月):休 み

   25(火):ウエイトトレーニング

   26(水):休 み

   27(木):休 み

   28(金):スイム・2㎞

   29(土):ウエイトトレーニング

 3/01(日):):①バイク・ローラー台60分 ②ラ ン・5,0㎞/37分54

 

ふく山接骨院のホームページ

 【腰痛・膝痛 さいたま市北区 ふく山接骨院、福山眞弘】